Search Results1-11 of  11

  • 西塔 拓郎 ID: 9000018670718

    大阪府立成人病センター消化器外科 (2011 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • PS-155-2 食道癌化学放射線療法後のリンパ節単独再発に対する治療戦略(PS-155 ポスターセッション(155)食道:悪性・集学的治療-1,第111回日本外科学会定期学術集会) (2011)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000237597640

    大阪府立成人病センター消化器外科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • SF-011-3 食道癌根治切除後の再発症例に対する治療法の検討(SF-011 サージカルフォーラム(11)食道 悪性-1,第112回日本外科学会定期学術集会) (2012)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000237610119

    大阪府立成人病センター消化器外科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • PS-062-8 食道切除後の再建胃管癌に対する幽門側胃管切除術(PS-062 食道 悪性-3,第112回日本外科学会定期学術集会) (2012)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000237610647

    大阪府立成人病センター消化器外科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • PS-068-7 食道癌手術症例における,深達度と初発リンパ節転移部位の検討(PS-068 食道 基礎・病理,第112回日本外科学会定期学術集会) (2012)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000241681211

    Articles in CiNii:1

    • Strategy to improve cancer immunity by control of Tregs (2013)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000242826235

    大阪大学消化器外科 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • Response criteria in mogamulizumab clinical trial (2013)
    • PS-378-3 NY-ESO-1抗原発現進行癌に対するPoly-ICLC,OK432をアジュバントとするNY-ESO-1蛋白癌ワクチン第I相試験(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) (2013)
    • PS-178-6 CHP-MAGE-A4がんワクチン第I相試験における制御性T細胞の解析(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) (2014)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000375879062

    大阪警察病院 消化器外科|大阪大学大学院医学系研究科 消化器外科学 (2017 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • JS1-2 腸内細菌の腫瘍への浸潤は,腫瘍内炎症を介し大腸直腸癌の腫瘍免疫を亢進する (2017)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000388452477

    Articles in CiNii:1

    • 腸内細菌と大腸がん (特集 知っておきたい感染によるがん診療の知識) -- (各種がんの現状と対策) (2018)
  • 西塔 拓郎 ID: 9000404322649

    Articles in CiNii:1

    • IMMUNOGLOBULIN G4-RELATED DISEASE PRESENTING AS AN INTRAPERITONEAL MASS (2019)
  • SAITO Takuro ID: 9000006779820

    Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital (2010 from CiNii)

    Articles in CiNii:6

    • A CASE OF A LARGE NON-FUNCTIONAL ISLET CELL TUMOR COMPLICATED BY A LOSS OF CONSIOUSNESS EPISODE (2009)
    • Two Cases of Foreign Rectal Body and Injury Associated with Human Immunodeficiency Virus Infection (2010)
    • Two cases of spontaneous bladder rupture (2010)
  • SAITO Takuro ID: 9000402396564

    Department of Surgery, Osaka Police Hospital (2018 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Surgical Management of Regorafenib-tolerant Progressing Metastatic Gastrointestinal Stromal Tumor—Report of a Case— (2018)
Page Top