Search Results1-16 of  16

  • 谷口 維紹 ID: 9000003756008

    Articles in CiNii:4

    • Bリンパ球の増殖・分化とIL-2システム (Bリンパ球の増殖・分化--レセプタ-とシグナル伝達研究の新しい展開<特集>) (1991)
    • サイトカインと細胞応答機構--IFN系における遺伝子の制御(第32回〔臨床血液学会〕総会特別講演-2-) (1991)
    • 2. IL-2, γ-インターフェロン遺伝子のクローニングとその発現機構(<パネルディスカッション>I バイオテクノロジーの進歩と免疫アレルギー) (1984)
  • 谷口 維紹 ID: 9000004650154

    Articles in CiNii:8

    • インタ-フェロン遺伝子の構造と発現 (日本人類遺伝学第27回大会シンポジウム) (1983)
    • 大腸菌リボゾ-ムによるタンパク合成開始の機構--RNA-RNA相互作用を中心として (1980)
    • ヒトβ型インタ-フェロン遺伝子の構造と発現 (1982)
  • 谷口 維紹 ID: 9000007497416

    Articles in CiNii:1

    • 身体を守る仕組み--癌,エイズ,臓器移植をめぐって (1995)
  • 谷口 維紹 ID: 9000008106216

    Articles in CiNii:3

    • 指定部位の塩基変換により変異を起こす方法:site-directed mutagenesis--バクテリオファ-ジQβにおける遺伝子操作の研究 (1978)
    • サイトカイン・シグナル伝達と細胞周期関連遺伝子の発現(細胞周期コ-ナ-) (1994)
    • IRF family transcription factors and host defense signaling (2008)
  • 谷口 維紹 ID: 9000009410057

    Articles in CiNii:1

    • 科学者という生き方 (特集 楽しい科学) (1998)
  • 谷口 維紹 ID: 9000009690381

    Articles in CiNii:1

    • 対談・時代の証言 分子生物学がガン・免疫研究に与えた影響 (特集1 二重らせん発見50周年) (2003)
  • 谷口 維紹 ID: 9000009927172

    Articles in CiNii:3

    • がん研究における基礎研究推進の重要性 (特集:がん研究--疫学・予防,診断・治療研究と将来展望) (2004)
    • インターフェロンと自然免疫 (特集 免疫学研究) (2003)
    • 癌・腫瘍学 インターフェロンシグナルとp53 (2003)
  • 谷口 維紹 ID: 9000010480120

    Articles in CiNii:1

    • Th1 differentiation: cytokines and their function (2008)
  • 谷口 維紹 ID: 9000016991803

    Articles in CiNii:1

    • 多田富雄先生をお偲びして (特集 多田富雄の世界--科学と芸術を統合する!) -- (多田富雄さんを偲ぶ) (2010)
  • 谷口 維紹 ID: 9000020413853

    大阪大学 (1986 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • サイトカインの基礎と臨床 司会の言葉 (1986)
  • 谷口 維紹 ID: 9000020445808

    大阪大学細胞工学センター (1986 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • インターロイキン2システムの分子生物学 (1986)
  • 谷口 維紹 ID: 9000021563349

    大阪大学細胞工学センター (1990 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Analysis of structure and function of IL-2 receptor .BETA. chain. (1990)
  • 谷口 維紹 ID: 9000265248589

    東京大学生産技術研究所 炎症・免疫制御学社会連携研究部門 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • 特別講演  炎症とがんの制御を担う自然免疫系調節分子の機能解析とその応用 (2014)
    • P6-005 サーファクタントプロテインD(SP-D)の消化管における新しい機能の解明 (2015)
  • 谷口 維紹 ID: 9000401414434

    Articles in CiNii:1

    • Gallbladder-derived surfactant protein D regulates gut commensal bacteria for maintaining intestinal homeostasis (2019)
  • TANIGUCHI Tadatsugu ID: 9000258035005

    Institute for Molecular and Cellular Biology, Osaka University (1991 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Cellular Responses by Cytokines:—Gene Regulation in the IFN System— (1991)
  • Taniguchi Y. ID: 9000002739627

    東京大学大学院医学系研究科免疫学教室 (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:23

    • 細胞質型チロシンホスファターゼ遺伝子とその機能 (1996)
    • IL-2受容体再構成線維芽細胞を用いたIL-2シグナル伝達におけるJak1とJak3の役割の解析 (1996)
    • The role of Interferon Regulatory Factor concerning hepatitis caused by Hepatitis C virus (1998)
Page Top