Search Results1-8 of  8

  • 進藤 晴夫 ID: 9000018291368

    名大農 (1975 from CiNii)

    Articles in CiNii:7

    • 2-14 植物腐朽過程におけるフェノール性物質の挙動に関する研究(第2報) : 土壤中の稲わら腐朽過程におけるフェノール性物質および腐植の消長(2.土壤有機および無機成分) (1973)
    • 7 植物腐朽過程におけるフェノール性物質の挙動に関する研究(第1報) : 土壤中の稲わら腐朽過程におけるフェノール性物質および腐植の消長(日本土壤肥料学会中部支部第26回例会講演要旨) (1973)
    • 2-3 植物腐朽過程におけるフェノール性物質の挙動に関する研究(第4報) : 腐酸部フェノールの検索(土壌有機および無機成分) (1974)
  • 進藤 晴夫 ID: 9000241151933

    山口大農 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 学-2 黒色腐植酸の生成・蓄積におけるポリフェノールと炭化物の役割(日本土壌肥料学会賞記念講演,2012年度鳥取大会) (2012)
  • 進藤 晴夫 ID: 9000318569123

    元山口大農 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 2-1-8 黒ボク土の炭化物に関する覚書(2-1 土壌有機・無機成分の構造・機能・ダイナミクス,2015年度京都大会) (2015)
  • SHINDO Haruo ID: 9000018291253

    Articles in CiNii:4

    • 数種の熱帯産植物遺体の畑土壌での無機化と微生物バイオマスの生成 (1996)
    • フェノール性化合物に由来する腐植酸の合成における火山灰の触媒効果および成分の役割 : Soil Science and Plant Nutrition掲載論文要旨Vol.38,No.2(1992年6月) (1992)
    • The Hydrolyzable Phenolic Components of Rice Straw Lignin (1978)
  • SHINDO Haruo ID: 9000020409765

    Department of Agrobiology, Yamaguchi University (1993 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Fractionation of Fulvic Acid Extracted from Lake Sediments Using XAD Resins and the Metal Complexing Ability. (1993)
  • SHINDO Haruo ID: 9000020472862

    Department of Agrobiology, Yamaguchi University (1994 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Release of Phosphorus from Calcium Phosphate by Fulvic Acid Extracted from Lake Sediments. (1994)
  • Shindo Haruo ID: 1000010091191

    山口大学農学部 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:81

    • The Role and Functions of Soil Organic Constituents in the Terrestrial Ecosystem and Environment (2004)
    • Characterization of Sediment from Dammed Lake Ono Using Soil Scientific Methods (2004)
    • 秋吉台の石灰岩に由来する土壌における腐植組成の遷移-1-表層土壌の腐植組成について (1978)
  • Shindo Haruo ID: 9000396129119

    山口大学農学部 (2017 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • A note of charred plant materials in Andosols of Japan (2017)
Page Top