検索結果8件中 1-8 を表示

  • Morikawa Shota ID: 9000255702836

    Department of Chemistry, Faculty of Science, Kyushu University (2010年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Structures and Proton Conductivity of One-Dimensional M(dhbq) nH2O (M = Mg, Mn, Co, Ni, and Zn, H2(dhbq) = 2,5-Dihydroxy-1,4-benzoquinone) Promoted by Connected Hydrogen-Bond Networks with Absorbed Water (2010)
  • MORIKAWA Shota ID: 9000312727412

    Department of Radiology, Faculty of Medicine, Fukuoka University (2015年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • MR Imaging of a Methotrexate-associated Diffuse Large B-cell Lymphoma in the Liver that Regressed without Treatment (2015)
  • MORIKAWA Shota ID: 9000327098610

    Department of Radiology, Faculty of Medicine, Fukuoka University (2016年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • MR Imaging of a Methotrexate-associated Diffuse Large B-cell Lymphoma in the Liver that Regressed without Treatment (2016)
  • Morikawa Shota ID: 9000016386444

    Department of Chemistry, Faculty of Science, Kyushu University (2010年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 2件

    • Crystal Structure and Proton Conductivity of a One-dimensional Coordination Polymer, {Mn(DHBQ)(H_2O)_2} (2009)
    • Structures and Proton Conductivity of One-Dimensional M(dhbq)・nH_2O (M=Mg, Mn, Co, Ni, and Zn, H_2(dhbq)=2,5-Dihydroxy-1,4-benzoquinone) Promoted by Connected Hydrogen-Bond Networks with Absorbed Water (2010)
  • 森川 将太 ID: 9000005824476

    静岡大・工 (2003年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 3件

    • 有限要素法を用いた2次元声道における断面積の推定法 (2003)
    • 2次元声道の有限要素法解析に基づく断面積の推定 (2002)
    • 2次元声道の有限要素法解析に基づく断面積の推定 (2002)
  • 森川 翔太 ID: 9000259841930

    九州医療センター 臨床研究センター 放射線科 (2013年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 肝動注療法に際し留置した血管造影用カテーテル抜去時に破損をきたした3例 (2013)
  • 森川 翔太 ID: 9000259860946

    同志社大学大学院 生命医科学研究科 (2014年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 装着型力覚提示装置の可動範囲の拡大を実現する可変制御機構の開発(可動範囲の広域化に対応した力覚提示手法の提案と評価) (2014)
  • 森川 翔太 ID: 9000263046383

    同志社大学大学院 生命医科学研究科 (2014年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 装着型力覚提示装置の可動範囲の拡大を実現する可変制御機構の開発(可変制御機構の設計開発と力覚提示状態の評価) (2014)
ページトップへ