検索結果5件中 1-5 を表示

  • 冷戦史を問いなおす : 「冷戦」と「非冷戦」の境界

    益田実 [ほか] 編著

    ミネルヴァ書房 2015.12

    ... 米関係 : 一九六九~一九七二年 ヨーロッパ・アメリカ・ポンド : EC加盟と通貨統合をめぐるヒース政権の大西洋外交、一九七〇~一九七四年 天然ガス・パイプライン建設をめぐる西側同盟 : 一九八一~一九八二年 西欧への二つの挑戦 : 脱植民地化と冷戦の複合作用 東南アジアにおける脱植民地化と冷戦の開始 : 想像上の共産主義の恐怖はいかにして生成されたか、一九四七~一九四九年 チュニジア・モロッコの脱植民地化と西側同盟 国連組織防衛の論理とカタンガ分離終結 : 一九六二~一九六三年 コンゴ(ブラザヴィル)共和国をめぐる中台国交樹立競争 冷戦・アパルトヘイト・コモンウェルス : イギリス対外政策と ...

    所蔵館141館

  • 世界中のアフリカへ行こう : 「旅する文化」のガイドブック

    中村和恵編

    岩波書店 2009.5

    ... 。 1 アフリカ点描—継承されるもの、変化するもの(呪術 旅する魔法—変容しつづけるアフリカの呪術;物語 南アフリカへの机上の旅—朗誦し、語り、書くこと;教育 キプシギスの成年式と学校教育;新植民地主義 コンゴはどうして貧しいか—新植民地主義とアフリカの未来);2 ディアスポラ・アフリカ案内—旅する文化の軌跡(食物 アフロ・アメリカの旅—大西洋を移動したもの;音楽 混交への回帰/脱出—音楽を通して黒人ディアスポラのルーツを再想像する;ダンス 腰が語る—アフリカから世界へ、そしてアフリカへ;文学 黒いイギリス—ブラック・ブリティッシュ文学の旅;スタイル 「アフリカ」が旅す ...

    所蔵館126館

  • 国連年鑑特別号 : 国連半世紀の軌跡1945-1995 : 創立50周年記念

    国際連合広報局編 ; 中央大学国際関係法研究会, 中央大学図書館訳

    中央大学出版部 1997.3

    本書は国連創設にいたるまでの、大西洋憲章、ダンバートン・オークス会談およびヤルタ協定について述べるとともに、国連創設後におけるパレスチナ分割、朝鮮戦争、スエズ運河危機、コンゴ危機など、平和維持に深くかかわった事柄についても記述している。また、国際平和の追求とともに、国連憲章の掲げるもう一つの目的、すなわち経済的、文化的、社会的、人道的な問題についても、経済的分野では、開発途上国に重点を置き、文化的、社会的、人道的分野では、人間居住、人口と開発、環境保護、女性と子どもの人権の擁護など、拡大しつつある国連の課題について述べている。これらの主要な問題を取り上げ、国連の50年の歴史の軌跡を描くとともに ...

    所蔵館205館

  • ザイール川

    ジョン=バチェラー,ジュリー=バチェラー共著 ; 松尾弌之,岡部曜子共訳

    帝国書院 1987.1 帝国書院ジュニア地理, . 川と生活シリーズ||カワ ト セイカツ シリーズ ; 6

    ザイール川は、かつてはコンゴ川ともよばれ、アフリカの中心部を大きな弓形になって流れています。高い山地や熱帯雨林から流れ出る水が集まって、赤道を2度もこえながら下っていきます。大西洋に流れ出るこの川の流量は大きく、水力や水量に関しては、アマゾン川についで世界で2番目の大きさです。今日、この川はザイールにとってとてもたいせつな川になっており、大量の電力を供給するとともに、人や物資を運ぶ幹線交通路になっています。 はじめに ザイール川の神秘;水源からコンゴロまで;コンゴロからキサンガニまで;キサンガニ;ジャングルをぬけてキンシャサまで;キンシャサ—ザイールの首都; ...

    所蔵館18館

  • ヨーロッパと大西洋

    ブーチエ [ほか著]

    岩波書店 1984.12 大航海時代叢書, 第2期 1

    カナリア諸島征服記 国王宛て書簡 ブラジル誌 コンゴ王国記 大航海時代の主要舞台となった大西洋に照準を合せ、ヨーロッパ拡大の最初の拠点ともいうべきカナリア諸島、大西洋を挾んで向き合うブラジルとコンゴ王国、これら三地域の「発見=征服記」や地誌など四点を収録。 カナリア諸島征服記;国王宛て書簡;ブラジル誌;コンゴ王国記

    所蔵館301館

ページトップへ