検索結果 6件中 1-6 を表示

  • 24a-J-8 平面波バンド計算法 : 収斂性改良の試みと水素・ヘリウムへの応用

    田中 豊 , 宮城 宏

    春の分科会講演予稿集 1991.3(0), 420, 1991

    J-STAGE

  • 24a-J-7 測定情報を表現する確率理論と意味の情報量

    佐藤 正隆

    春の分科会講演予稿集 1991.3(0), 420, 1991

    J-STAGE

  • エントロピー代謝系としての一般システム

    河宮 信郎 , Nobuo Kawamiya

    中京大学教養論叢 = Chukyo University bulletin of the Faculty of Liberal Arts 31(1), 173-187, 1990-09-28

    機関リポジトリ

  • Kullback-Leiblerの情報量によるネゲントロピ-の拡張の提案-4-ネゲントロピ-容量

    佐藤 正隆

    The capacity of negentropy is the maximum negentropy that a system can have. For example, the negentropy contained by a cylinder-piston system becomes larger as the piston is moved inward, but practically it has a maximum, namely, the capacity of negentropy. Generally, capacity represents a certain type of macroscopic order (capacity-type of order) which comes from the relation between molecules, and without this type of order, negentropy cannot beheld by a system. Capacity-type of order is regarded as a pattern which has the property of recovering its origin in thermodynamic situations, and the order may be destroyed by negentropy which exceeds the capacity. Although nonequilibrium-type of order, which is represented by negentropy, differs from the capacity-type of order, they are intimately related with each other. The general definition of the capacity is made in a statistical-mechanical manner based on negentropy defined by Kullback-Leibler information.

    日本機械学会論文集 B編 53(493), p2863-2868, 1987-09

  • 電子衝突による原子分子の励起と光放出

    西村 浩之

    原子・分子の励起過程・励起状態の測定といえば, 通常, 電子分光や分光学的測定を思い浮かべることになろう. しかし, この10年来, 電子・光子同時計数法や, レーザー励起原子からの超弾性散乱電子分光法が用いられるようになって来て, 原子衝突に関しては, いわゆる完全測定または, これに近い実験が行われるようになった. ここでは, これらに関する実験を中心に紹介し, 原子衝突研究の新しい一つの流れを展望する.

    日本物理学会誌 38(8), p643-651, 1983-08

  • 時間にはなぜ方向があるか? : その宇宙論的解答

    松田 卓也 , 二間瀬 敏史

    時間には過去と未来の非対称性があるが, これを時間の矢とよぶ. ふつうは, 熱力学第二法則に基づく熱力学的時間の矢がよく知られている. その他にも, 波動的矢, 微視的矢, 歴史的矢, 宇宙論的矢, 心理的矢などがある. これらの矢の相互関連を述べ, 宇宙論的矢と宇宙の初期条件が基本的に重要であることを示す.

    日本物理学会誌 38(8), 636-643, 1983

    J-STAGE

ページトップへ