Search Results 1-4 of 4

  • A Legal Issue Raised in Spatial Establishment of Evacuation Zone : A International Viewpoint to the Inner and/or Outer Zone of Evacuation Zone  [in Japanese]

    AOKI Nozomi

    Great East Japan Earthquake (March 11, 2011) resulted in the serious accident of Fukushima I Nuclear Power Plant. Since this gave rise to the influential possibilities of radiation exposure, Japanese government ordered a series of evacuation instructions. This article aims to examine the significance of all the reaction related to the spatial establishment, made allowance for the fact that the radioactivity in evacuation zone entails necessarily the influence on human being as well as environment itself. Concretely first the establishment and reorganization of evacuation zone will be arranged in chronological order, thereafter argument regarding a criterion of the low level radiation will be outlined. Second comparing to so-called Chernobyl Law as a similar case in Fukushima Pref., Japanese state-practice will be relativized to the recommendation of the UN special rapporteur. Finally the individual reaction in the outer areas of evacuation zone in terms of the low level radiation will be examined.

    Law and Politics Review First(0), 45-78, 2015

    J-STAGE 

  • The Myth of the "Safety of the Radiation Effect on Health" in Post-Fukushima Japan : The Politics of "Fuhyo-higai"  [in Japanese]

    MIURA Kokichiro

    日本の原子力政策の渦中で産声をあげ,東京電力福島第一原子力発電所の過酷事故以降も,その多義性と曖昧性を武器に「原発の安全神話」や「放射線安全論」を人びとの心のなかに浸透させていく役割を担ってきた「風評被害」という言葉。本稿では,「風評被害」という名づけの行為に着目しつつ,現代日本社会におけるこの語にまつわる複数の異なる用法を批判的に分析し,その政治的社会的効果を明らかにする。第1には,「風評被害」という用語が,(1)生産者側の被害のみに焦点をあて,消費者側の被害や理性的なリスク回避行動をみえなくさせている点,及び(2)安全基準をめぐるポリティクスの存在やそのプロセスをみえなくさせている点である。第2には,「放射能より風評被害の方が怖い」という表現に象徴される,健康被害よりも経済的被害を重視する転倒が原子力損害賠償紛争審査会の方針にも見出され,本来の「(原発事故による)直接的な被害」が「風評被害」と名づけられることによって,放射線被曝による健康被害の過小評価や,事故による加害責任の他者への転嫁がなされている点。第3には,「汚染や被害の強調は福島県への差別を助長する」という風評被害による差別への批判が,反対に,甲状腺がんの多発という事実を隠蔽することによって甲状腺がんの患者への差別を引き起こしている,という構造的差別の存在を指摘する。

    環境社会学研究 20, 54-76, 2014

    NDL Digital Collections 

  • Nuclear Refugees and the 'Reconstruction of Life and Living'  [in Japanese]

    SEKI Reiko

    <p>本稿は,原発事故によって避難を強制された福島原発20キロ圏内(旧警戒区域)の楢葉町を事例に,強制された避難がもたらした被害の特徴を明らかにする。そのうえで,「住み続ける権利」と「避難する権利」を手がかりに,避難当事者が求める復興のかたちについて考える。本稿で展望されるのは,避難の継続にかかわる議論ではなく,将来を見据えた生活を取り戻し,次世代につないでいくための「生活(life)の復興」である。それを,生存(survive)ではなく生活(life)を取り戻すための議論と言い換えてもよい。だが,「生活(life)の復興」は原発事故による放射線被曝リスクから自由になることを意味しない。今後,町に帰る/帰らない,どちらを選択して「生活(life)の復興」を果たすにしても,将来への不安は完全に払拭されえない。それゆえ,「生活(life)の復興」は,被曝リスクや将来不安を内包した議論として展開されねばならない。</p>

    Journal of Environmental Sociology 19(0), 45-60, 2013

    J-STAGE  NDL Digital Collections 

  • 7302 Current Status and Problems of Decontamination in Fukushima Prefecture  [in Japanese]

    KAWASAKI Kota

    Summaries of technical papers of annual meeting (2013), 615-618, 2013-08-30

    AIJ 

Page Top