Search Results 1-20 of 140

  • On the Occasion of Professor Toshikatsu Nakajima's Retirement  [in Japanese]

    菅沼 隆 , スガヌマ タカシ , Takashi Suganuma

    立教經濟學研究 72(4), i-ii, 2019-03

    IR  DOI 

  • On the Occasion of Professor Koji Kurata's Retirement  [in Japanese]

    菅沼 隆 , スガヌマ タカシ , Takashi Suganuma

    立教經濟學研究 72(3), i-ii, 2019-01

    IR  DOI 

  • Rural Tourism in Malaysia:A Case of Seiu Wetland in Terengganu  [in Japanese]

    NUMATA Shinya

    マレーシアの農村部におけるマレー系世帯の平均所得が低く,一次産業従事者の生産性や所得レベルの向上が求められており,観光に対する期待は大きい。マレーシアにおける農村観光にも課題は多く,その内容は基本的には日本におけるコミュニティーベースド観光や住民参加型の活動と同様であると考えられる。一部の地域を除き,マレーシアの農村観光はホームステイプログラムを軸として,複数の行政とカリスマ的な中心メンバーの元で …

    JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION 38(1), 23-26, 2019

    J-STAGE  JASI 

  • On the Occasion of Professor Shigeru Watanabe's Retirement  [in Japanese]

    菅沼 隆 , スガヌマ タカシ , Takashi Suganuma

    立教經濟學研究 72(2), i-ii, 2018-10

    IR  DOI 

  • On the Occasion of Professor Takao Nawa's Retirement  [in Japanese]

    菅沼 隆 , スガヌマ タカシ , Takashi Suganuma

    立教經濟學研究 71(4), i-ii, 2018-03

    IR  DOI 

  • On the Occasion of Professor Yoshiyuki Yamaguchi's Retirement  [in Japanese]

    菅沼 隆 , スガヌマ タカシ , Takashi Suganuma

    立教經濟學研究 71(3), i-ii, 2018-01

    IR  DOI 

  • τ-曲線の性質とその離散化  [in Japanese]

    Miura Kenjiro T. , Suzuki Sho , R.U. Gobithaasan , Usuki Shin

    <p>対数型美的曲線(LAC)の欠点はその形状を定める制御点を連続的に動かすと,不意に曲線が反転(flip)する場合が存在すると指摘されている.これは,LACの始点での接線方向を連続的に変化させた場合,始点から曲線が左回りで終点に到達する場合と,逆に右回りに終点に到達する場合が,カタストロフィックに起こるためである.端点での曲率が有限であると,正から負への曲率の変化や,それとは逆に負か …

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2018A(0), 18-19, 2018

    J-STAGE 

  • τ-曲線:美的曲線への曲率無限大となる点の導入  [in Japanese]

    Miura Kenjiro T. , Suzuki Sho , Usuki Shin , R.U. Gobithaasan

    <p>Yanらは通過点を内挿し,かつその点で曲率の最大値を取る2次Bezier曲線列をκ-曲線として提案した.彼らは対数型美的曲線に含まれるクロソイド曲線の欠点として以下の性質を挙げている.区分クロソイド曲線(picewise clothoid curve)の制御点を連続的に動かすと,不意に曲線が反転(flip)する場合が存在する.これは,クロソイド曲線の始点での接線方向を連続的に変化 …

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2018S(0), 585-586, 2018

    J-STAGE 

  • ニュージーランド高等教育におけるグラフィックデザイン教育の現状 : ワンガヌイ・スクール・オブ・デザインの視察から  [in Japanese]

    田中 裕子 , Yuko Tanaka

    共立女子大学・共立女子短期大学総合文化研究所紀要 = Bulletin of Center for Interdisciplinary Studies of Science and Culture, Kyoritsu Women's University & Junior College (24), 107-117, 2018

    IR 

  • パリ市立近代美術館におけるベルナール・ビュフェ展  [in Japanese]

    ガヌー ドミニク

    Bernard Buffet Museum report = ベルナール・ビュフェ美術館館報 (2), 7-13, 2017-10

  • On the Ocassion of Professor Kazuhisa Okumura's Retirement  [in Japanese]

    菅沼 隆 , スガヌマ タカシ , Takashi Suganuma

    立教經濟學研究 71(2), i, 2017-10

    IR  DOI 

  • 『ツィ』再考 : バルトーク・イェリー・ラヴェル  [in Japanese]

    伊東 信宏

    アリーナ = Arena (20), 580-591, 2017

  • σ curve  [in Japanese]

    Miura Kenjiro T. , Suzuki Sho , R.U. Gobithaasan , Usuki Shin

    対数型美的曲線は自己相似性を拡張した自己アフィン性を持っており,曲率の単調増加性が保証されている.しかしながら,曲率の単調性が保証されるということは曲率の増減が許されず,対称性を持つことができない.そこで,対数型美的曲線の長所(曲率の制御性)を保ちながら対称性を導入することで,新しい曲線:σ曲線を提案する.

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2017A(0), 281-282, 2017

    J-STAGE 

  • On Hand-drawing of the Log-aesthetic Curve  [in Japanese]

    Miura Kenjiro T. , Suzuki Sho , Usuki Shin , R.U. Gobithaasan

    原田は加速しながらペンを動かす場合,曲率半径を大きい側から小さい側に動かすと発散型(曲率対数グラフの傾きα<0)の曲線が描け,小さい側から大きい側に動かすと収束型(α>0)の曲線が描けると報告している. そこで,本研究ではペンの速度と曲率半径,その時間微分との関係を明らかにする.

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2017S(0), 621-622, 2017

    J-STAGE 

  • Cultural Influences on the Establishment of Surrendered B/L as a Trade Custom

    Naganuma Ken , ナガヌマ ケン , 長沼 健

    研究(Article)

    同志社商学 = The Doshisha business review 68(1・2), 37-55, 2016-09

    IR  DOI 

  • イスラエル御馳走帖(22)ババガヌーシュ  [in Japanese]

    越出 水月

    みるとす = Myrtos : イスラエル・ユダヤ・中東がわかる (147), 74-76, 2016-08

  • 対数型美的曲線に関する研究:LA流れと熱伝導方程式,相似幾何による空間曲線の定式化,LCGの傾き  [in Japanese]

    Miura Kenjiro T. , Suzuki Sho , Usuki Shin , R.U. Gobithaasan

    本論文では,対数型美的曲線に関連した研究について述べる.対数型美的流れ(log-aesthetic flow)の概念に基づき,熱伝導方程式を解くことにより連続曲線を``対数型美的曲線化''する新たな手法を提案する.また,相似幾何に基づき対数型美的空間曲線の新たな定式化を提案する.さらに,一般的な曲線の対数曲率グラフの傾きの性質について述べる.

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2016S(0), 811-812, 2016

    J-STAGE 

  • A New Formulation of the Log-aesthetic Space Curve based on Similarity Geometry  [in Japanese]

    Miura Kenjiro T. , Suzuki Sho , Usuki Shin , Gobithaasan R.U.

    「相似幾何」の観点から対数型美的平面曲線を定式化することが可能であり,さらにそれを空間曲線に適用することで、対数型美的空間曲線の新たな定式化を行う.

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2016A(0), 507-508, 2016

    J-STAGE 

  • マレーシアトレンガヌ大学(UMT)水産養殖学部(FISHA)紹介  [in Japanese]

    家畠 俊平

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 82(2), 188-188, 2016

    J-STAGE 

  • Issues on Unification of the Employees' Pension Schemes  [in Japanese]

    長沼 明 , ナガヌマ アキラ , Akira Naganuma

    2015年10月に被用者年金制度は一元化される。共済年金は厚生年金に統一する。本稿では、まず、被用者年金制度一元化の改正の趣旨と概要について整理した。次いで、共済年金と厚生年金の制度的な差異を具体的事例を挙げながら明らかにした。あわせて、今回の一元化における制度的な差異の解消方法について、①厚生年金に揃える形での制度的差異の解消、②共済年金に揃える形での制度的差異の解消、③時間的経過を俟つ制度的差 …

    浦和論叢 (52), 49-69, 2015-02

    IR 

Page Top