Search Results 1-14 of 14

  • Proposal of the Human Motion State Estimation Method Using the Waveform of One Acceleration Sensor  [in Japanese]

    Murata Takayuki , Tamura Hiroki , Tanno Koichi

    In this paper, a study on the number of acceleration sensors required to verify the identification of the five basic types action (walking, sit down on the chair, stand up on the chair, crouch and sta …

    Memoirs of the Faculty of Engineering, Miyazaki University (42), 135-140, 2013-08-30

    IR 

  • A Path Planning Method for Human Tracking Agents Using κ-Nearest Neighbor-based Prediction  [in Japanese]

    TAKEMURA Noriko , NAKAMURA Yutaka , ISHIGURO Hiroshi

    … The positions of humans are predicted by a <i>k</i>-Nearest Neighbor-based method which allows to predict complicated human movements in a real environment. …

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 49(5), 553-559, 2013-05-31

    J-STAGE  References (14)

  • An Analysis of the Impact of a Training Dataset Expansion for Generic Object Recognition  [in Japanese]

    TOYAMA Takumi , KISE Koichi

    一般にパターン認識において,学習データセットの内容は識別性能に大きく影響することが知られている.これまで一般物体認識の分野において用いられてきた多くのデータセットでは,1カテゴリあたりのサンプル数が幾分か少ない場合が多いため,データセットを拡張して内容を充実させることができれば認識性能をさらに上げることができると考えられる.これまでそのようなサンプル数を増やすための手法はいくつか提案されてはいるが …

    IEICE technical report 110(26), 145-150, 2010-05-06

    References (8)

  • An Analysis of the Impact of a Training Dataset Expansion for Generic Object Recognition  [in Japanese]

    TOYAMA Takumi , KISE Koichi

    一般にパターン認識において,学習データセットの内容は識別性能に大きく影響することが知られている.これまで一般物体認識の分野において用いられてきた多くのデータセットでは,1カテゴリあたりのサンプル数が幾分か少ない場合が多いため,データセットを拡張して内容を充実させることができれば認識性能をさらに上げることができると考えられる.これまでそのようなサンプル数を増やすための手法はいくつか提案されてはいるが …

    IEICE technical report 110(28), 145-150, 2010-05-06

    References (12)

  • Head Pose Estimation by Face Shape Description Based on Shape Context  [in Japanese]

    SONG Haijun , HIRANO Yasushi , KAJITA Shoji , MASE Kenji

    識別的手法を利用した頭部方向推定について,画像全体のテクスチャ特徴またはエッジ特徴を直接使用した場合が多く.このような特徴は画像の中の頭部の位置に影響されやすい.また,Active Appearance Models(AAM)で得た顔の特徴点を用いる頭部方向推定の場合,頭部の位置に影響されにくいが,特徴点の検出精度に大きく依存している.そこで,本報告では,顔の特徴点の代わりに,顔の各パーツの形状デ …

    IEICE technical report 109(471), 121-126, 2010-03-08

    References (13)

  • A Model for Extracting Personal Features of an Electroencephalogram and Its Evaluation Method  [in Japanese]

    ITO Shin-ichi , MITSUKURA Yasue , FUKUMI Minoru

    … Furthermore, we use a k-nearest neighbor (kNN) algorithm for evaluating the proposed model and extracted EEG features. …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 129(1), 17-24, 2009-01-01

    J-STAGE  References (11)

  • Pattern Classification Based on Distance between Test Samples and Average Patterns of Categorical κ-Nearest Neighbors  [in Japanese]

    HOTTA Seiji , KIYASU Senya , MIYAHARA Sueharu

    … 代表的なノンパラメトリック手法であるk近傍決定則(k-nearest neighbor rule, kNN)は非線形に分布したパターンの識別に有効であるが, 高次元パターンに適用すると識別率が低下するという欠点がある. …

    The IEICE transactions on information and systems Pt. 2 88(8), 1357-1366, 2005-08-01

    References (21) Cited by (3)

  • Pattern Classification Using Weighted Average Patterns of κ-Nearest Neighbors  [in Japanese]

    HOTTA Seiji , KIYASU Senya , MIYAHARA Sueharu

    代表的なノンパラメトリック手法であるk近傍決定則(kNN)は高次元パターンに適用すると識別率が低下するという欠点がある.この欠点を低減するために筆者らはカテゴリーごとに入力パターンの近傍訓練パターンを求め,その平均パターンとの距離に基づき入力パターンを識別するCAP識別という手法を提案した.一方,kNNの単純な拡張として距離や順位による重み付けを利用した重み付きkNN識別が提案されており,実験によ …

    IEICE technical report. Image engineering 104(465), 1-4, 2004-11-19

    References (15)

  • Pattern Recognition Using Average Patterns of Categorical K-Nearest Neighbors  [in Japanese]

    HOTTA Seiji , KIYASU Senya , MIYAHARA Sueharu

    … あるκ近傍決定則(κNN)ではテストパターンに近い上位κ個の学習パターンによる投票によって識別が行なわれる.しかし,κ個の学習パターンはカテゴリーの区別無く求められ,学習パターンそのものもまったく利用されない.本報告では,これらの点に着目してカテゴリーごとにκNN探索を行い,各カテゴリーで求められたκ個の …

    Technical report of IEICE. Thought and language 103(657), 143-148, 2004-02-13

    References (14)

  • Pattern Recognition Using Average Patterns of Categorical K-Nearest Neighbors  [in Japanese]

    HOTTA Seiji , KIYASU Senya , MIYAHARA Sueharu

    代表的なノンパラメトリック手法であるk近傍決定則(kNN)ではテストパターンに近い上位k個の学習パターンによる投票によって識別が行なわれる.しかし,k個の学習パターンはカテゴリーの区別無く求められ,学習パターンそのものもまったく利用されない.本報告では,これらの点に着目してカテゴリーごとにkNN探索を行い,各カテゴリーで求められたk個の学習パターンの平均パターンとの距離に基づく新しい識別法を提案す …

    Technical report of IEICE. PRMU 103(659), 143-148, 2004-02-13

    References (14)

  • Acceleration of the κ-nearest neighbor method using inclusion and exclusion  [in Japanese]

    KUDO Mineichi

    … 著者らは以前、κ最近隣法の高速化として、探索を途中において終端できる条件を示し、分枝限定法においてその条件を組み込む方式を提案した。 …

    Technical report of IEICE. PRMU 103(295), 91-95, 2003-09-08

    References (10) Cited by (1)

  • Efficinet Incremental Query Processing via Vantage Point Filtering in Dynamic Multi-Dimensional Index Structures

    KIM Byung-Gon , NOH Sam Hyuk , PARK DoSoon , LIM Haechull , LEE Jaeho

    … In this paper, we propose incremental κ-nearest neighbor query(κ-NNQ) and range query algorithms for R-tree based structures. …

    IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences 84(6), 1413-1422, 2001-06-01

    References (11)

  • Acceleration of theκ-Nearest Neighbor Algorithm by Additon of Termination Conditions in Pattern Recognition Problems  [in Japanese]

    MASUYAMA Naoto , KUDO Mineichi , TOYAMA Jun , SHIMBO Masaru

    k近隣法の計算量を減らすため方法の一つである大町らの手法に終端条件を付加することを提案する.k近隣法を効率的に実行する枠組みの一つに分枝限定法がある.これは, 階層的なクラスタリングにより探索木を作り, 逐次更新される基準に基づいて, 枝刈りにより冗長な探索を避ける方法である.大町らは, 探査木をクラスごとに構築する方式で更に分枝限定法を効率化できることを示している.しかし, 彼らの方法では探索途 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00084(00003), 439-447, 2001-03-01

    References (8) Cited by (2)

  • Reduction of intermediate cells using fast and slow learning methods  [in Japanese]

    YAMAUCHI Koichiro , ISHII Naohiro

    本稿では, 神経回路を事例べース推論などのような現実の問題に適応させるための一手法を提案する. 事例べース推論などのように, 学習と認識を同時に実現する必要のある領域での使用に耐える学習システムの条件としては, 少なくとも, (1)過去の事例を忘却せずに新しい事例を学習できること. (学習と認識が同時進行可能). および(2)高い汎化能力があること;の二つが必要である. 残念ながら現段階では, 神 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 97(448), 39-46, 1997-12-12

    References (7) Cited by (2)

Page Top