Search Results 1-20 of 875

  • 環境配慮型―軽量鉄骨下地間仕切り壁のランナー接着面加工処理によるせん断抵抗性改善  [in Japanese]

    水上 沙緒理 , 田村 雅紀

    日本建築学会関東支部研究報告集 (91), 121-124, 2021-03

    AIJ 

  • DEPLOYABLE GEOCELL REINFORCEMENT FOR ROAD RESTORATION AND LABORATORY TESTING OF REINFORCING EFFECTS  [in Japanese]

    MIYAMOTO Shintaro , MIYATA Yoshihisa

    … 補強材の展開機能を高めた展開式セル補強材を構想した.シートの立体展開条件とセル補強材の三次元形状の関係を解析し,土-セル補強土系の相互作用を一面せん断試験で調べた.セル補強材の一般的な立体展開条件に対し,土-セル補強土系は土-土系よりも高いせん断抵抗特性を有することを明らかにする.Taylor-Bishopのエネルギー補正式をベースに,土-セル補強土系のせん断強度の評価式を提示する.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. C (Geosphere Engineering) 77(2), 118-128, 2021

    J-STAGE 

  • A basic study on the earthquake risk assessment methods of landslide and valley-filling embankment slope  [in Japanese]

    NISHIYAMA Taku , CHIBA Noriyuki

    … 本論では,地震動に伴う斜面の危険度評価を行うため,すべり面の土質強度定数(<i><sub>c</sub>,φ</i>)に代えてせん断抵抗係数(<i>φ</i><sub>p</sub>)を用いた安定計算手法(φ<sub>p</sub>法)を展開した。 …

    Japanese Geotechnical Journal 16(1), 87-103, 2021

    J-STAGE 

  • ON ESTIMATING THE DEGREE OF COMPACTION OF IN-SERVICE EMBANKMENT USING DYNAMIC CONE PENETRATION TEST AND PARTICLE SIZE CHARACTERISTICS  [in Japanese]

    NONAMI Satoshi , SHIBUYA Satoru , KATAOKA Satsuki , TORII Nobuyuki , CHINO Katsuhiro

    … 比較を行ったところ,締固め度を概ね再現できることを示した.同一の施工条件で<i>N<sub>d</sub></i>値がばらついた盛土も,推定式による締固め度はほぼ同じとなった.あわせて,実盛土のせん断抵抗角の推定事例を通じ,締固め度を推定することの有用性を示した.なお,含水比の増加により<i>N<sub>d</sub></i>値は減少するが,提案式は最適含水比より湿潤な盛土の締固め度を安全側に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. C (Geosphere Engineering) 77(1), 32-42, 2021

    J-STAGE 

  • SHEAR RESISTANCE MECHANISMS OF HIGH-PANELIZED SHEET WALLS WITH BURRING HOLES:Shear stiffness and large deformation behavior  [in Japanese]

    KAWAI Yoshimichi , TOHNAI Shigeaki , KAIBARA Hiroyuki , SATO Atsushi , ONO Tetsuro

    <p> High-panelized steel sheet shear walls with cold formed edge stiffened burring holes are applied to flat offices, stores, and warehouses in seismically active and typhoon or hurricane prone …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) (768), 275-285, 2020-02

    J-STAGE  AIJ 

  • FUNDAMENTAL STUDY ON REINFORCEMENT EFFECTS OF BASALT FIBER GEOGRID BETWEEN ASPHALT MIXTURE LAYERS  [in Japanese]

    MASHITO Hiroyuki , TSUKAMOTO Masaya , HIRATO Toshiaki , TAKAHASHI Osamu

    … 層に対して,基本的な力学的性状と下面に生じる引張ひずみの低減効果を評価した.その結果,敷設するメッシュ状グリッドの開口部寸法とメッシュ部の硬さが不適当な場合,混合物層間の引張抵抗性とせん断抵抗性が低下する傾向が認められた.また,ひずみ低減効果に対しては,敷設するグリッドの引張強度が支配的な要因ではなく,グリッドによる骨材粒子の拘束効果が主要な影響要因であることがわかった.& …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. E1 (Pavement Engineering) 76(2), I_93-I_100, 2020

    J-STAGE 

  • CONSTRUCTION OF EVALUATING EQUATION FOR CAPACITIES OF BEAM ACTION IN SHEAR RESISTANCE MECHANISMS OF RC BEAMS BASED ON STRESS TRANSFER ALONG INCLINED CRACK PATHS  [in Japanese]

    YAMADA Yuta

    … 耐荷機構に立脚した簡便かつ合理的なせん断耐力予測式の構築を目的として,鉄筋コンクリートはりのせん断抵抗機構におけるビーム機構の耐力予測式を理論的に構築した.鉛直応力非卓越領域における斜めひび割れ経路で分かたれた自由体の力学的平衡状態から基礎式を導出し,せん断長さが800mmまでの試験体に対するせん断要素実験の結果から構成した斜めひび割れ経路上の開口幅に依存する応力伝達モデルを適用 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. E2 (Materials and Concrete Structures) 76(4), 386-402, 2020

    J-STAGE 

  • Effects of reinforcement content on the mechanical behavior of short fiber-reinforced soil  [in Japanese]

    Miyamoto Shintaro , Miyata Yoshihisa

    … 件では,補強材が引抜けて終局状態に達し,せん断抵抗のピーク値は補強材密度が大きくなるほど増加した.補強材配置が密の条件では,土と補強材が一体に挙動し,今回の試験のせん断変位の範囲において,供試体は終局状態に至らなかった.そして,補強材密度に応じたせん断抵抗の増加は少なくなり,補強材密度によるせん断抵抗の増加には限界がある傾向が認められた. …

    Geosynthetics Engineering Journal 35(0), 67-74, 2020

    J-STAGE 

  • An Attempt to Automate Vane Shear Strength Measurement of Gravelly Sediment  [in Japanese]

    KAJIHARA Naoto , SASSA Shinji

    … 本研究では,礫質土砂においてベーンせん断抵抗に大きく影響すると考えられる粒径,湿潤密度,粒子の形状(円形度及び摩擦係数tanΦ)を変動させ,ベーンせん断抵抗測定値の自動測定と手動測定による差を検証することを試みた。 …

    Journal of Fisheries Engineering 56(3), 173-179, 2020

    J-STAGE  JASI 

  • Slope stability analysis including shear resistance of snow accumulated on the ground surface  [in Japanese]

    Okamoto Takashi , Osawa Hikaru , Hirashima Hiroyuki , Takeuchi Yukari , Matsuura Sumio , Shibasaki Tatsuya

    … この積雪は融雪地すべりの誘因になるが,その一方で固体積雪層のせん断抵抗力は地すべりの抑制力として働きうる。 … 本研究では,積雪層のせん断抵抗力が地すべりに及ぼす影響を理解するため,積雪層を考慮した地すべりの三次元斜面安定解析をおこなった。 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 170, 2020

    J-STAGE 

  • CONSIDERATION OF SHEAR RESISTING MECHANISM IN PERFOBOND STRIP WITHOUT PENETRATING REINFORCING BAR  [in Japanese]

    NAKAGISHI Taiyo , OYANAGI Ryuto , FURUUCHI Hitoshi

    … 孔あき鋼板ジベルは,リブ鋼板等に設けられた孔にコンクリートが充填されることにより,複合構造部材の一体化を図るものである.本研究は,貫通鉄筋のない孔あき鋼板ジベルについて,せん断抵抗メカニズムを把握するため実験的検討を行った.特にジベル孔部に作用する拘束力がせん断強度に与える影響に着目した.実験では,孔部周辺の鋼板とコンクリートの摩擦力を排除することができ,孔部のみに拘束力を …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)) 76(5), II_29-II_37, 2020

    J-STAGE 

  • A wall function approach for lattice Boltzmann method  [in Japanese]

    HAN Mengtao , OOKA Ryozo , KIKUMOTO Hideki

    … のBounceback の欠点を克服し,壁関数を用いて適当な壁面せん断応力を計算し,局所的な分布関数の修正を通してそのせん断応力を反映する.乱流チャネル流れを用いてLBM によるlarge-eddy simulation を行い,提案した境界の検証を行った.その結果,WFB は壁に適切なせん断抵抗が再現できた.遷移層において,特に第一層格子点の時間平均速度の過小評価を補償し,壁近傍において主流方向の変動風速をも修正した.</p> …

    SEISAN KENKYU 72(1), 41-47, 2020

    J-STAGE 

  • Consideration on Accumulating Dowel Model of Post-Installed Anchor Andinterlocking Model of Roughened Concrete  [in Japanese]

    奥山 裕希恵 , 高瀬 裕也 , 阿部 隆英 , 坂本 啓太 , 樋渡 健

    … は,一般にあと施工アンカーと目荒らしによって既存部材側と増設部材側が接合されるが,このメカニズムの解明は重要な課題である.ここであと施工アンカーはダウエル効果で,明嵐は噛み合い効果でせん断抵抗すると考え,これまでの個々のモデルを提案してきた.そこで本論文では,目荒らしとあと施工アンカーを組み合わせた試験体の実験を行い,個々のモデルを微修正して累加することにより,概ね良好に …

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集 Proceedings of the Concrete Structure Scenarios, JSMS 19, 497-502, 2019-10

    IR 

  • Shear resistance of adhesive post-installed anchor subjected to multiple cyclic shear load and constant tensile load  [in Japanese]

    菊地 成美 , 窪田 凌平 , 奥山 裕希恵 , 高瀬 裕也

    … RC耐震補強構造物では,補強部材と既存躯体の接合が重要な要素の一つとなる.一般的な接合部では接着系あと施工アンカーが使用されるが,引張力を受けるとせん断抵抗性能が低下する.また東北地方太平洋沖地震では地震の継続時間が長く,建物は多数回の揺れを経験した.そこで本論文では組み合わせ応力下で多数回のせん断載荷履歴を与える実験を行い,既発表の力学モデルにより実験結果の再現を試みた.そ …

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集 Proceedings of the Concrete Structure Scenarios, JSMS 19, 503-508, 2019-10

    IR 

  • 1159 鋼繊維によって内的拘束を受けるコンクリートの支圧強度に及ぼす多軸効果成分とせん断抵抗成分の影響  [in Japanese]

    髙橋 拓也 , 関 俊力 , 瀬古 繁喜 , 山田 和夫

    材料施工 (2019), 317-318, 2019-07-20

    AIJ 

  • 多数回繰り返し履歴を受ける複合応力下の接着系あと施工アンカーのせん断抵抗に関する基礎的検討  [in Japanese]

    菊地 成美 , 窪田 凌平 , 高瀬 裕也

    日本建築学会北海道支部研究報告集 (92), 95-98, 2019-06-29

    AIJ 

  • SHEAR RESISTANCE MECHANISMS OF STEEL SHEET WALLS WITH BURRING HOLES:Shear stiffness and large deformation behavior  [in Japanese]

    KAWAI Yoshimichi , TOHNAI Shigeaki , TANAKA Hiroshi , SATO Atsushi , ONO Tetsuro

     Shear walls in which sheets with burring holes aligned along the vertical direction are fastened to frame members, are applied to multi-story buildings in seismically active regions. A sheet for …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) (757), 437-446, 2019-03

    J-STAGE  AIJ 

  • SUPPORTED STRENGTH FORMULA OF ROUGHENED CONCRETE USING SHAPE MEASUREMENT VALUE BY 3D-SCANNER  [in Japanese]

    MUSYA Ukyo , TAKASE Yuya , ABE Takahide , SAKAMOTO Keita , HIWATASHI Takeshi , KATORI Keiichi

    <p>When buildings are seismically retrofitted, new members are connected to existing members by roughened concrete surface. However, there are few studies on roughened concrete. To evaluate the …

    AIJ Journal of Technology and Design (59), 55-60, 2019-02

    J-STAGE  AIJ 

  • Analysis of hydraulic flow considering uncertainty inside the levee  [in Japanese]

    Fukumura Naoyuki , Koishi Ichiu , Yamada Tadashi

    … 来土が持つ粒径や性質の違いに加え,自然堤防や過去に作られた堤防の補強により,補強ごとに材料が異なったことで不均一性を生んでいると考えられる.ゆえに,地質の複合的性質は,地盤特性であるせん断抵抗力や内部摩擦角,粘着力をの分布を適切に考慮することが望まれるが,実際には各地点での各地質は均一であるとした仮定のもと,解析を行っている場合が多い.しかしながら,先ほども述べたように本 …

    Proceeding of Annual Conference 32(0), 174, 2019

    J-STAGE 

  • INVESTIGATION OF VIBRATION PROPERTIES AT HAMMERING TEST OF TUNNEL LINING BASED ON NUMERICAL ANALYSIS  [in Japanese]

    TSUNO Kiwamu , SHIMAMOTO Keisuke

    … した.また,三次元動的解析を行い,打音試験と対応していることを確認するとともに,内部空洞により振動スペクトルに明瞭なピークが見られることや,卓越周波数は空洞範囲や空洞深さの影響を受けること等の振動特性を把握した.さらに,ひび割れ面のせん断応力とせん断抵抗力を比較することにより剥落安全率を算出する手法を提案し,ピークが発現する周波数と剥落安全率との関係の一例を示した.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F2 (Underground Space Research) 75(1), 26-38, 2019

    J-STAGE 

Page Top