Search Results 1-20 of 55791

  • A New NDN Cache Algorithm to Deliver Contents from Neighbor Node of Users with Less Duplication  [in Japanese]

    中田 有哉 , 重安 哲也

    NDNは過去に配信したコンテンツをネットワーク中にキャッシュすることで,同一コンテンツの次回以降の配信時間を短縮する.ネットワークにキャッシュが十分に蓄積されていない場合には,一定数の人気コンテンツを先行配信する手法を導入すれば同様の効果が得られることも報告されている.しかし,その場合に配信時間の短縮が期待できるのは先行配信コンテンツを要求した場合に限られるなど,限定的である.本論文は,先行配信ノ …

    情報処理学会論文誌 62(2), 405-411, 2021-02-15

    IPSJ 

  • An Item Recommendation Algorithm on a Cyber Mall Based on TransRec Model Representing Stores by Linear Lines  [in Japanese]

    大堀 祐一 , 楊 添翔 , 山下 遥 , 後藤 正幸

    近年,商品と消費者の嗜好の多様化を受け,自動で顧客(ユーザ)の嗜好に合致した商品(アイテム)を提示する推薦システムの重要性が高まっている.過去の購買履歴データを学習し,個々のユーザに対して推薦アイテムを提示するための推薦ロジックには様々な方法が提案されているが,近年では分散表現に基づく手法が注目されている.なかでも,各顧客の購買順序も考慮した分散表現モデルであるTransRecは,各顧客の商品購買 …

    情報処理学会論文誌 62(2), 782-795, 2021-02-15

    IPSJ 

  • 外観検査アルゴリズムの最近の展開  [in Japanese]

    寺田 賢治

    光アライアンス 32(2), 47-53, 2021-02

  • アルゴリズム的ランダムネスと計算可能測度論 (特集 逆数学)  [in Japanese]

    宮部 賢志

    数学セミナー 60(2), 24-30, 2021-02

  • Evaluation of characteristics of blind radio signal separation using independent component analysis  [in Japanese]

    笹岡 秀一 , 岩井 誠人 , Hideichi Sasaoka , Hisato Iwai

    … 本論文は,性能指標として相関行列誤差(CME)と信号分離誤り率(SER)を考案し,方式諸元に対するCMEとSERの確率分布を検討した.また,本論文では,計算機シミュレーションによりCMEとSERのパーセンタイル値の特性を明らかにした.ここで,方式諸元には,アルゴリズムの反復回数,信号対雑音電力比,シンボル長(スナップショット数),送受信アンテナ数,伝搬路モデル,インパルス雑音がある. …

    同志社大学ハリス理化学研究報告 = The Harris science review of Doshisha University 61(4), 185-195, 2021-01-31

    IR  DOI 

  • Machine-Learning Properties of Farr-Gao's Algorithm to Compute the Grobner bases of Vanishing Ideals  [in Japanese]

    日野 遼人 , 山本 章博

    人工知能基本問題研究会 115, 2-7, 2021-01-28

  • An Implementation of Branch Chaining for RX Microcontrollers  [in Japanese]

    千葉 雄司 , 永井 佑樹 , 中川 満

    … 化問題の最適解を得るアルゴリズムを示したが,その有用性を評価していない.そこで本論文では,Leverettらが提案したアルゴリズムと,本論文で提案する,近似解を求めるアルゴリズムをRXマイコン向けに実装,評価した結果を示す.組込機器向けベンチマークEEMBCによる評価の結果,コードサイズの削減量は,Leverettらのアルゴリズムでは0.40%,近似解を求 …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 14(1), 1-14, 2021-01-27

    IPSJ 

  • グリーンインフラ実践へ(第3回)滋賀県が先導する「流域治水」  [in Japanese]

    瀧 健太郎

    …  県は、地先の安全度を評価する数値解析モデルを一般的な計算アルゴリズムで構築し、計算結果を公表している(図5、6)。 …

    日経コンストラクション = Nikkei construction (752), 36-39, 2021-01-25

    Nikkei BP 

  • Step Recognition Method Using Barometer  [in Japanese]

    梶 克彦 , 磯村 奎介 , 高井 飛翔

    … 合,ズボンのポケットに装着した場合などについて,気圧センサの値が歩行にともなって周期的に変化する現象を発見した.この周期的な変化を,デジタルフィルタ・極値発見・閾値処理といった単純なアルゴリズムでとらえてステップ認識を行う.評価実験によって,推定誤差7.5%程度のステップ推定が可能であると確認できた.このような代替センサによるセンシングは,デバイスやシステム構成時に必要となるセ …

    情報処理学会論文誌 62(1), 235-245, 2021-01-15

    IPSJ 

  • Evaluation of Risk Summarization for Privacy Policies in Japanese with Considering Completeness  [in Japanese]

    中村 徹 , ウェルデルファエルB. テスファイ , バネッサ ブラカモンテ , 清本 晋作 , 鈴木 信雄

    … 示す性質である.このコーパスに対し,プライバシポリシのテキスト部の特徴抽出および機械学習を行い,学習モデルの精度評価を行う.本論文では,特徴抽出アルゴリズムとして,Bag-of-Words(以下,BoW),TF-IDF,Doc2Vec,学習アルゴリズムとして,サポートベクタマシンとランダムフォレストを採用した場合のラベル推測精度について評価を行う.評価の結果,本コーパスに対しては,BoWを用いた …

    情報処理学会論文誌 62(1), 332-345, 2021-01-15

    IPSJ 

  • Past, Present and Future Studies of Consecutive-k Systems  [in Japanese]

    山本 久志 , 秋葉 知昭 , 中村 太信

    経営システム = Communications of Japan Industrial Management Association 30(2), 193-198, 2021-01

  • Algorithm that complements image recognition by deep learning  [in Japanese]

    安藤 尚隆

    画像ラボ 32(1), 8-13, 2021-01

  • ゼロからはじめるアルゴリズム(3)アルゴリズムを直感的に学ぼう  [in Japanese]

    石田 保輝

    情報処理 : 情報処理学会誌 : IPSJ magazine 62(1), 36-39, 2021-01

  • FOREIGN BODY INGESTION IN CHILDREN : FOREIGN BODIES IN THE GASTROINTESTINAL TRACT DIAGNOSED BY X-RAY EXAMINATION  [in Japanese]

    浮山 越史 , 渡邉 佳子

    日本臨床外科学会雑誌 82(1), 26-31, 2021

  • CRACK SIZE DETECTION OF FATIGUE CRACK BY EDDY CURRENT TESTING C-SCOPE VISUALIZATION SYSTEM  [in Japanese]

    KONISHI Takuyo , KOTO Yusuke , HIRANO Shuichi , SEKIYA Hidehiko

    … 発した渦流探傷C-Scope画像化装置は,探傷位置に探傷信号から得られたき裂のイメージを表示することでき裂分布を画像化するものである.本システムに回し溶接部のノイズの分布を利用したノイズ除去アルゴリズムを組み込むことで,回し溶接部に生じる小さなき裂の検知精度を向上させることができた.この渦流探傷C-Scope画像化装置により実大ガセット付き桁試験体の疲労試験中にき裂の探傷試験を行い,その結 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F4 (Construction and Management) 77(1), 26-36, 2021

    J-STAGE 

  • Nurse Scheduling Problem Considering Affinity  [in Japanese]

    SATO Makihiko , ONOZATO Takuya , IDA Kenichi

    <p>In this paper, we add an affinity evaluation term between nurses into our NSP system. We exhibit that optimization is effective for affinity and load balancing in our NSP system, and also sho …

    Journal of Japan Industrial Management Association 71(4), 225-228, 2021

    J-STAGE 

  • A Decomposition-Based Multi-Modal Multi-Objective Evolutionary Algorithm Transforming to Two-Objective Problems

    FUJII Yuto , MASUYAMA Naoki , NOJIMA Yusuke , ISHIBUCHI Hisao

    … フロント上の1点に対応する解が複数存在する問題として,マルチモーダル多目的最適化問題がある.進化型マルチモーダル多目的最適化アルゴリズムでは,パレートフロントとパレートセットへの高い近似性能の両立が求められる.しかし,多くのアルゴリズムはパレートフロントへの収束性を優先的に考慮しているため,パレートフロントへの近似性能に比べてパレートセットへの近似性能が低 …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 33(1), 537-542, 2021

    J-STAGE 

  • Current status and issues of in-memory accelerators for deep neural networks  [in Japanese]

    DEGUCHI Jun

    … <p>画像認識などの深層学習に用いられるDNN(Deep Neural Network)は,そのアルゴリズムの進展とともに膨大な演算量を要求する.この膨大な演算量をエネルギー効率よく実行するハードウェアアクセラレータとしてインメモリ・アクセラレータが注目されている.本稿では,インメモリ・アクセラレータの現状,ディジタル・アクセラレータと比較した利点と課題,その対策について,いくつかの例を交えながら解説 …

    Oyo Buturi 90(2), 85-90, 2021

    J-STAGE 

Page Top