Search Results 1-20 of 1335

  • The History and Current Status of Informed Consent  [in Japanese]

    藤重 仁子 , 安井 渚 , 久木元 由紀子 , 中村 めぐみ , 前田 薫 , 五十嵐 淳介

    … 患者および治験の被験者からインフォームド・コンセントを得ることにおいて、人種・民族、年齢、病期、医療の領域、そして医療行為の高度化がどのように影響するのかについて文献レビューをした。 …

    森ノ宮医療大学紀要 = Bulletin of Morinomiya University of Medical Sciences (14), 1-16, 2020-05-01

    IR 

  • Considerations on Respect for Evaluation Participants in Evaluation Ethics : Implications from Research Ethics in Psychology  [in Japanese]

    小林 信行

    日本評価研究 = Japanese journal of evaluation studies 20(1), 1-14, 2020-03

  • The Role of C-CAT (Center for Cancer Genomics and Advanced Therapeutics) for Cancer Genomic Medicine in Japan  [in Japanese]

    福田 博政 , 河野 隆志

    医療 = Japanese journal of National Medical Services : 国立医療学会誌 74(3), 120-126, 2020-03

    Ichushi Web 

  • Risk of Health Care Communication in the Health Care Services Field : A Case of Informed Consent  [in Japanese]

    鷲尾 和紀 , 鷲尾 紀吉

    神奈川大学国際経営論集 = Kanagawa University international management review (59), 31-50, 2020-03

  • Tips for informed consent for elderly surgery  [in Japanese]

    柴田 康博 , 新井 誠二

    泌尿器科 = Urology 11(2), 127-133, 2020-02

    Ichushi Web 

  • PRACTICAL AND ETHICAL CONSIDERATIONS IN THE IBARAKI COHORT STUDY  [in Japanese]

    神崎 真実 , 川本 静香 , 妹尾 麻美 , 中田 友貴 , 肥後 克己 , 孫 怡 , 岡本 尚子 , 安田 裕子 , サトウ タツヤ , 鈴木 華子 , 矢藤 優子

    日本保健福祉学会誌 = Japanese journal of human sciences of health-social services 26(2), 17-25, 2020

  • Acute leukemia developing in the second trimester of pregnancy  [in Japanese]

    HORIGOME Yuichi , TADERA Noriyuki , MICHISHITA Yusuke , MOTOHASHI Tomomi , ISHIDA Takashi , OKINA Sosei , KAMATA Hirotoshi , MIYAZAKI Koji , SUZUKI Takahiro

    … 児の分娩が困難な場合では,妊娠週数を考慮して人工妊娠中絶後あるいは妊娠継続での治療が選択されるが,慎重かつ十分な説明を行い十分なインフォームド・コンセントが得られれば,妊娠中の化学療法導入も一つの選択肢であると考えられる。 …

    Rinsho Ketsueki 61(8), 865-869, 2020

    J-STAGE 

  • Improving clinical trial documentation with Minimum-essentials.  [in Japanese]

    Iwado Momoka , Matsumoto Masatomi , Aoki Michisuke

    … <p>近年,「患者中心の医療」が広まり,医師から患者へインフォームド・コンセントが行われる際には,患者の自己決定による同意が得られるよう,図やイラストレーションを用いた分かりやすい説明文書を用いることが推奨されている.本研究は,医療や新薬の開発に伴う臨床実験である治験用説明文書が患者に与える印象に着目し,改善に有用なデザイン要件を抽出することを目的とした.本稿では,一般的に …

    PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD 67(0), 192, 2020

    J-STAGE 

  • Consideration of the relationship between menstrual pain, menstruation accompanying symptoms and personality  [in Japanese]

    KATO Shinji , HIGASHINO Tomohiro , NAKAMURA Masamichi

    … 【方法】インフォームドコンセントを得た月経のある女性を対象とした。 …

    Zen Nihon Shinkyu Gakkai zasshi (Journal of the Japan Society of Acupuncture and Moxibustion) 70(2), 102-111, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Site-specific Study on Warming Using Disposable Warmer "Kairo" in Healthy Subjects  [in Japanese]

    SHIMA Yoshihito , WATANABE Akane , INOUE Nobuto , KUNITOMO Eiji , MARUYAMA Tetsuya

    … ことがあるが,この方法では手が塞がり日常の作業を妨げる.そこで,カイロで上肢の別の部分を加熱することで,手の冷えを緩和できるかどうかを調査した.</p><p>  【方法】インフォームド・コンセントの後,脈管異常の指摘がこれまでない冷えを自覚する30名に頸部,肘,手首の加温の検討を行った.18名はそれぞれ1週間のインターバルをあけて3ヶ所を指定された順に1週間ずつカイロで加温を行った.残 …

    The Journal of The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine, 2020

    J-STAGE 

  • Examination of the Choice of Oral Cancer Treatment in Elderly Patients  [in Japanese]

    KANEKO KEIKO , KAWAHARA ICHIRO , UCHIDA KEIICHI , YAMADA SHINICHIRO , SUGINO NORIYUKI , KUROIWA HIROKO , OKI EMI , TAKAYA TATSUO , TOMIDA MIHOKO , TAGUCHI AKIRA

    … On the basis of the current situation, we suggest that the focal points should be thoroughly acquiring informed consent to encourage self-determination in patients, establishing a comprehensive treatment guideline, and introducing the concept of frailty. …

    Japanese Journal of Oral Diagnosis / Oral Medicine 33(2), 183-187, 2020

    J-STAGE 

  • Survey on Adverse Events of Acupuncture and Moxibustion for Athletes in Japan  [in Japanese]

    FUJIMOTO Hideki , KONDO Hiroshi , FURUYA Eiji , KANEKO Yasuhisa , IZUMI Shigeki , SAKURABA Hinata , YOSHIDA Yukihiro , TORIUMI Takashi , IKEMUNE Sachiko , TAMACHI Masanori , YOSHIDA Naruto

    … 質問項目は、 ①プロフィール (年齢、 専門競技)、 ②鍼灸治療を受けた目的と実感した効果、 鍼灸治療を受けた部位、 ③鍼灸治療の有害事象、 ④鍼灸治療を受けた回数、 インフォームド・コンセントについて、 ⑤鍼灸治療による競技活動への悪影響に関する自由記述とした。 …

    Zen Nihon Shinkyu Gakkai zasshi (Journal of the Japan Society of Acupuncture and Moxibustion) 70(1), 14-25, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • THE STUDY OF OVARIAN TUMOR CASES THAT LED TO THE DIAGNOSIS OF MALIGNANT TUMOR AFTER LAPAROSCOPIC SURGERY  [in Japanese]

    MARUYAMA Daisuke , TAUCHI Maiko , FUKUCHI Hiroko , ORISAKA Masaru , SASAKI Yasusi , MORIOKA Miki , NAKAYAMA Ken , NAKAMURA Mayuko , KOBAYASHI Hiroki , IKEDA Yuri , IKEBUKURO Shin , AIZAWA Rina , MIYAMURA Tomoya , YOSHIIZUMI Eri

    … 125高値を2例に認めた.超音波所見では3例とも充実部分を認め,MRIでは1例に造影効果を認めた.術後に境界悪性腫瘍または悪性腫瘍と診断された頻度は1.7%であった.卵巣腫瘍は体腔内に存在し術前に病理学的検索ができないことが多いため,術前診断が良性であっても術後に境界悪性または悪性腫瘍と診断されることがある.そのため術前に十分なインフォームドコンセントにより術式を決定することが重要である. …

    Journal of The Showa University Society 80(2), 195-203, 2020

    IR  J-STAGE 

  • Study on Factors for Not Having a Regular Examination after Dental Treatment under General Anesthesia  [in Japanese]

    TANAKA Kenji , HIROSE Yosuke , MUKAI Chikako , MURAKAMI Jumpei , AKIYAMA Shigehisa

    … 「歯科治療への適応行動が困難である」11名,「口腔内に問題がないから」6名,「学校検診を受けているから」2名などの理由が挙げられた.未受診患者の満足度調査では全身麻酔に関するインフォームドコンセントや治療内容に関しては90%以上満足していた.しかし,高い満足度を示した患者のすべてが定期検診を受診していたわけではなかった.以上より,今後も治療終了後の定期検診の重要性を改めて啓発し, …

    Journal of the Japanese Society for Disability and Oral Health 41(1), 29-34, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Risk Factors Associated with Early Childhood Caries in 18- to 23-month-old Children in the Kushiro Area of Hokkaido, Japan  [in Japanese]

    NAKAYAMA Yoshimi

    … と関連する要因を明らかにすることである.調査対象者は,北海道釧路地域で平成30年度に1歳6か月児歯科健康診査を受診した児であった.対象者数は1,328人で,対象者の保護者すべてにインフォームド・コンセントを行い,同意が得られた1,006人(75.8%)を解析対象者とした.自記式質問調査には保護者が回答した.調査項目は,性別,月齢,間食習慣,保護者による仕上げ磨き習慣,離乳食開始時期,フッ化物歯面 …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 70(2), 73-79, 2020

    J-STAGE 

  • The Role of In-house Lawyers in Medical Institutions with Regard to Patient Safety  [in Japanese]

    SEO Masako

    … ある.医療機関内弁護士は,医療安全上の事例から紛争リスクを早期に覚知して法的な助言を行い,紛争化を予防することができる.その他,事故調査における事実認定や報告書作成,インフォームド・コンセント文書や各種マニュアルの作成,法改正に対応した院内体制整備など,医療安全管理において法律家の能力が活用される場面は多岐にわたる.一方で,医療機関内弁護士には,ガバナンス,契約,人事労務 …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 40(1), 105-109, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Doctor's Discretion Versus Patient's Self-determination : (Part III) Why Does Informed Consent Justify Noncompliance with the Law in Medical Treatment?  [in Japanese]

    村岡 潔

    … の患者の自己決定権を保証するインフォームド・コンセントまでの水準の差があることを説明した.以上の同意と違法性阻却の関係の議論をふまえて,第IV節では,インフォームド・コンセントによる違法性阻却が成立していないと推定される2つの事例について考察した.以上から,V.まとめとして,インフォームド・コンセントは,患者の自己決定権を擁護するものであると同 …

    保健医療技術学部論集 (13), 25-35, 2019-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Current status of ethical considerations in intervention studies among patients with dementia conducted in Japan : Based on an analysis of ethical considerations reported in original articles  [in Japanese]

    佐伯 恭子 , 諏訪 さゆり

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 = Journal of Graduate School of Nursing, Chiba University (41), 13-23, 2019-03

    Ichushi Web 

  • Practical report of nursing exchange program in UCLA Medical Center : The differences in access to prenatal testing between California and Japan

    原田 奈美

    … はメディカルと呼ばれる公的な医療保険制度があり,それに認定された低所得世帯はこの制度を利用して,出生前スクリーニングやそれに付随する支援を無料で受けることができた.またインフォームドコンセントを得る際に,英語を話さない患者には公的な通訳サービスを用い,自律的な意思決定ができるよう配慮されていた.諸外国と比べ,日本の出生前検査の普及率はとても低い.しかし近年,妊娠中に胎児の …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 = Journal of Graduate School of Nursing, Chiba University (41), 75-82, 2019-03

    IR  DOI 

  • Current status of ethical considerations in intervention studies among patients with dementia conducted in Japan : Based on an analysis of ethical considerations reported in original articles  [in Japanese]

    佐伯 恭子 , 諏訪 さゆり

    … の文献の中からキーワードを用いて検索し43件を抽出した.43件の文献から,ベルモントレポートで示された倫理原則との対応を参考に,倫理的配慮に関する記述を抜き出して分析した.インフォームド・コンセントについて,本人が関与していたものが27件,本人が関与しなかった可能性があったものも13件あった.対象者の脱落があったことが記述されていた文献は12件で,その中には,実施した介入や評価測定に関 …

    千葉大学大学院看護学研究科紀要 = Journal of Graduate School of Nursing, Chiba University (41), 13-24, 2019-03

    IR  DOI 

Page Top