Search Results 1-14 of 14

  • Book review : Chukujin Uchima, Ryukyuan Dialect and Communal Identity  [in Japanese]

    中本 謙

    國學院雜誌 = The Journal of Kokugakuin University 113(12), 48-51, 2012-12

  • The sense of Uchi/Soto and Uri/Nam  [in Japanese]

    横山 由香

    Studies in comparative culture (95), 33-42, 2011-01-31

  • A brief report of the Tomonoura social inquiry  [in Japanese]

    SUZUKI Koshiro , SUZUKI Tamao , SUZUKI Hiroshi

    <b>_I_.概説</b><br>発表者らは,文部科学省からの研究助成(研究代表者 鈴木晃志郎:『「開発=保全」問題に直面したコミュニティにおける住民意志決定のメカニズム』(課題番号: 20700673)を得て, 2008年10月下旬,公共事業に対する住民の態度を明らかにすべく住民意識調査を実施した。本発表は,その結果の一部を速報として公表することを目的とする。 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2009s(0), 12-12, 2009

    J-STAGE 

  • Bridge over the troubled harbor: dynamics of local residents' campaign in Tomonoura  [in Japanese]

    鈴木 晃志郎 , 鈴木 玉緒 , 鈴木 広

    福山市鞆町は、古い城下町特有の道路狭小に由来する交通問題を解消すべく自治体が提示した港湾架橋道路案をめぐり、架橋推進派と架橋反対派との間で軋礫が続く場所である。本研究は当地における住民運動に焦点をあて、各種資料の内容分析および当事者への面接調査を通じて各々の住民運動の歴史的経過を詳細に検討した。その結果、鞆の住民運動のうち反対派のそれは、2000年ごろを境にその性格が大きく変化していることが明らか …

    The international journal of tourism science (1), 51-69, 2008-03

    IR 

  • A Foresight Report from Tomonoura  [in Japanese]

    SUZUKI Koshiro , SUZUKI Tamao , SUZUKI Hiroshi

    <BR>When we think of the historical and cultural landscape protection, it is inevitable to consider the opposition of values between the environmental protection and environmental development or …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2008s(0), 9-9, 2008

    J-STAGE 

  • Uchi/Soto and linguistic expressions

    KAMEI Yukiko

    The purpose of this paper is to investigate how the distinction between uchi and soto in Japanese, which roughly correspond to in-group and out-group in English respectively, is related to linguistic …

    KGPS review : Kwansei Gakuin policy studies review 7, 67-80, 2006-10

  • The Particles "ga" and "no" in Sonezaki-Shinju: Changes in the Usages of the particle "ga"  [in Japanese]

    新垣 公弥子

    本稿では、大野(1987)のデータに『曽根崎心中』のデータを加え、助詞「が」の用法の変遷について観察した。その結果、『土佐日記』以来「が」の使用比率は「の」と比較すると若干の増減をみせながらも、全体として増加傾向にあるといえ『曽根崎心中』も、その変化過程の中にあることを明らかにした(図2・図3)。また「が」のかかる形式比率(図4)でも「体言が体言」から「体言が用言」へ移行する変化の中にあることが明 …

    Social sciences and humanities,Chiba University (12), 10-23, 2006-03

    IR 

  • A study of particles "Ga" and "Nu" in Gusukuma dialect, Urasoe city, Okinawa prefecture  [in Japanese]

    内間 早俊

    Journal of linguistic science, Tohoku University (10), 1-12, 2006

    IR 

  • 臓器移植におけるウチソト意識の深層--薬大生を対象とした調査を通して  [in Japanese]

    小松 楠緒子

    明治薬科大学研究紀要 人文科学・社会科学 (35), 83-95, 2005

  • Partnership and the Japanese Intercultural Experience

    Brecher William Puck

    異文化コミュニケーションという分野の議論をよく耳にするようになったが、長年言われ続けているコミュニケーション上の障壁が依然として存続している。たとえば、1980年以降、日米間で交渉された45の貿易協定のうち成功をおさめているのは、わずか13に過ぎない。この失敗の理由の一つは、基本的に西洋的な、異文化交流に対する唯一のアプローチに固執しているからである。複数の文化を受け入れられない日本の大きな障害は …

    Academic bulletin of Nagano University 19(2・3), 152-162, 1997-12

    IR 

  • 「日本事情」覚書--ウチ・ソト意識を中心に  [in Japanese]

    佐藤 勢紀子

    Bulletin of the National Institute of Multimedia Education (13), 193-207, 1996

  • A Syllabus of Nihonjijo Focused on the Uchi-soto Consciousness of Japanese  [in Japanese]

    佐藤 勢紀子 , サトウ セキコ , Sekiko Sato

    This report shows a model of Nihonjijo course in which foreign students can learn how to solve the problems of cross-cultural contact, particularly those caused by the Uchi-soto consciousness of Japan …

    放送教育開発センター研究紀要 (13), 193-207, 1996

    IR 

  • A Syllabus of Nihonjijo Focused on the Uchi-soto Consciousness of Japanese  [in Japanese]

    Sato Sekiko

    This report shows a model of Nihonjijo course in which foreign students can learn how to solve the problems of cross-cultural contact, particularly those caused by the Uchi-soto consciousness of Japan …

    Bulletin of the National Institute of Multimedia Education 13, 193-207, 1996

Page Top