Search Results 1-20 of 864

  • A CASE OF A PEDIATRIC PNEUMONIA PATIENT WITH LEFT PLEURAL EFFUSION WHO RECEIVED SEVERAL COURSES OF UROKINASE FIBRINOLYTIC THERAPY  [in Japanese]

    望月 優暁 , 福島 亮介 , 市川 和志 , 佐近 琢磨 , 林 亜揮子

    小児の急性肺炎に胸水貯留を伴う事はしばしば経験されるが,貯留した胸水に対し介入を行う事は まれである.今回,隔壁構造を伴った胸水貯留に対し,ウロキナーゼの胸腔内投与による線溶療法を 繰り返し施行することで改善した症例を経験した.  2歳6ヶ月男児.10日間続く発熱・咳嗽あり,前医を受診.画像検索にて肺炎と左大量胸水を認め 当院へ転送となった.胸腔ドレーンを留置し,胸水排液を行ったが,超音波画像とC …

    横浜医学 = Yokohama Medical  Journal 71(1), 17-21, 2020-01-30

    IR 

  • Intrapleural fibrinolytic therapy by urokinase for acute empyema  [in Japanese]

    Ikuta Yasushi , Kinoshita Yoshiaki

    <p>ドレナージ困難となった急性膿胸に対して胸腔内線維素溶解療法の有用性が報告されているが,その有効性や安全性は十分に確立されていない.当院でウロキナーゼ胸腔内線維素溶解療法を行った急性膿胸7例を対象にレトロスペクティブに検討した.男性6例,女性1例,平均年齢65.0歳であった.統合失調症やアルコール多飲,高血圧などの併存疾患が5例で認められ,Performance status(PS …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 34(5), 301-305, 2020

    J-STAGE 

  • A Case of superior mesenteric thromboembolism that was successfully treated using aspiration thrombectomy  [in Japanese]

    Takeuchi Nobuhiro , Tabuchi Masaki , Shoji Keisuke , Nakao Atsunori , Nishida Yu , Nomura Yusuke , Tanaka Katsutaka , Takada Masanori , Nishibori Yoshiharu

    <p> 症例は76歳,女性.7月中旬,激しい上腹部痛と嘔吐・下痢を伴い当院へ救急車にて受診した.腹部単純CT検査で異常を指摘できず,腹部超音波検査および腹部造影CT検査にて上腸間膜動脈中間部に血栓による閉塞を認め,一部空腸の造影剤の濃染不良を認めた.腹部血管造影検査を施行したところ,上腸間膜動脈造影にて上腸間膜動脈中間部および左空腸動脈に血栓を認めた.4Fr Cobraカテーテルよりマ …

    Shinzo 51(5), 509-516, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Acute Superior Mesenteric Artery Occlusion Rescued with Interventional Radiology  [in Japanese]

    Tsukamoto Yoshitsugu , Mimura Hidefumi , Negishi Hiroyuki , Otsubo Takehito , Ogura Yuta , Fukuoka Asako , Asano Takayuki , Tsukikawa Satoshi , Makizumi Ryoji , Fujizuka Shinji

    <p>上腸間膜動脈閉塞症は早期診断,早期治療を行うことで良好な予後を得ている。早期の急性上腸間膜動脈閉塞症は軽度の腹痛のみで来院することがあり,早期に診断を行うことは困難である。治療の遅れは死に至る可能性が極めて高い重篤な疾患である。今回,IVRによる保存的治療のみで救命した急性上腸間膜動脈閉塞症の1例を経験したので報告する。症例は70歳代,男性。腹痛と血便で前医を受診し,CT検査で急 …

    Nihon Fukubu Kyukyu Igakkai Zasshi (Journal of Abdominal Emergency Medicine) 39(4), 715-718, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Purulent pericarditis complicated with pyogenic knee arthritis due to invasive pneumococcal disease:A case report  [in Japanese]

    Hasegawa Kaoru , Miura Makoto , Ishizuka Masato , Komaru Tatsuya , Yambe Minoru , Kadowaki Shimpei , Sekiguchi Yuko , Miyashita Takehiko , Maeda Kei , Matsuoka Takayuki , Minagawa Tadanori , Watanabe Suguru

    <p> 侵襲性肺炎球菌感染症とは,肺炎球菌感染症の中でも,肺炎球菌が心嚢液など本来無菌の部位から検出される重症感染をさす.今回,基礎疾患のない成人女性における侵襲性肺炎球菌感染症による化膿性心外膜炎の1例を経験したので報告する.症例は40歳代女性.胸背部痛,左下肢痛を訴え当院へ救急搬送された.12誘導心電図で広範な誘導でST上昇を認め,心膜炎疑いとして当科入院.高度の炎症反応所見および …

    Shinzo 51(1), 44-48, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Clinical Analysis of Patients with Upper Extremity Deep Vein Thrombosis: A Single Center Experience of 20 Cases  [in Japanese]

    Uchida Norio

    <p>1993から2018年までの26年間に当科で診療した上肢深部静脈血栓症20例を対象に臨床的検討を加えた.男性11例,女性9例,年齢は16~90歳,中央値50歳,患肢は右9例,左11例であった.上肢の過剰な運動が誘因のPaget-Schroetter症候群が最も多く7例であった.悪性疾患が誘因となったものは5例で高齢者に多い傾向がある.発症初期の11例に対してヘパリンとウロキナーゼ …

    The Japanese Journal of Phlebology 30(3), 305-310, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Mechanical thrombectomy in the very elderly for treatment of acute ischemic stroke: a report of 3 cases  [in Japanese]

    Ikeuchi Yusuke , Uyama Atsushi , Hamaguchi Hirotoshi , Miyake Shigeru , Kondoh Takeshi

    <p> 【緒 言】 80歳以上の高齢者に対する機械的血栓回収療法(MT)の有効性を示す報告は散見されるが,90歳以上に限定した検討は充分にはなされていない.今回我々は90歳以上の超高齢者にMTを行った3例を経験したので,超高齢者特有の問題点について考察を加えて報告する.【症例1】 97歳女性.病前mRS 3.意識障害,右片麻痺を発症し救急搬送された.来院時NIHSS 25点,ASPEC …

    NEUROSURGICAL EMERGENCY 24(1), 78-86, 2019

    J-STAGE 

  • Efficacy of fibrinolytic therapy for acute empyema and parapneumonic pleural effusion  [in Japanese]

    Koizumi Takahisa , Okada Akira , Hirono Tatsuhiko , Watanabe Takehiro

    <p>【はじめに】当院では保存的治療で改善しない急性膿胸・肺炎随伴性胸水に対して積極的に線維素溶解療法を行う方針としている.線維素溶解療法の有効性と安全性を検討した.【対象と方法】対象は2012年1月から2017年2月までに当科で急性膿胸・肺炎随伴性胸水に対して線維素溶解療法を行った症例とした.胸腔ドレナージで十分な改善が得られない症例にウロキナーゼ6~12万単位を生理食塩水100 m …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 33(2), 107-112, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Perforation of the Gastrointestinal Tract That Developed Seven Months after Discharge Following Conservative Treatment Involving Thrombolytic Therapy for Superior Mesenteric Artery Embolism  [in Japanese]

    Kuroda Keiko , Maruyama Shuichiro , Hirai Ryuji , Yodoya Mitsuko , Omae Kenichi , Kanaya Yoshiaki , Matsuda Naoki , Fujii Masayoshi , Shiomi Kohei , Jida Masaru , Iwata Kazuma

    <p>症例は心房細動のある70歳の男性で,突然の腹痛を主訴に受診,造影CTにて中結腸動脈分岐部レベルで血栓を認め上腸間膜動脈(superior mesenteric artery;以下,SMAと略記)塞栓症と診断された.明らかな腸管壊死所見はなく,血栓除去・溶解療法を施行し,SMA末梢や回結腸動脈に一部残存した血栓に対し,ウロキナーゼ持続動注を3日間継続した.動注終了時のCT angi …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 52(2), 95-105, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 血栓溶解療法と線溶療法  [in Japanese]

    長尾 毅彦

    Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis 30(1), 122-124, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Evaluation of the tunneled cuffed catheter as a hemodialysis access point  [in Japanese]

    Uchino Takashi , Nakai Hiromasa , Sasaki Tsukasa , Azuma Nakanobu

    <p>当院で挿入したカフ型カテーテル (カテーテル) につき検討した. 対象は2000年6月から2012年12月までの235例 (275件) であった. カテーテル出口部は消毒し, 入浴時に濡れないようにフィルム材で保護した. 血栓に対してウロキナーゼを使用した. カテーテルの適応はシャント造設困難59.6%, 心不全11.3%, ブリッジ5.1%, その他24.0%であった. 感染率 …

    Nihon Toseki Igakkai Zasshi 52(1), 15-21, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Presence of Human Pulmonary Fibroblasts Regulates Human Alveolar Epithelial and Endothelial Cell Migration  [in Japanese]

    髙橋 君子

    肺組織損傷部位では、線維芽細胞が増殖し活発にPAI-1を分泌する。このPAI-1は線溶系のuPAと結合してuPA活性を阻害する。線維芽細胞との共培養により、肺胞上皮細胞あるいは血管内皮細胞のuPA受容体であるuPAR産生量、これらの細胞表面におけるuPA活性および遊走を検討した。肺胞上皮細胞、血管内皮細胞表面のuPA活性は線維芽細胞の共存によって抑制されなかったが、uPAR mRNAの発現と遊走は …

    鎌倉女子大学紀要 = The journal of Kamakura Women's University (25), 17-26, 2018-01

    IR 

  • An effective case of burr-hole drainage surgery for acute subdural hematoma  [in Japanese]

    小川 博司 , 元持 雅男 , 佐藤 正夫

    Proceeding = 日本脳神経外科認知症学会学術総会講演集 : the annual meeting in Japan Society of Neurosurgery for Dementia 2, 119-122, 2018

  • A Case of a Patient with a Superior Mesenteric Arterial Embolism Surviving After Selective Urokinase Arterial Infusion Therapy  [in Japanese]

    Mitsuhashi Yuto , Kimura Norihisa , Ishido Keinosuke , Kudo Daisuke , Kakehata Shinya , Hakamada Kenichi

    <p>上腸間膜動脈塞栓症(以下,SMA塞栓症)は,発症後短時間で腸管壊死をきたし広範な腸管切除を要することが多い予後不良な疾患である。症例は69歳男性。既往歴に未治療の心房細動があった。腹痛を主訴に前医を受診し,CTでSMA塞栓症が疑われ当院へ救急搬送された。受診時意識清明,腹壁は軟で,筋性防御は認めなかった。CTでSMA本幹に血栓を認めるも腸管壊死を示唆する所見はみられず,放射線科に …

    Nihon Fukubu Kyukyu Igakkai Zasshi (Journal of Abdominal Emergency Medicine) 38(7), 1235-1239, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Squamous Cell Lung Cancer with Thoracic Empyema Complicating Transbronchial Biopsy  [in Japanese]

    Funaguchi Norihiko , Yanase Koumei , Kaito Daizo , Endo Junki , Ito Fumitaka , Toyoshi Sayaka , Mori Hidenori , Ohno Yasushi

    <p><b>背景.</b>肺癌に対する気管支鏡生検後の合併症として,膿胸の発症は稀である.<b>症例.</b>58歳男性.左上肢の運動障害を自覚,脳MRIで右前頭葉の腫瘍を認め,転移性脳腫瘍と診断され定位脳照射を施行された.胸部CTで左下葉S<sup>6</sup>胸膜直下に長径53 mmの腫瘤性病変を認め,肺癌の …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 40(1), 26-30, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case of complex complicated parapneumonic effusion with Parkinson's syndrome successfully treated by intrapleural fibrinolytic therapy using urokinase  [in Japanese]

    谷山 大樹 , 北原 良洋 , 荒木 佑亮 , 難波 将史 , 吉田 敬 , 中野 喜久雄

    広島医学 70(11), 476-480, 2017-11

    Ichushi Web 

  • A case of inferior vena cava filter thrombosis successfully treated by catheter-directed thrombolysis  [in Japanese]

    Ozeki Michishige , Ishizaka Nobukazu , Watanabe Sota , Takahashi Hideaki , Fujisaka Tomohiro , Fujita Shuichi , Shibata Kensaku , Takeda Yoshihiro , Sohmiya Koichi , Hoshiga Masaaki

    <p> 症例は30代女性.3週間前に外傷により左膝前十字靭帯断裂をきたし,ほとんど外出せず座位で過ごすことが多かった.その後,徐々に増悪する呼吸困難を自覚し近医を独歩で受診した.12誘導心電図で右心負荷所見を認め,肺塞栓症の疑いで当院に精査入院となった.造影CTで両肺動脈および左浅大腿静脈近位部から膝窩静脈にかけて血栓像を認め,骨盤内に11 cm大の子宮筋腫を認めた.腎静脈下に回収可能 …

    Shinzo 49(8), 828-833, 2017

    J-STAGE 

  • Intrapleural Fibrinolytic Therapy for Parapneumonic Pleural Effusion and Acute Empyema  [in Japanese]

    KANEDA Yoshikazu , IKE Souichi , KOGA Youichi , MIZOGUCHI Takahiro , FUKAMITSU Gaku , FUJII Masakazu , NAKASHIMA Yoshiteru

    胸腔内が被包化した肺炎随伴性胸水および膿胸はドレナージが困難である.当科でウロキナーゼによる胸腔内線維素溶解療法を施行した肺炎随伴性胸水および急性膿胸24例を対象とし,その方法と結果を検討し報告する.男性21例,女性3例で,平均年齢は70歳であった.自覚症状から当院来院までの平均期間は9日,ACCP category 3が19例,4が5例であった.ドレナージは透視下またはCTガイド下に施行され,平 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 78(12), 2609-2612, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Tissue fibrinolytic system in bone metabolism  [in Japanese]

    KAWAO Naoyuki

    <p><b>要約:</b>線溶系因子はフィブリン血栓の溶解以外にも,様々な組織において,リモデリング,修復・再生,炎症,細胞遊走,血管新生などに寄与する.骨芽細胞および破骨細胞にも組織型プラスミノゲンアクチベータ(tPA),ウロキナーゼ型PA(uPA)およびそれらの阻害因子であるプラスミノゲンアクチベータインヒビター(PAI-1)が発現しており,遺伝子欠損マウス …

    Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis 28(5), 597-602, 2017

    J-STAGE 

  • A case of superior mesenteric arterial occlusion in the patient with the cancer of oral floor  [in Japanese]

    Hayasaka Junichi , Hayashi Hirosaka , Sase Miwako , Noguchi Tadahide , Itoh Hiroto , Jinbu Yoshinori , Kusama Mikio , Mori Yoshiyuki

    急性上腸間膜動脈閉塞症は,発症初期に臨床症状が乏しいため早期診断が難しく,また急速で広範囲に腸管虚血や壊死を来す極めて予後不良な疾患である。今回われわれは,口底癌術後に上腸間膜動脈閉塞症を発症した1例を経験したので報告する。患者は73歳の女性で,心房細動の既往がありワルファリンカリウムによる抗血栓療法を受けていた。口底部に難治性潰瘍を生じ,近医歯科を受診したところ当科紹介受診となった。精査の結果, …

    Journal of Japanese Society of Oral Oncology 29(4), 227-232, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top