Search Results 1-20 of 530

  • Traffic Paint and Application  [in Japanese]

    小川 博巳

    塗装工学 = Journal of Japan Coating Technology Association 55(3), 90-101, 2020

  • Archaeochemical Study of Glass Beads Excavated from the Sites in Hokkaido at Ainu Culture Period by Using a Portable XRF Spectrometer  [in Japanese]

    新井 沙季 , 中村 和之 , 中井 泉

    X線分析の進歩 (50), 207-222, 2019-03

  • An attempt to reproduce radiative cooling in an open wind tunnel  [in Japanese]

    Fukaya Ryoma , 松島 大

    <p>地球の乾燥・半乾燥地域が占める割合は大陸の約4割であり、砂漠での結露水は比較的供給が安定しているため、利用することは有効な手段と考えられている。本研究では、乾燥・半乾燥地を模した土壌を製作し、夜間を想定した開放型風洞実験により結露水の重量変化を熱フラックスとともに実測し、熱収支式による理論値と比較する。このために、室内実験で放射冷却を再現する。</p><p> …

    Proceeding of Annual Conference 32(0), 144, 2019

    J-STAGE 

  • Effect of Surface Roughness on Haze and Glossiness Values of an Acrylic Plate Surface  [in Japanese]

    WAKABAYASHI Yuji , YONEHARA Makiko , YAMABE Hidetoshi , YOSHIDA Shun , SUGIBAYASHI Toshio

    <p>透明なアクリル樹脂板を試験片材料として取り上げ,表面の凹凸形状が透過率,ヘーズおよび光沢度に与える影響を実験的に調査した。アクリル樹脂板の表面には球状のガラスビーズを用いたショットブラスト加工により,その投射圧力を変化させて種々の表面粗さを片面および両面にそれぞれ付与した。表面性状の特徴を三次元表面性状パラメータにより総合的に評価した。その結果,算術平均高さの値が増加するに従い, …

    Journal of the Japan Society of Colour Material 92(10), 292-298, 2019

    J-STAGE 

  • Experimental study of soil-crust destruction caused by particle collision  [in Japanese]

    NAKAMURA Koichi

    <p>黄砂とは,乾燥地において強風のため微細な土粒子が舞い上がり,偏西風によって広域に運ばれる現象である。これを予報する数値モデルでは,粒径と臨界摩擦速度の関係が用いられる。地表面に土壌クラストが存在した場合,粒径と臨界摩擦速度の関係が変化することが指摘されており,これが予報精度低下の原因とされている。本研究では,土壌クラストに粒子が衝突するため,粒径と臨界摩擦速度の関係が変化するもの …

    Japanese Geotechnical Journal 14(3), 287-294, 2019

    J-STAGE 

  • Solid Transportation in a Coil-Shaped Rotating Spiral Gas–Solid Contacting Device  [in Japanese]

    Shimizu Tadaaki , Adachi Ryotaro , Li Liuyun , Hatta Akimichi , Kojima Toshinori

    <p>ガスがすべて固体層を通過する良好な気固接触を維持しながら,軸周りの回転運動で粒子を輸送する気固接触装置として,既成の配管用180°エルボを組み合わせたコイル状らせん構造をもつ装置を提案した.この形状を近似するコールドモデルとして,内径24 mmの透明アクリル管で構成した多角形180°エルボを組み合わせて,コイル状らせんを構成した.粒子をバッチで充てんして手で回転させる1.5旋回ユ …

    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 45(5), 197-203, 2019

    J-STAGE 

  • Evaluation of particulate materials as a physical barrier against penetration of <i>Reticulitermes speratus</i> under floor of experiment house  [in Japanese]

    YANASE Yoshiyuki , FUJIWARA Yuko , FUJII Yoshihisa , MORI Takuro , YOSHIMURA Tsuyoshi , DOI Shuichi

    日本では地下シロアリのイエシロアリ<i>Coptotermes formosanus</i> Shirakiとヤマトシロアリ<i>Reticulitermes speratus</i>(Kolbe)の被害が経済的に最も重要である。近年,シロアリ防除に対しては,レスケミカルまたはケミカルフリーな防除方法が注目されてきている。ケミカルフリーな防除方法とし …

    MOKUZAI HOZON (Wood Protection) 45(3), 114-121, 2019

    J-STAGE 

  • 4-4-1 Experimental and Numerical Study on Flow Characteristics of Fluidized Bed Using Glass Beads  [in Japanese]

    HASEGAWA Yuichi , BELLAN Selvan , KODAMA Tatsuya , GOKON Nobuyuki , HATAMACHI Tsuyoshi , CHO Hyun Seok

    <p>The high-temperature concentrated solar-driven thermochemical reacting system for hydrogen and syngas production has been considered as an effective alternative to fossil fuels and reduce the …

    Proceedings of the Annual Conference of The Japan Institute of Energy 28(0), 144-145, 2019

    J-STAGE 

  • The Effects of the Surface Texture on the Visual Texture of Transparent Acrylic Resin  [in Japanese]

    WAKABAYASHI Yuji , YONEHARA Makiko , YAMABE Hidetoshi , YOSHIDA Shun , SUGIBAYASHI Toshio

    <p>工業製品の外観材や遮音材等に多用されている透明なアクリル樹脂板を試験片材料として取り上げ,表面の凹凸形状が透過率およびヘーズに与える影響を実験的に調査した。アクリル樹脂板の表面には球状のガラスビーズを用いたショットブラスト加工により,その投射圧力を変化させて種々の表面粗さを付与した。表面性状の特徴を把握するため,高さパラメーターと空間パラメーターおよび複合パラメーターにより総合的 …

    Journal of the Japan Society of Colour Material 92(5), 131-135, 2019

    J-STAGE 

  • Improvement of Fat Suppressing Effect for Finger and Neck MRI by Using Small Glass Beads  [in Japanese]

    Shiina Ryosuke , Ogura Akio , Takeuchi Tomokazu , Nakano Hiroki

    <p>The defectiveness of the fat suppression becomes the factor of the decrease of the quality of the diagnosis of magnetic resonance imaging. It is reported that the use of magnetic field unifor …

    Japanese Journal of Radiological Technology 75(5), 446-453, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The amount and morphology of fine root litter in the surface soils in a Chamaecyparis obtusa stand  [in Japanese]

    Yoshida Gen , Tanikawa Toko , Doi Ryuusei , Wada Ryuusei , Miki Kazuhito , Hirano Yasuhiro

    <p>森林地下部生態系では、樹木の細根が脱落し微生物により分解されることで、炭素の土壌への供給や大気放出がなされる。細根の純一次生産量への寄与率を明らかにするため、細根のターンオーバーや細根量、脱落根量はイングロースコア法やミニライゾトロン法を用いて評価されてきたものの、細根の脱落後速やかに脱落根を採取しそれらの特性を明らかにした研究例はほとんどない。そこで、本研究はヒノキの月別脱落根 …

    The Japanese Forest Society Congress 130(0), 801, 2019

    J-STAGE 

  • Chemical composition analysis of glass beads from the Kono collection of Asahikawa city museum  [in Japanese]

    ARAI Saki , NAKAI Izumi , SEGAWA Takuro , NAKAMURA Kazuyuki

    In this paper, we reported the results of the chemical composition analysis of the glass beads from the Kono collection of Asahikawa City Museum. Folklore materials we studied were one of the cultural …

    RESEARCH REPORTS OF NATIONAL INSTITUTE OF TECHNOLOGY, HAKODATE COLLEGE 53(0), 35-44, 2019

    J-STAGE 

  • Two dimensional numerical simulation of hourglass by Discrete Element Method  [in Japanese]

    髙橋 昂誠 , 村上 章 , 藤澤 和謙 , 福元 豊

    土の挙動を粒子レベルから数値的にシミュレートすることには, 幅広い需要と応用性があり, 本研究では, 2次元砂時計を流れ落ちる砂の挙動を粒子レベルからモデリングすることを試みた. まず, ガラスビーズを実験試料とし, 一面せん断試験から材料の摩擦特性を計測した後, 2 次元砂時計装置でのガラスビーズの流下挙動をPIV計測を通して観測した. 個別要素法による数値シミュレーションでは, 一面せん断試験 …

    ELCAS Journal (3), 79-84, 2018-03

    IR 

  • In situ observation of drying process of transparent paste  [in Japanese]

    Tomizawa Morio , Nagato Keisuke , Nakao Masayuki

    <p>電子部品の製造技術に用いられるスクリーン印刷プロセスにおいて、クラックやだれといった欠陥を防ぐため、ペースト乾燥メカニズムの解明や定量化が求められている。先行研究では乾燥条件と結果を対応づけることでメカニズムの推定が行われているが、実際に乾燥中のペースト挙動を観測したものはない。本研究では透明溶剤と屈折率の近いガラスビーズを用いることで、乾燥中のペースト挙動を可視化した。< …

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2018A(0), 802-803, 2018

    J-STAGE 

  • Development of arching in subsoil – trapdoor experiments and discrete element simulations

    OTSUBO Masahide , ALI Umair , SATO Takeshi , KUWANO Reiko

    <p>周辺地盤の不同沈下による地中構造物の作用土圧特性を評価することを目的として落し戸模型実験を実施した.アーチ抵抗機構の本質を解明するためにガラスビーズ材料を用いた実験を行い,同等の粒径および材料物性を用いたフルスケール個別要素法解析を実施した.地中の土圧分布は地中構造物の埋設深度に影響を受け,十分に深くなるとアーチが形成された.アーチの形成はせん断方向の土圧分布あるいは地表面の変位 …

    SEISAN KENKYU 70(6), 417-421, 2018

    J-STAGE 

  • A rapid detection method for ESBL-producing Enterobacteriaceae using glass beads  [in Japanese]

    MAEDA Kazuki , OTOMO Shinobu , HAYASHI Tomohiro , SHIMURA Satoshi , UECHI Kohei , EGO Kyoko

    <p>近年,基質特異性拡張型βラクタマーゼ(Extended-spectrum β-lactamases; ESBLs)産生菌の検出頻度は増加傾向であり,それに伴って迅速検出法が多く考案されている。Nordmannによって報告されたESBL NDP(Nordmann/Dortet/Poirel)testは,迅速かつ正確にESBLs産生菌の検出が可能である。しかし,蛋白抽出試薬として20 …

    Japanese Journal of Medical Technology 67(5), 727-733, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Density Estimation of Particles by the Buoyancy Weighing-Bar Method  [in Japanese]

    Sawada Ayaka , Kato Hiroki , Shimadzu Masamitsu , Ohira Yuichi , Hirano Hiroto

    <p>粒子混合物に含まれている各粒子の密度および混合比率の推定を目的として,浮力秤量法による沈降実験を行った.試料粒子として粒径分布が同じで密度の異なる2種類のガラスビーズ(JIS試験用粉体2, GBL30およびGBM30)を使用した.分散媒としてグリセリン水溶液を用いた.浮力秤量法で測定されたガラスビーズそれぞれの密度は,ピクノメーターで測定された値とほぼ一致した.ガラスビーズ混合物 …

    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 44(4), 242-246, 2018

    J-STAGE 

  • Validation of a fluid-solid multiphase flow simulation by a SPH-DEM coupled method and soil foundation scour simulation with a coarse graining particle model  [in Japanese]

    HARASAKI Kensuke , ASAI Mitsuteru

    近年の頻繁に発生する局所的豪雨による土砂災害や2011年の東北地方太平洋沖地震における津波による防波堤の洗掘崩壊といった災害は, いずれも流体である水と固体である土 (砂礫) が相互に影響し合った固液混相流である. しかしこれらの災害はその規模が大きく, 例えば防波堤の実規模での実験などによる検証や議論は不可能である. そのため数値解析を用いてこれらの解析を行い, 被害メカニズムの解明や対策案の構 …

    Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science 2018(2), 20182001-20182001, 2018

    J-STAGE 

  • Linear stability analysis of a novel experimental simulation of convection driven by an unstable density gradient in soil  [in Japanese]

    深田 耕太郎 , 木原 康孝

    土壌中において溶液の上部が高密度になると,不安定な層が形成され対流が生じる場合がある。しかし,支配方程式の難解さのため,流れ模様の理論的な理解は限定的である。そこで,対流を発生させる比較的単純な実験を考案し,線形安定論の適用を試みた。6×14×1cmの直方体容器に粒径0.2mmのガラスビーズを充填した。そして,下側半分を水で飽和し,上側半分を所定の密度に調整したNaCl溶液で飽和した。その結果,密 …

    土壌の物理性 = Journal of the Japanese Society of Soil Physics (137), 11-18, 2017-11

    JASI 

  • Archaeochemical Study of Medieval Japanese Glass Excavated from Kyoto Using p-XRF  [in Japanese]

    馬場 慎介 , 澤村 大地 , 村串 まどか , 柳瀬 和也 , 井上 暁子 , 竜子 正彦 , 山本 雅和 , 中井 泉

    X線分析の進歩 (48), 284-307, 2017-03

Page Top