Search Results 1-20 of 2804

  • Perinatal outcome in pregnancies complicated by Crohn's disease  [in Japanese]

    牛木 詠子 , 平光 史朗 , 廣瀬 明日香 , 蓬田 裕 , 羅 ことい , 江川 真希子 , 宮坂 尚幸

    東京産科婦人科学会会誌 70(2), 164-167, 2021-04

  • Gastroenterologists' Perceptions and Practice Regarding Shared Decision-making for Patients with Crohn's Disease

    Nunotani Maya , Ishibashi Chinatsu

    日本保健医療行動科学会雑誌 = Journal of the Japan Academy for Health Behavioral Science 35(2), 30-39, 2021-03

  • 教えて感染症の病理(第25回)病原体編 クローン病と鑑別を要する感染性腸炎  [in Japanese]

    砂川 恵伸

    J-IDEO = ジェイ・イデオ : journal of infectious diseases educational omnibus 5(2), 182-189, 2021-03

  • Coverage of Crohn's Disease: Quantitative Content Analysis of Three Major National Newspapers  [in Japanese]

    北 浩樹 , 木内 喜孝

    東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要 = BULLETIN OF THE INSTITUTE FOR EXCELLENCE IN HIGHER EDUCATION TOHOKU UNIVERSITY (7), 387-394, 2021-03

    IR 

  • Experience with 90 cases of laparoscopic surgery for Crohn's disease  [in Japanese]

    桑原 隆一 , 池内 浩基

    兵庫県外科医会会誌 = Journal of Hyogo Surgical Association 55, 18-20, 2021

  • A literature review of self-care in patients with Crohn's disease  [in Japanese]

    Yamamoto Koji , Nunotani Maya

    <p>目的:クローン病患者のセルフケアの実態を明らかにし,患者のセルフケアを促進する看護実践への示唆を得ることを目的に文献検討を行った.<br>方法:医学中央雑誌web版,PubMed,CINAHLを用いた文献検索を行い,本テーマに即した30文献について検討した.<br>結果:クローン病患者のセルフケアの実態として,「クローン病に関する情報の獲得と療養法の模索」 …

    Journal of Japanese Society for Chronic Illness and Conditions Nursing 15(1), 1_1-1_11, 2021

    J-STAGE 

  • Medical Care of Elderly Patients with Crohn's Disease::The Effects of Aging, Psychological Changes, and Needs  [in Japanese]

    Yamamoto Koji

    目的:老年期クローン病患者の療養生活の実際として,加齢による影響,心理的変化,ニーズについて明らかにすることを目的とした。方法:65歳以上の老年期クローン病患者8名を対象とし,半構成的面接から得られたデータを質的に分析した。結果:加齢による影響では6つのカテゴリー,心理的変化は8つのカテゴリー,ニーズでは6つカテゴリーが抽出された。本研究の対象者は平均年齢が68.8歳であった。加齢により身体および …

    Journal of Japan Society of Nursing Research, 2021

    J-STAGE 

  • Survey Based on Claims Data of New Control-released Budesonide for Crohn's Disease  [in Japanese]

    Kubota Atsuhito , Imai Shungo , Momo Kenji , Sugawara Mitsuru , Takekuma Yoh

    <p>【背景】クローン病(CD)は,主として全消化管に非連続性の慢性肉芽腫性炎症などを生じる原因不明の炎症性疾患である.昨今,生体内利用率の低いブデソニド徐放性製剤(当製剤)が高い治療成績を収めているが,本邦における使用経験は少ないのが現状である.【目的】当製剤使用患者の併用薬,検査項目を抽出し,その特徴を明らかにすることを目的とした.【方法】JMDC Claims Database …

    The Journal of Community Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 13(1), 54-61, 2021

    J-STAGE 

  • Ruxolitinib was effective against exanthema like psoriasis caused by adalimumab  [in Japanese]

    和田 豊人 他

    症例は60歳代男性。クローン病でアダリムマブを使用していた。アダリムマブによるparadoxical reactionにより乾癬様皮疹を発症。乾癬は生命予後に影響しないため、そのままアダリムマブを継続。ところが、今回血小板が上昇。骨髄生検で血小板血症の診断。ルキソリチニブを投与した。すると投与1ヶ月後、皮疹は軽快した。本症例は、原疾患がクローン病であり、生物学的製剤が投与され、それによる副作用など …

    The Medical Journal of Aomori City Hospital 24(0), 7, 2021

    J-STAGE 

  • Monitoring of inflammatory bowel disease -capsule endoscopy-  [in Japanese]

    HOSOE Naoki , OGATA Haruhiko , KANAI Takanori

    <p>炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease;IBD)のモニタリングは,近年,特に重要視されている.なぜなら,内視鏡的寛解が確認できた場合,その後の良好なアウトカムが期待できるからである.本稿では,小腸カプセル内視鏡,大腸カプセル内視鏡を用いた炎症モニタリングにつき概説する.カプセル内視鏡による炎症モニタリングの対象は,小腸はクローン病,大腸は潰瘍性大腸炎が …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(3), 221-228, 2021

    J-STAGE 

  • Monitoring of disease activity in inflammatory bowel disease -balloon assisted endoscopy and MR enterography-  [in Japanese]

    OHTSUKA Kazuo , KITAZUME Yoshio , TAKENAKA Kento

    <p>多くのクローン病(CD)は小腸病変をともなうが,臨床症状とは乖離があるため画像診断によるモニタリングがよりよい診療に不可欠である.バルーン内視鏡(BAE)は直接に病変に到達でき,診断のみならず病状評価や術後の評価にも有用である.ただし活動性が高かったり,癒着などのために深部挿入が困難な場合がある.MR enterography(MRE)は被曝がなく,低侵襲に腸管病変のみならず管外 …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(3), 212-220, 2021

    J-STAGE 

  • Monitoring of inflammatory bowel diseases -non-invasive biomarkers-  [in Japanese]

    KOBAYASHI Taku

    <p>炎症性腸疾患の診断や治療方針の決定において内視鏡はgold standardであるが,より非侵襲的なモニタリングの手法としてバイオマーカーが注目されている.便中カルプロテクチンは,炎症性腸疾患の診断,内視鏡的重症度との相関,治療効果判定,再燃予測など,さまざまな場面においてその有用性が報告されている.大腸癌スクリーニングに汎用されている便潜血反応検査も,特に潰瘍性大腸炎の内視鏡的 …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(3), 229-234, 2021

    J-STAGE 

  • Novel treatments and future prospects for inflammatory bowel disease  [in Japanese]

    SARUTA Masayuki

    <p>潰瘍性大腸炎とクローン病に代表される炎症性腸疾患(IBD)は増加の一途を辿り,いまだ完治させることはできないが,有効な治療薬の開発は進んでいる.近年のIBD治療の大きな転機は抗TNF-α抗体の登場で,高い寛解率と維持率から治療史を変える薬剤となった.以降,サイトカインを標的とした抗体療法の開発が続いているが,一方で抗薬物抗体の出現による二次無効の問題も懸念されている.現在,慢性炎 …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(3), 193-202, 2021

    J-STAGE 

  • たばこの煙に秘められた潰瘍性大腸炎治療への可能性  [in Japanese]

    KUTSUNA Ryo

    潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis: UC)は,クローン病とともに炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease: IBD)に分類される.時に血液を伴う下痢や腹痛を引き起こし,寛解と増悪を繰り返して慢性的な経過を辿る.UCの発症メカニズムは今日においても解明されておらず,根本的な治療法も確立されていないことから患者数は世界規模で増加傾向にあり,日本では難病に指定 …

    Farumashia 57(2), 152-152, 2021

    J-STAGE 

  • Prospects for therapeutic development for intestinal fibrotic stenosis in Crohn's disease  [in Japanese]

    今井 仁 , 穂積 勝人 , 鈴木 秀和

    医学のあゆみ 275(10), 1132-1136, 2020-12-05

    Ichushi Web 

  • 素敵なあなたの笑顔を見たいから : 忘れられないストーマ患者の記録(最終回)クローン病とともに"どう生きるか"を教えてくれたY君との出会い  [in Japanese]

    熊谷 英子

    消化器ナーシング = Syokaki nursing : the Japanese journal of gastroenterology nursing 25(12), 1242-1245, 2020-12

  • 腸内細菌と炎症性腸疾患 (特集 腸内細菌と疾患)  [in Japanese]

    金井 隆典 , 島田 史恵 , 筋野 智久

    日本医師会雑誌 = The Journal of the Japan Medical Association 149(9), 1561-1564, 2020-12

  • Effectiveness and Safety of the Sequential Use of a Second and Third Anti-TNF Agent in Patients With Inflammatory Bowel Disease : Results From the Eneida Registry  [in Japanese]

    Casanova Maria Jose , Chaparro Maria , Minguez Miguel , Ricart Elena , Taxonera Carlos , Garcia-Lopez Santiago , Guardiola Jordi , Lopez-San Roman Antonio , Iglesias Eva , Beltran Belen , Sicilia Beatriz , Vera Maria Isabel , Hinojosa Joaquin , Riestra Sabino , Domenech Eugeni , Calvet Xavier , Perez-Calle Jose Lazaro , Martin-Arranz Maria Dolores , Aldeguer Xavier , Rivero Montserrat , Monfort David , Barrio Jesus , Esteve Maria , Marquez Lucia , Lorente Rufo , Garcia-Planella Esther , de Castro Luisa , Bermejo Fernando , Merino Olga , Rodriguez-Perez Antonio , Martinez-Montiel Pilar , Van Domselaar Manuel , Alcain Guillermo , Dominguez-Cajal Manuel , Munoz Carmen , Gomollon Fernando , Fernandez-Salazar Luis , Garcia-Sepulcre Mariana Fe , Rodriguez-Lago Iago , Gutierrez Ana , Arguelles-Arias Federico , Rodriguez Cristina , Rodriguez Gloria Esther , Bujanda Luis , Llao Jordina , Varela Pilar , Ramos Laura , Huguet Jose Maria , Almela Pedro , Romero Patricia , Navarro-Llavat Merce , Abad Agueda , Ramirez-de la Piscina Patricia , Lucendo Alfredo J. , Sese Eva , Madrigal Rosa Eva , Charro Mara , Garcia-Herola Antonio , Pajares Ramon , Khorrami Sam , Gisbert Javier P.

    Inflammatory bowel diseases : highlights from the official journal of the Crohn's & Colitis Foundation of America, Inc 11(3), 2-13, 2020-09

  • The clinical trials and prospects of Janus kinase inhibitor for Crohn's disease  [in Japanese]

    都築 義和 , 今枝 博之

    消化器・肝臓内科 = Gastroenterology & hepatology 8(3), 265-272, 2020-09

    Ichushi Web 

  • Ustekinumab, anti-IL12/23 antibody, for Crohn's disease  [in Japanese]

    加藤 順

    消化器・肝臓内科 = Gastroenterology & hepatology 8(3), 249-256, 2020-09

    Ichushi Web 

Page Top