Search Results 1-20 of 491

  • PBL教育の実施時期による学習効果の比較(環境問題に対する取組みについて);Comparison of the learning effect by the timing of PBL education implementation (About environmental efforts)  [in Japanese]

    藤本 雅則;FUJIMOTO Masanori , 瀬戸 雅宏;SETO Masahiro

    PBL 教育は様々な形で教育の中に取り入れられているものの,その効果を評価可能な検証事例は多いとは言えない.その一例として,高校生と大学生に対する PBL 教育を行い,両者へのアンケートからその比較を行う.具体的には,PBL 教育を実施する対象は,高校 1 年生および研究室配属直後の大学 4 年生とし,両者に対する座学と実践の授業を行った.教育対象に取り上げたのは,環境・エネルギー問題であり,環境 …

    工学教育研究;KIT progress (27), 123-133, 2019-03-01

    IR 

  • On the Syllabus of Mathematics in U Program  [in Japanese]

    森田 健 , Morita Takeshi , モリタ タケシ

    本稿では、国費学部留学生Uプログラムの理系数学の講義構成について述べる。一般的に、大学及びその準備段階において行われる数学の講義は、1名の教員が半年もしくは通年で担当することが多い。一方、本プログラでは学生を3つのグループに分け、著者を含む3名の教員がローテーションを組むことによって講義を行なっている。各グループは入学時に行われるプレースメントテスト及び定期考査の結果に応じて分けられているが、進度 …

    大阪大学日本語日本文化教育センター授業研究 (17), 73-83, 2019-03

    IR  DOI 

  • IEEE802.11ahの省電力化のための端末グループ化と通信制御方式の検討  [in Japanese]

    井波 健太 , 湯 素華 , 小花 貞夫

    IEEE 802.11ah(以下11ah)は,センサ/IoT分野への適用を目的としたWi-Fi通信規格である.センサ/IoT分野では,長距離通信を可能とし,多くの端末を収容すること,また端末の省電力性が必要とされる.そのために11ahでは,端末をグループ化し,ある時間に1つのグループ内の端末のみが通信を行うRestricted Access Window(RAW)機能が考えられている.しかし,最適 …

    第81回全国大会講演論文集 2019(1), 89-90, 2019-02-28

    IPSJ 

  • Series: Sixty Years of Educational Television [Part III] The Transition of Youth, Culture, Entertainment, Economics, Science, Welfare, and News Programs  [in Japanese]

    Ujihashi Yuji

    NHK's Educational Television (ETV) celebrated its 60th anniversary early this year. “Series: Sixty Years of Educational Television” comprehensively analyzes ETV programs by dividing them i …

    The NHK Monthly Report on Broadcast Research 69(12), 20-43, 2019

    J-STAGE 

  • 音声によるパーキンソン病患者の重症度判別  [in Japanese]

    Higuchi Masakazu , 中村 光晃 , 篠原 修二 , 大宮 康宏 , 高野 毅 , 赫 寛雄 , 三苫 博 , 光吉 俊二 , 徳野 慎一

    <p>日本でのパーキンソン病有病率は人口10万人あたり約120~130人で,高齢者に限定するとさらに高いことが知られている.高齢化社会が進む中,病気の早期発見や進行度を簡便に把握することが重要である.最近注目されている音声を用いた手法は非侵襲であり手軽に行えるという利点がある.本研究では,医師によって評価されたパーキンソン病患者の重症度を音声から判別し得る新たな指標を提案する.長母音的 …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual57(Abstract), S237_1-S237_1, 2019

    J-STAGE 

  • Development of EEG classifier based on EEG data grouped by SOM  [in Japanese]

    Hokama Kenichi , Ohtake Hiroshi

    <p>In recent years, researches on BMI have attracted much attention. In previous studies, indi- vidual EEG classifiers were used generally since the brain waves are different for each individual. …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 35(0), 738-742, 2019

    J-STAGE 

  • Series: Sixty Years of Educational Television [Part II] History of "Hobby and Lifestyle" Series and "Educational and Cultural" Courses  [in Japanese]

    Ujihashi Yuji

    “Series: Sixty Years of Educational Television” comprehensively analyzes programs aired on NHK's Educational Television (ETV) that celebrated its 60th anniversary early this year. The seco …

    The NHK Monthly Report on Broadcast Research 69(11), 26-54, 2019

    J-STAGE 

  • Series: Sixty Years of Educational Television [Part I] History of NHK High School Courses and Language Programs  [in Japanese]

    Ujihashi Yuji

    NHK Educational TV (ETV) celebrated its 60th anniversary in 2019. Its predecessor NHK's Tokyo Educational Television was launched on January 10th, 1959 as Japan's first TV broadcasting service dedicat …

    The NHK Monthly Report on Broadcast Research 69(10), 52-75, 2019

    J-STAGE 

  • Identification of multiple widespread tephras from the volcanic glass shard chemistry of muddy sediments of the Nohbi Formation, central Japan

    Maruyama Seiji , Makinouchi Takeshi , Hirata Takafumi , Danhara Tohru

    <p>Volcanic glass shards in muddy sediments of the late Pleistocene Nohbi Formation of central Japan are considered to be derived from multiple tephras, although the shards have petrographic pro …

    The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) 58(5), 333-348, 2019

    J-STAGE 

  • 矢状面鉛直線に対する各骨指標の距離をもとにした立位姿勢の分類について  [in Japanese]

    柳谷 百映 , 対馬 栄輝 , 石田 水里

    <p>【目的】Kendallら(1993)は矢状面からの立位姿勢を脊柱彎曲・骨盤傾斜・下肢アライメントから4つの典型的な姿勢に分類した.この分類は主観的であり,客観的な指標は提示されていない.例えば矢状面からみた立位に対して鉛直線を引き,いくつかの骨指標との距離という客観的指標をもとにした姿勢分類はできないだろうか.その試みが本研究の目的である.</p><p>【 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 46S1(0), H2-131_1-H2-131_1, 2019

    J-STAGE 

  • 中山間地域と都市部における社会資源のイメージとその課題  [in Japanese]

    田中 武志 , 井上 和興

    <p>【はじめに・目的】</p><p>鳥取県日野郡は超高齢化が進行しつつある中山間地域であり、地域包括ケアシステムの構築が急がれている。当地域では平成20年度より地域の保健・介護・医療職員の連携促進を目的に、地域リハビリテーション連絡協議会(以下、協議会)を定期的に開催している。しかし、協議会において社会資源不足が深刻な問題とされているにも関わらず、その分析がさ …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 46S1(0), G-100_2-G-100_2, 2019

    J-STAGE 

  • 大腿骨近位部骨折術後患者の入院期間と栄養状態の関連:後ろ向きコホート研究  [in Japanese]

    佐藤 圭 , 三浦 遼平 , 秋山 寛治 , 貞松 俊弘

    <p>【はじめに、目的】</p><p>これまで大腿骨近位部骨折術後患者の治療成績に関して、Functional Independence Measure(以下FIM)や歩行能力に関する報告は多くされているが、入院期間と栄養状態を関連づけた報告は少ない。そこで本研究では大腿骨近位部骨折術後患者を対象に、栄養状態に関する様々な項目を用いて、入院期間と関連する因子を抽 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 46S1(0), C-60_1-C-60_1, 2019

    J-STAGE 

  • Changes in Laryngeal Position with Aging  [in Japanese]

    Ishibashi Atsushi , Kimura Yurika , Kobayashi Hitome

    <p>Changes in the position of the larynx with aging are reported to influence swallowing. Here, we examined lateral X-ray images of the neck to identify age-related changes in larynx position at …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 70(3), 219-224, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Changes in the performance of elite male master marathon runners with aging  [in Japanese]

    Nakazawa Takashi , Tsujimoto Takehiko , Maeda Seiji , Tanaka Kiyoji

    <p><b>Objective:</b> To clarify whether the decrease in the full marathon record rate depends on the age of domestic elite master male citizen runners.</p><p><b>Met …

    Research in Exercise Epidemiology 21(1), 20-27, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Carotenoid Content in Different Varieties of Pineapple (<i>Ananas Comosus </i>L<i>.</i>) Cultivated in Okinawa Prefecture  [in Japanese]

    Sugawara Terumi , Nishiba Yoichi , Takeuchi Makoto , Moromizato Chie

    <p>High-performance liquid chromatography-diode array detection (HPLC-DAD) analysis was performed to clarify the carotenoid content of 18 pineapple cultivars / lines preserved at the Okinawa Pre …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 66(3), 100-107, 2019

    J-STAGE 

  • Application of grouped flipped classroom method to real class  [in Japanese]

    梅澤 克之 , 小林 学 , 石田 崇 , 中澤 真 , 平澤 茂一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(469), 199-204, 2018-03-03

  • Proposal of effective flipped classroom and evaluation by experiment  [in Japanese]

    梅澤 克之

    Flipped classrooms have recently begun to attract attention. In a flipped classroom, the roles of a classroom and homework are reversed. Specifically, the students study on their own by using digital …

    湘南工科大学紀要 = Shonan Institute of Technology journal 52(1), 37-52, 2018-02

    IR 

  • A Study on Grouping of Observations and Unknown Parameters in the Annual Thermal Load Estimation Method Using Bayesian Inference  [in Japanese]

    草野 峻悟 , 長井 達夫 , 村山 紘之

    <p>省エネルギー性を考慮した空調機器の更新の際、更新前の建物の年間熱負荷の実測値あるいは推定値が必要となる。しかし、運用段階の建物で長期間の実測を行うことは困難であるため、短期間の実測データから年間の熱負荷を推定できる手法の開発が必要である。既往研究では、ベイズ推定による短期間実測値を用いた年間熱負荷推定法が提案されている。本研究では年間熱負荷推定の更なる精度向上を目指して、観測対象 …

    Techinical Papers of Annual Meeting the Society of Heating,Air-conditioning and Sanitary Engineers of Japan 2018.5(0), 129-132, 2018

    J-STAGE 

  • Relationship between Water Quality and Phytoplankton in Lake Biwa  [in Japanese]

    IKEDA Shohei , ICHISE Satoshi

    <p>琵琶湖では1977年に大規模な淡水赤潮が発生し,湖水が褐色に染まるという衝撃的な事象があった。この出来事を機に滋賀県では,淡水赤潮の原因の一つとされるりんや窒素を規制する「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」が制定された。その後,栄養塩類等の流入は抑制され,淡水赤潮などのプランクトンの異常増殖も抑制傾向にある。 我々は1977年の淡水赤潮発生以降,水質分析と併せて植物プラン …

    Water Science 62(2), 50-60, 2018

    J-STAGE  JASI 

Page Top