Search Results 1-20 of 167

  • The survival and complication rates of all-ceramic cantilever bridges: A review of the literature  [in Japanese]

    Yatani Hirofumi

    <p><b>目的</b>:オールセラミックカンチレバーブリッジの生存率,成功率と合併症に関する系統的文献レビューを行い,評価すること.</p><p><b>方法</b>:オールセラミックカンチレバーブリッジの生存率,成功率,失敗のリスクファクターならびに合併症について記載された文献について,適切なMeSHの選択と包含 …

    Annals of Japan Prosthodontic Society 12(3), 209-224, 2020

    J-STAGE 

  • Subcortical volumetric and lateralization alterations in schizophrenia  [in Japanese]

    Okada Naohiro

    皮質下構造は認知,情動,意欲,高次実行機能の重要な役割を持ち,脳側性はヒトの心理行動学的特徴と関連する。ENIGMAは15のコホートより,統合失調症(SZ)と健常者とで差がある皮質下領域体積を見いだし,効果量の順に並べた。私たちは日本人の大規模データを用いて結果を再現し,SZに特異的な淡蒼球体積の左側優位の非対称性を示した。しかし同様の所見が日本人以外にもみられるか,淡蒼球体積の非対称性が症状と関 …

    Japanese Journal of Biological Psychiatry 31(1), 2-5, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Food allergy  [in Japanese]

    Sato Sakura

    <p>離乳食の早期導入による発症予防や免疫療法の有用性が検討され,食物アレルギーに関する研究は非常に注目されている.真の有症率を知ることは難しいが,大規模なコホート集団や横断的研究による疫学データが明らかになり,新規アレルゲンコンポーネントに対する特異的IgE抗体検査の有用性,少量からの段階的なOFCやbaked milkのOFCにより安全に原因食物を摂取させるアプローチ等が検討されて …

    Nihon Shoni Arerugi Gakkaishi. The Japanese Journal of Pediatric Allergy and Clinical Immunology 34(1), 120-128, 2020

    J-STAGE 

  • Regional Difference Analysis in Age-Adjusted Medical Expenses Focusing on the Cohort and Medical Practice Codes  [in Japanese]

    Matsuta Shuichi

    <p>本研究では,医療費の地域差分析ではこれまで利用がまれな手法とデータを用いて,年齢調整後一人当たり医療費の都道府県別の差の要因分析を行った。</p><p>第一に,5歳刻みの同一生年コーホートに着目し,国勢調査のタイミングと一致する2010年度から2015年度までの5年間の医療費の変化幅について検証した。ほぼすべてのコーホートで地域差は拡大していたが,若年と老 …

    Iryo To Shakai 29(4), 511-525, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The "Transwar" Patterns of Life and the Impact on Forming Postwar Stratification System : Analysis of Social Stratification and Mobility Survey Data  [in Japanese]

    岩井 八郎

    … 流動性が高く, 敗戦後ホワイトカラー職が増加していた.これらの結果をもとに, 本稿は経歴の流動化の結果として形成された戦後の階層システムは, 学歴間の障壁の低いシステムであったと論じている.This paper aims to explore the "transwar" patterns of men's careers from prewar through wartime to the postwar period, focusing on differences according to educational strata and birth cohorts, and to discuss the influences of wartime mobilization on forming the postwar stratification …

    京都大学大学院教育学研究科紀要 (66), 303-324, 2020

    IR 

  • Consequences of Educational Assortative Mating through Divorce:An Event History Analysis Using NFRJ-S01 and SSM2015  [in Japanese]

    UCHIKOSHI Fumiya

    本稿では女性の学歴別にみた離婚行動の違いとそのコーホート間の変化を,配偶者との学歴にもとづく階層結合(学歴結合),とくに女性の高学歴化により増加した妻下降婚と高学歴同類婚の2 つに着目して検討する.既存研究では,その非典型性から妻下降婚カップルは離婚しやすいとされる.しかし,妻下降婚が増加するのと並行してジェンダー平等化が進んだアメリカでは,近年の結婚コーホートで妻下降婚と離婚の関連が弱まっている …

    Japanese Sociological Review 70(1), 10-26, 2019

    J-STAGE 

  • A Seroepidemiological Study on Measles and Rubella in Japan Using Data Accumulated at a Commercial Diagnostic Laboratory:Effect of "the 4<sup>th </sup>Period"MR Vaccination  [in Japanese]

    BAN Fumihiko , MASUI Yukio , ITABASHI Yoshinori , INOUYE Sakae

    <p>背景:2008年度から暫定的に5年間,「第4期」麻疹風疹ワクチン接種が高校三年生(相当年齢)に対し実施された.本論文では,全国から抗体測定依頼の血清が集まる臨床検査センターの検査結果を使い,出生コホート別の抗体保有率の年次推移を調べて,接種対象群(1990~1994年度生まれ)の免疫状況の変化を知ろうとした. 方法:抗体データは主として医療系学生・医療従事者での免疫抗体測定検診の …

    Kansenshogaku Zasshi 93(1), 1-11, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Gallstone disease, a review from the view point of long-term cohort studies  [in Japanese]

    Tsuyuguchi Toshio

    <p>総胆管結石症に対して内視鏡的治療を行った長期コホート研究により有石胆嚢,胆嚢摘出術既往,pneumobiliaなどが胆管結石再発の危険因子であることを明らかにしてきた.しかし,胆石症は糖尿病や脂質異常症を背景に有する疾患であり,胆石コホートの最終死因は心臓血管障害や他臓器癌によるものが多数を占めていた.従って胆石治療だけに焦点を置くのではなく,長期予後を見据えた食事・運動療法の指 …

    Tando 33(1), 7-11, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A multistage clonal expansion model and breast cancer : comparison of the model-based estimation with the birth cohorts of Japanese women  [in Japanese]

    渡辺 雅彦 , 阿蘓 寛明 , 吉川 弥里 , 末丸 克矢

    就実大学薬学雑誌 = The Shujitsu University journal of pharmaceutical sciences 6, 17-30, 2019

    IR  Ichushi Web 

  • Mutation Frequency Based Novel Clustering Method for Cancer Genome Data  [in Japanese]

    Ling Y , Watanabe Y , Nagahashi M , Shimada Y , Ichikawa H , Wakai T , Okuda S

    <p> クリニカルシーケンス技術が臨床医学領域で普及しつつある.その中でも,がんゲノムデータを用いた遺伝子異常の解析はがん発症メカニズムの解明と個別化医療の実現に重要な役割を担っている.しかしながら,現在,遺伝子変異を元に分子標的薬によるがん治療方針の判断を効率的に実施する手段は存在しない.そこで,本研究では,異なる遺伝子変異を持つがん患者コホートを変異頻度の高い特異的な遺伝子変異のパ …

    Japan Journal of Medical Informatics 38(5), 305-312, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Wartime Mobilization of Highly Educated Men and its Impact on the Postwar Stratification System::Rethinking the 1940s Based on SSM Work History Data  [in Japanese]

    IWAI Hachiro

    <p>戦時期から戦後にまたがる1940年代は, 軍需産業への動員, 兵役, 兵役からの帰還など日本人男性の経歴が最も流動的であった. この時期の経歴の流動性と戦後階層システムの形成との関係について, 戦時体制と戦後社会に関する連続性と非連続性をめぐる議論を整理した上で, 本稿は1955年, 65年, 75年の3時点におけるSSM調査の職業経歴データを出生コーホート別, 学歴別に再構成し …

    Japanese Sociological Review 69(3), 355-372, 2018

    J-STAGE 

  • Trends in the Association between Education and Occupation in Japan  [in Japanese]

    Furuta Kazuhisa

    <p> 本論文は高学歴化の進展とともに,学歴と職業との関連がどのように変容したのかを,1965年から2015年のSSM調査データを用いて検証した.出生コーホートと年齢段階による相違に焦点をあて,各学歴層の職業構成の絶対的変化および学歴間の相対的格差の長期的趨勢を吟味した結果,次のことが分かった.第1に大卒者は専門職従事率が維持されるなど,その職業構成は比較的安定する一方,高卒者の変化は …

    Sociological Theory and Methods 33(2), 234-246, 2018

    J-STAGE 

  • Environmental chemicals and their effects on children based on the first birth cohort studies in Japan  [in Japanese]

    Kishi Reiko , Araki Atsuko

    <p>シーア・コルボーンらにより「Our stolen future(邦訳「奪われし未来」)」が出版された1996年頃から,各国で環境化学物質の内分泌かく乱作用など次世代影響に関心が高まった.日本でも我々は2001年から厚生労働科学研究により「環境と子どもの健康に関する北海道スタディ:先天異常・発達・アレルギー」として 2 つのコーホートを立ち上げた.コーホートの 1 つは北海道全域の …

    Journal of the National Institute of Public Health 67(3), 292-305, 2018

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

  • Considerations of the observational research database utilizing Real World Data  [in Japanese]

    Kimura Eizen

    <p>悉皆的に収集されたReal World Data(RWD)を用いた観察研究からエビデンスを導出できるような取り組みが求められている.データベース設計に関する課題として,標準情報モデルへの統合,統制用語へのマッピング,各施設の測定結果などの組織間較正,患者個体の識別・追跡性の確保およびデータソースを巡るバイアスについて提示した.これらの課題を踏まえて,RWDからのETL手法の標準化 …

    Journal of the National Institute of Public Health 67(2), 179-190, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Importance of Two Birth Cohorts (n=20,926 and n=514): 15 Years' Experience of the Hokkaido Study on Environment and Children's Health: Malformation, Development and Allergy  [in Japanese]

    KISHI Reiko , TAMURA Naomi , ARAKI Atsuko , MIYASHITA Chihiro , ITOH Sachiko , MINATOYA Machiko , KOBAYASHI Sumitaka , YAMAZAKI Keiko , AIT BAMAI Yu , MIURA Ryu

    ミニ特集 小児環境保健疫学研究のパラダイム

    Nippon Eiseigaku Zasshi (Japanese Journal of Hygiene) 73(2), 164-177, 2018

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

  • Text mining analysis of news articles on educator sexual misconduct in Japan(2)Relation to age cohorts and seasons  [in Japanese]

    後藤 和史

    … Further analysis revealed that educators' age cohorts and seasons related to themes and components of sexual misconduct. …

    瀬木学園紀要 (12), 3-13, 2018

    IR 

  • The Effect of Women's Economic Status on Their Marital Aspirations  [in Japanese]

    NAGASE Kei

    <p>本稿では、若年層の女性において、就業形態や収入といった経済的地位の変化に伴って結婚意欲にどのような変化が生じるのかを明らかにする。 日本における近年の先行研究では、女性の就業形態の不安定さや収入の低さが結婚意欲の弱さにつながることが示唆されている。しかし、そのほとんどがクロスセクションデータの分析であるため、基本的な性格、価値観やライフスタイルといった観察されない異質性の影響を取 …

    SOSHIOROJI 61(2), 41-57, 2017

    J-STAGE 

  • Differences in the Methods Used in Radiation Epidemiological Cohort Studies among Nuclear Workers in Each Country  [in Japanese]

    KUDO Shin'ichi , ISHIDA Jun'ichi , YOSHIMOTO Keiko , FURUTA Hiroshige , KASAGI Fumiyoshi

    … Another possible reason is that the main components of cohorts or statistical method vary in each study. …

    Japanese Journal of Health Physics 52(4), 265-274, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A CORRELATION BETWEEN THE AMOUNT OF ENERGY INTAKE AND THE CHANGE IN SERUM TRANSAMINASE IN HOSPITALIZED HEALTHY VOLUNTEERS FOR A PHASE I TRIAL  [in Japanese]

    TOYA Etsuko , KOBAYASHI Shinichi , SUZUKI Tatsunori , RYU Kakei , YAMAZAKI Taigi , TAKENOSHITA Sachiko , HIDA Noriko , SAMBE Takehiko , UCHIKURA Takeshi , UCHIDA Naoki

    昭和大学臨床薬理研究センターで実施された健康成人男性対象の第Ⅰ相試験において,8泊9日の入院期間中に血清トランスアミナーゼ(TA)上昇例を認めた.TA上昇は入院期間中のエネルギーの過剰摂取に由来すると考え,エネルギー摂取量の調節により基準値逸脱の発現を抑制し得た事例を報告する.入院期間中に2,500kcal/dayを摂取した群(コホート1, 2)では血清アスパラギン酸トランスアミナーゼ …

    Journal of The Showa University Society 77(4), 448-454, 2017

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

  • A novel prognostic model incorporating genetic profiling for myelodysplastic syndromes  [in Japanese]

    NAGATA Yasunobu , OGAWA Seishi

    <p>次世代シークエンス技術により骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome, MDS)の診断や予後予測に有用な遺伝学的異常が明らかとなってきた。しかし,多数症例で100以上の遺伝子を対象とした網羅的解析に関する研究はごく少数であり,本報ではこれらの報告<sup>1)</sup>に基づいて,遺伝学的異常とMDSの分子メカニズムとの関連につ …

    Rinsho Ketsueki 58(7), 776-786, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top