Search Results 1-20 of 34

  • 1 / 2
  • Orthogonal Simon effect in foot responses to visual motion stimuli  [in Japanese]

    大山 剛史 , 綾部 誠也 , 犬飼 義秀 , 齋藤 誠二 , 高戸 仁郎 , 迫 明仁

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(508), 91-96, 2018-03-13

  • Response modes modulate visual selectivity  [in Japanese]

    Doi Ayana , Watanabe Yurina , Yoshizaki Kazuhito

    刺激反応適合性パラダイムにおいては,直前試行の適合性によって現試行の適合性効果は変動する。現試行の適合性効果は,直前試行が一致よりも不一致試行で減少する。この視覚情報選択性の調整(Gratton効果)は,競合を経験したことで,注意が動員されたためだと考えられる。近年,回避動機づけに比べ,接近動機づけが注意の動員をもたらすことが報告されている。そこで,腕の屈曲伸展動作を使って,接近回避動機づけを操作 …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2016(0), 61, 2016

    J-STAGE 

  • Effect of task load on lateral difference in the Simon task  [in Japanese]

    渡辺 友里菜 , 吉崎 一人

    愛知淑徳大学論集. 心理学部篇 (6), 55-62, 2016

    IR  Ichushi Web 

  • Auditory spatial cues' influence on Simon Effect  [in Japanese]

    Tian Fei , Kinosada Yasunori , Shinohara Kazumitsu

    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association 79(0), 1AM-086-1AM-086, 2015

    J-STAGE 

  • Auditory accessory stimulus effect Simon Effect

    TIAN Fei , Kinosada Yasunori , Shinohara Kazumitsu

    … アクセサリ効果は反応の選択段階に生じるかについて検証するために、本研究ではサイモン課題が遂行されると同時に、ターゲットが出現する前あるいは後の時点で課題に無関係なアクセサリ刺激を呈示し、サイモン効果の変化を観察した。 …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2015(0), 88-88, 2015

    J-STAGE 

  • The stimulus characteristic of directional cues affects the joint Simon effect  [in Japanese]

    木村 ゆみ , 吉崎 一人

    愛知淑徳大学論集. 心理学部篇 (5), 1-10, 2015

    IR 

  • Influence of co-actor's spatial compatibility task on the Simon effect  [in Japanese]

    Nishimura Akio , Michimata Chikashi

    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association 78(0), 3PM-1-068-3PM-1-068, 2014

    J-STAGE 

  • Horizontal and vertical spatial representations in stimulus-response compatibility effect  [in Japanese]

    Nishimura Akio , Yokosawa Kazuhiko

    JAPANESE PSYCHOLOGICAL REVIEW 57(2), 235-257, 2014

    J-STAGE 

  • The different stimuli with different proportion congruency in a block modulate the Simon effect

    Kuratomi Kei , Kato Kimiko , Yoshizaki Kazuhito

    これまでの研究では,刺激反応適合性パラダイムを用いて,一致試行出現確率が高い事態に比べて,それらが低い事態には干渉量が減少することが明らかとなっている。本研究では,一致試行出現確率の異なる刺激が,それぞれの文脈に及ぼす影響を検討した。実験では,2種類の刺激を用いて,一つの刺激の一致試行出現確率は75%もしくは25%(変動刺激)にし,もう一方の刺激のそれは50%(固定刺激)にした。参加者の課題は,左 …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2014(0), 149, 2014

    J-STAGE 

  • Influence of remote partner's movements on a sense of being together in a shared virtual environment

    SUZUKI NAOYA , 寺本 渉 , 浅井 暢子

    … 本研究では,その事前コミュニケーションに含まれていた要素のうち,他者の動きに関する情報だけでどの程度臨(隣)人感を高めることができるかを社会的サイモン効果を指標として計測した。 … その結果,両条件間の社会的サイモン効果に有意な差異は見いだせなかった。 …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2014(0), 120, 2014

    J-STAGE 

  • 参加者間の位置関係が共同サイモン効果に及ぼす影響(日本基礎心理学会第32回大会,大会発表要旨)  [in Japanese]

    西村 聡生 , 秋元 一宏 , 横澤 一彦

    The Japanese Journal of Psychonomic Science 32(2), 244, 2014

    J-STAGE 

  • An ERP study of "sense of being together" in a virtual environment  [in Japanese]

    TERAMOTO Wataru , SHIMIZU Daisuke , ASAI Nobuko

    … その結果,他者の存在が十分に認識できたと考えられる,前者の条件でのみ,社会的サイモン効果とそれに伴う特徴的な事象関連電位が現れることが示された。 …

    Technical report of IEICE. HCS 113(283), 59-64, 2013-11-09

  • Disappearance of Simon effect by concurrently performed secondary spatial task  [in Japanese]

    TIAN Fei , SHINOHARA Kazumitsu , NAITOU Hirosi

    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association 77(0), 2PM-045-2PM-045, 2013

    J-STAGE 

  • Measurements of a sense of being together in virtual environments

    Teramoto Wataru , Shimizu Daisuke , Asai Nobuko

    … その結果,他者の存在が十分に認識できたと考えられる,前者の条件でのみ,社会的サイモン効果とそれに伴う特徴的な事象関連電位が現れることが示された。 …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2013(0), 133-133, 2013

    J-STAGE 

  • The adaptation effect on multiple conflicts III

    Nishimoto Mika , Miyatani Makoto

    … その結果ストループ効果のみが出現し,サイモン効果及び競合適応効果が出現しなかった。 …

    Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2013(0), 146-146, 2013

    J-STAGE 

  • 反応の不確実性を伴わない共同サイモン効果(日本基礎心理学会第31回大会,大会発表要旨)  [in Japanese]

    西村 聡生 , 道又 爾

    The Japanese Journal of Psychonomic Science 31(2), 239, 2013

    J-STAGE 

  • Measurements of a "sense of being together" in virtual environments  [in Japanese]

    TERAMOTO Wataru , MATSUURA Yuto , ASAI Nobuko

    … 本研究では,社会的サイモン効果を指標として,バーチャル・リアリティ(VR)空間に提示される他者を身近に感じる程度を計測した。 … その結果,他者の存在が十分に認識できたと考えられる,前者の条件でのみ,社会的サイモン効果が生じた。 …

    Technical report of IEICE. HIP 112(112), 1-5, 2012-06-23

    References (5)

  • The differential aging effects in the Franker and Simon tasks -A NIRS study-  [in Japanese]

    KAWAI Nobuyuki , KUBO KAWAI Namiko , KUBO Kenta , TERAZAWA Tae , MASATAKA Nobuo

    加齢にともない抑制機能が低下するが、そのプロセスー様ではない。たとえば、高齢者はストループ課題などでは若齢者に比べて反応時間が長くなりエラーも増加するが、go/no-go課題などには加齢の影響はない。高齢者が若齢者と同等の遂行を示す際には、前頭前野の血流量が若齢者より増加するとの報告がある。そこで本研究では、フランカー課題とサイモン課題の遂行中の前頭前野の血流量の変化を近赤外線分光法(NIRS)に …

    Technical report of IEICE. HIP 112(46), 131-135, 2012-05-15

    References (8)

  • The differential aging effects in the Franker and Simon tasks -A NIRS study-  [in Japanese]

    KAWAI Nobuyuki , KUBO KAWAI Namiko , KUBO Kenta , TERAZAWA Tae , MASATAKA Nobuo

    加齢にともない抑制機能が低下するが、そのプロセスー様ではない。たとえば、高齢者はストループ課題などでは若齢者に比べて反応時間が長くなりエラーも増加するが、go/no-go課題などには加齢の影響はない。高齢者が若齢者と同等の遂行を示す際には、前頭前野の血流量が若齢者より増加するとの報告がある。そこで本研究では、フランカー課題とサイモン課題の遂行中の前頭前野の血流量の変化を近赤外線分光法(NIRS)に …

    Technical report of IEICE. HCS 112(45), 131-135, 2012-05-15

    IR  References (8)

  • The differential aging effects in the Franker and Simon tasks : A NIRS study  [in Japanese]

    川合 伸幸 , 久保(川合) 南海子 , 久保 賢太 [他]

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 14, 131-136, 2012

  • 1 / 2
Page Top