Search Results 1-16 of 16

  • Managing Customer Expectations in Service  [in Japanese]

    喜村 仁詞

    広報研究 = Corporate communication studies (20), 52-65, 2016-03

  • Examination on Scaling Up of Service Business:-Critical Factors Hypothesis on Scaling-up and Examination by Case Study-  [in Japanese]

    Takagi Sakae

    <p>ベンチャー企業のスケールアップと、サービス特性の先行研究により、サービスビジネスのスケールアップのクリティカルファクターの仮説を立て、2005年以降に株式公開をした、Teboul(2006)のサービス分類のタイプD(対人サービス)の企業のうち、会社設立10年以内に株式公開を果たした26社の事例分析によって、確認した。組織ルーチンの手法(サービスの繰り返し性の獲得:パッケージング) …

    Venture Review 20(0), 25-34, 2012

    J-STAGE

  • A Study on the Internet Traffic Classification Method based on Score-Level Fusion using Logistic Regression  [in Japanese]

    MAEDA Hiroaki , HOSHI Kentaro , ICHINO Masatsugu , KOMATSU Naohisa

    近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,様々なサービスを提供する通信トラヒックが急増している.このような状況の中で,サービス毎に区別した品質を提供するために,ネットワーク管理者はサービス毎の通信トラヒック量を分類・識別することが望ましい.このため,筆者らはトラヒック特微量を用いて,通信トラヒックをサービス毎に分類する手法について検討している.本稿ではロジスティック回帰を用いて特微量をスコア …

    Technical report of IEICE. CQ 111(278), 49-54, 2011-11-03

    References (12)

  • A Study on the Internet Traffic Classification Method using LPC cepstrum  [in Japanese]

    MAEDA Hiroaki , HOSHI Kentaro , ICHINO Masatsugu , KOMATSU Naohisa , TAKESHITA Kei , HASEGAWA Haruhisa

    近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,様々なサービスを提供する通信トラヒックが急増している.このような状況の中で,サービス毎に区別した品質を提供するために,ネットワーク管理者はサービス毎の通信トラヒック量を分類・識別することが望ましい.このため,筆者らは通信トラヒックから得られる特徴量の連続入力データに着目し,LPCケプストラムを用いた分析を行うことで通信トラヒックをサービス毎に分類する …

    IEICE technical report 110(287), 67-72, 2010-11-11

    References (9)

  • B-11-12 A Study on Features for Service Classification using Time-Series Traffic Data  [in Japanese]

    Maeda Hiroaki , Yamashita Takeshi , Hoshi Kentaro , Ichino Masatsugu , Komatsu Naohisa , Takeshita Kei , Tsujino Masayuki

    Proceedings of the IEICE General Conference 446, 446, 2010

    Cited by (1)

  • A study on service classification using time-series traffic data  [in Japanese]

    YAMASHITA Takeshi , HOSHI Kentaro , ICHINO Masatsugu , KOMATSU Naohisa , TAKESHITA Kei , TSUJINO Masayuki

    近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,通信トラヒックは急増している.そこで,サービス毎に区別した品質提供を実施する為にも,ネットワーク管理者はサービス毎の通信トラヒック量を識別することが望ましい.このため,筆者らは通信トラヒックから得られる特徴量の連続入力データに着目し,分析を行うことで通信トラヒックをサービス毎に分類する技術について検討している.本稿ではこの技術のコンセプトを説明すると …

    Technical report of IEICE. CQ 109(274), 85-90, 2009-11-05

    References (11) Cited by (1)

  • A study on service classification of traffic pattern  [in Japanese]

    YAMASHITA Takeshi , HOSHI Kentaro , ICHINO Masatsugu , KOMATSU Naohisa , TAKESHITA Kei , TSUJINO Masayuki

    近年,インターネットの急速な普及・高速化に伴い,通信トラヒックは急増している.そこで,サービス毎に区別した品質提供を実施する為にも,ネットワーク管理者はサービス毎の通信トラヒック量を識別することが望ましい.このため,筆者らは通信トラヒックから得られる特徴量の時系列データに着目し,分析を行うことで通信トラヒックをサービス毎に分類する技術について検討している.本稿ではこの技術のコンセプトを説明すると共 …

    IEICE technical report 109(36), 73-78, 2009-05-14

    References (12)

  • Interactions between Service Categories and Japanese Institution : Towards Japanese-Style Service Management  [in Japanese]

    KIKUCHI Takashi , KAMOSHIDA Akira

    本稿では、サービスに対する考え方の歴史を概観したうえで、従来にない包括的なサービスの定義および実用的分類を試み、そこからマネジメント上の含意を導出する。更に、進む製造業のサービス化の本質に言及し、サービス分類を利用してその類型化を提示した上で、今後のサービスの進化の方向性に関する仮説を述べる。後半では、日本企業がサービス化する経済に対応していくためには、日本のインスティテューション(≒社会経済文化 …

    Journal of International Association of Project & Program Management 3(1), 115-126, 2008

    J-STAGE

  • C-7 Interactions between Service Categories and Japanese Institution : Towards Japanese-Style Service Management  [in Japanese]

    KIKUCHI Takashi , KAMOSHIDA Akira

    日本企業がサービス化する経済に対応していくためには、日本のインスティテューション(≒社会経済文化システム・体質)に対する洞察が必要だ。オランダの社会学者であるホフステードは、日本文化は、相対的に不確実性回避傾向が強く、また権力格差が大きいとしている。こういった体質と、例えば日本が得意としている(ように見える)ゲームソフト、「おもてなし」が売りの老舗旅館、あるいはコンビニに関わるロジスティクス、日本 …

    Proceedings of International Association of P2M 2008.Spring(0), 176-190, 2008

    J-STAGE

  • サービス・コストに関する一考察--利用者の視点から  [in Japanese]

    長島 直樹

    研究レポート (304), 1-28,巻頭1p, 2007-11

  • Customer Services with advanced Service Operations and Management in Multimedia/B-ISDN Era  [in Japanese]

    Yoshida Makoto , Kaihara Masaharu , Matsushita Masahiko , Kawanobe Tadashi

    本論文では、高度な情報通信サービスを提供し、お客様に満足感を与えるためのカスタマサービスについて論じ、マルチメディア, B-ISDNのオペレーション・管理(O&M)環境において特に重要な要素となるO&Mサービスとそれを実現するカスタマ協調オペレーションについて考察する。まず、情報通信サービスとO&Mサービスの両方のレベルを情報通信管理の対象ととらえた上で、マルチメディア, B-ISDNでのO&Mに …

    IEICE technical report. Information networks 94(368), 23-30, 1994-11-24

  • 自動車エンジン油の動向--サ-ビス分類の変遷と要求性能 (潤滑油・トライボロジ-<特集>)  [in Japanese]

    田辺 雅章

    三菱石油技術資料 (80), p11-18, 1993-07

    Cited by (1)

  • サ-ビス区分解説--国際分類に基づくサ-ビス分類の解説 (サ-ビスマ-ク)  [in Japanese]

    松田 雅章

    パテント 45(2), p21-33, 1992-02

  • 新APIサービス分類と新MIL規格  [in Japanese]

    伊福 幸嘉

    JOURNAL OF THE MARINE ENGINEERING SOCIETY IN JAPAN 6(11), 832-835, 1971

    J-STAGE

Page Top