Search Results 1-20 of 143

  • The expression of GALNS in bovine endometrium during implantation stage  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Hayato , FUJIHARA Taisuke , YAMAUCHI Nobuhiko

    <p>【目的】妊娠初期のウシ子宮内膜の組織改変は着床や胎盤形成に必須な過程である。組織改変は細胞外マトリックス(ECM)の分解および再編成に基づいており,ECM分解酵素であるMMPが中心的に機能する事が報告されている。我々は,着床期の組織改変が伸長期胚から分泌されるインターフェロンタウ(IFNτ)の制御下にある可能性を報告している。既報では,I型IFNがウシ子宮内膜組織中に貯蓄されてい …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 111(0), P-42-P-42, 2018

    J-STAGE 

  • The elongation factor Tu from  <i>Lactobacillus reuteri</i>  inhibits the adhesion of  <i>Helicobacter pylori</i> to porcine gastric mucin  [in Japanese]

    Nishiyama Keita , Kagamitani Takeo , Yamamoto Yuji , Okada Nobuhiko , Mukai Takao

    <p> <i>Helicobacter pylori</i>は,ヒトの胃に感染するグラム陰性のラセン状細菌であり,世界人口の約半数が感染している。プロバイオティクスには,宿主腸粘膜における病原細菌との付着部位の競合を介した感染阻害効果が知られている。筆者らは, <i>Lactobacillus reuteri</i> JCM1081の菌体 …

    Milk Science 66(1), 17-26, 2017

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web 

  • A CASE OF STEROID SULFATASE DEFICIENCY COMPLICATED BY BILATERAL UNDESCENDED TESTIS  [in Japanese]

    大草 卓也 , 山道 岳 , 谷口 歩 , 岸本 望 , 蔦原 宏一 , 谷川 剛 , 高尾 徹也 , 山口 誓司

    Steroid sulfatase (STS) deficiency is one of the causes of ichthyoses. STS genes on the X chromosome is responsible for this disease. Therefore, STS deficiency is also called X-linked ichthyosis. Here …

    泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica 62(11), 595-597, 2016-11

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Syndecan Heparan Sulfate Proteoglycans: Regulation, Signaling and Impact on Tumor Biology  [in Japanese]

    Gomes Angélica Maciel , Sinkeviciute Dovile , Multhaupt Hinke A. B. , Yoneda Atsuko , Couchman John R.

    ほぼすべての動物細胞はヘパラン硫酸プロテオグリカン(HSPG)を細胞表面に発現し、細胞外マトリックスへ分泌している。シンデカンは、細胞外微小環境から細胞へのシグナル伝達を仲介する受容体として機能する膜貫通型プロテオグリカンの主要なグループである。シンデカンのヘパラン硫酸鎖は、その大きな構造多様性により、接着、移動、増殖そして生存に強く影響する制御因子を含む広範囲のリガンドと相互作用する。しばしば、 …

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology 28(163), J77-J88, 2016

    J-STAGE 

  • Expression and localization of Sulf1 in Rat Uterus  [in Japanese]

    YOSHII Yuka , YAMAGAMI Kazuki , ISLAM Md Rashedul , YAMAUCHI Nobuhiko

    【目的】Sulf1は硫酸エステル結合を加水分解するスルファターゼファミリーに属し,ヘパラン硫酸プロテオグリカン(HSPG)に特異的に働く酵素である。Sulf1はHSPGに作用し,タンパク質リガンドとの結合を調節することによってリガンドの機能を制御する。着床を含む子宮の機能には様々な生理活性タンパク質が関与しており,Sulf1はHSPGに結合する生理活性タンパク質を調整することで,子宮機能を制御して …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 108(0), P-59-P-59, 2015

    J-STAGE 

  • Delayed posthypoxic leukoencephalopathy: Case reports  [in Japanese]

    Okuda Shiho , Ueno Masao , Hayakawa Michiko , Araki Manabu , Kanda Fumio , Takano Shin

    遅発性低酸素脳症(DPL)は,低酸素血症による意識障害から,一旦回復した数日から数週間後に,神経症状の増悪と頭部画像所見の悪化がみとめられるまれな病態である.われわれはベンゾジアゼピン系薬の過量内服によりDPLをきたした2症例を経験した.いずれもアリルスルファターゼA活性は正常であった.ベンゾジアゼピン系薬の中毒症は,救急診療の場においてしばしば遭遇することから,DPLの特徴である2相性の臨床経過 …

    Rinsho Shinkeigaku 52(9), 672-676, 2012

    J-STAGE 

  • Sulfs : extracellular endosulfatases that regulate physiological functions of heparan sulfate  [in Japanese]

    UCHIMURA Kenji

    生化學 83(3), 216-223, 2011-03-25

    Ichushi Web  References (66)

  • Comprehensive In silico Analysis of the Expression of Glycogenes in Breast Cancer

    Kojo Hitoshi , Doi Atsushi , Eguchi Yukihiro , Miyagishima Toshikazu , Taki Takao , Makino Kimiko , Terada Hiroshi

    糖鎖の変化が癌において果たす役割を解明することを目的にして、乳癌の発症および進展に伴う糖鎖遺伝子107種の発現変化をGEO登録データを利用して、in silico解析を行った。GEO登録データGSE15852に基づき、43名の乳癌患者から採取された乳癌組織および対応する正常組織における遺伝子発現を比較したところ糖鎖遺伝子中24種が統計的に有意に発現変化していることが明らかになった。発現変化した遺伝 …

    Chem-Bio Informatics Journal (10), 100-110, 2010

    J-STAGE 

  • Arylsulfatase  [in Japanese]

    田島 裕

    Japanese journal of clinical medicine 67(-), 523-526, 2009-12

    Ichushi Web 

  • Role of sulfatide in virus infection and replication  [in Japanese]

    TAKAHASHI Tadanobu , SUZUKI Takashi

    硫酸化糖脂質の 3-<i>O</i>-硫酸化ガラクトシルセラミド(スルファチド)は,脳,腎,呼吸器,消化器のような様々な組織に普遍的に存在している。スルファチドの代謝は他の多くのガングリオシドに比較して極めて単純で,スルファチドはセラミドから二つの転移酵素(セラミドガラクトシルトランスフェラーゼとセレブロシドスルフォトランスフェラーゼ)で合成され,一つのスルファターゼ(アリ …

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology 21(121), 255-265, 2009-09-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (33) Cited by (1)

  • The analysis of High-CO<SUB>2</SUB> responsible <I>cis</I>-element for gene expression in a unicellular green alga <I>Chlamydomonas reinhardtii</I>

    Baba Masato , Hanawa Yutaka , Suzuki Iwane , Shiraiwa Yoshihiro

    高CO<SUB>2</SUB>環境に対する光合成生物の分子応答機構は緊急に解明すべき重要課題である.単細胞緑藻<I>Chlamydomonas reinhardtii</I> は,高CO<SUB>2</SUB>条件において,ペリプラズム局在性の分子質量43 kDaのタンパク質(H43)遺伝子の転写を誘導する.本研究では,< …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2009(0), 0276-0276, 2009

    J-STAGE 

  • Heparan sulfate regulates axon guidance  [in Japanese]

    桝 正幸

    蛋白質核酸酵素 53(4), 489-494, 2008-03

    Ichushi Web 

  • Two Cases of Lung Infection due to <I>Mycobacterium shimoidei</I>, with Special Reference to Bacteriological Investigation

    SAITO Hajime , ZAYASU Kiyoshi , SHIGETO Eriko , IWAMOTO Tomotada , NAKANAGA Kazue , KODAMA Akemi , ISHII Norihisa

    <I>Mycobacterium shimoidei</I> Tsukamura 1982によるヒトの肺感染症は世界的に稀な疾患である.最近我々は本症の2例を経験したので主としてそれらの細菌学について報告する.症例1は国立病院機構宮城病院の45歳男性患者, 症例2は同東広島医療センターの75歳男性患者で, 共に肺結核様空洞を有し, 数回に亘る喀痰の抗酸菌検査で塗抹, 培養陽 …

    Kansenshogaku Zasshi 81(1), 12-19, 2007

    J-STAGE 

  • ムコ多糖症2型 (特大号/先天代謝異常症--日常診療で必須の知識) -- (酵素補充療法)  [in Japanese]

    田中 あけみ

    The Journal of pediatric practice 69(11), 1740-1742, 2006-11

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • MICROBIOLOGICALLY IDENTIFIED ISOLATES OF MYCOBACTERIUM HECKESHORNENSE IN TWO PATIENTS  [in Japanese]

    KAZUMI Yuko , SUGAWARA Isamu , WADA Masako , KIMURA Kiyonobu , ITONO Hideji

    〔目的〕51歳女性(症例1)と72歳男性(症例2)の喀痰から検出された抗酸菌を同定する。〔対象および方法〕症例1の患者は1986年から1990年の間に喀疾の塗抹(抗酸性染色)陽性培養陰性が16回あり培養陽性が4回あった。このうち2株が従来法にて<I>M.xenopi</I>-likeと同定され,-80℃ にて保存された。症例2の患者はじん肺患者で,2003年に定期検査の喀痰 …

    Kekkaku(Tuberculosis) 81(10), 603-607, 2006-10-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18) Cited by (6)

  • Dynamic Remodeling of Syndecan-1 Structure Regulates Myeloma Tumor Growth and Metastasis In Vivo  [in Japanese]

    SANDERSON Ralph D. , YANG Yang , DAI Yuemeng , 須江 真由美

    ヘパラン硫酸プロテオグリカン (HSPGs) は細胞接着や細胞シグナルの重要な調節物質である。本分子の特異的機能は、コアタンパク質とそれに付随するヘパラン硫酸鎖の構造の両方によって決定されている。HSPGsが腫瘍細胞表面に、あるいは細胞外マトリクス様の構成物に存在する酵素によって再構築されるという証拠が集まっている。腫瘍の微小環境中でのこのリモデリングの結果、HSPGsは構造と機能を変え、その結果 …

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology 17(98), 263-270, 2005-12-26

    J-STAGE  Ichushi Web  References (42)

  • 神経回路形成におけるヘパラン硫酸の役割 (特集 脳の発生分化と回路形成)  [in Japanese]

    桝 正幸

    Advances in neurological sciences 49(1), 95-103, 2005-02

    Ichushi Web 

  • 2C13-3 Characterization of bacterial arylsulfatases  [in Japanese]

    MIURA Toyokazu , OKAMOTO Kenji , YANASE Hideshi

    日本生物工学会大会講演要旨集 平成17年度, 109, 2005

    NDL Digital Collections 

Page Top