Search Results 1-20 of 27

  • 1 / 2
  • ESG (Environmental, Social, Governance) and Ecology Accounting  [in Japanese]

    藤田 敬司

    社会システム研究 (41), 245-266, 2020-09

    IR  DOI 

  • Japanese Gengo, Historical Consciousness and Christianity  [in Japanese]

    平山 朝治 , Asaji HIRAYAMA

    日本で途切れることなく定められるようになった最初の元号である大宝は首皇子(後の聖武天皇)誕生に因んだものと思われ、中国の建元が漢の武帝即位を基準とするのとは異なり、キリスト受肉紀元ADの影響があるのではないかという仮説を立てて検証を試みる。ADは641年には東シリア教会キリスト教とともに唐に伝わっており、久米邦武は聖徳太子伝にキリスト伝の影響があるとし、7世紀後半に唐からそれが伝わったと論じたが、 …

    国際日本研究 = International and advanced Japanese studies 12, 1-22, 2020-02

    IR  DOI 

  • Linguistic and Biological Metamorphoses in Alice's Adventures in Wonderland  [in Japanese]

    川崎 明子

    ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』において,不思議の国の〈不思議〉を構成する最大の要素は,多種多様な〈変身〉である。これらの〈変身〉には,言語的要素と生物的要素があり,両者は互いに密接にかかわっている。前者は静的で,死に近く,完結していて,秩序があり,時間がかからない。後者は動的で,生命を持ち,制御しにくく,時間を伴う。物語の根底で作用しているのは数学者キャロルによる言葉遊びの原理,特に地口 …

    人文研紀要 (96), 271-297, 2020

    IR 

  • Dogs in Jack London's Fiction : Darwin's Theory of Evolution and the Representations of London's Animals  [in Japanese]

    小古間 甚一

    北海道アメリカ文学 = Hokkaido American literature (34), 4-17, 2018

  • 降矢木家における天才と狂気および奇形の遺伝学 : 付論 ダーウィンの進化論と奇形形態学 (特集 小栗虫太郎)  [in Japanese]

    村上 裕徳

    『新青年』趣味 : 『新青年』研究会会誌 (18), 101-150, 2017-10

  • チェーホフの創作とダーウィンの進化論の関係  [in Japanese]

    高田 映介

    [研究ノート]

    Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報 (32), 259-280, 2017

    IR  DOI 

  • 賀川豊彦の幼児教育思想における保育者のあり方 : 主に道徳教育における"叱ること"と子どもの"内省"の意味と導き方  [in Japanese]

    市川 和彦 , 会津大学短期大学部社会福祉学科(所属は掲載当時のものです)

    これまで賀川豊彦の幼児教育分野の貢献についてはあまり語られてこなかった。本論では賀川の幼児教育思想について取り上げ、賀川の幼児期の体験、新川貧民窟での体験が賀川の幼児教育思想の醸成にいかなる影響を与えたかについて考察し、賀川が生涯にわたって追求し続けた「宇宙の目的」「宇宙悪」思想について解釈を試みた。特にダーウィンの進化論を支持しつつも人間の良心を「宇宙の意思」の発露と捉える肯定的な「唯神論的進化 …

    会津大学短期大学部研究年報 Bulletin of Junior College Division, the University of Aizu (72), 71-85, 2015

    IR  DOI 

  • 夏目漱石の進化論 : ダーウィンの進化論と「意識推移の原則」  [in Japanese]

    千田 実

    文学・語学 (205), 44-56, 2013-03

  • Application of nano-bubble water to medical field  [in Japanese]

    眞野 喜洋

    Materials integration 22(5), 30-35, 2009-05

    Cited by (1)

  • Modern Christian Thought and Criticism of Religion : Focusing on the Question of Rationality(<Special Issue>Criticism of Religion)  [in Japanese]

    ASHINA Sadamichi

    近代以降、キリスト教思想は近代合理主義との関わりの中で展開されてきた。キリスト教思想にとって大問題であったのは、啓蒙的理性によって提起された宗教批判であり、その批判の主なる担い手となったのは、実証主義的な近代科学であった。とくに、ダーウィンの進化論は、一九世紀における「科学と宗教の対立図式」-一方における無神論的自然主義と他方における創造科学論との間に典型的に見られる対立状況-の成立を促すことによ …

    Journal of religious studies 82(2), 449-471, 2008

    J-STAGE 

  • A Consideration on the Mode of "Evolution"  [in Japanese]

    Yoshida Kenji

    生物の進化という考え方は、後の時代の生物の状況を先の時代のそれとに関係づけることによって論じられるために、結果のつじつま合わせに堕する危険性があり、ダーウィンの進化論も一見そのように見えるところがある。そこで、本論はダーウィンの論証の機構の解析を目的とし、そのために、まず、ダーウィンの進化論の構成を明らかにして、ついでその中味を詳解する。すると、論証の構造が問題として浮び上ってくるので、自然科学の …

    Ikenobo Junior College annual of cultural environmental studies 1, A1-A12, 2007

  • ケータイ新 進化論

    日経エレクトロニクス

     ガラパゴス諸島。ダーウィンの進化論であまりにも有名な,太平洋に浮かぶ島々である。外界と隔離された中で独自の生態系とルールが形成され,それに適応すべく生物はほかの場所では見られないような形質を獲得していった。 「日本は携帯電話におけるガラパゴス諸島だ」。こう評する人がいる。PDCという通信方式。強大な携帯電話事業者。ひしめき合う端末メーカー。

    日経エレクトロニクス 869, 2004

    Nikkei BP  Cited by (2)

  • Darwin's Theory of Evolution and Ideas of Progress  [in Japanese]

    入江 重吉 , Jukichi Irie

    Matsuyama Daigaku ronshu 15(4), 364-342, 2003-10

    IR 

  • ソースタイン・ヴェブレンとダーウィンの進化論  [in Japanese]

    石田 教子

    Bulletin of graduate studies (32), 65-79, 2002

  • ホイットマンとダーウィンの進化論  [in Japanese]

    安齊 芳

    Walt Whitman studies (18), 1-12, 2002

  • 諸悪の根源ダーウィンの進化論 (特集 宗教と道徳教育)  [in Japanese]

    出雲井 晶

    弘道 109(1015), 15-20, 2001-11

  • An Evolutionary Algorithm Based on the Virus Theory of Evolution  [in Japanese]

    NAKAYA Naoshi , KANASUGI Akinori , KONDO Kunio

    遺伝的アルゴリズムはダーウィンの進化論に基づいた最適解探索手法であるが その一方でダーウィンの進化論以外にも多くの進化論が提案されている. ウイルス進化論はその1つであり 生物はウイルスの感染により進化するという考えに基づいている. 本論文ではこのウイルス感染による進化という点に着目し ウイルス進化論に基づく新しい進化型アルゴリズムを提案する. 提案するアルゴリズムでは ウイルスを単体の生 …

    Transactions of Information Processing Society of Japan 40(5), 2346-2355, 1999-05-15

    IPSJ  References (8) Cited by (6)

  • Application for the Combinatorial Problems of Virus Evolutionary Genetic Algorithm  [in Japanese]

    SAITO Susumu , SAKO Tooshi

    標準の遺伝的アルゴリズムはダーウィンの進化論によるもであり、多数の個体を用い、淘汰、交叉等による手法であるが、本研究ではウイルス進化論を模したアルゴリズムとした。ここでは単一の個体(染色体)及びその二つの遺伝子からなる多数のウイルスを用いる。個体をウイルスにより攻撃させ、その個体の遺伝子の組み替えを行った場合、評価値を高めるときウイルスの感染を認める。効率良く個体の改善を行うために、ウイルスの遺伝 …

    IPSJ SIG Notes 20, 19-24, 1998-07-24

    References (5)

  • A Novel Genetic Algorithm Based on the Theory of Virus Evolution  [in Japanese]

    NAKAYA Naoshi , KONDO Kunio

    遺伝的アルゴリズムはダーウィンの進化論に基づいた最適解探索手法であるが, その一方で進化論はダーウィンの進化論だけではなく, それ以外にも多くの進化論が提案されている.ウイルス進化論はその中の一つであり, 生物はウイルスの感染により進化するという考えに基づいている.本稿ではこのウイルス感染による進化という点に着目し, ウイルス進化論に基づく新しい遺伝的アルゴリズムを提案する.また, 提案手法の有用 …

    IPSJ SIG Notes 19, 31-36, 1998-05-22

    References (4) Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top