Search Results 1-20 of 128

  • Evaluation of heat exchanger fouling using hansen solubility parameter  [in Japanese]

    Chiyoda Norihito , Iitsuka Yoshihiro , Tsuchiya Yuji

    石油資源を効率よく利用するためには、装置等で発生した熱エネルギーを回収することが重要であり、多くの熱交換器が用いられている。熱交換器は長期間運用により汚れ成分が伝熱面に付着し、熱効率低下等を招く。汚れの除去には、装置を停止し熱交換器内部を洗浄する必要があり、コストを要する。本研究では熱交換器に付着した汚れ成分を従来とは異なった視点から評価を行い、熱交換器汚れ除去の一助となる知見を得たので報告する。

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2018f(0), 88, 2018

    J-STAGE 

  • Development of tool for estimating yield of catalytic reformer  [in Japanese]

    Shimmyo Tetsu , Chiyoda Norihito , Ishida Takatsugu , Sato Kazuhito

    接触改質装置では原料や運転条件によって生成油の組成や性状が変動するため、製品の市況環境や原料に応じて最適な触媒や運転を選択することが重要である。そのためには運転変更による影響の推定が必要不可欠である。そこで、ベンチプラントデータ及び実装置データによって触媒、原料、運転条件の変更による生成油組成や性状の変化を推定することが可能なツールを開発したので報告をする。

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2018f(0), 87, 2018

    J-STAGE 

  • Prediction model for pressure drop in commercial reactor for resid hydrotreating  [in Japanese]

    Iizuka Chie , Idei Kazuo , Abe Masaki , Kato Yoshinori

    直脱リアクターで圧力損失(⊿P)が上昇し、その推移によっては運転制約が発生することがある。このとき⊿Pの推移を予測し、運転計画に反映させることが求められる。⊿Pの計算式はいくつか提案されているが、いずれも瞬時的な⊿Pを算出するに留まっている。我々は、⊿P上昇要因が触媒層の空隙に蓄積する堆積物(スケール)と考え、Erugun式、Larkins式をベースに⊿Pの変化をスケールによる触媒層の空隙率の変化 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2018f(0), 90, 2018

    J-STAGE 

  • An Approach Toward the Practical Use of Carbon Membranes in Gas Separation Processes  [in Japanese]

    Yoshimune Miki , Haraya Kenji

    Carbon membranes are a type of inorganic membranes in which the active separation layer consists of carbon or carbides. Carbon membranes have excellent gas and vapor separation performances due to the …

    MEMBRANE 43(4), 137-141, 2018

    J-STAGE 

  • 【Original Contribution】Design of High–efficient Membrane Processes for Gas Separation Using Sweep Counter Flow Module  [in Japanese]

    Haraya Kenji , Yoshimune Miki

    We conducted exploratory research of high–efficient membrane processes for gas separation using a sweep counter flow module (SCM). Calculated results for biogas upgrading example were compared by usin …

    MEMBRANE 42(5), 213-220, 2017

    J-STAGE 

  • Effect of zinc on the activity of residue hydrodesulfurization catalyst  [in Japanese]

    Iitsuka Yoshihiro , Nakajima Nobumasa , Sato Kazuhito , Haneda Masaaki

    重油の高付加価値化を達成する方策の一つとして、直接脱硫装置において残油を処理し、この生成油をFCCで分解するプロセスが知られている。これまでに直脱装置の残油水素化脱硫触媒について多くの研究が行われており、NiMo/Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>触媒に亜鉛を添加することで触媒上へのコーク堆積量が減少することが明らかになっている。 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2017f(0), 102, 2017

    J-STAGE 

  • Estimation of hydrogen consumption for gas oil desulfurization  [in Japanese]

    Yamada Hikaru , Idei Kazuo , Sato Kazuhito

    脱硫装置は運転条件の変更に伴い水素消費量が変化する。予期せぬ水素消費量の変化は製油所全体の水素バランスに影響を与えるため、運転変更における水素消費量を正確に予測することは重要である。従来は水素消費量とWABTの関係式から水素消費量の推定を実施していたが、精度が低かった。そこで、脱硫、分解、芳香族水添反応に起因する推定式に改良し、実装置での相関を確認した結果について報告する。

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2017f(0), 155, 2017

    J-STAGE 

  • Evaluation of naphtha reforming catalyst and proposing operational improvement in commercial unit using bench plant  [in Japanese]

    Shimmyo Tetsu , Chiyoda Norihito , Watanabe Hiroki

    従来の触媒選定は各触媒メーカーの提示するプロポーザルデータをもとに比較、選定を実施していた。しかしメーカーごとに異なるラボ装置を用いた触媒能力推定であるため、同一条件での比較は不可能であった。そこで、自社のラボ装置を使用した同一条件における候補触媒の能力推定の実施により、収益性の高い触媒の選定を行なうことが可能となった。加えてラボ装置の活用により、RF運転条件の最適化提案も可能である。本報告では実 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2017f(0), 156, 2017

    J-STAGE 

  • Evaluation of developed FCC catalyst containing phosphorus compound at commercial unit  [in Japanese]

    Sekimoto Atsuhisa , Yamaguchi Soji , Saka Yuji , Chiyoda Norihito , Watanabe Hiroki

    非在来型石油資源の利用は、我が国のエネルギーセキュリティの向上に資する。 その利用拡大を図るため、重油分解装置に超重質油を直接通油するプロセスを検討を行っているが、本検討で生成する重質熱分解軽油は接触分解処理の負荷増大させ、分解活性を低下させる。<br> 我々は、これまでにリン含有ラダー状化合物を見出し、高分解活性触媒の開発に成功した。本報では、開発触媒の商業装置および重質熱分解軽油へ …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2017(0), 39, 2017

    J-STAGE 

  • Study on high activation of catalyst for the ultra-deep desulfurization of diesel fuel  [in Japanese]

    Hayase Testuya , Shinmyo Tetsu , Hashimoto Minoru , Nakajima Nobumasa , Sato Kazuhito

    これまでに、軽油のサルファーフリー化対応として、高活性な触媒の開発および実証化を行なった。これに対し、昨今の需給環境の変化から、重油基材である分解軽油についても軽油脱硫装置で処理し、付加価値の高い軽油基材とすることが求められている。しかし、分解軽油は反応性が低いことから、より性能の高い触媒が求められる。そこで、触媒性能の向上を目的に、第3成分の添加による活性点構造の適正化について検討を行なった。

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2016f(0), 192, 2016

    J-STAGE 

  • Ultrapure Hydrogen Purification Derived from Organic Chemical Hydrides using Carbon Membranes for Hydrogen Stations  [in Japanese]

    Yoshimune Miki , Haraya Kenji

    Fuel cell vehicle (FCV) is garnering much attention as a new environmentally–friendly vehicle of the future. Toward the popularization of the FCVs, a number of technologies of the manufacture, storage …

    MEMBRANE 41(3), 96-101, 2016

    J-STAGE 

  • A Paging Method utilizing Container-Based Virtualization  [in Japanese]

    中川 岳 , 追川 修一

    コンテナ型仮想化は,コンテナと呼ばれるプロセスグループごとに独立した実行環境を提供する,オペレーティングシステム (OS) レベルの仮想化である.それぞれのプロセスはコンテナと呼ばれるグループに分類され,異なるコンテナに属するプロセスは互いに影響を受けない.互いに関連のあるプロセスを同じコンテナに所属させ,他のプロセスから隔離することで,ホスト OS 上で複数の独立したサービスを提供することができ …

    IPSJ SIG Notes 2015-OS-132(8), 1-5, 2015-02-19

  • Effect of zeolite and matrix components for catalytic activity and physical properties on FCC catalyst  [in Japanese]

    Yamaguchi Soji , Saka Yuji

    近年の原油重質化および燃料油需要構造変化に伴い、FCC(流動接触分解)装置では重質留分を削減し、石化基礎原料である軽質オレフィンやガソリンなどの高付加価値留分への変換が求められている。<br> 本報告では、FCC触媒の主活性成分であるゼオライトおよびその他触媒構成成分の添加割合を最適化することで、現行触媒と同等の触媒物性を有し、かつニーズに合った生成物を製造可能なFCC触媒の検討を実施 …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2015f(0), 43, 2015

    J-STAGE 

  • Influence of silicon poisoning on hydrodesulfurization catalyst  [in Japanese]

    Hayase Tetsuya , Kimura Hiroshi , Hashimoto Minoru , Kobori Toshihiro , Yamada Hidenori

    コーカー装置で生成する分解軽油(C-LGO)には、当該装置で用いられる消泡剤に起因するSi化合物が含まれる。C-LGOを軽油基材とするために脱硫を行う場合、Si化合物が脱硫触媒に堆積して活性低下を引き起こすことが懸念される。これに対して、モデル原料油を用いて数種の脱硫触媒を評価し、評価後触媒の分析結果と合わせてC-LGOに対する適正触媒について考察した。適正触媒を抽出し、実際のC-LGOを用いたベ …

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2015f(0), 128, 2015

    J-STAGE 

  • Fabrication of Submicron Spherical Metal Particles by Laser Melting in Liquid  [in Japanese]

    Koshizaki Naoto , Tsuji Takeshi , Ishikawa Yoshie

    Materia Japan 53(3), 87-93, 2014

    J-STAGE 

  • Practical Approaches for Application of Gas Separation Membranes : Improve Selectivity or Permeability?  [in Japanese]

    HARAYA Kenji

    Useful concepts and methods for application of gas separation membranes are reviewed. The resistance model can predict not only performance of composite membranes, but also existence of flaws in pract …

    MEMBRANE 38(4), 152-158, 2013-07-01

    J-STAGE  References (8)

  • 私のリフレッシュ方法  [in Japanese]

    TAKASAKI Michiko

    ペトロテック = Petrotech 35(12), 894, 2012-12-01

  • Submicrometer Spherical Particle Fabrication by Pulsed Laser Melting in Liquid : Boron Carbide Submicrometer Spherical Particle Case  [in Japanese]

    ISHIKAWA Yoshie , KOSHIZAKI Naoto

    We have developed a new fabrication technique for submicrometer spherical particles by pulsed laser melting in liquid. In this technique, nanosecond pulsed laser irradiation at relatively low fluence …

    Journal of the Society of Powder Technology, Japan 49(8), 614-621, 2012-08-10

    J-STAGE  References (18)

  • Development of Novel Carbon Hollow Fiber Membranes and Their Gas Permeation Properties  [in Japanese]

    YOSHIMUNE Miki

    Novel carbon hollow fiber membranes were successfully fabricated using poly(phenylene oxide) (PPO) and its functionalized derivatives as a polymeric precursor. These carbon membranes had properties ab …

    MEMBRANE 37(3), 146-151, 2012-05-01

    J-STAGE  References (15)

Page Top