Search Results 1-20 of 33

  • 1 / 2
  • Knee joint flexion moment during the pushing phase reduces the negative effective force in bicycle pedalling  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Yuta , WATANABE Kohei , OHISHI Kenji , FUKUDA Wataru , NISHIYAMA Tetsunari

    Pedalling skills are evaluated using the total negative effective force (TNEF) that occurs in the pulling phase (180―360° of crank rotation when 0° is top dead center). The aim of this study …

    Taiikugaku kenkyu (Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences) 65(0), 747-756, 2020

    J-STAGE 

  • Development of All-New Mazda3 Brake Feeling  [in Japanese]

    Ikemi Kiyoshi , Kamura Takanobu , Kaihara Shinichi , Niwa Masahiro

    … ブレーキ性能においても,クルマをコントロールするために必要な減速度やペダル踏力の物理量について,人間の感覚量と一致させる性能目標を定めた。 …

    Mazda Technical Review 36(0), 107-112, 2019

    J-STAGE 

  • Development of rehabilitation bicycle for hemiplegic patients:- 4th report: Development of ergonomic handle and Control of pedal effort at appropriate phase -  [in Japanese]

    FUKUDA Hiroki , SUZUKI Masahiro , AOKI Takeshi

    <p>The number of patients of lifestyle-related diseases is increasing, stroke causes the onset hemiplegia as sequelae. In this study, we develop a rehabilitation bicycle for hemiplegic patients. …

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2018(0), 2A2-D03, 2018

    J-STAGE 

  • Occupant Injury Predictions during Side Collisions Using Human Body FE Models Containing Muscle Controllers  [in Japanese]

    Kato Daichi , Nakahira Yuko , Atsumi Noritoshi , Iwamoto Masami

    … 標準体型男性,大柄な男性,小柄な女性の三つの体型を有する筋制御機能付き人体有限要素モデルを開発した.本モデルは筋制御による姿勢維持と,ステアリング押付け力やペダル踏力を伴う衝突直前の身構えを模擬する.献体実験データを用いた衝撃応答の検証後に側突解析を行い,体格や筋活動が傷害に及ぼす影響を調査した. …

    Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan 49(6), 1267-1272, 2018

    J-STAGE 

  • Development of a Muscle Controller for Prediction of Occupant Kinematics in Consideration of Muscle Tone Conditions  [in Japanese]

    Kato Daichi , Nakahira Yuko , Iwamoto Masami

    … 乗員の筋緊張状態により異なる衝突挙動を予測するために,人体FE モデルと協調する筋制御法を開発した.本法では姿勢維持のための制御に,身構え時に増加するペダル踏力など力の制御を追加した.本法を用いてプリクラッシュブレーキ作動時の筋緊張状態の異なる乗員挙動解析を行った結果,実験と同等の傾向が得られた. …

    Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan 48(6), 1297-1302, 2017

    J-STAGE 

  • Development of rehabilitation bicycle for hemiplegic patients:-3rd report: Control in consideration of pedaling ease and application to leg amputation patient-  [in Japanese]

    SUZUKI Masahiro , AOKI Takeshi

    <p>Stroke causes the onset hemiplegia as sequelae. In this study, we describe the development of a rehabilitation bicycle. We install a control system that allows hemiplegic patients to pedal ea …

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2016(0), 2P1-02b2, 2016

    J-STAGE 

  • Travel Log Exchange by Ad-Hoc Communication for E-bicycle Control  [in Japanese]

    KURIHARA Kazuya , UCHIDA Masaya , HIGAKI Hiroaki

    … 電動アシスト自転車は,ペダル踏力上昇と走行速度低下を検知することにより電動アシストを開始するが,ふらつきの拡大などによる安全性と乗り心地の一時的な低下を避けることができない.本論文では,各電動アシスト自転車が収集した走行ログ,アシスト記録を用いることによって自転車走行路とその勾配を推定し,これに基づいて登坂走行路手前から電動アシストを開始することによって,安定走行と電力消費のより良 …

    IEICE technical report. Information networks 114(478), 103-107, 2015-03-02

  • E-bicycle Control According to Estimation of Road Map and Slope based on Shared Travel Logs  [in Japanese]

    内田 匡哉 , 栗原 和也 , 桧垣 博章

    … 電動アシスト自転車は,ペダル踏力上昇と走行速度低下を検知することにより電動アシストを開始するが,ふらつきの拡大などによる安全性と乗り心地の一時的な低下を避けることができない.本論文では,各電動アシスト自転車が収集した走行ログ,アシスト記録を用いることによって自転車走行路とその勾配を推定し,これに基づいて登坂走行路手前から電動アシストを開始することによって,安定走行と電力消費のより良 …

    IPSJ SIG Notes 2015-DPS-162(51), 1-6, 2015-02-26

  • 1P2-M03 Development of rehabilitation bicycle for hemiplegic patients : 2nd report : Assistive mechanism for riding and control of a pedaling force  [in Japanese]

    SUZUKI Masahiro , SHOJI Hiroshi , AOKI Takeshi

    This study intends to develop a rehabilitation bicycle for hemiplegic patients. In this paper, we describe design of an assistive mechanism for riding and control of a pedaling force. Hemiplegic patie …

    The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec) 2015(0), _1P2-M03_1-_1P2-M03_3, 2015

    J-STAGE 

  • 04生-26-口-08 タンデム自転車エルゴメータを用いた片脚ペダリング運動時の心拍数、酸素摂取量、ペダル踏力の関係(04 運動生理学,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究)  [in Japanese]

    小野寺 昇 , 林 聡太郎 , 西村 一樹 , 河野 寛 , 山口 英峰 , 片山 敬章 , 荻田 太

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings 66(0), 170-171, 2015

    J-STAGE 

  • Pedal Force and Oxygen Uptake Responses to Different Pedal Rates during Cycling  [in Japanese]

    右田 孝志 , 得居 雅人 , 平木場 浩二

    久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要 20, 1-7, 2013-03

    Ichushi Web 

  • New analytical model of bicycle pedaling using the acceleration and angler speed sensors  [in Japanese]

    KITAWAKI Tomoki , OKA Hisao

    … 重要な問題である.そこで本研究では,トルクセンサを内蔵したエルゴメータで計測したペダル踏力と,自転車のクランクに取り付けたワイヤレス型加速度・角速度センサを利用して計測したクランク回転角速度の変化とを比較し,これらの関係を表現する新しいペダリング解析モデルを構築した.この結果,ペダル踏力は慣性項とクランク角速度に依存する粘性抵抗成分の和で表現できることが明らかに …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 111(482), 37-40, 2012-03-07

    References (5)

  • Development of Multimodal Driving Signal Aquisition System  [in Japanese]

    OZAKI Akira , KUSAKAWA Takashi , NISHIWAKI Yoshihiro , MALTA Lucas , MIYAJIMA Chiyomi , NISHINO Takanori , KITAOKA Norihide , ITOU Katsunobu , TAKEDA Kazuya

    … て英数字を聞いて発音する,携帯電話でナビゲータと会話をする,そしてコンピュータと音声対話を行う4種類のタスクを自動車走行中に実施している.運転行動を測定するため,アクセルペダル踏力,ブレーキペダル踏力,ステアリング操作角,走行位置,車速,加速度,車間距離を収録する.また生体信号を測定するため,心拍数,皮膚電位,発汗量のセンサを搭載している.運転手と交通状況は,四つのビデオカメ …

    The IEICE transactions on information and systems 93(10), 2118-2128, 2010-10-01

    References (28) Cited by (3)

  • Method for anaerobic power and pedal force on bicycle ergometer.  [in Japanese]

    田中 重陽 , 角田 直也

    国士舘大学体育研究所報 (27), 2009

    IR 

  • 05-28-西体-28 自転車競技未経験者に関するペダル踏力の同時フィードバックの効果(05.バイオメカニクス,一般研究発表抄録,ひろしま発 ひとを育む体育・スポーツ)  [in Japanese]

    佐藤 孝之 , 西山 哲成

    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings 60(0), 168, 2009

    J-STAGE 

  • Method for anaerobic power and pedal force on bicycle ergometer  [in Japanese]

    田中 重陽 , 角田 直也

    The Annual reports of health,physical education and sports science. 27, 57-61, 2008

  • Design of walker with assist equipment considering motion of ankle joint  [in Japanese]

    Maeda Kazunori , Nango Jun

    … 器の多くは使用者が体重の大部分を腕や脚で支えるものであり,苦痛を伴い,リハビリに対する動機付けが困難な場合がある.そこで,座部で体重を支えることで使用者の腕や脚への負担を減らし,擬似的に歩行動作を行う事で,推進力を得る歩行補助装置の設計を行っている.設計には平面6節リンク機構を用い,歩行時の脚部の複雑な動きを再現すると共にペダル踏力の作用方向を限定し,使用者がより使い易い構造としている. …

    Proceedings of the Japan Joint Automatic Control Conference 51(0), 146-146, 2008

    J-STAGE 

  • Analysis of changes in driving behavior signals for the detection of potentially hazardous situations in vehicle traffic

    MALTA Lucas , MIYAJIMA Chiyomi , ITOU Katunobu , TAKEDA Kazuya

    … 運転者のブレーキ操作や発話内容から,運転中の危険な状況を検出する手法について検討した.ブレーキに基づく検出では,ペダル踏力とその時間変化の2次元ヒストグラムを用いて,通常と分布が異なる箇所を検出した.発話に基づく検出では,危険な状況で発すると考えられる単語を音声の書き起こしテキストから検出した.CIAIR対話音声・運転行動信号コーパスのうち,人間と対話中のテータ438名分に対して,人手でビデオ映像 …

    IPSJ SIG Notes 62, 19-24, 2006-07-08

    References (12)

  • Modeling of Individual Characteristics in Driving Signals  [in Japanese]

    OZAWA Koji , WAKITA Toshihiro , MIYAJIMA Chiyomi , ITOU Katsunobu , TAKEDA Kazuya

    … ている.運転行動はドライバによって異なり, 認知科学や工学的な観点から, 様々なドライバモデルに関する研究が行われている.本研究では, ドライバの運転行動をソースフィルタモデルと仮定し, アクセルペダル踏力信号をケプストラム分析することによって, ドライバがペダルを踏み込む過程をフィルタ特性として抽出し, 混合正規分布(GMM)でモデル化した.ケプストラムに基づくドライバモデルの個人性の表現能力につ …

    IEICE technical report. Speech 105(297), 59-64, 2005-09-17

  • Modeling of Individual Characteristics in Driving Signals  [in Japanese]

    OZAWA Koji , WAKITA Toshihiro , MIYAJIMA Chiyomi , ITOU Katsunobu , TAKEDA Kazuya

    … ている.運転行動はドライバによって異なり, 認知科学や工学的な観点から, 様々なドライバモデルに関する研究が行われている.本研究では, ドライバの運転行動をソースフィルタモデルと仮定し, アクセルペダル踏力信号をケプストラム分析することによって, ドライバがペダルを踏み込む過程をフィルタ特性として抽出し, 混合正規分布(GMM)でモデル化した.ケプストラムに基づくドライバモデルの個人性の表現能力につ …

    IEICE technical report. Signal processing 105(293), 59-64, 2005-09-17

    Cited by (2)

  • 1 / 2
Page Top