Search Results 1-1 of 1

  • Regulation of calcium signals via redox modification  [in Japanese]

    Watanabe Yasuo

    システインのチオール基側鎖にイオウ原子が繋がったポリサルファー化システインなどの活性イオウ分子は,細胞のレドックス恒常性の維持に重要な生理活性物質である.実は,これまでに,ほ乳類動物では活性イオウ分子の存在が知られていたが,その生体におけるシグナル応答と制御メカニズムについては不明であった.近年,質量分析法によるプロダクト解析によって,ヒト組織・血漿中に低分子から高分子の多種多様な活性イオウ分子が …

    Folia Pharmacologica Japonica 147(5), 285-289, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top