Search Results 1-1 of 1

  • Re-emerging reactive sulfur-containing compounds and their unique biological functions  [in Japanese]

    Ida Tomoaki , Matsunaga Tetsuro , Fujii Shigemoto , Sawa Tomohiro , Akaike Takaaki

    感染や炎症に伴い生成される活性酸素(ROS)は,酸化ストレスをもたらす組織傷害因子となる一方,細胞内レドックスシグナルのメディエーターとして機能していることがわかってきた.著者らは,生体内でROSと一酸化窒素の二次メッセンジャーである親電子物質8-ニトロ-cGMPの代謝にcystathionine β-synthase(CBS),cystathionine γ-lyase(CSE)が深く関わること …

    Folia Pharmacologica Japonica 147(5), 278-284, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top