Search Results 1-20 of 62

  • 1 / 4
  • Developing Teaching Materials for High School Home Economics Using Bhutan Lac Bugs : Practice Teaching of Lac Dyed Textiles and Dyeing Videos and Experiments as Learning Materials  [in Japanese]

    都甲 由紀子 , 陶山 由佳

    ブータン学研究 = Japanese journal of Bhutan studies 2, 13-32, 2019

  • Capacity building of practical cyber security personnel  [in Japanese]

    HASEGAWA Choichi

    サイバーセキュリティ人材育成は、情報技術の発展等により、その重要性がますます増している。しかし、サイバーセキュリティ人材といっても、その業務や役割は多種多様である。また、実践的人材を育成するためには、経験学習や振り返り学習による育成が欠かせない。それらの様々取り組みの実例をもとに、実践的サイバーセキュリティ人材の育成のありかたや今後の展望について解説していく。

    SECURITY MANAGEMENT 33(1), 37-42, 2019

    J-STAGE 

  • Towards the Reproduction of <i>Enji</i>  [in Japanese]

    KUTSUNA Hiromi , KUTSUNA Takahiko

    … 7世紀頃には,ラック色素を円形の薄い綿に染みこませた綿臙脂がつくられるようになった。 … その処方に基づき,筆者らは,各材料の同定,分量の解明をすすめ,紫鉱(ラック)と数種の漢方の薬種を用いて,臙脂の試作を行った。 …

    Oleoscience 18(10), 507-513, 2018

    J-STAGE 

  • Preparation of a Ammonia-Treated Lac Dye and Structure Elucidation of Its Main Component

    NISHIZAKI Yuzo , ISHIZUKI Kyoko , AKIYAMA Hiroshi , TADA Atsuko , SUGIMOTO Naoki , SATO Kyoko

    … <p>ラック色素の主成分ラッカイン酸類とコチニール色素の主成分カルミン酸は,アントラキノン骨格を持った水溶性の色素化合物で,その色調は酸性溶液では橙色,中性溶液で赤色,アルカリ性溶液で紫色を示す.カルミン酸をアンモニア処理して得られる4-アミノカルミン酸は酸性条件下でも赤紫色を示し,耐酸性カルミンとして食品に添加される事例が報告されている.本研究はこの報告をもとに, …

    Food Hygiene and Safety Science (Shokuhin Eiseigaku Zasshi) 57(6), 193-200, 2016

    J-STAGE  JASI 

  • Lac Colorant Found in the Shosoin Treasures by Visible Reflectance Spectrometry  [in Japanese]

    中村 力也 , 成瀬 正和

    考古学と自然科学 : 日本文化財科学会誌 (68), 33-46, 2015

  • Spectroscopic Analysis of Dyes Used in Coptic Textiles in the Egypt Collection of Kyoto University Museum  [in Japanese]

    横山 操 , 中村 力也 , 成瀬 正和 [他]

    考古学と自然科学 : 日本文化財科学会誌 (68), 1-19, 2015

  • Development of an acid-resistant egg sheet using shellac  [in Japanese]

    KOSEGAWA Eiichi , KOBAYASHI Hajime , MISAWA Toshihiko

    … 紙をラックカイガラムシ由来のシェラックを利用して加工することにより,塩酸耐性を付与することができた。 … 加工手順としては,市販の紙をシェラックのエタノール溶液(30g/L)に浸して乾燥させ,その後ドライオーブンで140°C,30分の熱処理を行うことにより,塩酸耐性のある紙が得られた。 …

    Sanshi-Konchu Biotec 83(3), 3_273-3_276, 2014

    J-STAGE 

  • <b>Natural Resin Shellac </b>  [in Japanese]

    Mori Daisuke

    … 天然樹脂セラックは,体長0.6 mm 前後のラックカイガラムシがマメ科,クワ科など特定の樹木(母樹)の枝に分泌する樹枝状物質を精製したものである。 …

    Journal of Network Polymer,Japan 35(6), 285-289, 2014

    J-STAGE 

  • The Color Characteristic of Natural Dyes Considered from the CIELAB Color Space  [in Japanese]

    KOHAMA Yuki

    … ><tt>値(</tt>CIELAB<tt>)から,天然染料の色彩的特徴を考察した.天然染料では,鮮やかな黄色や赤色が染まり,特にウコン,エンジュ,キハダ,オウレン,タマネギ,ベニバナ,コチニール,ラックの彩度が高かった.一方で,鮮やかな紫色や青緑色,明度の低い鈍い緑色はなかった.群青や緑青などの顔料染色物には天然染料では染まらない色のものがあったが,マイクロスコープによる拡大観察(< …

    JOURNAL of the JAPAN RESEARCH ASSOCIATION for TEXTILE END-USES 54(12), 1075-1082, 2013

    J-STAGE 

  • What's "Lac"? One of a Blessing from Tropical Forest:- From Production of Lac to Its Usage  [in Japanese]

    GOTO Tomoo

    Research for Tropical Agriculture 6(2), 102-104, 2013

    J-STAGE 

  • The Mezzanine Finance of Listed Company in Japan  [in Japanese]

    SUGIURA Keiichi

    … 具体的には,上場企業がメザニン・ファンドから資金調達を行った事例(東日本ハウス,ウェストホールディングス,イー・アクセス,日本板硝子,ラック)を分析の対象とし,調達した資金が借入金返済に充当されるケースと,設備投資などの成長投資に充当されるケースがある点を明らかにした。 …

    The Journal of Business Analysis 29(0), 58-69, 2013

    J-STAGE 

  • Concept of information security future(<Special feature>Information security)  [in Japanese]

    NISHIMOTO Itsuro

    有史以前より行われてきた権益拡大の戦い。サイバー空間もその舞台となって久しい。日本で実際に発生していることなどを説明し,これまでのセキュリティ対策が太平の世のものであり,既にわが国も既に巻き込まれているサイバー戦国時代におけるセキュリティのあり方を考察する。

    The Journal of Information Science and Technology Association 62(8), 348-351, 2012

    J-STAGE  References (4)

  • Natural dyeing in Bhutan: dyeing with lac and madder  [in Japanese]

    都甲 由紀子 , 駒城 素子

    ラック、アカネにおる染色の方法と、これらの天然染料から抽出された色素の羊毛・絹・綿に対する染色性を調べた。 … The procedure of natural dyeing with lac nad madder is investigated in Bhutan. …

    The Research bulletin of the Faculty of Education and Welfare Science,Oita University 33(1), 43-50, 2011-04

    IR 

  • Lac Dyeing Cotton Fibers by Pretreating with Tannic Acid and Aluminum Acetate  [in Japanese]

    TOGO Yukiko , KOMAKI Motoko

    Fiber 66(12), 291-298, 2010-12-10

    References (19)

  • The Liability of Information devices  [in Japanese]

    YAMAMOTO Masayuki

    情報端末のなかでも、Apple 社の iPhone をはじめとするスマートフォンが広く普及している。そのような中において、スマートフォにおいて利用できるアプリケーションの多様性や豊富さを基準に機種を選定する利用者が多いと考えられる。そこで本稿では、それらのアプリケーションの公表・配布方法に注目し、公表・配布方法が表現の自由との関係で問題がないか、また、法が規制する行為をもってアプリケーションを公表 …

    情報処理学会研究報告. EIP, [電子化知的財産・社会基盤] 49, D1-D7, 2010-09-10

  • Visualizing Gumblar infected machines by Analysis of Network Traffic  [in Japanese]

    KANEKO Hirokazu , MATSUKI Takahiro , ARAI Yuu

    近年、サイバー攻撃はますます高度化しており、様々な手法を用いて情報を盗み出している。最近ではFTPアカウントを窃取するGumblarと呼ばれるマルウェアの被害が拡大しており、インターネットの大きな脅威となっている。本研究では、Gumblarで窃取した情報を利用している攻撃者がどの程度拡散しているか調査を行った。FTPの通信トラフィックを分析し、Google Earthを用いて地理的な可視化を行い、 …

    IEICE technical report 110(79), 1-6, 2010-06-10

    References (3)

  • Visualizing Gumblar infected machines by Analysis of Network Traffic  [in Japanese]

    KANEKO Hirokazu , MATSUKI Takahiro , ARAI Yuu

    近年、サイバー攻撃はますます高度化しており、様々な手法を用いて情報を盗み出している。最近ではFTPアカウントを窃取するGumblarと呼ばれるマルウェアの被害が拡大しており、インターネットの大きな脅威となっている。本研究では、Gumblarで窃取した情報を利用している攻撃者がどの程度拡散しているか調査を行った。FTPの通信トラフィックを分析し、Google Earthを用いて地理的な可視化を行い、 …

    IEICE technical report 110(78), 1-6, 2010-06-10

    References (3) Cited by (2)

  • バイオマットと腐食 : 微生物腐食の実態と実験結果  [in Japanese]

    SHIMOJIMA Yasuhiro , HASEGAWA Kazuyuki , TAZAKI Kazue

    Rust prevention & control 54(6), 228-241, 2010-06-01

    References (26)

  • Modifying effects of lac color and cochineal extract on the development of thyroid capsular carcinomas induced by promotion with sulfadimethoxine in a rat two-stage carcinogenesis model  [in Japanese]

    KEMMOCHI Sayaka , KAWAI Masaomi , SAEGUSA Yukie , SHIMAMOTO Keisuke , HASUMI Keiji , MITSUMORI Kunitoshi , SHIBUTANI Makoto

    … 【方法】6週齢の雄性F344ラットにDHPNのイニシエーション処置をし,その1週後から1500 ppm SDMを13週間飲水投与し,同時に5%ラック色素(ラッカイン酸76.6%)ないし3%コチニール色素(カルミン酸35.6%)を混餌投与した。 … 【結果】体重は,ラック色素及びコチニール色素併用群ともにSDM単独群と差はなかった。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 37(0), 307-307, 2010

    J-STAGE 

  • Lac Dyeing Cotton Fibers by Pretreating with Tannic Acid and Aluminum Acetate  [in Japanese]

    Togo Yukiko , Komaki Motoko

    Lac color is one of the natural dyestuffs with an anthraquinone structure and is conveniently adsorbed to protein fibers, especially wool. … Although the adsorption of lac dye to cellulose fibers is extremely low, dyeing is possible by using a mordant containing metallic ion. … The adsorption of tannic acid to cotton fibers and the relationships between tannic acid and aluminum, and aluminum and lac dye in a solution were examined to clarify this effect. …

    Sen'i Gakkaishi 66(12), 291-298, 2010

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top