Search Results 1-20 of 488

  • COMPUTATIONAL FLUID DYNAMICS SIMULATION AND STABILITY ANALYSIS OF VEHICLE ON BRIDGE UNDER STRONG WINDS  [in Japanese]

    KIM Haeyoung , FUJINO Yozo , KATSUCHI Hiroshi , SIRINGORINGO Dionysius Manly , YAMADA Hitoshi , OHKOSHI Shuji

    … )車両周りの流れ場は,橋桁の端部から剥離するせん断流の影響を強く受け,車両の車線位置により流れ場が大きく変わり,そのため車両に作用する空気力特性も大きく異なる.次に,2)5質点7自由度の車両モデルに,得られた空気力を作用させ,横転,横滑り,ヨーイングの不安定モードの発生限界風速を求め,3)3つのうち,ヨーイングが支配的な不安定モードであり,限界風速は風上側車線に位置するときが最も …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)) 77(1), 107-120, 2021

    J-STAGE 

  • Requirements on Visual Design to Improving Documentation for Patients.  [in Japanese]

    IWADO Momoka , MATSUMOTO Masatomi , AOKI Michisuke

    … 質や量を保持しつつ,効率よい情報伝達の指針「ミニマム・エッセンシャルズ(可視性・注視性・記憶性・的確性・造形性・時代性)」に即したデザイン操作を行った文書(デザインモデル)を作成した.両モデルに対する印象評価の比較では,デザインモデルの満足度は高く,明るさ・暖かさ・にぎやかさなど精神を高揚させる印象尺度の評価に効果が認められた.また,新たに文書の印象を構成する「楽観性・親近 …

    Bulletin of Japanese Society for the Science of Design 67(3), 3_57-3_64, 2021

    J-STAGE 

  • Meandering airflows beneath the underbody of a train model including bogie (LES of large-scale flow structure around real-shaped train model)  [in Japanese]

    NAKADE Koji , IDO Atsushi , KAJISHIMA Takeo

    <p>In this study, a large-eddy simulation (LES) is conducted to investigate meandering airflows generated throughout the underbody of a real-shaped train model in open air. In our previous stud …

    Transactions of the JSME (in Japanese), 2021

    J-STAGE 

  • Mechanism of aerodynamic force generation concerning train vibration in tunnel (LES of large-scale flow structure around simplified train model)  [in Japanese]

    NAKADE Koji , SAKUMA Yutaka , KAJISHIMA Takeo

    <p>To clarify the mechanisms underlying airflow-induced vibrations of high-speed trains running through tunnels, large-eddy simulation of a large-scale flow structure around a simplified 6-car t …

    Transactions of the JSME (in Japanese) 87(893), 20-00366-20-00366, 2021

    J-STAGE 

  • A Note on Disclosing Information and the Impacts on Real Efficiency via the "Feedback Effects"  [in Japanese]

    高尾 裕二

    … 経済社会における会計シグナルと価格シグナルの働きを対比し比較するというわれわれなりの問題意識からは、これら2つのシグナルの関係性をより直接的に取り扱い、それぞれのシグナルの特徴ないし属性を把握するという観点から、可能な限り両モデルの長所をバランスよく維持し組み合わせた包括型/ 統合型の情報分析モデルが望まれる。 …

    経営情報研究 : 摂南大学経営学部論集 27(1・2), 79-118, 2020-02

    IR 

  • 鉄,亜鉛およびポルフィリンの推移からみた食肉中の亜鉛プロトポルフィリンIX形成機構  [in Japanese]

    王 鴻誠 , 大屋 桃 , 早川 徹 , 玖村 朗人 , 若松 純一

    … ィリンIX(ZnPP)形成機構を解明するために,異なる筋肉を用いたZnPP形成モデルを用いて,ZnPPの基質である各種ポルフィリンならびに金属イオンの推移から,報告されている形成経路との関係性を調べた.両モデルともに,ZnPPの結合亜鉛量は総亜鉛に対して極めて低く,低濃度の亜鉛キレート剤ではZnPP形成の影響がなかったため,亜鉛源は豚肉中に十分量あることが示された.最長筋を用いたモデルにおける総ポルフ …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 91(4), 389-394, 2020

    J-STAGE 

  • Analysis automation of fine roots in soil profile images using deep learning  [in Japanese]

    Yabuki Arata , Dannoura Masako , Nakahata Ryo

    … 訓練済みの両モデル及び出力修正アルゴリズムと重要なパラメータの計算アルゴリズムを連結し、その出力を分析支援ソフトウェアを用いた手作業による分析結果と比較した。 …

    The Japanese Forest Society Congress 131(0), 344, 2020

    J-STAGE 

  • A Clarification of Relationship Steering Force and Yaw Characteristics to Line Traceability in Small Steering Angle  [in Japanese]

    Tao Mitsunori , Tsushima Masashi , Machida Naoya , Taira Yuma , Mitamura Ayumi , Seah Reuben , Nagasao Ken

    … 一定速直進走行中に同一車線内で自車の左右位置を微調整するようなシーンを想定し,微小操舵角領域のライントレース性に対する操舵力とヨー特性の定量的な関係を解明した.該当領域のドライバ特性の把握,その特性を織り込んだドライバ‐車両モデルの定義と定量的な分析,ドライビングシミュレータを用いた検証結果を示す. …

    Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan 51(3), 428-433, 2020

    J-STAGE 

  • A Method for Reducing Waiting Time from non-Prioritized Road to Prioritized Road in the Transient Stage of Autonomous Vehicles  [in Japanese]

    古川 義人 , 清原 良三

    … 間の感覚と,自動運転車両の感覚とのギャップにより,想定外のブレーキ操作などがおき,交通流が逆に悪化する場合も想定できる.本論文では,交通シミュレータ上に,自動運転車両と手動運転車両の車両モデルを実装し,自動運転らしい行動のおきやすい無信号の交差点を対象とし,普及の度合いに応じた交通流への影響を調べた結果,若干悪化する可能性があることが分かった.そこで路車間通信機能を利用した …

    情報処理学会論文誌 60(10), 1809-1817, 2019-10-15

    IPSJ 

  • Resolution of Event Collision and Determination of a Priority Event for Transforming from CCM into HCM in State Transion Model  [in Japanese]

    田倉 昭 , 太田 理

    … ム制御では状態遷移図が使われている.状態遷移図にはセントラルコールモデル(CCMと略す)とハーフコールモデル(HCMと略す)の2つの代表的なモデルがある.2つのモデルはそれぞれに一長一短があり,両モデルの自動相互変換ができれば,お互いの長所を活かせて便利である.HCMからCCMへの変換手法はすでに提案されている.HCMではイベントの発生を全ての端末に通知し,イベント発生端末の周囲の状態がCCMで規定 …

    十文字学園女子大学紀要 = Bulletin of Jumonji University (49), 37-48, 2019-02-28

    IR 

  • Impact of Flexible Production Processes on the Advancement of Component Standardization : Case Study of the Relationship between Flexible Body Assembly Manufacturing Processes and Communization of Body Parts at Toyota  [in Japanese]

    宇山 通

    両モデルは車体に異なる外観を与えられながら、同一のアンダーボディで形成されたトヨタ最初のモデルである。 …

    経営研究 = The business review 69(3・4), 53-77, 2019-02

    IR  DOI 

  • WATER LEVEL PREDICTION AT DRAINNAGE PUMP STATIONS IN LOW LANDS USING LSTM MODEL  [in Japanese]

    KIMURA Nobuaki , NAKATA Toru , KIRI Hirohide , SEKIJIMA Kenji , AZECHI Issaku , YOSHINAGA Ikuo , BABA Daichi

    … めに,LSTMモデルは,比較的シンプルな排水管理を行う流域とより複雑な排水管理を行うに流域に導入された.前者の流域では,機械学習のための観測データが不足していたために,模擬データを作成し,両モデルの排水機場遊水池の水位予測の結果を平均平方二乗誤差(RMSE)で評価した.LSTMモデルの水位の2時間後までの予測結果について,模擬データとのRMSEは,従来型ANNモデルより10%以上の改善が見られた.一方 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 75(2), I_139-I_144, 2019

    J-STAGE 

  • FATALITY ESTIMATION BY "FLORIS MODEL" FOR THE LARGE-SCALE FLOODS UNDER FUTURE CLIMATE  [in Japanese]

    TOMURA Sho , KOBAYASHI Ayaka , HOSHINO Tsuyoshi , YAMADA Tomohito , NAKATSUGAWA Makoto , MASUYA Shigekazu , UEMURA Fumihiko , YOSHIDA Takatoshi , OOMURA Noriaki , CHIBA Manabu , YAMAMOTO Taro , OKABE Hirokazu , SASAKI Hirofumi

    … 本研究では,十勝川流域を対象として大量アンサンブル気候予測データベース(d4PDF)から得られた現在気候下および将来気候下における降雨量を基に流出計算および氾濫計算を行い,帯広市街地を対象にLIFESimモデルおよびFlorisモデルを用いて水害時の死者数を推定し,両モデルで推定される死者数の違いを明らかにした.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 75(2), I_1357-I_1362, 2019

    J-STAGE 

  • ON THE EFFECT OF HYDRODYNAMIC MODEL ON THE DYNAMIC RESPONSE OF A SEMI-SUBMERSIBLE FLOATING OFFSHORE WIND TURBINE  [in Japanese]

    OH Sho

    … 体の解析を行い得られた動的応答について両モデルの比較を行った.モリソン式,ポテンシャル論で計算した浮体動揺の波強制力によって励起された変動成分は,実験値とよく一致した.浮体動揺の固有周波数に相当する変動成分については surge および pitch 方向でモリソン式の方がポテンシャル論より大きな結果を示したが,pitch 方向においては両モデルとも実験値に対して過小評価となった.タ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 75(2), I_539-I_549, 2019

    J-STAGE 

  • Age-Period-Cohort (APC) Model as the Mixed Effects Model::Comparison of the Hierarchical APC model and the Bayesian APC model  [in Japanese]

    SAKAGUCHI Naofumi , NAKAMURA Takashi

    … ある.両者とも変量効果の導入で識別不足を解消する点は共通だが,コウホート分析における識別問題へのアプローチは異なる.実証例として,コウホート効果が大きいと考えられる男性大学卒割合を用いて,両モデルの推定結果の違いを示す.HAPCモデルの推定はコウホート効果がフラットであるのに対し,BAPCモデルはコウホート効果が大きく,新しい世代ほど大学卒割合が高くなるという特徴を捉えていた.</p> …

    Sociological Theory and Methods 34(1), 3-17, 2019

    J-STAGE 

  • Seasonal prediction of precipitation in Thailand by Genetic programming  [in Japanese]

    Hasegawa Kiyoharu , Kanae Shinjiro

    … 一方で、モデル学習が不十分な部分では、両モデルで渇水・豪雨年を平年値と予測してしまう傾向がみられた。 …

    Proceeding of Annual Conference 32(0), 132, 2019

    J-STAGE 

  • Triple Hybrid Brake System (Second Report):-Brake Simulation Based on Single-Wheel Vehicle Model-  [in Japanese]

    Goto Yoshitsugu

    … トリプルハイブリッド制動システムは,3種類の制動要素で構成されるため,制動力分配と協調制御のシステム構築が重要となる.本報では,単輪車両モデルを対象に,ブレーキ特性として,時定数,ゲイン,むだ時間を設定し,制動減速時のトルク分配アルゴリズムを創案してシミュレーションによる動作検証を行った. …

    Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan 50(6), 1612-1617, 2019

    J-STAGE 

  • Rent and Price Estimation of Real Estate with Different Data:Comparison of Hedonic Model and Deep Neural Network Model  [in Japanese]

    Maeda Midori , Sekimoto Yoshihide , Seto Toshikazu

    … 推定においてはヘドニックとDeep Neural Networkがよく用いられているが,それらの推定精度の優劣はデータ量やその特性,モデルを構築する環境によって変わるとされている.システムを構築するにあたって両モデルの推定精度や利点,限界を明らかにするために,データ量・特性の異なる2種類の不動産データを用いて,ヘドニックとDeep Neural Networkで物件の賃料・不動産価格推定モデルを構築した.また,近接する地 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 54(3), 818-825, 2019

    J-STAGE 

  • Epigenetic study on sperm to development the early diagnosable biomarker for testicular toxicity  [in Japanese]

    SAKAI Kazuya , IDETA-OTSUKA Maky , SAITO Hirokatsu , HIRADATE Yuuki , HARA Kenshiro , IGARASHI Katsuhide , TANEMURA Kentaro

    … 【結果】作出した両モデルマウスの精巣において,de novoメチル化酵素として知られるDnmt3aならびにDnmt3bの低下が認められた。 … また,精子DNAメチル化については両モデルマウスにおいて投与用量依存的に,ゲノムワイドにDNAメチル化が低下することを見出した。 …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 112(0), AW1-4-AW1-4, 2019

    J-STAGE 

  • DEVELOPMENT OF WATER QUALITY ESTIMATION MODEL BY INTEGRATING DEEP LEARNING WITH NON-LINEAR TIME SERIES ANALYSIS  [in Japanese]

    ISHIZAKI Masahiro , NAKATANI Yusuke , NISHIDA Shuzo

    … 接続した構造を有している.感潮河川の電気伝導度および閉鎖性内湾奥部の底層溶存酸素濃度といった変動特性の異なる2つの水質項目を対象に,外因DNNと自己回帰駆動DNNによる推定を行った.その結果,両モデルはいずれの水質項目に対しても高い推定精度を示したが,外部因子の影響に加えて生物化学過程を含むシステム内部の状態変数が強く影響する水質現象に対して,自己回帰駆動DNNは特に高い有用性を発揮し …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 75(1), 81-99, 2019

    J-STAGE 

Page Top