検索結果 726件中 1-20 を表示

  • LSIの配線問題 -DAシンポジウムの配線問題解法コンテスト-:2.機械学習とFPGAを用いた配線問題解法への取り組み

    川村 一志 , 長谷川 健人 , 多和田 雅師 , 戸川 望

    … 元配線問題に対しては,各端子を結ぶ配線が通過するビアを機械学習によりあらかじめ予測し,解空間を限定する.与えられた配線問題の解空間を限定することでその後のルーティングを効率よく実行可能である.さらに,本稿の後半では,筆者らが構築したFPGAを用いた配線問題解法システムを紹介する.配線手法を8台のFPGAに実装し,並列実行させた結果,CPU上での実行と比較して最大82倍の高速化が達成されている …

    情報処理 59(3), 228-231, 2018-02-15

    情報処理学会

  • 分散集合ライブラリを用いた人工市場シミュレーションにおける通信と計算のオーバラップ実現

    藤島 大輔 , 鎌田 十三郎 , 長門 広洋 , 高木 由美 , 太田 能

    … よび通信処理とトレーダの計算を並行して行えるよう,長期/短期トレーダを導入しその通信と計算のオーバラップを実現している.本発表では,我々のグループが提供している分散集合ライブラリをPlhamの並列実行系の実装に適用し,あわせてライブラリの機能拡張を行うことにより記述性改善を図った.分散集合ライブラリは,分散集合データ構造の要素であるオブジェクトの分散配置状況を管理し,要素の再配置機 …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 11(1), 32-32, 2018-02-08

    情報処理学会

  • HOPEコンパイラのプロトタイプ実装

    重本 孝太 , 八杉 昌宏 , 平石 拓 , 馬谷 誠二

    … 高生産性,スケーラビリティ,負荷分散,耐障害性は大規模な並列計算を行ううえで重要な課題である.我々が提唱中の階層的計算省略に基づく並列実行モデルHOPEは,これらの課題に取り組むものである.HOPE言語は,HOPEディレクティブを利用可能な拡張C言語である.HOPE言語の処理系は現在開発中であり,本研究ではHOPEコンパイラの実装を行う.HOPEコンパイラは,拡張SC言語として設計したHOPE言語を,入れ子関数(L- …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 11(1), 31-31, 2018-02-08

    情報処理学会

  • クラウド型自動運転を指向した並列ストリーム型ダイナミックマップ

    鈴木 有也 , 佐々木 健吾 , 佐藤 健哉 , 高田 広章

    … 様々なデータを管理しITSアプリケーションに提供するダイナミックマップ(DM)があげられる.クラウド型自動運転においては,扱う車両台数が増加したときの低遅延維持がDMに求められる.本研究では,並列実行により車両台数増加時に低遅延を維持可能な並列ストリーム型DMを提案する.N台の車両の位置と速度を把握し衝突危険時にブレーキを制御するITSアプリケーション(N=1,000)を構築して評価したところ,1コ …

    情報処理学会論文誌 59(1), 88-101, 2018-01-15

    情報処理学会

  • パス解析を用いた並列実行時メモリ読み書き順序の変化検出 (コンピュータシステム) -- (組込み技術とネットワークに関するワークショップETNET2017)

    杉山 由芳 , 枝廣 正人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(510), 213-218, 2017-03-09

  • IoT複合イベント処理におけるアクションの並列実行 (人工知能と知識処理)

    大谷 雅之 , 石田 亨 , 中口 孝雄 , 村上 陽平

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(474), 25-30, 2017-02-27

  • ビル設備機器の状態監視における仮想化技術の適用可能性の検討

    金子 雄 , 伊藤 俊夫 , 原 隆浩

    … Machine)を利用することで,遠隔BMSに必要な物理マシン数を減らせるが,仮想化によるオーバヘッドや複数VMの並列実行によりクローラの性能が低下する.遠隔BMSは99.999%という高い稼働率が要求されるため,仮想化がクローラの性能に与える影響を把握しておくことが重要である.本論文では,クローラをVM上で実行した場合の性能を評価する.この評価により,ミリ秒オーダでCPU使用率を計測する必要性や,VM間 …

    情報処理学会論文誌 58(2), 461-470, 2017-02-15

    情報処理学会

  • AND合流ゲートウェイと連結するアクティビティの平均潜在待ち時間とサービス時間の推定法とその検証

    野ヶ山 尊秀 , 高橋 治久

    … ティビティの待ち時間とサービス時間は計算できない.このようなログから統計的に平均潜在待ち時間とサービス時間を推定する方法が知られているが,AND合流ゲートウェイが含まれる場合には仮定にない並列実行の同期待ち時間が含まれるため適用できない.本論文では,指数分布を仮定してAND合流ゲートウェイの確率モデルを構築し,平均待ち時間とサービス時間をEMアルゴリズムを用いて統計的に推定する方法を …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 9(2), 20-32, 2016-08-10

    情報処理学会

  • グラフ問題を効率的に解くためのハードウェアトランザクショナルメモリの利用

    小林 哲 , 佐藤 重幸 , 岩崎 英哉

    … 近年,ハードウェアトランザクショナルメモリ(HTM)を搭載したCPUが市場にリリースされてきている.HTMのような投機的並列実行は,グラフアルゴリズムの並列処理に有効であることが知られている.そのため,HTMをグラフ問題の並列処理に利用することは有用と考えられる.しかし,現実的なグラフ問題の並列処理におけるトランザクションは,グラフの探索と更新をアトミックに行う必要があるため長くなりやすい …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 8(1), 16-16, 2015-06-02

    情報処理学会

  • モデル予測制御における非線形漸化式実行の並列化 (コンピュータシステム)

    山田 竜正 , 枝廣 正人

    … れ,漸化式となる.この漸化式が非線形の場合,漸化式計算は行列計算として表すことができず,計算負荷が大きい上,並列化が難しい.そこで本研究では,この時間かかる非線形漸化式や,それを含む制御の計算の並列実行を検討する.まず漸化式の計算をSimulinkモデルにより記述し,その構造を元にタスク(関数)に分割されたCコードと,そのタスクグラフを生成する.このタスクグラフに対し,CP/MISF法を使用してスケジューリングを …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(506), 275-280, 2015-03-06

  • 自動並列化・低消費電力化された複数アプリケーションに対するマルチコア用ダイナミックスケジューリング手法 (コンピュータシステム)

    後藤 隆志 , 武藤 康平 , 平野 智大 [他] , 見神 広紀 , 高橋 宇一郎 , 井上 栄 , 木村 啓二 , 笠原 博徳

    … リケーション毎に設定されたデッドラインを守りつつ電力削減を達成するダイナミックスケジューリング方式について提案する.本スケジューリング手法では,コンパイル時に指定した各アプリケーションの並列実行時の利用コア数に応じた実行時間や消費電力,及びデッドラインを用いて,3種類の方式に基づくスケジューリングを行う.ARM4コアの端末上で動画コーデックアプリケーションを対象に評価を行い,FIFO方式と比 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(506), 95-100, 2015-03-06

  • モデル予測制御における非線形漸化式実行の並列化 (ディペンダブルコンピューティング)

    山田 竜正 , 枝廣 正人

    … れ,漸化式となる.この漸化式が非線形の場合,漸化式計算は行列計算として表すことができず,計算負荷が大きい上,並列化が難しい.そこで本研究では,この時間かかる非線形漸化式や,それを含む制御の計算の並列実行を検討する.まず漸化式の計算をSimulinkモデルにより記述し,その構造を元にタスク(関数)に分割されたCコードと,そのタスクグラフを生成する.このタスクグラフに対し,CP/MISF法を使用してスケジューリングを …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(507), 275-280, 2015-03-06

  • 自動並列化・低消費電力化された複数アプリケーションに対するマルチコア用ダイナミックスケジューリング手法 (ディペンダブルコンピューティング)

    後藤 隆志 , 武藤 康平 , 平野 智大 [他] , 見神 広紀 , 高橋 宇一郎 , 井上 栄 , 木村 啓二 , 笠原 博徳

    … リケーション毎に設定されたデッドラインを守りつつ電力削減を達成するダイナミックスケジューリング方式について提案する.本スケジューリング手法では,コンパイル時に指定した各アプリケーションの並列実行時の利用コア数に応じた実行時間や消費電力,及びデッドラインを用いて,3種類の方式に基づくスケジューリングを行う.ARM4コアの端末上で動画コーデックアプリケーションを対象に評価を行い,FIFO方式と比 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(507), 95-100, 2015-03-06

  • モデル予測制御における非線形漸化式実行の並列化

    山田 竜正 , 枝廣 正人

    … となる.この漸化式が非線形の場合,漸化式計算は行列計算として表すことができず,計算負荷が大きい上,並列化が難しい.そこで本研究では,この時間かかる非線形漸化式や,それを含む制御の計算の並列実行を検討する.まず漸化式の計算を Simulink モデルにより記述し,その構造を元にタスク (関数) に分割された C コードと,そのタスクグラフを生成する.このタスクグラフに対し,CP/MISF 法を使用してスケジ …

    研究報告組込みシステム(EMB) 2015-EMB-36(37), 1-6, 2015-02-27

    情報処理学会

  • 自動並列化・低消費電力化された複数アプリケーションに対するマルチコア用ダイナミックスケジューリング手法

    後藤 隆志 , 武藤 康平 , 平野 智大 , 見神 広紀 , 高橋 宇一郎 , 井上 栄 , 木村 啓二 , 笠原 博徳

    … ケーション毎に設定されたデッドラインを守りつつ電力削減を達成するダイナミックスケジューリング方式について提案する.本スケジューリング手法では,コンパイル時に指定した各アプリケーションの並列実行時の利用コア数に応じた実行時間や消費電力,及びデッドラインを用いて,3種類の方式に基づくスケジューリングを行う.ARM 4 コアの端末上で動画コーデックアプリケーションを対象に評価を行い,FIFO …

    研究報告組込みシステム(EMB) 2015-EMB-36(34), 1-6, 2015-02-27

    情報処理学会

  • モデル予測制御における非線形漸化式実行の並列化

    山田 竜正 , 枝廣 正人

    … となる.この漸化式が非線形の場合,漸化式計算は行列計算として表すことができず,計算負荷が大きい上,並列化が難しい.そこで本研究では,この時間かかる非線形漸化式や,それを含む制御の計算の並列実行を検討する.まず漸化式の計算を Simulink モデルにより記述し,その構造を元にタスク (関数) に分割された C コードと,そのタスクグラフを生成する.このタスクグラフに対し,CP/MISF 法を使用してスケジ …

    研究報告システムとLSIの設計技術(SLDM) 2015-SLDM-170(37), 1-6, 2015-02-27

    情報処理学会

  • 自動並列化・低消費電力化された複数アプリケーションに対するマルチコア用ダイナミックスケジューリング手法

    後藤 隆志 , 武藤 康平 , 平野 智大 , 見神 広紀 , 高橋 宇一郎 , 井上 栄 , 木村 啓二 , 笠原 博徳

    … ケーション毎に設定されたデッドラインを守りつつ電力削減を達成するダイナミックスケジューリング方式について提案する.本スケジューリング手法では,コンパイル時に指定した各アプリケーションの並列実行時の利用コア数に応じた実行時間や消費電力,及びデッドラインを用いて,3種類の方式に基づくスケジューリングを行う.ARM 4 コアの端末上で動画コーデックアプリケーションを対象に評価を行い,FIFO …

    研究報告システムとLSIの設計技術(SLDM) 2015-SLDM-170(34), 1-6, 2015-02-27

    情報処理学会

  • 動的負荷分散による階層型行列計算の並列化

    棟形 克己 , 平石 拓 , 伊田 明弘 , 岩下 武史 , 中島 浩

    … ,この方式でプロセス間においても良好な負荷均衡が得られる.表面電荷法による係数行列生成およびその行列に対する行列ベクトル積を例題として性能評価を行った結果,32 プロセス×8 スレッドによる並列実行では,従来の負荷見積もりに基づく静的割当手法に対して,H行列生成では 3.4 倍,H 行列ベクトル積では 2.5 倍の性能が得られた.Hierarchical matrix (H-matrix) is an approximated form to represent N × N correlations of N …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2015-HPC-148(5), 1-15, 2015-02-23

    情報処理学会

  • 動的な並列実行機構を用いたSpMV実装の性能評価

    大島 聡史 , 片桐 孝洋 , 櫻井 隆雄 , 中島 研吾 , 黒田 久泰 , 直野 健 , 猪貝 光祥

    … 研究が進められている.我々が本稿において着目するのは,非ゼロ要素の配置に偏りがある疎行列に対して,動的な並列実行機構を活用して高速化を行うことである.現在の OpenMP や CUDA には負荷バランスの悪い並列計算問題に対して性能改善を行える可能性のある動的な並列実行機構が備わっている.そこで,これらの機構を活用することで疎行列ベクトル積の性能を向上させることを目的とし …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2015-HPC-148(3), 1-12, 2015-02-23

    情報処理学会

ページトップへ