Search Results 1-20 of 31

  • 1 / 2
  • Evaluation of target characteristics in the accelerator-driven system  [in Japanese]

    SUKAWA Kiichi , PYEON Cheol Ho , YAGI Takahiro , MISAWA Tsuyoshi

    … 加速器駆動システムの実験においてターゲットの種類(重金属および軽金属)および設置位置の組み合わせから中性子スペクトルと中性子発生量を変化させて、炉心の中性子特性の評価を、中性子増倍を用いて行った。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2013s(0), 193, 2013

    J-STAGE 

  • Activation Measurement and Calculation for Decommissioning Planning of PET cyclotron:(3) Comparison of Measurement and Calculation for Neutron Yield around the target  [in Japanese]

    Nobuhara Fumiyoshi , Hamajima Sachiko , Saito Toshihiko , Miyazawa Shigeru , Ishiwata Kiichi , Oda Keiichi

    … ターゲット廻りとデフレクター廻りの中性子発生量の比を基に、MCNP5コードを用いて室内中性子束分布の再評価を行い、室内のネジ等測定結果と比較し、中性子束分布及び放射化評価の妥当性を確認する。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2012s(0), 645-645, 2012

    J-STAGE 

  • Detailed Analysis of in-situ Calibration of the Microfission Chamber for ITER Neutron Flux Monitors  [in Japanese]

    Ishikawa Masao , Kondoh Takashi , Kusama Yoshinori

    … ITER においては、プラズマからの中性子発生量を中性子モニタを用いて10%の精度で計測する必要があり、これを実現するために、中性子モニタのその場較正試験を効率的に精度良く行う必要がある。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2012s(0), 661-661, 2012

    J-STAGE 

  • Gamma-ray measurement in high energy neutron field  [in Japanese]

    KAMADA So , TAKADA Masashi

    中性子・ガンマ線混在場において,ガンマ線計測に用いられている有機液体シンチレータよりもエネルギー決定精度が優れているNaI(Tl)シンチレータを用いて,ガンマ線エネルギースペクトル測定を行った.中性子とガンマ線の弁別には飛行時間の差を利用した.

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011s(0), 59-59, 2011

    J-STAGE 

  • Management of the Superconducting Tokamak Fusion Device by Neutron Yield  [in Japanese]

    Sukegawa Atsuhiko M.

    … 設計検討中の超伝導トカマク装置(JT-60SA)の中性子発生量は、高性能プラズマ生成に伴い臨界プラズマ試験装置(JT-60U)の年間発生量で約50倍増加を想定している。 … 遮へい設計は、最大中性子発生量に対し実施しており、プラズマを閉じ込める真空容器の基本構造はステンレス鋼による2重壁構造で、2重壁間にはボロン水を充填する構造としていた。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011s(0), 62-62, 2011

    J-STAGE 

  • Estimation of Radiation Environment in Building for Tokamak Fusion Devices  [in Japanese]

    Sukegawa Atsuhiko M. , Kawasaki Hiromitsu , Okuno Koichi

    … 設計検討中の超伝導トカマク装置(JT-60SA)の中性子発生量は、高性能プラズマ生成に伴い臨界プラズマ試験装置(JT-60U)の年間発生量で約50倍増加を想定している。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011f(0), 74-74, 2011

    J-STAGE 

  • Sensitivity Control of nuclear emulsion to low LET radiation by AgBr Grain size  [in Japanese]

    ISHIHARA KOHEI , IGUCHI TETSUO , TAKAGI KEISUKE , KAWARABAYASHI JUN , TOMITA HIDEKI , NAKA TATSUHIRO , ASADA TAKASHI , MORISHIMA KUNIHIRO , NAKAMURA MITSUHIRO , MAEDA SHIGETAKA

    … 原子炉燃料の取扱・貯蔵設備では、使用済み核燃料の燃焼履歴に基づく中性子発生量・輸送の計算に基づき管理されているが、中性子の直接測定が可能となれば、より安全かつ効率的な燃料の取り扱いが期待できる。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2011f(0), 77-77, 2011

    J-STAGE 

  • 25aGY-6 Development of fast-decay and low-afterglow scintillation neutron yield detector for FIRE-X  [in Japanese]

    Nagai T. , Fujioka S. , Murata I. , Sarukura N. , 中井 光男 , Norimatsu T. , Azechi H. , Minami Y. , Watanabe K. , Yamanoi K. , Arikawa Y. , Hosoda H. , Nakamura H. , Watari T. , Shimizu T.

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 66.1.2(0), 235, 2011

    J-STAGE 

  • Application of PHITS Code for Shielding Design of Tokamak Device  [in Japanese]

    Okuno Koichi , Sukegawa Atsuhiko M

    … 既存設備を最大限再利用する定常炉心試験装置(JT-60SA)装置は、装置運用の合理化のため、中性子発生量を徐々に増加していき、最終的には臨界プラズマ試験装置(JT-60U)の約30倍増加する予定である。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2010f(0), 98-98, 2010

    J-STAGE 

  • Radiation Duty Assignments for disassembly on JT-60 Tokamak Device:(1) Estimation of Induced Activities on JT-60 Device  [in Japanese]

    Sukegawa Atsuhiko M. , Oikawa Akira , Sasajima Tadayuki , Miya Naoyuki

    … JT-60の総中性子発生量は18年間で1.52x10<SUP>20</SUP>個である。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2009f(0), 824-824, 2009

    J-STAGE 

  • Systematic measurements of neutron spectra from a thick target (Be, C, N, O, Al, Cu, Ta) induced by 18 MeV protons  [in Japanese]

    Hagiwara Masayuki , Sanami Toshiya , Matsuda Norihiro , Nakane Yoshihiro , Iwamoto Yosuke , Nakashima Hiroshi , Sakamoto Yukio , Masumoto Kazuyoshi

    … 施設の放射線安全設計や施設廃止措置後のクリアランス評価にはターゲットやビームダンプ等における加速器構造材からの中性子発生量や放射化量を適切に評価する必要がある。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2009f(0), 44-44, 2009

    J-STAGE 

  • Measurement of Neutron Energy Spectra from O-18 water target producing FDG in Positron emission tomography  [in Japanese]

    Hagiwara Masayuki , Sanamni Toshiya , Iwamoto Yosuke , Matsuda Norihiro , Nakane Yoshihiro , Nakashima Hiroshi , Sakamoto Yukio , Masumoto Kazuyoshi

    … 一方で、この反応は中性子も発生するため、施設の放射線安全設計やクリアランス評価にはターゲットからの中性子発生量や中性子による放射化量を適切に評価する必要がある。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2009s(0), 80-80, 2009

    J-STAGE 

  • Optimization of neutron yield reduction in advanced fuel fusion reactor  [in Japanese]

    YAMAMOTO Hiroaki , YAMAZAKI Kozo , ARIMOTO Hideki , SHOJI Tatsuo

    … 核融合炉のパワーバランス方程式と燃料粒子D,T,3Heの粒子バランス方程式を用いて,炉内に供給する燃料粒子の密度比を変化させたときの中性子発生量を解析し,クリーンな核融合炉の可能性を評価した. …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2008s(0), 718-718, 2008

    J-STAGE 

  • Measuring Photoneutrons after Shutdown of Operating BWR Using Start-up Range Neutron Monitors  [in Japanese]

    Watanabe Masato , OKADA HIDETSUGU , YAMAMOTO Akio , YAMANE Yoshihiro , HARA NOBUHIRO

    燃料交換時における起動領域中性子モニタ(SRNM)の指示値の予測精度向上を目的に,BWR原子炉停止後に燃料中に存在する核分裂生成物であるBa140-La140の過渡平衡から発生する高エネルギーガンマ線が軽水中のごく僅に存在する重水素と反応して生成する光中性子の生成量を測定した。測定方法について,光中性子の生成量は,燃料中に存在するCm同位体等からの中性子生成量に対する比で測定し,Cm同位体の中性子 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2008f(0), 200-200, 2008

    J-STAGE 

  • Radiation Shielding Design Study of Cryostat on Superconducting Tokamak Device  [in Japanese]

    SUKEGAWA Atsuhiko M. , SAKASAI Akira , MIYA Naoyuki

    … 真空断熱容器の遮へい構造は、想定している中性子発生量について装置周辺のメンテナンスのための線量低減と建屋内外の放射線環境を許容値未満となるよう設計している。 … これにより装置運転に伴う中性子発生量との放射線環境や装置保守性の関係に関する知見を得て、超伝導トカマク装置の真空断熱容器の放射線遮へい構造の変更への手がかりを得たので報告する。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2008f(0), 936-936, 2008

    J-STAGE 

  • Optimization of D, T and 3He fuel injection in advanced fuel fusion reactor  [in Japanese]

    YAMAMOTO Hiroaki , YAMAZAKI Kozo , OISHI Tetsutaro , ARIMOTO Hideki , SHOJI Tatsuo

    … 核融合炉へ注入するD, T, 3He燃料を時間的に変化させた計算シミュレーションを行い,炉内で支配的となる核融合反応の制御を通じた中性子発生量,燃料注入量,外部加熱入力量の最適化を検討した. …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2008f(0), 938-938, 2008

    J-STAGE 

  • Analyses of demagnetization due to radiation for the insertion devices of synchrotron radiation

    Asano Yoshihiro , bizen teruhiko , Marechal Xavier

    … 磁石はNd2Fe14Bを対象とし、エネルギー2_-_8GeVの電子を照射したときの光中性子発生量やエネルギー付与量等と実験結果とを比較した …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2006s(0), 52-52, 2006

    J-STAGE 

  • Estimation of the induced activity of the air in the torus hall on National Centralized Tokamak (2)

    Morioka Atsuhiko , Sato Satoshi , Nishitani Takeo , Sakurai Shinji , Matsukawa Makoto , Tamai Hiroshi , Kawasaki Hiromitsu

    … この装置の重水素放電時における放射線遮へい及び本体室内の空気の放射化量について、最大中性子発生量が想定される運転パラメータについて<sup>41</sup>Arと<sup>13</sup>Nの放射化量を3次元モンテカルロ計算コードにより評価した。 …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2005s(0), 654-654, 2005

    J-STAGE 

  • Improvement on in-situ calibration technique for ITER ex-vessl neutron yield monitoring system

    Asai Keisuke , Iguchi Tetsuo , Kawarabayashi Jun , Watanabe Kenichi , Nishitani Takeo , Walker Chris

    … ITERにおける中性子発生率の絶対測定精度について,現実的なその場較正実験手法の観点から詳細に評価した.その結果,DD/DT中性子源を併用することの重要性を指摘するとともに,各運転フェーズで見込まれる中性子発生量モニターの較正精度を明らかにした. …

    Proceedings of Annual / Fall Meetings of Atomic Energy Society of Japan 2005f(0), 617-617, 2005

    J-STAGE 

  • 01pA14P Efficiency improvement of in-situ calibration technique for neutron yield monitoring system in fusion reactor  [in Japanese]

    ASAI Keisuke , IGUCHI Tetsuo , WATANABE Kenichi , KAWARAMAYASHI Jun , NISHITANI Takeo , WALKER Chris

    プラズマ・核融合学会年会予稿集 (22), 172, 2005

    NDL Digital Collections 

  • 1 / 2
Page Top