Search Results 1-7 of 7

  • 訪問看護ステーションにおけるナースプラクティショナーにおける薬剤マネジメントとアウトカム  [in Japanese]

    樋口 秋緒

    … そこで、NP 介入前の2年間と介入後の2年間において、「はあと」で薬物療法の管理が必要 な65 歳以上の利用者を対象に、定期外受診 ( 予約日以外の受診 )と救急外来受 診、予定外入院の回数を比較したところ、介入後の定期外受診は、介入前に比 べ多くなりましたが、救急外来受診、予定外入院の回数は少なかったという統計 学的有意差を得ました。 …

    The Nursing Pharmacology Conference 2019.2(0), S1-3, 2019

    J-STAGE 

  • Multimorbidity in Primary Care: Current Situation and Research Gap  [in Japanese]

    Takahashi Ryota , Okada Tadao , Uematsu Haruhiro

    … 低さ,精神疾患合併との相関が示されている.また,死亡率上昇,QOL (quality of life)低下等の健康アウトカムへの負の影響が示唆され,受診回数増加,ポリファーマシー等の患者負担増加や,救急受診,予定外入院,医療費上昇等の医療資源利用への影響がわかってきている.一方で介入方法はエビデンスによる十分な裏付けがない.本総説は国内外の質の高い研究論文を中心にmultimorbidity研究の現状を俯瞰し,研究 …

    An Official Journal of the Japan Primary Care Association 42(4), 213-219, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Efficacy of Laparoscopic Rectus Sheath Block for Postoperative Pain After Laparoscopic Percutaneous Extraperitoneal Closure (LPEC) in Pediatric Outpatient Surgery  [in Japanese]

    Lee Kyeong Deok

    … (n=10)とした.Face Pain Sale(FPS:0-5点)を用いて帰室後0分,30分,60分,180分での疼痛を評価した.3群間でFPS合計点,術後鎮痛薬使用人数および予定外入院数を比較検討した.</p><p>【結果】FPS合計点,術後鎮痛薬使用人数および予定外入院数はそれぞれPotts群で1.53±4.39点,2/19例,1/19例,L-RSB群で2.68±4.69点,5/28例,2/28例,LAI群で9.43±7.90点,7/10例,4/10例であった.いずれの評価項目にお …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 53(6), 1161-1165, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Circumstances of Patients with Amyotrophic Lateral Sclerosis Transferred to Other Hospitals after Emergency Hospitalization and Challenges in Post-Discharge Support  [in Japanese]

    NAKAGAWA Hiroshi , USHIKUBO Mitsuko

    予定外入院した在宅ALS 患者が退院するまでの状況を明らかにし,退院支援課題を検討することを目的とした。 … 200X 年10月からの3 年間に1 神経内科病棟に予定外入院した患者のうち,死亡退院を除く,自宅退院患者4 名と転院患者8 名を対象にした診療録調査を行った。 … また予定外入院前から在宅療養支援体制が整備されていた。 …

    JOURNAL OF THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE 65(5), 969-975, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Ambulatory Anesthesia : Organization of a System to Provide Safe and High Quality Care Is Essential  [in Japanese]

    SHIRAKAMI Gotaro

    … 発生が極めて少ないこと,すなわち安全で質が高いことが必須である.日帰り麻酔では施設・要員の能力に応じた患者と手術を選ぶことが最も肝要である.さらに,帰宅前有害事象発生による帰宅遅延や予定外入院を防止すること,帰宅後有害事象発生による再来院・再入院の発生を抑制することが重要である.そのためには,術前評価,患者・介護者への術前教育を含む術前準備,術中・術後ケア,帰宅前教育,帰 …

    THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA 36(5), 567-575, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • <I>The effect of nicorandil and glibenclamide on ischemic heart diseases</I>  [in Japanese]

    Koretsune Yukihiro , Mizuno Hiroya , Sato Hiroshi , Hori Masatsugu

    … lONA試験では, ハイリスク安定狭心症患者においてニコランジルが冠動脈性心疾患死, 非致死性心筋梗塞, 胸痛による予定外入院の一次評価項目を有意に減少させることが報告された, この効果は硝酸薬の有無にかかわらず認められることから, K<SUP>+</SUP>チャネル開口作用を介した心筋保護効果であると考えられている.一方, サブ解析では, 糖尿病の有無はこの結果に影響しないが, 併用薬有無別の解析では経口糖 …

    Japanese Journal of Electrocardiology 26(1), 40-46, 2006

    J-STAGE 

  • Postoperative complication and unanticipated admission in ambulatory surgery  [in Japanese]

    TANAKA S , 並木 昭義

    Masui (Jpn J Anesthesiol) 52(9), 1006-1010, 2003-09

    Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top