Search Results 1-20 of 21091

  • 生死を巡る心理童話(第14回)喰い意地亢進症(2)思い出  [in Japanese]

    中川 晶

    看護技術 67(2), 201-206, 2021-02

  • A case of compressive optic neuropathy caused by dysthyroid ophthalmopathy leading to no light perception  [in Japanese]

    岩崎 留己 , 蕪 龍大 , 川下 晶 , 竹下 哲二

    眼科 63(1), 87-91, 2021-01

  • 内分泌代謝疾患 (特集 内科外来でみる急性腹症診療 : 見落とさないコツ) -- (見落としてはいけない消化器以外の疾患)  [in Japanese]

    田中 肇 , 河合 俊英

    診断と治療 = Diagnosis and treatment 109(1), 73-75, 2021-01

  • 生死を巡る心理童話(第13回)喰い意地亢進症(1)変態さんが通る  [in Japanese]

    中川 晶

    看護技術 67(1), 84-89, 2021-01

  • Mechanisms and management of edema  [in Japanese]

    Shimizu Masaki

    … が血管外の間質に生理的な代償能を超えて過剰に貯留した状態である.その原因は多岐にわたり,①毛細血管内の静水圧上昇に起因するもの,②毛細血管内の膠質浸透圧低下に起因するもの,③血管透過性の亢進に起因するもの,④リンパ系およびリンパ系が流入する静脈系の還流障害に起因するものが挙げられる.浮腫の診察に際しては,浮腫の性状と分布を知ることが重要であり,圧痕があるか,ないか,圧痕の回 …

    Japanese journal of pediatric nephrology, 2021

    J-STAGE 

  • Colonic motility and its regulatory mechanism  [in Japanese]

    SHIBATA Chikashi , MIURA Tomoya

    … <p>大腸運動の特徴として,排便時の特徴的な収縮,食事摂取直後から大腸運動が亢進する現象(胃結腸反射),口側へと伝播する逆行性収縮,がある.排便時に出現する収縮は伝播速度が速く,直腸に到達すると排便が認められる.また,胃結腸反射は外来性神経を介した反射と考えられている.従来の測定法では逆行性収縮の詳細を明らかにできなかったが,近年導入されたhigh-resolution manometryは逆行性収縮の詳 …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(2), 141-147, 2021

    J-STAGE 

  • Glioblastoma in a patient with tuberous sclerosis who required emergency surgery to relieve elevated intracranial pressure  [in Japanese]

    Miura Hiromitsu , Eguchi Mariko , Motoki Takahiro , Aibara Kaori , Jogamoto Toshihiro , Nagai Kouzo , Moritani Kyoko , Makino Akira , Fukuda Mitsumasa , Ishimae Minenori

    … この数時間後より頻回の嘔吐, 意識障害を認めたため, 頭部CTを再検したところ腫瘍内出血が急激に増悪し, 頭蓋内圧亢進状態であった. …

    NO TO HATTATSU 53(1), 49-52, 2021

    J-STAGE 

  • Atropine sulfate therapy for severe sialorrhea with paroxysmal sympathetic hyperactivity in a case of severe motor and intellectual disability  [in Japanese]

    Hotta Aki , Shimomura Hideki , Nakayama Kurita , Terasaki Eisuke , Tokunaga Sachi , Mure Chikako , Tanaka Yasuhiko , Minagawa Kyoko , Takeshima Yasuhiro

    … 我々は重度な唾液分泌過多に発作性交感神経機能亢進 (paroxysmal sympathetic hyperactivity ; … 以降, 唾液分泌過多が増悪し, あわせて高体温, 頻脈, 筋緊張亢進などの交感神経機能亢進症状が発作的に出現した. …

    NO TO HATTATSU 53(1), 39-43, 2021

    J-STAGE 

  • A Case Report of Ductus Arteriosus Aneurysm in an Adult with Non-specific Inflammatory Response  [in Japanese]

    Murakami Takeshi , Miura Takashi , Sano Hisao , Inoue Taku , Sumi Mizuki , Matsumaru Ichiro , Matsukuma Seiji , Tanigawa Kazuyoshi , Eishi Kiyoyuki

    … スクが高く,早期の手術適応が推奨される.今回,動脈瘤手術を行い,動脈管憩室動脈瘤との診断に至った1例を経験した.症例は24歳男性.発熱および胸背部痛を主訴に他院を受診した.採血上は炎症反応の亢進がみられ,CTでは弓部大動脈に嚢状瘤を認めた.感染性大動脈瘤の疑いとして当院へ緊急搬送となり,動脈瘤の拡大を認めたため,第3病日にリファンピシン浸透の人工血管にて下行大動脈置換術を行った.術 …

    Japanese Journal of Cardiovascular Surgery 50(1), 61-64, 2021

    J-STAGE 

  • A study of switching from cinacalcet to evocalcet in maintenance hemodialysis patients  [in Japanese]

    Yoshizawa Taku , Morita Rurino , Kumagai Junko , Takahashi Naoko

    <p>エボカルセトは,強いparathyroid hormone(PTH)値の低下作用を有するカルシミメティクスで,シナカルセト塩酸塩より上部消化管症状の発現頻度や他の薬物との相互作用が少ないため,より安全に継続投与ができる薬剤である.エボカルセトの開始用量は,添付文書よりそれまでのシナカルセト投与量に関係なく1 mgとされている.そこで,当院の血液透析患者92例をシナカルセト投与量2 …

    Nihon Toseki Igakkai Zasshi 54(1), 21-29, 2021

    J-STAGE 

  • Oxidative stress index and mononuclear cell surface antigen analysis in patients with chronic fatigue syndrome  [in Japanese]

    MISHIMA Chiho , KANESHIGE Risa , HASEGAWA Mari , SHIMIZU Naoto , MOTOKI Yukari , NOJIMA Junzo

    … これらの結果から,酸化ストレス亢進によって引き起こされる慢性炎症がCFSの病態形成に関与している可能性が示唆された。 …

    Japanese Journal of Medical Technology 70(1), 9-14, 2021

    J-STAGE 

  • A case of deep vein thrombosis caused by hypercoagulability due to cancerous condition  [in Japanese]

    NARATANI Shun , YAMADA Shoichi , KINOSHITA Kazuhisa , NUNOHIRO Tatsuya , FUKUDA Hisanobu , IRIE Junji , KURIYAMA Kazutaka

    <p>症例は40歳代女性。深部静脈血栓症(DVT)および肺動脈血栓塞栓症のため当院心臓血管内科で治療中であった。D-ダイマーが著明に上昇してきたため下肢静脈エコー(US)を実施した。USではDVTの増悪に加え,両側卵巣の腫大が認められた。卵巣の内部エコーは,充実成分と嚢胞成分が混在しており卵巣癌が疑われた。追加で行われた造影CT,造影MRIでは両側卵巣腫瘤の他,子宮体癌も疑われた。その …

    Japanese Journal of Medical Technology 70(1), 138-143, 2021

    J-STAGE 

  • Difficult Diagnosis of Craniocervical Junction Dural Arteriovenous Fistula in a Patient Hospitalized for Cervical Spine Disease: A Case Report  [in Japanese]

    Ochiai Fumi , Aita Ikuo , Takeuchi Yosuke , Araki Kota , Ikeda Go , Uemura Kazuya , Shiigai Masanari

    … された.頚椎後縦靭帯骨化症と診断され,安静目的に入院した.退院して数日後,脊髄症状が再度出現し,さらに呼吸困難感が出現したため当院に紹介入院した.来院時の身体所見は下肢の深部腱反射が両側亢進,病的反射は両側陽性であった.徒手筋力テストは上肢が3/3,下肢が1/1であった.MRI非対応の植込み型除細動器が挿入されていたためMRI撮影できず,脊髄造影を行った.頚椎後縦靭帯骨化症は認められたが脊 …

    Journal of Spine Research 12(1.2), 32-37, 2021

    J-STAGE 

  • Syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormones possibly caused by insufficient chest drainage for refractory secondary pneumothorax: A case report  [in Japanese]

    Harada Hiroaki , Fujiwara Makoto , Shibata Satoshi

    … ドレナージ不良部位が生じていることが疑われた.呼吸状態に著変は無かったため経過観察したところ,全身倦怠感に加え軽い意識障害に至り,血液検査で著明な低Na血症を認めた.精査にてSIADHと診断されたが,CTで判明した胸腔ドレナージ不良部分に胸腔ドレーンを追加挿入したところ低Na血症は改善され全身状態も軽快した.胸腔内圧亢進がSIADH発生の主因と考えられたまれな症例を経験したので報告する.</p> …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 35(1), 32-36, 2021

    J-STAGE 

  • Pathophysiology and diagnosis of liver cirrhosis  [in Japanese]

    AKAHANE Takemi , YOSHIJI Hitoshi

    … <p>2015年の肝硬変診療ガイドライン改訂以降,肝硬変および合併症の病態の解明が進み,新規治療法が認可されるなど肝硬変診療が大きく変遷した.肝硬変の病態に腸内細菌叢のdysbiosisや腸管透過性の亢進が深く関連していることや,サルコペニアが予後不良因子であることが明らかにされ,肝性脳症では潜在性肝性脳症がQOLや予後に影響することが明らかにされつつある.診断基準や分類では,Acute-on-Chronic Liver …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(1), 14-21, 2021

    J-STAGE 

  • Management of complications associated with liver cirrhosis  [in Japanese]

    TOKUMOTO Yoshio , HIASA Yoichi

    … <p>肝硬変の診療にあたっては門脈圧亢進症,腹水,肝性脳症など多彩な合併症の適切な管理が生命予後の改善に直結する.わが国では腹水や肝性脳症に対する新規薬剤が使用可能となり治療選択肢が広がることで,肝硬変の合併症に対する治療戦略に大きな変化がみられている.一方で,肝硬変の合併症は多岐にわたり,サルコペニアや門脈肺高血圧症などのさらなる病態解明や治療法の開発が望まれる.本稿では …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(1), 30-40, 2021

    J-STAGE 

  • Progress in the clinical practice of liver cirrhosis: JSGE & JSH guideline 2020  [in Japanese]

    NAGOSHI Sumiko

    … では肝硬変に対する栄養療法のフローチャートが,第2版では腹水治療のフローチャートが示された.第3版の「肝硬変診療ガイドライン2020」では,acute-on-chronic liver failureやサルコペニア,肝肺症候群,門脈圧亢進症にともなう肺動脈性肺高血圧症など新たな疾患・概念が取り上げられ,肝腎症候群や肝性脳症,腹水の国際的な診断基準・分類が積極的に導入された.それにともない,栄養療法と腹水治療のフローチャー …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(1), 5-13, 2021

    J-STAGE 

  • Problems and future questions in the clinical practice of liver cirrhosis  [in Japanese]

    TERAI Shuji , SAKAMAKI Akira

    … 硬変の治療では,アルコール性では減酒によるハームリダクションという概念が提唱されている.非アルコール性では,現時点では肝硬変の線維化を改善する薬物療法はなく,今後のさらなる新薬の開発が期待される.加えてトルバプタンやアルブミンの最適な使用法や,新たに追加されたacute-on-chronic liver failure(ACLF),肝肺症候群と門脈圧亢進に関連した肺動脈性肺高血圧症の項目の病態について記述する.</p> …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 118(1), 41-45, 2021

    J-STAGE 

  • がんの分子標的治療に対する耐性化の新たなメカニズム  [in Japanese]

    TSUYAMA Takashi

    … によるストレスへの適応を促進するが,SIMのような変異発生プロセスの存在については明らかとなっていなかった.<br>本稿では,分子標的薬処理を受けているがん細胞で,ゲノムの不安定性が一時的に亢進し,その結果生じた変異が薬剤耐性の原因となることを示した報告ならびに,この耐性獲得にmammalian target of rapamycin(mTOR)シグナル経路が関与していることを示した報告を紹介する.<br>なお,本稿は下記の …

    Farumashia 57(1), 60-60, 2021

    J-STAGE 

  • Anti-oxidants in astrocytes as target of neuroprotection for Parkinson's disease  [in Japanese]

    Asanuma Masato , Miyazaki Ikuko

    … xCT)を介したシスチンの取り込み,GSH合成および放出に依存している.また,強力な抗酸化分子で亜鉛結合タンパク質のメタロチオネイン(MT)の発現・放出がドパミン神経障害時にアストロサイトにおいて亢進し,神経保護にはたらく.そして転写因子Nrf2はMT-1およびGSH関連分子の発現を誘導する.我々はこれまでに,いくつかの抗てんかん薬,セロトニン5-HT1Aレセプターアゴニスト活性をもつ薬剤,植物由来化学物 …

    Folia Pharmacologica Japonica 156(1), 14-20, 2021

    J-STAGE 

Page Top