Search Results 1-20 of 33

  • 1 / 2
  • TRAFFIC ACCIDENT RISK ESTIMATION MODEL FOR RESIDENTIAL STREETS USING ETC2.0 PROBE DATA  [in Japanese]

    TSUBOTA Takahiro , YOSHII Toshio , KURAUCHI Shinya , YAMAMOTO Atsushi

    … 察される.しかし,車両感知器未設置区間が多く交通量の把握が困難であり,交通事故リスクの把握が容易ではなかった.一方,近年はプローブ技術の進展により生活道路における車両走行の実態把握が可能となった.そこで本研究では,ETC2.0搭載車両から得られる走行履歴を活用し,生活道路における交通事故リスクの算定と要因分析手法の構築を行なう.愛媛県松山市中心部を対象に500m四方メ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_1029-I_1035, 2018

    J-STAGE

  • The Effectiveness of Traffic Control Measures with Real-time Crash Prediction Model for Urban Expressway Safety  [in Japanese]

    KOJIMA Shumpei , MUROMACHI Yasunori

    … <p><tt>近年,リアルタイムで高速自動車道における交通事故リスクを予測する手法に関して活発に研究されている.本研究では,リアルタイム交通事故予測においてハイリスクと判定された際に交通事故リスクを低減させる手法を提案し,その効果の検証を行う.具体的には,首都高速 </tt>4 <tt>号新宿線を対象とし,ミクロ交通流シミュレーション(</tt>Vissim<tt>)環境にお …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(1), B_52-B_56, 2018

    J-STAGE

  • An estimation method of traffic accident risk on residential road using the ETC2.0 probe  [in Japanese]

    ODAKA Shinji , YOSHII Toshio , KANBE Nobuto

    … <p><tt>道路ネットワークにおける事故の起こりやすさ(以下,"事故リスク")を把握し,空間的・時間的に事故リスクの高い経路から低い経路への交通シフトを促す交通事故リスクマネジメントを実施することで事故件数の削減が可能であると考えられる.しかしながら,感知器等による交通流データ取得の問題から,高速道路や幹線道路における事故リスクは算定可能であるものの特定の生活道路における事故 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(1), A_246-A_251, 2018

    J-STAGE

  • Risk of Being Caught by Tsunami and Traffic Accident Risk in Vehicle-Pedestrian Mixed Evacuation  [in Japanese]

    TAKEI Hiroki , OKUMURA Makoto

    … 自動車避難は、交通渋滞を発生させて津波遭遇リスクを大きくするほか、歩行者との錯綜が交通事故リスクを生むという問題がある。 … 本研究では、セルベース津波遭遇リスク最小化モデルに歩車混合を明示的に組み込んだ最適化モデルを提案し、実スケールの市町村ネットワークに適用して、自動車利用率と津波遭遇リスクおよび交通事故リスクの関係を分析する。 …

    JSTE Journal of Traffic Engineering 4(1), A_129-A_137, 2018

    J-STAGE

  • Development of the Wire-rope Guardrail System  [in Japanese]

    石田 樹

    交通工学 = Traffic engineering 52(3), 11-14,図巻頭1p, 2017-07

  • An estimation method of traffic accident risk on residential road using the ETC2.0 probe  [in Japanese]

    尾高 慎二 , 吉井 稔雄 , 神戸 信人

    交通工学研究発表会論文集 37, 253-256, 2017

  • Cell-based Optimal Tsunami Evacuation Model considering Vehicle-Pedestrian Mixture  [in Japanese]

    竹居 広樹 , 奥村 誠

    交通工学研究発表会論文集 37, 239-245, 2017

  • Traffic Accident Risk of Older Pedestrians and Necessity of Safety Education  [in Japanese]

    Kitamura Noriyasu

    <p>交通死亡事故では,高齢歩行者が被害者となる比率が年々上昇している.特に高齢歩行者が横断中のものが多く,事故防止ではドライバーによる歩行者保護を心掛けた運転は不可欠だが,それだけではなく,高齢歩行者が十分な安全確認をした上での横断も求められる.一方で,死亡事故の分析を通じて,高齢歩行者の横断行動のリスクは一定程度の把握をすることができる.内容では,まず,高齢歩行者の死亡事故につなが …

    Journal of Japan Society for Safety Enginennring 56(3), 173-179, 2017

    J-STAGE

  • Measurement of road crossing behavior of elderly cyclist using bicycle simulator and investigation of induction factor of traffic accident  [in Japanese]

    HANDA Naoto , ZULFADHLI MOHD , MATSUI Yasuhiro , OIKAWA Shoko , MITOBE Kazutaka

    … その結果、車道横断時に車道上に長く滞在していること、車道に進入する前の最終後方確認に費やす時間が短いこと、最終後方確認から車道に進入するまでに時間を長く費やしてしまうことが交通事故リスクを上昇させる要因であることを明らかにした。 …

    Journal of the Japanese Council of Traffic Science 16(2), 19-28, 2017

    J-STAGE Ichushi Web

  • Roadkill risk map for the endangered Ryukyu long-furred rat <i>Diplothrix legata</i> along Prefectural Route 2 on northern Okinawa-jima Island, Japan  [in Japanese]

    Tamanaha Syoko , Nakata Katsushi , Yamamoto Ichihito , Watari Yuya , Mukai Shin-ichiro , Yoshinaga Taimu , Handa Hitomi , Kinjo Takaya , Nakaya Yumiko , Nakachi Manabu , Kinjo Michio , Nagamine Takashi

    … 見数からロードキル率を算出し,現在設定されているケナガネズミ交通事故防止重点区間(以下,重点区間とする)におけるロードキルの発生状況を評価した.リスクマップと重点区間を照合すると,交通事故リスクの高いエリアのいくつかが,重点区間の範囲外にあることが明らかになった.また,重点区間のロードキル率は他の区間と同様のレベルであった.本研究で提示したリスクマップやケナガネズミの行動 …

    Honyurui Kagaku (Mammalian Science) 57(2), 203-209, 2017

    J-STAGE

  • 脳特性と歩行能力計測による高齢歩行者の交通事故リスク要因の特定と個人対応型事故対策  [in Japanese]

    中川 善典

    タカタ財団助成研究論文集, 中扉1p,1-19, 2016

  • 緑内障などの眼疾患による視野障害からの交通事故リスク推定法の確立  [in Japanese]

    朝岡 亮

    タカタ財団助成研究論文集, 中扉2p,1-20, 2016

  • AN EXAMINATION OF THE ACCIDENT RISK UNIT ON NATIONAL HIGHWAYS  [in Japanese]

    HYODO Satoshi , YOSHII Toshio , KURAUCHI Shinya

    … 現在,交通事故リスクとして交通事故件数を走行台キロで除することにより基準化した「事故率」が一般的に用いられている.同指標は,高速道路などアクセスコントロールされた道路では適切な指標であると考えられるが,一般道路すなわち交差点によるアクセスが可能な道路では,交差点通過に起因する事故が多数発生していることから,事故率よりも交差点通過回数を用いて基準化した指標の方がより適切である …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 72(5), I_1293-I_1299, 2016

    J-STAGE

  • AN ANALYSIS OF THE IMPACT OF HOURLY TRAFFIC VOLUME ON TRAFFIC ACCIDENT RISK ON CENSUS HIGHWAYS  [in Japanese]

    HYODO Satoshi , YOSHII Toshio

    … 本稿では,時間帯の交通量の差異に着目し,道路交通センサスの時間交通量に基づいて時間帯別の交通事故リスクを算定し,同事故リスク値を用いて事故発生要因の分析を行う.具体的には,愛媛県の直轄国道のデータを対象とし,時間交通量,沿道状況と道路構造が交通事故リスクに与える影響について,各事故類型別にポアソン回帰モデルを用いて分析した.その結果,時間交通量が事故リスク …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 72(5), I_1283-I_1291, 2016

    J-STAGE

  • QUANTITATIVE ANALYSIS ON RISK FACTORS FOR ROAD TRAFFIC ACCIDENTS CONSIDERING GEOMETRIC FEATURES OF INTERSECTIONS  [in Japanese]

    SHIOMI Yasuhiro , WATANABE Kazuki , NAKAMURA Hideki , AKAHANE Hirokazu

    … ,および交差点付近で発生している.交通安全性を向上させるためには,交差点における交通事故リスク要因を定量化し,適切な交差点改良,あるいは交通運用を図ることが求められる.しかしながら,交差点毎にその幾何構造的特徴を数値化したデータベースはこれまでに整備されておらず,交通事故リスク要因の定量化がなされていないのが現状である.そこで,本研究ではGoogle Earthを用い,停 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 72(4), 368-379, 2016

    J-STAGE

  • New Traffic Conflict Measures Using Potential Outcome Models  [in Japanese]

    Yamada Kentaro , Kuroki Manabu

    … "there is a risk of collision if their movements remain unchanged" に着目し,この反事実的表現を考慮に入れた交通コンフリクト指標として "Potential Response Inspired Conflict (PRIC)" を提案する.提案に先立ち,既存の交通事故リスク指標がこの反事実的表現を適切に反映していないケースがあることを指摘する.次に,この反事実的表現を考慮するために,因果推論のフレームワークで使われている潜在反応モデルを導入し,PRICを定 …

    Ouyou toukeigaku 45(1-2), 1-24, 2016

    J-STAGE

  • A new driving behavior questionnaire for clarifying driving tendency of young and older adults  [in Japanese]

    山田 恭平 , 大柳 俊夫 , 金谷 匡紘 , 中島 そのみ , 坂上 哲可 , 仙石 泰仁

    … 若年者および高齢者の交通事故リスクの調査や運転を支援することを目的に自記式の運転行動チェックシートが用いられている。 …

    札幌医科大学札幌保健科学雑誌 = Sapporo Medical University Sapporo journal of health sciences (5), 35-43, 2016

    IR Ichushi Web DOI

  • 脳特性と歩行能力計測による高齢歩行者の交通事故リスク要因の特定と個人対応型事故対策  [in Japanese]

    中川 善典 , 朴 啓彰

    タカタ財団助成研究論文集 2015年度版(中間報告), 中扉2p,2-19, 2015

  • 緑内障などの眼疾患による視野障害からの交通事故リスク推定法の確立  [in Japanese]

    朝岡 亮

    タカタ財団助成研究論文集 2015年度版(中間報告), 中扉2p,1-24, 2015

  • 「平成26年度警察庁委託調査研究報告書:てんかんにかかっている者と運転免許に関する調査研究」の解説と検討  [in Japanese]

    川合 謙介 , 西田 拓司 , 荒木 敦 , 久保田 英幹 , 菅野 秀宣 , 太組 一朗 , 平田 幸一 , 前垣 義弘 , 松浦 雅人

    … また、これらの結果からてんかん患者の交通事故リスク比を計算すると、無発作期間6ヶ月、1年、2年で各々1.38、1.23、1.16であった。 … 病気と関係しない交通事故リスク比は60歳以上で1.32、20歳代男性で1.70であり、運転免許に必要な無発作期間を2年から1年に短縮することによる影響は、病気と関係しない交通事故のリスクを考慮すればきわめて限られたものであると考えられた。 …

    Journal of the Japan Epilepsy Society 33(1), 147-158, 2015

    J-STAGE Ichushi Web

  • 1 / 2
Page Top