Search Results 1-20 of 100

  • 1 / 5
  • Intravenous dosing of neonatal rats for nonclinical safety testing in support of development of pediatric medicines (ICH S11)  [in Japanese]

    MARUYAMA Go , FOTOVATI Abbas , KOBAYASI Shoki , YAMANE Shuichi , DADKHAH Ardalan , OGAWA Tatsuya , RUDDOCK Will , OKAMURA Toshiya , KUROIWA Yuichi

    … そこで、代替経路として、マウスの頸静脈採血技術を応用し、無麻酔での頸静脈からの投与法を開発した。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), P-154, 2019

    J-STAGE 

  • 補体介在性腎疾患 : 非典型溶血性尿毒症症候群とC3腎症 (特集 小児腎・泌尿器疾患update)  [in Japanese]

    奥田 雄介 , 澤井 俊宏

    小児科 = Pediatrics of Japan 59(10), 1387-1397, 2018-09

    Ichushi Web 

  • Analysis of the Impact of Man-Made Disasters of Port/Shipping on International Container Trade  [in Japanese]

    赤倉 康寛 , 佐々木 友子 , 小野 憲司 , 渡部 富博

    国土技術政策総合研究所研究報告 (60), 1-3,1-19, 2018-03

  • ANALYSIS OF ROUTE CHOICE ON THE RAIL NETWORK IN KEIHANSHIN URBAN AREA  [in Japanese]

    NUMATA Hideki , OKUSHIMA Masashi

    … 経路重複を考慮した経路選択モデルの適用が必要となる.本研究では,経路重複を考慮したC-logitモデルを適用することで,経路重複率が経路選択に与える影響を表現した.また,鉄道利用経路および鉄道代替経路のサービス水準を効率的に算定する方法を考案し,乗車時間,乗換回数と鉄道料金の重共線性を考慮して,料金残差を経路選択モデルに組み込むことで,発駅からの利用経路選択を表現することができた. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management) 74(5), I_919-I_924, 2018

    J-STAGE 

  • 受信ノード主導型MACプロトコルに基づいたWSNのビーコン削減による長寿命化  [in Japanese]

    横谷 晟人 , 吉廣 卓哉

    第25回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集 (2017), 196-202, 2017-10-04

    IPSJ 

  • A Method of Fast Detection of Alternative Route under Unknown Failure on SDN Network  [in Japanese]

    松浦 匠 , 中山 裕貴 , 林 經正 , 山岡 克式

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(485), 151-156, 2017-03-02

  • 低管理コストセンサネットワークにおける障害発生時の部分的な配送木再構築手法  [in Japanese]

    横谷 晟人 , 吉廣 卓哉

    マルチメディア,分散協調とモバイルシンポジウム2016論文集 (2016), 1723-1732, 2016-07-06

    IPSJ 

  • ドライバーに対する経路配分の優先順位を考慮した交通全体の最適化手法の提案  [in Japanese]

    谷 文 , 伊藤 孝行

    … 交通システムを円滑にすることは,政府やドライバーにとって重要な問題である.現在の経路推薦システムは各ドライバーにとって最適な経路を勧めることができるが,交通全体の最適性を考慮していない.また,交通全体を最適化する際に,あるドライバーに最短経路が割り当てられ,同じ道路を通過したい別のドライバーに代替経路が割り当てられる状況になり,経路配分が偏り不公平が生じることがある. …

    第78回全国大会講演論文集 2016(1), 367-368, 2016-03-10

    IPSJ 

  • Proline Accumulates in Response to Higher Temperatures during Dehardening in Peach Shoot Tissues

    Shin Hyunsuk , Oh Sewon , Kim Keumsun , Kim Daeil

    … 遺伝子の発現により強く影響を受けるからである.さらに注目に値するのは,人工的なデハードニング環境において,<i>OAT</i>(ornithine-δ-aminotransferase)遺伝子の発現が増加したことである.我々の結果から,オルニチン経路はモモにおいて,デハードニングの間プロリン生合成経路の代替経路として機能しているのではないかと考えられた. …

    The Horticulture Journal 85(1), 37-45, 2016

    J-STAGE 

  • まちなかでの車椅子利用者の移動経路の再現に関する研究  [in Japanese]

    稲田 好恵 , 和泉 信生 , 古賀 元也 , 松原 誠仁 , 森下 功啓

    … また、経路比較のために代替経路の概念を導入し、各経路を詳細に比較することで得られた知見について発表する。 …

    第77回全国大会講演論文集 2015(1), 889-890, 2015-03-17

    IPSJ 

  • Design and Evaluation of Self-Healing Mechanism on Switch-Controller Connections in SDN  [in Japanese]

    WATANABE Takuma , OMIZO Takuya , AKIYAMA Toyokazu , IIDA Katsuyoshi

    … CCMMはリンク状態監視、トポロジ情報収集と代替経路計算、コントロールチャネル復旧のためのフローエントリ登録の3つの機能を持ち、これらによりコントロールチャネル復旧までを行う。 …

    IEICE technical report. Internet Architecture 114(495), 35-40, 2015-03-05

  • Design and Evaluation of Self-Healing Mechanism on Switch-Controller Connections in SDN  [in Japanese]

    WATANABE Takuma , OMIZO Takuya , AKIYAMA Toyokazu , IIDA Katsuyoshi

    … CCMMはリンク状態監視、トポロジ情報収集と代替経路計算、コントロールチャネル復旧のためのフローエントリ登録の3つの機能を持ち、これらによりコントロールチャネル復旧までを行う。 …

    IEICE technical report. Social Implications of Technology and Information Ethics 114(494), 35-40, 2015-03-05

  • Polynomial-time Algorithm for Server Location Method for Keeping Shorter Distance from Clients to Servers during Failures  [in Japanese]

    MAEDA Nao , MIWA Hiroyoshi

    … 故障時に代替経路長が増大することも避けなければならないため,性能を左右するサーバ配置設計が重要である.インターネットにおける通信経路は,ルーティングプロトコルによって一般に最短経路が選ばれるため,本稿では,最も近いサーバまで最短経路でルーティングされる制御が行われている状況の下で,リンク故障時にも,すべてのユーザが複数個のサーバに到達可能であり,かつ代替経路の延長ホ …

    IEICE technical report 114(477), 373-378, 2015-03-02

  • Study on metabolite and hepatotoxicity after exposure to 1,2-dichloropropane <I>in vitro</I> and <I>vivo</I>  [in Japanese]

    YANAGIBA Yukie , SUDA Megumi , WANG Rui-Sheng

    … 一方、野生型だけでなくCYP2E1-KO型でもばく露濃度に比例して代謝物量の増加していたことから、代替経路が活性化している可能性が示唆された。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 42.1(0), P-74, 2015

    J-STAGE 

  • 仮名化データの安全性検証アルゴリズムの考察  [in Japanese]

    有住なな , 丹生智也 , 南和宏 , 丸山宏

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集 (2014), 823-827, 2014-07-02

    IPSJ 

  • Design and Implementation of OIF Router with Packet by packet Redundant Paths Selection  [in Japanese]

    SHIMIZU Rinto , TERAOKA Fumio , KANEKO Kunitake

    … OIFルータは順序逆転の影響を受けるフローOSFを構成するパケットと順序逆転の影響を受けないフローOIFを構成するパケットを識別し,通常経路の輻輳時にはOIFのパケットのみを輻輳していない代替経路に振り分ける.開発したOIFルータは,フローの識別,パケット振り分け,輻輳検知およびループ防止機能を持っている.評価として, OIFルータをソフトウェアルータとして実装し輻輳時のOIFとOSFトラヒックのスループットを計測 …

    Technical report of IEICE. CQ 114(18), 63-68, 2014-04-24

  • 次世代交通システムのための自動交渉に基づく経路割当機構について  [in Japanese]

    高橋淳 , 金森亮 , 伊藤孝行

    … 本研究では,自動車交通流の円滑化を目標に,代替経路利用の協調的行動を実現する経路割当交渉を考える.各車両の数分後の到着位置を収集した 見込み交通量(Anticipatory Stigmergy)が渋滞発生基準を超える場合,一部の車両はその代替経路に変更することが社会全体の効率性を向上させる.そこで,経路変更に伴う所要時間差に対する車両の合理的判断で,自動的に経路割当変更交渉を行う仕組みを …

    第76回全国大会講演論文集 2014(1), 585-586, 2014-03-11

    IPSJ 

  • プローブカーの普及に基づく動的経路割当手法の評価  [in Japanese]

    高橋淳 , 金森亮 , 伊藤孝行

    … を搭載し,リアルタイムに交通状況を把握することができるプローブカーの普及にあわせて,動的な経路情報の提供手法を提案する.各プローブカーは,収集された近未来の予測位置情報によって得られた代替経路と過去の実績値に基づいた最短経路に割当てられる.そして,プローブカーの合理的な判断のもと経路割当変更の交渉が行い,最割当が行われる.より現実的な実施環境としてプローブカーの普及率に応じた予 …

    IPSJ SIG Notes. ICS 2014-ICS-175(17), 1-8, 2014-03-07

  • Sever Location Method for Keeping Shorter Distance from Clients to Servers during Failures  [in Japanese]

    MAEDA Nao , MIWA Hiroyoshi

    … ク故障時に代替経路長が増大することも避けなければならないため,性能を左右するサーバ配置設計が重要となる.インターネットにおける通信経路は,ルーティングプロトコルによって一般に最短経路が選ばれるため,本稿では,最も近いサーバまで最短経路でルーティングされる制御が行われている状況の下で,リンク故障時にも,すべてのユーザが複数個のサーバに到達可能であり,代替経路の延長ホッ …

    IEICE technical report 113(472), 385-390, 2014-03-06

  • Approximation Algorithm for Finding Protected Links to Keep Small Increase of Path Length during Link Failures  [in Japanese]

    NISHIDA Kohei , MIWA Hiroyoshi

    … に伴い,通信ネットワークが社会において必要不可欠なインフラとなった現在,信頼性の高いネットワークを構築することが重要である.しかし,ネットワークにおいてリンク故障による経路切断が発生した際,代替経路の経路長が大幅に増加し,通信品質の劣化を引き起こす可能性がある.たとえリンク故障による経路切断によって通信経路が変更されたとしても,全ての2ノード間の通信経路長の増加が一定割合に抑えられる, …

    IEICE technical report 113(472), 373-378, 2014-03-06

  • 1 / 5
Page Top