Search Results 1-20 of 70

  • 1 / 4
  • Increased breeding among <I>Grus japonensis</I> observed via aircraft surveys over northern Hokkaido, Japan  [in Japanese]

    Masatomi Hiroyuki , Masatomi Yoshiyuki , Fujimoto Toshihiko , Masuzawa Tadashi , Konishi Kan , Fujimura Akiko

    … 宗谷地方へのタンチョウ進出は、道東における繁殖番いの高密度化によるもので、収容力に余地のある道北の個体群成長は、道東の過密化傾向抑制(分散化)にとり極めて意義深い。 …

    Japanese Journal of Conservation Ecology 25(1), n/a, 2020

    J-STAGE 

  • Age-stage, two-sex life table: the basis of population ecology, biological control and pest management  [in Japanese]

    GOTOH Tetsuo , CHI Hsin

    … ,2.平均産子数(fecundity, <i>F</i>)と純繁殖率(<i>R</i><sub>0</sub>)との関係を正確に得られる,3.個体群成長(population growth)の不確実性(uncertainty)を示すことができることを紹介する.最後に,日齢−齢期両性生命表の応用として,1.個体群成長と防除適期の予測ができる,2.天敵生物の捕食速度や害虫の摂食速度を正確に分析できる,3.捕食速度分析表と併せて,天 …

    Journal of the Acarological Society of Japan 28(1), 33-44, 2019

    J-STAGE 

  • Effect of Sowing Time on Growth and Yield Characteristics of Six Commercial Sunflower Cultivars in Okinawa  [in Japanese]

    Takaragawa Hiroo , Yabuta Shin , Watanabe Kenta , Kawamitsu Yoshinobu

    … 可能であることが示されたが,7月から10月は台風接近の可能性が高く,本実験の春夏播きのように特に頭花の重くなる開花期以降の被害が懸念される.子実収量が得られた秋冬播きの結果から,開花前の個体群成長速度 (CGR) だけでなく,開花期に乾物重が重く,開花後のCGRを高く維持することで高い子実収量が得られると推察された.台風害により収穫に至らなかった春夏播きの結果を見ると,秋冬播きに比べ開 …

    Japanese Journal of Crop Science 87(3), 223-232, 2018

    J-STAGE  JASI 

  • Demographic trends of sika deer on the northern slope of Mt. Fuji  [in Japanese]

    小平 真佐夫 , 勝俣 英里

    … 性・齢構成ではメス成獣の比率が高い79%)が 0 才個体の目撃が少なく(5%)、個体群成長率は低い状態にあることが示唆された。 …

    富士山研究 = Mount Fuji research (11), 45-52, 2017-11

    IR  DOI 

  • Effect of shading on dry-matter production, yield and grain appearance quality of Vietnamese rice cultivars (Oryza sativa L.) in the paddy field

    Tran LocThuya , Saitoh Kuniyuki

    … 種の収量は,遮光に伴い自然光条件に比較して32.2~65.0 の低下がみられた.遮光処理の影響が大きかった品種は'Jasmine 85' と'OM2395' で,それぞれ65.0,59.8 の収量低下がみられた.収量の低下には,登熟期の個体群成長速度,収量構成要素では穎花不稔の増加による登熟歩合の低下に起因していた.遮光処理はすべての品種で玄米の未熟粒割合を増加させた.遮光処理により,白未熟粒と青未熟粒の増加がみられ,その程 …

    Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University (106), 13-20, 2017-02-01

    IR 

  • FIELD EXPERIMENT AND MODELING OF BIVALVE GROWTH BEHAVIOR IN A BRACKISH LAKE  [in Japanese]

    UMEDA Makoto , NISHIMURA Aki

    … ヤマトシジミの成長速度に関する現地実験を,2015年の夏期に実施した.殻長別および時期別の成長速度の傾向を得ることができた.Kooijman(2007)に基づくDEB (Dynamic Energy Budget)モデルに基づくヤマトシジミの個体群成長解析を,実験の条件に当てはめて解析を行い,モデル係数の値の校正などを行った.さらに,十三湖内全域における個体群の挙動について,再現計算を行い,既往検討よりも良い再現性が得られた.しか …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 73(4), I_961-I_966, 2017

    J-STAGE 

  • EXAMINATION OF THE SEASCAPE APPROPRIATE FOR SHELLFISH AND CRUSTACEAN METAPOPULATIONS IN THE KEIHIN CANAL OF TOKYO PORT  [in Japanese]

    AKIYAMA Yoshihiro B. , KUROIWA Hiroshi , SANADA Takeshi , MASUDA Tatsuya , OKADA Tomonari

    … 能性に基づき定量評価した.運河の底質および護岸基質から成る基盤の分布を調べ,これらの基盤の分布の,生物生息場としての適性を定量的に調べた.現状の基盤の分布は種類毎に異なっており,メタ個体群成長率λ<sub>max</sub>で判断すると,付着性二枚貝類の存続に最も適していた.様々なシースケープでメタ個体群存続可能性を調べると,現状のシースケープにおける存続可能性の程度や,存続可能性の …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_1381-I_1386, 2017

    J-STAGE 

  • Characteristics of dry matter production in soybean cultivar Misato-zairai through its response to soil water condition.  [in Japanese]

    Nagasuga Kiyoshi , Kanai Riho , Kadowaki Masahide , Sasayama Norio , Umezaki Teruhisa

    Abstracts of Meeting of the CSSJ 243(0), 48, 2016

    J-STAGE 

  • Long-term effects of selective logging on tropical forest ecosystems:— a case study of the Pasoh Forest Reserve —  [in Japanese]

    Yamada Toshihiro

    … 本稿では約60年前(1950年代後半)に択伐を受けたマレーシア、パソ保護林で得られたデータを用いて、森林構造・林冠構造、光環境、動態パラメーター・個体群成長速度、バイオマス、樹木の生物多様性の視点からこの疑問について考えた。 … 一方で択伐を受けた森林の森林構造・林冠構造、光環境、動態パラメーターや個体群成長速度は未伐採の森のそれらと区別することができた。 …

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 66(2), 275-282, 2016

    J-STAGE  JASI 

  • Effects of different types of fertilizers and methods on dry matter production, yield and nitrogen use efficiency of rice cultivars under field conditions

    Yabe Ryo , Nguyen Quang Co , Trinh Thi Sen , Saitoh Kuniyuki

    … 基肥施肥区の5試験区を用いて栽培を行った.窒素施肥とともに,乾物生産が増大し,最終乾物重はタカナリでは深層追肥区,日本晴では標準緩効性肥料基肥施肥区で最も高くなった.乾物重の相違には個体群成長速度と葉面積指数が主として影響していた.収穫期の乾物重が大きいほど,窒素蓄積が多くなった.窒素蓄積量は両品種ともに深層追肥区で多くなった.施肥量の増加は穂数と㎡当たり穎花数を増加させ …

    岡山大学農学部学術報告 (104), 13-21, 2015-02-01

    IR 

  • Dry matter production and yield of the line carrying the allele of indica variety Takanari on chromosome 10 enhancing the rate of photosynthesis in a genetic background of cultivar Koshihikari  [in Japanese]

    Yamashita Masahiro , Yamamoto Toshio , Ueda Tadamasa , Otsuka Chikako , Ookawa Taiichiro , Hirasawa Tadashi

    Abstracts of Meeting of the CSSJ 237(0), 174, 2014

    J-STAGE 

  • The Effects of forest physiognomy and leaf raking treatment on the population structure of <I>Lilium auratum</I> Lindley in Musashi-Kyuryo National Government Park  [in Japanese]

    NAGATOME Masao , NEMOTO Jun , TERADA -SADACHI Masayo , UMEKI Kiyoshi , KOBAYASHI Tatsuaki

    … 弾力性行列を分析した結果,ヤマユリは開花個体以外の成育ステージにも弾力性値を分散させており他の森林性多年生草本と異なる傾向を示すこと,落葉かきに伴う当年生実生の定着が個体群成長率 (λ) の増加に寄与していることが明らかになった。 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 40(2), 372-386, 2014

    J-STAGE 

  • Demographic Analyses in the Japanese Captive Population of Japanese Crested Ibis (<i>Nipponia nippon</i>)

    WAJIKI Yuichi , KANEKO Yoshinori , SUGIYAMA Toshie , YAMADA Takahisa , IWAISAKI Hiroaki

    … その結果,著しい個体群成長が認められた一方,世代時間および有効集団サイズには低い値が認められた。 …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 19(2), 57-67, 2014

    J-STAGE 

  • Effect of Topdressing Nitrogen Fertilizer at Spike Formation Stage on Yield and Ripening Physiology of Naked Barley  [in Japanese]

    Kamada Eiichiro , Tanno Ken-Ichi , Ikejiri Akihiko , Takahashi Tadashi , Maeoka Yousuke , Uchiyama Aki , Kaneko Kazuhiko , Nakatsukasa Masamichi , Kaneoka Natsumi , Araki Hideki

    … 施肥の影響を調査した.2010/2011年と2011/2012年に基肥-分げつ肥-穂肥を組み合わせた5水準の窒素施肥処理(g m<sup>-2</sup>),4-2-2区,4-2-4区,4-2-6区,6-2-2区,6-2-4区を設け,収量と収量構成要素,個体群成長速度(CGR),穂および葉面積指数(S&LAI),純同化率(NAR)といった成長パラメータ,子実,穂,葉身,茎といった植物器官の窒素含有量を測定した.収量は,両年次とも総窒素施肥量が12 g m<sup>-2< …

    Japanese Journal of Crop Science 83(1), 1-8, 2014

    J-STAGE  JASI 

  • Evaluation of reproductive interference between <I>Aedes albopictus</I> and <I>Aedes argypti</I>  [in Japanese]

    N. Tuno , Y. Higa , C. Tsurukawa , T. Sunahara , K. Takakura

    … Farjanaら(2011)は,この 2種の個体群成長が環境条件と他種の存在によりどのような影響を受けるか実験的に調べた.その結果2種の生活史形質の環境変化に対する反応は驚くほど似ており,幼虫期の資源を巡る競争では2種の局所的隔離を説明できないのではないかと考えられた .そこで成虫期に起こる繁殖に関わる重要な現象である繁殖干渉についてこの2種を用いて調査した結果を報告する. …

    Abstracts for the Annual Meetings of the Japan Society of Medical Entomology and Zoology 64(0), 60-60, 2012

    J-STAGE 

  • Dry Matter Production and Grain Yield of High Yielding Rice Cultivar, Takanari, Directly Seeded in the Paddy Field with an “Air-assisted Drill”  [in Japanese]

    Mukouyama Takehiro , Motobayashi Takashi , Chosa Tadashi , Ookawa Taiichiro , Furuhata Masami , Tojo Seishu , Hirasawa Tadashi

    … 移植した水稲に比較して乾物生産が大きくなったことによって収量が高くなった.エアーアシスト水稲は,点播した水稲に比較して出穂期以後,そして慣行移植した水稲に比較して全生育期間を通して,個体群成長速度 (CGR) が高かった.エアーアシスト水稲のCGRが大きかった要因として,エアーアシスト水稲は,(1) 分げつ期は慣行移植した水稲に比較して茎数の増加が著しいことによって,葉面積指数 …

    Japanese Journal of Crop Science 81(4), 414-423, 2012

    J-STAGE  JASI 

  • The Effect of Precipitation on Growth of No-tillage Soybean in the Upland Field Converted from Paddy Field  [in Japanese]

    Murata Motoharu , Inoue Hiromo , Inamura Tatsuya

    … 茎長,主茎節数,開花期以降の地上部乾物重は,2009 年には耕起ダイズと比較して抑制されていたが,2010 年は耕起ダイズと比較して旺盛であった.特に,地上部乾物重の増加が著しい開花期から着莢期の個体群成長速度 (CGR) および純同化率 (NAR) に,年次と耕起法間で有意な交互作用が認められた.その要因のひとつとして,2009 年は不耕起で土壌の過湿が著しかったため,耕起と比較して不耕起で,開花期の葉 …

    Japanese Journal of Crop Science 81(4), 397-403, 2012

    J-STAGE  JASI 

  • Dry Matter Production of High Yielding Rice (<i>Oryza sativa</i> L.) Cultivar for Grain Feed in Kanto Region  [in Japanese]

    Ishikawa Tetsuya

    … モミロマンの粗玄米重は,2009年を除いてタカナリより有意に小さかった.出穂期の抜き取り乾物重 (全乾物重) は,生育期間の長い中生品種の方が大きかったが,出穂期から成熟期まで (登熟期間) の個体群成長速度 (CGR) は,早生品種の方がやや高く,2008年と2009年の成熟期全乾物重には有意な品種間差は認められなかった.タカナリと北陸193号は,登熟期間の茎葉乾物重の増減から推定した転流量が大きく,再 …

    Japanese Journal of Crop Science 81(3), 339-342, 2012

    J-STAGE  JASI 

  • Effects of Foliar Application of Humic Substance on Growth and Yield of Soybean in Arid Areas of Xinjiang, China  [in Japanese]

    Miyauchi Yosuke , Isoda Akihiro , Li Zhiyuan , Wang Peiwu

    … 理によって総開花数は増加しなかったが,個体当たりの莢数が増加し結莢率が増加した.粒肥大始期 (R5)~粒肥大盛期 (R6) の葉面積指数,個体群成長速度および純同化率には大きな差異はなかったが,粒肥大盛期 (R6)~成熟始期 (R7) の個体群成長速度および莢乾物重増加速度は処理によって大きくなった.CO<sub>2</sub>同化速度,光化学系 IIの量子収量およびSPAD値について調査した …

    Japanese Journal of Crop Science 81(3), 259-266, 2012

    J-STAGE  JASI 

  • 1 / 4
Page Top