検索結果 183278件中 1-20 を表示

  • K-スパース全状態探索法による識別問題における変数選択

    市川 寛子 , 川端 大貴 , 五十嵐 康彦 , 永田 賢二 , 永福 智志 , 田村 了以 , 岡田 真人

    … <p>我々は識別問題に対して,N個の入力変数からK個選んだすべての変数の組み合わせに対して,クロスバリデーションエラー(CVE) を計算し,その分布を求めるK-スパース全状態探索をもちいた変数選択法を提案した.本研究では,この手法の数理的な性質を研究するために,実データ解析だけでなく,仮想計測実験(VMA)を用いて,この手法の数理的な性質を調べた結果を報告する.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2017(0), 2I24-2I24, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 経験的BDeuの最適化によるベイジアン・ネットワーク学習

    大川 淳史 , 植野 真臣

    … しかし、これまで予測分布を最大化するアプローチは提案されてこなかった。 … 本論では、予測分布を最大化する経験的BDeuを提案し、シミュレーションにより有効性を示す。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 3C32-3C32, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 鉄塔錆画像の色に基づく劣化度の判定

    長谷川 純也 , 小野田 崇

    … <p>本発表では,鋼材の劣化度の判定に対して,鋼材の画像をパターン認識手法によって分類した結果について報告する.具体的には,従来の研究で用いられていた色相,彩度,明度(HSV)の頻度に,画像の色分布を情報として加え,それらの精度を比較した.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 2A22-2A22, 2018-07-30

    J-STAGE

  • エントロピーに基づいた確率分布による雰囲気生成

    大村 英史 , 片上 大輔 , 湯浅 将英 , 小林 一樹 , 田中 貴紘

    … 囲気は環境から知覚される情報の総体であり,知覚される情報を定量的にコントロールすることは,任意の雰囲気のコントロールと同義であると私たちは考える.この考えから,エントロピーに基づいた確率分布により,人が知覚する情報量を操作するシステムを実現した.このシステムを音楽,表情,図形といった異なるメディアに実装したところ,定量的に人が知覚する情報を操作でき,さらに雰囲気の制御が可能 …

    JSAI大会論文集 JSAI2015(0), 2K4OS14a4-2K4OS14a4, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 身体地図情報システムと生体衝撃シミュレータとの統合による事故状況尤度の導出

    小泉 喜典 , 西田 佳史 , 本村 陽一 , 宮崎 祐介 , 溝口 博

    … 本稿では、得られる情報をうまく融合することで、効率よく事故状況を推定する技術として、遊具事故を例題として、日常の使われ方確率分布、遊具事故傷害の身体空間確率分布、生体衝撃シミュレーション技術を融合し、事故状況尤度を計算する方法を述べる。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 3D2NFC15-3D2NFC15, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 情報の独立性を強化したトピックモデル

    神嶌 敏弘 , 赤穂 昭太郎 , 佐藤 一誠

    … <p>トピックモデルは,文書を,それに含まれる単語の分布に基づいてトピックと呼ぶソフトなクラスタに分類するものである.このトピックが,ある指定したセンシティブな情報に対して独立になる,すなわち,その情報を含まないようなトピックを獲得する方法について考察する.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2015(0), 3L33-3L33, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 中華レストラン過程へのディリクレ森分布による制約知識の導入

    立川 華代 , 小林 一郎

    … このことから、同じクラスタに入るべき単語群を制約として与え、かつトピック数を推定するために中華レストラン過程における事前確率分布にディリクレ森分布の導入をし、クラスタに出現する単語群に制約を与える手法を提案する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2013(0), 1F35-1F35, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 長時間動作の文脈と身体動作の相互認識

    小椋 忠志 , 稲邑 哲也

    … までに提案されているHMMによる動作の尤度情報と,トピックモデルから得られる文脈に応じた動作生成確率を合成する手法を提案することで,文脈の影響を動作認識に作用させる.また,トピックの推定確率分布をパーティクルの集合で表現し,パーティクルごとに動作認識を行いながらその結果に基づく文脈推定を実行することで,動作認識結果を文脈推定に作用させる.実験では,4種類のトピックに所属する33種類 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 1O103-1O103, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 作用によって生じる共変量シフトバイアスの補正

    比嘉 亮太

    … 数値実験において、最適化の作用が実際に分布の 非定常 / 外挿問題を引き起こし、期待値評価に大きなバイアス を与えることを示す。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 3Pin104-3Pin104, 2018-07-30

    J-STAGE

  • RBMを用いた楽器音基底と演奏情報への分離による多重音解析

    荒川 賢也 , 中鹿 亘

    … てRBMは確率的に解を求めるという点,NMFは演奏情報行列が連続値で出力されるのに対してRBMは楽譜表現に適したバイナリ値で出力される点が挙げられる.例えば生演奏から楽譜を生成する場合,NMFよりも確率分布で議論を行うRBMの方が入力のわずかな差異に柔軟に対応できると考えられる.本研究ではそのような入力への柔軟性及び出力形式の違いからRBM及びRBMを拡張したsparse-RBMを用いて音楽の波形信号を楽器音基底 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 4O2OS3b04-4O2OS3b04, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 連続した状態空間を扱うエージェント向け論理における神託を伴う演繹系

    新出 尚之 , 藤田 恵 , 後藤 勇樹 , 高田 司郎

    … <p>著者らは、実世界における合理的エージェントの行為選択に関する研究の一環として、BDI logicを拡張して、行為の結果到達する状態が連続的な確率分布をするような時相論理体系C-TOMATOesを論理モデルとして提案した。 … 本発表ではその部分的な試みとして、確率分布に関しては数学的計算を神託として用いることによる演繹系の構築について考察する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2013(0), 1B54-1B54, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 単語の分散表現を用いたEarth Mover's Distanceと文ベクトルによる対訳コーパスの自動生成

    田上 諒 , 越前谷 博 , 荒木 健治

    … lt;p>本研究では,単語の分散表現に基づき対訳コーパスを自動生成する新たな手法を提案する.提案手法では,異言語間の文同士の対応関係を単語の分散表現に基づく類似度により決定する.その際,2つの分布間の距離であるEarth Mover's Distance(EMD)と文ベクトルに基づく距離の2つの距離を用いて類似度を求める.EMD を用いるのは単語の分散表現を特徴量とすることで,単語の意味を考慮した文間の類似度を得ることが …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 4Pin124-4Pin124, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 全状態探索による線形回帰のスパース変数選択

    五十嵐 康彦 , 竹中 光 , 中西[大野] 義典 , 植村 誠 , 池田 思朗 , 岡田 真人

    … <p>線形回帰におけるスパース変数選択において,最適な説明変数の組合せがK-スパースと仮定し,網羅的に探索するK-スパース全状態探索(ES-K)法を行う.本研究では線形回帰の重みの事前分布を最適化した後,解析的に各説明変数の組み合わせについてベイズ自由エネルギーを網羅的に求め,その状態密度を導出する.スパース変数選択の近似手法で得られた解をマッピングすることにより近似的手法を評価する枠 …

    JSAI大会論文集 JSAI2017(0), 2I22-2I22, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 絵の時系列的状態変化分布に基づく絵モデルの構築

    上野 未貴 , 森 直樹 , 松本 啓之亮

    … そこで,既存の絵における時系列的状態変化分布を精査に調査しデータベース化することで,システムが絵からユーザが想起するであろうことを予測し,適切な対話を実現するため絵モデルの構築法について考察する.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2013(0), 20313in-20313in, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 分散表現を用いたトピック抽出における確率的変分推論法適用への取り組み

    尾崎 花奈 , 小林 一郎

    … .G-LDAはトピックモデルと単語の分散表現を組み合わせたものであり、LDAにおける離散の単語分布を、単語の分散表現の空間上における多変量正規分布に置き換えたものである.これにより、トピックに単語の意味知識を反映させることが可能になる.本研究では、G-LDAにおける事後分布推定の方法に効率的な手法である Stochastic Variational Inference (SVI) を適用している.この手法は …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 1Z203-1Z203, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 照度分布のデザインによる照明制御UIの提案

    中村 彰之 , 廣安 知之 , 三木 光範 , 横内 久猛

    … <p>電子機器やシステムの機能の向上に伴い,操作は多様で複雑なものとなりユーザの負担は増加している.その中で,照明システムも複数の照明を個別に制御可能な機能が実現されているが,従来のUser Interfaceではその機能を軽負担かつ有効に利用することができない.そこで,本研究ではユーザが希望する照度分布を自由にデザインすることで照明制御可能なUser Interfaceの提案をする.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 1A24-1A24, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 因果知識と概念ファジイ集合を利用した類推手法の提案

    茂呂 佳令 , 金 唯錡 , 鈴木 瑠璃 , 高木 友博

    … <p>概念ファジイ集合とは,ある単語を別の単語群の活性値分布で表現したもので,おもに文脈によって変化する語義を表現することを目的として提案された。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 3M1OS17-3M1OS17, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 主成分分析による方策パラメータの低次元化を用いた直接方策探索の提案

    村田 悠稀 , 宮下 恵 , 矢野 史朗 , 近藤 敏之

    … また、サンプリングのための確率分布の分散が、最適値と学習速度の両方に影響を及ぼすことを明らかにした。 … 本論文では、最適値を改善するためのサンプリング分布の分散に対する操作と, 学習速度を改善するための決定変数の次元削減の2つの手法を提案して、最適値を悪化させずに学習速度を向上させることを実現させた。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 3Pin108-3Pin108, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 単一カメラによる動画像からの複数人物の自動検出に関する研究

    小関 英剛 , 森下 壮一郎 , 淺間 一

    … <p>公共空間等において歩行者へのサービス提供を行うには,移動軌跡を解析し意図や目的地を推定することが有効である.筆者らはこれまでにEMアルゴリズムによる混合分布推定を用いた単一カメラのみから得られた動画像からの複数人物の足元位置同定手法を提案しているが,画像内の人数の変化に対応できなかった.本稿では尤度比較による人物の増減の検出手法を提案し,実画像に本手法を適用してアルゴリ …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 1E1OS1012-1E1OS1012, 2018-07-30

    J-STAGE

  • ベイズ学習における必要最低サンプル数の推定

    徳田 悟 , 永田 賢二 , 岡田 真人

    … <p>学習において,確率分布の構造はサンプルの個数が増えるにつれて徐々に明らかになる.ではサンプル数が少なくともいくつであれば,その構造を発見できるのであろうか?我々は物質の相転移を議論する統計力学との数理的等価性に基づき,ベイズ学習における系の秩序変数を計算し,その転移点が学習に必要な最低サンプル数に対応することを示す.ニューラルネットワークの一種である動径基底関数ネット …

    JSAI大会論文集 JSAI2015(0), 2F15in-2F15in, 2018-07-30

    J-STAGE

ページトップへ