Search Results 1-20 of 252

  • A Study of Pseudo-Simultaneous Systems:Using Machine Learning with Delay  [in Japanese]

    ITAYA Kotone , SAKAI Naoyuki , TAKAHASHI Koichi , YAMAKAWA Hiroshi

    <p>深層学習の技術が成熟するに従い,既存の機械学習アルゴリズムを柔軟に組み合わせた複合システムを開発することで,より高度な知的システムを構築することが期待されている.複合システムをリアルタイムかつ分散的に動作させる場合,アルゴリズム間の時間的整合性を考慮する必要があり,それが改変や大規模化の際に弊害となりうる.本研究では,各アルゴリズムの出力をあらかじめ予測して転送することによって複 …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 2Q5J205-2Q5J205, 2019

    J-STAGE 

  • An Algorithm to Compute Covariance for Finding Distribution of the Maximum  [in Japanese]

    東 大貴 , 築山 修治 , 福井 正博 , 神戸 尚志

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(478), 103-108, 2017-03-01

  • Invited Talk : Data Compression for Computing Functions : An Approach from a Dichotomy of Functions  [in Japanese]

    葛岡 成晃

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(34), 55-61, 2016-05-19

  • Invited Talk : Data Compression for Computing Functions : An Approach from a Dichotomy of Functions  [in Japanese]

    葛岡 成晃

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(33), 55-61, 2016-05-19

  • A Basic Study on Imprementation of Large Scale SOM in Parallel-Distributed Computer Environment  [in Japanese]

    Kato Satoru

    <p> </p>

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 32(0), 513-514, 2016

    J-STAGE 

  • MAPREDUCE APPLICATIONS FOR AGGREGATION AND PREDICTIVE SIMULATION  [in Japanese]

    Yamamoto Yoshikazu , Ozaki Takahiko

    … このApache Hadoopを利用したプログラムを作成したり対応するソフトウェアを使用することによって, 今までは扱えなかったような大きさのデータでも複数台のパーソナルコンピュータによる並列分散計算が可能になる.<br> …

    Bulletin of the Computational Statistics of Japan 28(1), 19-27, 2015

    J-STAGE 

  • 並列分散計算環境での進化計算用グリッドシステムの並列化評価  [in Japanese]

    Sugiyama Kiyotaka , Matsumura Yoshiyuki , Yasuda Toshiyuki , Ohkura Kazuhiro

    … 進化計算は様々な工学的最適化問題に適用されている.しかし,最適化問題が複雑で大規模になるほど計算時間が膨大になる.そこで,本研究では並列分散処理による効率的な計算時間短縮を目指す.本稿では,並列分散計算環境としてクラスタ,グリッド,クラウドに注目する.各環境における効果的なタスクスケジューリングを実装し,並列化効率と高速化率などから評価を行った. …

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2015S(0), 931-932, 2015

    J-STAGE 

  • 21aDB-5 Computing at the LHC-ALICE Experiment : Pipeline data readout and Worldwide Grid computing for LHC-Run-3

    Chujo Tatsuya , the ALICE collaboration

    Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan 70.1(0), 53, 2015

    J-STAGE 

  • Parallel Molecular Dynamics Simulation with Replica-exchange Method Using 1,024GPUs  [in Japanese]

    老川 稔 , 野村 昴太郎 , 泰岡 顕治 , 成見 哲

    … 算並列化を行った.レプリカ交換法は,分子/原子の最安定状態を効率的に求めるために用いられるシミュレーション手法の1つである.計算の粒度が大きく,計算ノード間の通信が少ないという特徴から,分散計算機環境での並列化に向く.本研究では,GPU仮想化ソフトウェアの機能を利用することで,シングルノード向けのソースコードを改変することなくマルチノード用に再利用した.最大1,024台のGPUを使用して計 …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 7(4), 1-14, 2014-12-16

    IPSJ 

  • Search Techniques and Distributed Computing in Computer Shogi  [in Japanese]

    TAKEUCHI Shogo

    … 本講演では、コンピュータ将棋の探索技術とその分散計算について講演する。 …

    IEICE technical report. Information networks 114(139), 55-60, 2014-07-17

  • Solving Performances of PSO Networks with Stochastic Couplings

    SASAKI Tomoyuki , NAKANO Hidehiro , MIYAUCHI Arata

    … 率的結合を有するネットワーク構造を導入する.提案手法では,粒子群で構成される各サブ集団が他のサブ集団と確率的に通信するかどうかを決定する.通信レートを適切に調整することにより,多様な解を獲得することができ,通信回数も削減することができる.これらの結果として,解探索性能の向上,高い並列性を持つ並列分散計算を実現できる.提案手法に対して数値実験を行うことで評価し,提案手法の有効性を議論する. …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 114(55), 51-56, 2014-05-26

  • Application of Parallel Percepron to Shogi Evaluation Functions on Distributed Computing Environments  [in Japanese]

    Akira Ura , Makoto Miwa , Yoshimasa Tsuruoka , Takashi Chikayama

    … そこで、本研究では、将棋プログラムである激指の評価関数の学習を、分散計算環境で並列化した。 …

    研究報告ゲーム情報学(GI) 2014-GI-31(6), 1-8, 2014-03-10

    IPSJ 

  • Privacy-preserving Distributed Calculation Methods of a Least-squares Estimator for Linear Regression Models  [in Japanese]

    SUKO Tota , HORII Shunsuke , KOBAYASHI Manabu , GOTO Masayuki , MATSUSHIMA Toshiyasu , HIRASAWA Shigeichi

    … いるもとで最小二乗推定量を分散計算する場合を考える.そのもとで,新たな分散計算プロトコルを提案し,プライバシーについてプロトコルの安全性を評価する.また,提案するプロトコルは繰り返し計算を行うため,数値実験によりプロトコルの繰り返し数についての評価を行う.さらに,収束回数を削減する修正プロトコルを提案し,多者間での分散計算への拡張も行う. …

    Journal of Japan Industrial Management Association 65(2), 78-88, 2014

    J-STAGE 

  • 太陽光発電を用いた可動式WSNの海上フィールドの半永久被覆のための配置ノード数最少化手法  [in Japanese]

    上野弘考 , 勝間亮

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集 2013, 89-94, 2013-07-03

    IPSJ 

  • トランザクショナル記号実行  [in Japanese]

    荒堀喜貴 , 横田治夫

    … ソフトウェアの信頼性や性能の解析に利用される動的記号実行は,静的な解析手法に比べ正確かつスケーラブルという利点を持つ.しかし,大規模分散データ処理系のように並列分散かつ動的に再構成可能な計算システムを対象とする場合,従来の動的記号実行は次の理由で機能しない:(1)並列分散計算の非決定性により解析結果が不安定,(2)対象システムの動的再構成によって解析データの整合性が破綻する. …

    第75回全国大会講演論文集 2013(1), 545-546, 2013-03-06

    IPSJ 

  • トランザクショナル記号実行  [in Japanese]

    荒堀喜貴 , 横田治夫

    … ソフトウェアの信頼性や性能の解析に利用される動的記号実行は,静的な解析手法に比べ正確かつスケーラブルという利点を持つ.しかし,大規模分散データ処理系のように並列分散かつ動的に再構成可能な計算システムを対象とする場合,従来の動的記号実行は次の理由で機能しない:(1)並列分散計算の非決定性により解析結果が不安定,(2)対象システムの動的再構成によって解析データの整合性が破綻する. …

    全国大会講演論文集 2013(1), 545-547, 2013-03-06

    IPSJ 

  • プライバシー保護を目的とした線形回帰モデルにおける事後確率最大推定量の分散計算法について (情報論的学習理論と機械学習)  [in Japanese]

    NAKAI Akito , SUKO Tota , MATSUSHIMA Toshiyasu

    … せることなく,2者間で協力し回帰係数の最小二乗推定量を求めるプロトコルが提案されている.しかし,事後確率最大推定量を求める分散計算法については研究が行われていない.そこで本研究では,さらに第三者の協力を得ることで,回帰係数のMAP推定量を求める分散計算プロトコルを提案する.そのもとで,提案プロトコルの安全性について評価を行う.また,事前分布の一部の共分散をOとおくと,提案プロ …

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(452), 47-54, 2013-03-04

  • A Privacy Preserving Distributed Calculation Method of Least-squares Estimator for Linear Regression Models  [in Japanese]

    SUKO Tota , HORII Shunsuke , KOBAYASHI Manabu , GOTO Masayuki , MATSUSHIMA Toshiyasu , HIRASAWA Shigeichi

    … ライバシー保護を目的とした回帰分析について扱う.まず,2者が異なる属性に関するデータを保持しているもとで,2者間でデータを渡すことなく回帰係数の最小二乗推定量を分散計算する新たな方式を提案し,プライバシーの安全性を評価する.また,提案するプロトコルは繰り返し計算を行うため,数値実験によりプロトコルの繰り返し数についての評価を行う.さらに,多者間での分散計算への拡張も行う. …

    電子情報通信学会技術研究報告. IBISML, 情報論的学習理論と機械学習 = IEICE technical report. IBISML, Information-based induction sciences and machine learning 112(279), 107-111, 2012-10-31

    References (4)

  • Design of Authentication System for High Performance Distributed Computing Environment  [in Japanese]

    合田 憲人 , 東田 学 , 坂根 栄作 [他] , 天野 浩文 , 小林 克志 , 棟朝 雅晴 , 江川 隆輔 , 建部修見 , 鴨志田 良和 , 滝澤 真一朗 , 永井 亨 , 岩下 武史 , 石川 裕

    本稿では,現在文部科学省により整備が進められている革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ (HPCI) のための認証基盤の設計について述べる.本認証基盤では,グリッド上の認証技術である Grid Security Infrastructure (GSI),および認証連携技術である Shibboleth を用いることにより, HPCI を構成する計算機や共用ストレージに対するシングル …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 5(5), 90-102, 2012-10-15

    IPSJ 

  • A Multi-site Virtual Cluster Deployment System Using Overlay Network  [in Japanese]

    多田 大輝 , 市川 昊平 , 伊達 進 [他] , 阿部 洋丈 , 下條 真司

    … 近年,広域分散計算への期待が高まっている.とりわけ,科学研究においては,複数の計算機から仮想計算機という形で計算リソースを切り出し,それらを用いて計算クラスタを構築し,ユーザ専用の計算クラスタを提供できる仮想クラスタが注目されている.しかし,現状では複数サイトの計算機を利用した実用的な仮想クラスタ構築システムは提案されていない.これは,複数サイトの仮想計算機間で相互に通信可 …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 5(5), 76-89, 2012-10-15

    IPSJ 

Page Top