Search Results 1-20 of 1051

  • Train positioning using triaxial acceleration information and acoustic information obtained from smartphone fixed in the train  [in Japanese]

    七種 勇樹 , 長谷川 孝明

    電気学会研究会資料. ITS 2020(1-19), 57-62, 2020-03-10

  • Train positioning using triaxial acceleration information and acoustic information obtained from the smartphone fixed in the train (ITS)  [in Japanese]

    七種 勇樹 , 長谷川 孝明

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(472), 57-62, 2020-03-10

  • Fundamentals : AIブームの立役者「強化学習」を直感的に理解する(第3回)最適な行動が見つかる「動的計画法」段階を踏めば難しくない  [in Japanese]

    今井 拓司 , 荒井 幸代

     この一連の系列には、重要な前提条件があります。次の環境の状態St+1や報酬Rt+1は、今の状態Stとエージェントが今取る行動Atのみに応じて決まるというものです。別の言い方をすれば、それより前の過去の状態や行動は将来の状況に一切影響を及ぼさない、ある…

    日経エレクトロニクス = Nikkei electronics : sources of innovation (1213), 88-96, 2020-03

    Nikkei BP 

  • Subway train location system by Smartphone Using the Acoustic data, Barometric pressure data and Magnetic data (ITS : Intelligent Transport Systems Technology)  [in Japanese]

    李 賢在 , 長谷川 孝明 , 加藤 司 , 北森 鷹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 119(421), 129-134, 2020-02-27

  • Subway train location system by Smartphone Using the Acoustic data, Barometric pressure data and Magnetic data  [in Japanese]

    李 賢在 , 長谷川 孝明 , 加藤 司 , 北森 鷹

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 44(6), 129-134, 2020-02

  • Construction of BDD for Indexing Vertex Separators between All Vertex Pairs of Graphs  [in Japanese]

    TAKAHASHI Masahiro , KAWAHARA Jun , MINATO Shin-ichi

    … 提案アルゴリズムは,まず点カットの索引化を動的計画法の問題として定式化する。 …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2020(0), 2N5OS17b03-2N5OS17b03, 2020

    J-STAGE 

  • Trajectory Segmentation with Statistical Reliability Guarantee  [in Japanese]

    TODA Hiroki , VO Duy Nguyen Le , SUGIYAMA Ryota , SAKUMA Takuto , MIZUTANI Yuichi , SUZUKI Hirokazu , YODA Ken , TAKEUCHI Ichiro

    … 手法を用いたとすれば,偽陽性率を所望の有意水準に制御することができないため,得られた$p$値や信頼区間は妥当性を失ってしまう.そこで本研究では,Selective Inferenceの枠組みを導入することにより,動的計画法を用いた最適な軌跡セグメンテーションの結果に対する適切な統計的推論手法を提案する.さらに,提案手法を動物の軌跡データに適用することで,古典的な統計的推論手法と提案手法との差異を示す.& …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2020(0), 2C4OS7a04-2C4OS7a04, 2020

    J-STAGE 

  • Applying Criterion of Leveling of Costs to Dynamic Programming for Shortest Path Finding Problems  [in Japanese]

    松井 俊浩 , マリウス シラギ , 平山 勝敏 , 横尾 真 , 松尾 啓志

    … 最短経路探索問題はエージェントの行動決定における基礎的な問題である.従来の問題では,最適経路は部分経路の合計コスト値が最小となる経路として定義され,解法として動的計画法が用いられる.本研究では,経路全体の最大コスト値を改善し,かつコストを平準化することを目的とする経路最適化問題に注目する.このような問題は,各部分経路の近隣住民の不満や施設の消耗の程度を考慮する状況と関係し, …

    情報処理学会論文誌 60(10), 1603-1616, 2019-10-15

    IPSJ 

  • Bot Computing and its Application to Solve Minimal Path Problems  [in Japanese]

    山之上 卓

    … や一般的な計算を行うために有益な方向に利用することを目指す.Bot Computingにより従来の静的なwikiのネットワークに動的なWebページを導入可能である.これにより,人間の共同作業を強化できる.例として動的計画法を用いて最小経路問題を解く並列プログラムを示す.ここで,必要な計算資源(BotとWebページの数)はノード数に比例し,最小経路を計算するのに必要な時間は,求まる最小経路の弧の数に比例する. …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 12(3), 19-19, 2019-07-17

    IPSJ 

  • 定量的マクロ経済学と数値計算(第3回)動的計画法  [in Japanese]

    北尾 早霧 , 砂川 武貴 , 山田 知明

    経済セミナー = The keizai seminar (707), 108-117, 2019-04

  • A STUDY ON SEQUENCE CLASSIFICATION BASED ON STRUCTURE  [in Japanese]

    後藤 仁

    … RFの学習では正規化項や周辺確率の計算が必要になる.これらの計算は全てのラベル列についての足し合わせを行うため計算量が極めて大きい.動的計画法に基づく計算法が知られているが,ラベル列のマルコフ性を仮定する必要がある.また,動的計画法を用いてもモデルの次数に対し指数関数的に計算量が大きくなる.したがって教師データからサンプルを発生させ,正規化項や周辺確率を近似 …

    法政大学大学院紀要. 理工学・工学研究科編 (60), 1-2, 2019-03-31

    IR  DOI 

  • Spoken Language Understanding based on Sentence Segmentation by Language Models  [in Japanese]

    WAKABAYASHI Kei , TAKEUCHI Johane , HIRAMATSU Makoto , NAKANO Mikio

    … ラベリングとして定式化して深層学習を適用する従来の手法に比べ,小さい計算資源で実行可能な言語モデルの学習に基づいた手法を導くことができる.提案手法は,モデルの学習をワンパスアルゴリズムによって高速に行い,最も確率の高い解釈の推定を動的計画法を用いて効率的に行う.実験により,提案手法は深層学習手法と同等の推定精度を達成しつつ,高速かつ省メモリに動作することを確認する.</p> …

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI2019(0), 1N3J903-1N3J903, 2019

    J-STAGE 

  • A Dynamic Programming Algorithm for Energy-aware Routing of Delivery Drones  [in Japanese]

    舟橋 勇佑 , 柴田 敦也 , 根來 俊輔 , 谷口 一徹 , 冨山 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 118(334), 7-11, 2018-12-05

  • 航空滑走路スケジューリング : 複数滑走路を考える (特集 公共交通のOR)  [in Japanese]

    松枝 友佳 , 高橋 里司

    オペレーションズ・リサーチ = Communications of the Operations Research Society of Japan : 経営の科学 63(11), 693-699, 2018-11

  • 41606 熱源運用最適化におけるメタヒューリスティクスと動的計画法の比較  [in Japanese]

    池田 伸太郎 , 大岡 龍三

    環境工学II (2018), 1289-1290, 2018-07-20

    AIJ 

  • Learning Huge Bayesian Networks by RAI Algorithm Using Bayes Factor  [in Japanese]

    名取 和樹 , 宇都 雅輝 , 植野 真臣 , Maomi UENO , Masaki UTO , Kazuki NATORI

    … 漸近一致性をもつベイジアンネットワークの構造学習はNP困難である.これまで動的計画法やA*探索,整数計画法による探索アルゴリズムが開発されてきたが,未だに60ノード程度の構造学習を限界とし,大規模構造学習の実現のためには,全く異なるアプローチの開発が急務である.一方で因果モデルの研究分野では,条件付き独立性テスト(CIテスト)と方向付けによる画期的に計算量を削減した構造学習アプローチ …

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム J101-D(5), 754-768, 2018-05-01

    IR 

  • Toward a Theory of Dynamic Programming for Recursive Objective Functions in Continuous Time Models : Les Preludes  [in Japanese]

    尾崎 裕之

    本稿では, 連続時間モデルにおける動学的最適化問題を取り上げる。特に, 再帰的効用関数(再帰的目的関数)を用いたモデルにダイナミック・プログラミングと呼ばれる手法を適用するために必要となる数学的な仮定についての検討を行う。効用関数と生産関数に対する「上収束」「下収束」と名付けた仮定が重要であることが主張されるが, これは連続時間モデルにおける全く新しい仮定である。本稿は, この仮定のもとで展開され …

    三田学会雑誌 = Mita journal of economics 110(4), 531-540, 2018-01

    IR 

  • Z-Drift Correction of 4D Images with Graph Theory  [in Japanese]

    Yoshizawa Shin , Yokota Hideo

    … p>顕微鏡で得られる時系列3次元画像群(4D画像)では,位置や焦点のz方向への変化(drift)が問題となり,各時相での対象z断面を生物学者が選んでいるのが現状である.単純法で全ての組合せで最も相関が高いz断面の組を探索するには指数的な計算量が必要となる.そこで本研究では,組み合わせ最適化を最短経路問題として新たに定式化し,グラフ理論に基づく動的計画法を適応する効率的な計算法を提案する.</p> …

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2018S(0), 117-118, 2018

    J-STAGE 

  • Comparison of suitability of sugi and hinoki using stand optimization in Shikoku Island  [in Japanese]

    Mitsuda Yasushi , Kitahara Fumiaki , Tanaka Shinya

    … このシステムを用いて林分の間伐および主伐の最適化を動的計画法(MA-PATHアルゴリズム)により行い、50 m解像度でスギおよびヒノキそれぞれの最大土地期望価を求めた。 …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 69, 2018

    J-STAGE 

  • Design of Energy-Efficient Train Speed Profiles Considering Fixed-Block Signalling System  [in Japanese]

    Oba Naoki , Miyatake Masafumi

    <p>In dense traffic railway networks, trains may often slow down or stop between stations owing to previous train delays. If preceding train trajectory can be predicted, energy-efficient driving …

    IEEJ Transactions on Industry Applications 138(4), 282-290, 2018

    J-STAGE 

Page Top