Search Results 1-20 of 858

  • 中規模キャベツ生産地域における任意出荷組合の意義 : 鹿嶋市小宮作地区を事例に  [in Japanese]

    羽田 司 , 村上 亮太 , 佐々木 励起 , Zhao Jun , 白 亜軻

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 133-151, 2020-03

    IR 

  • 地方都市における祭礼の維持形態に関する考察 : 鹿島神宮祭頭祭当番集落を事例に  [in Japanese]

    芳賀 幹大 , 佐藤 大輔 , 若松 英 , 王 嘉瑶 , 馬 詩維 , 郭 仕瑩 , 喜馬 佳也乃 , 卯田 卓矢 , 松井 圭介 , Keisuke MATSUI

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 109-131, 2020-03

    IR 

  • 茨城県潮来市における水郷空間の観光コンテンツ化プロセス  [in Japanese]

    坂本 優紀 , 松山 周一 , 郭 慶玄 , ZOU SIQI , 小原 悠太 , 狩野 仁慈 , 黄 天楽 , 伊藤 大生 , 秋山 千亜紀 , Chiaki AKIYAMA

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 93-108, 2020-03

    IR 

  • 鹿行南部におけるスポーツ合宿の特性と地域間連携の可能性  [in Japanese]

    吉沢 直 , 綾田 泰之 , 山口 桃香 , 武 越 , 李 詩慧 , 浅見 岳志 , 封 雪寒 , 張 羚希

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 77-92, 2020-03

    IR 

  • 地域産業政策と企業の進出経緯からみた鹿島臨海工業地帯の発展・維持  [in Japanese]

    川添 航 , 平澤 賢剛 , 江 夢萱 , 橋詰 あゆみ , 賀 璋 , 季 瑛琦 , 松井 圭介 , Keisuke MATSUI

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 59-76, 2020-03

    IR 

  • 鹿島開発以降の茨城県鹿嶋市における戸建住宅地区の形成とその変容  [in Japanese]

    鈴木 修斗 , 薄井 晴 , 平内 雄真 , 黄 璐 , 張 紅 , LI XUAN , 呉 玉婷 , 宋 新宇

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 31-57, 2020-03

    IR 

  • 茨城県鹿嶋市における商業地域構造の変容プロセスとそのメカニズムに関する研究  [in Japanese]

    岩井 優祈 , 海老沢 裕徳 , 村上 亮太 , 押見 隆弘 , 小林 飛文 , 周 伊萱 , 平根 由也 , 何 丹寧 , 莫 月月 , 松井 圭介 , Keisuke MATSUI

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 1-29, 2020-03

    IR 

  • 地域研究年報 第42号 : 序  [in Japanese]

    松井 圭介 , Keisuke MATSUI

    地域研究年報 = Annals of human and regional geography (42), 2020-03

    IR 

  • 長野県伊那市長谷・高遠区域における葬儀の変化  [in Japanese]

    喜馬 佳也乃 , 山口 桃香 , 李 詩慧 , 鄭 紫来

    本稿は,長野県伊那市長谷・高遠区域を事例に,社会変化に伴う葬祭方法の変遷について明らかにした.1970年代後半に土葬から火葬へと葬祭方法の転換が始まり,1980年後半までには火葬が一般化した.1990年以降になると,葬祭の場は自宅から公民館へと移転した.こうした葬祭の場が私的な場から公的な場へと変化したことで住民の葬儀に対する負担を軽減した.2000年代になると葬祭業者が参入するようになり,葬儀は …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 177-187, 2019-02

    IR 

  • 伊那市における宗教施設の維持と活動の変容 : 寺院・神社・教会の活動を通して  [in Japanese]

    川添 航 , 平澤 賢剛 , Zou Siqi

    本研究は,長野県伊那市における4宗教の活動について,地方都市における人口減少・高齢化の影響との関わりから検討した.伊那市が位置する上伊那地域における宗教の展開を概観すると,仏教寺院においては長野県全体の傾向と同じく曹洞宗寺院の割合が比較的高く,キリスト教教会においては戦後以降に伝道が行われ展開していった.現在の状況をみると,仏教寺院や神社の檀家・氏子は大多数の世帯が施設の周辺に分布しており,キリス …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 161-175, 2019-02

    IR 

  • 中山間農業地域における農地集積の展開 : 長野県伊那市羽広地区を事例に  [in Japanese]

    佐藤 壮太 , 村上 亮太 , 江 夢萱 , 橋本 操 , 山下 亜紀郎

    本研究は,中山間農業地域である羽広地区を対象に,農家の経営状況と地区内での余剰農地活用の取り組みの分析から,中山間農業地域における農地集積の展開を明らかにした.高齢化や離農によって農業労働力が不足する羽広地区では,農地集積によって余剰農地の有効活用が図られている.羽広地区における農地集積は,規模拡大を目指す販売農家の農地需要と,自らの農地を荒らさないことを重視する自給的農家の農地供給によって成り立 …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 141-160, 2019-02

    IR 

  • 伊那市における農山村移住の進展要因  [in Japanese]

    鈴木 修斗 , 岡田 浩平 , 万 毅 , 綾田 泰之 , 佐藤 壮太

    日本の農山村地域では,その活力低下への対応策として移住の促進がなされている.一方で,大都市圏住民を中心に田園回帰に対する要求も高まっている.本稿は,都市住民の移住が進む長野県伊那市において,農山村移住の進展要因の解明を目的とした.具体的には,伊那市における移住者受け入れの変遷,伊那市行政および地域コミュニティの取り組みの特徴を把握した上で,伊那市へと移住してきた世帯の移住のきっかけ,居住地選択要因 …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 121-139, 2019-02

    IR 

  • 中山間地域における住民主体の公共交通維持への 取り組みとその背景 : 長野県伊那市新山地区を事例に  [in Japanese]

    長﨑 宏輝 , 吉田 真 , 神田 笙太 , 原 遼平 , 張 詩遥

    本稿は,長野県伊那市新山地区における公共交通維持への住民主体の取り組みとその背景について明らかにすることを目的とする.伊那市内には主に行政が主体となって運行するバスによって公共交通網が維持されている.その市街地を除くほとんどの路線で利用者の減少が問題となっている.しかし新山地区においては路線維持活動が活発になった2016年より利用者が増加している.この取り組みにより,バス路線の維持が可能になったほ …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 107-119, 2019-02

    IR 

  • 新規開業店舗からみた伊那市中心市街地における 商業機能の変容  [in Japanese]

    小室 譲 , 有村 友秀 , 白 奕佳 , 平内 雄真 , 武 越 , 堤 純 , 加藤 ゆかり

    本稿の目的は,長野県伊那市を事例に2000年代以降の新規店による提供商品・サービス,および顧客変化に着目することで,中心市街地における商業機能の変容を検討することである.伊那市中心市街地では,低廉なテナント料,移住や創業を支援する行政施策が奏功して,①カフェやダイニングバーなどの新たな業態の飲食店,②オーガニック商品やデザイン性の高い服飾雑貨などの物販店,③ピアノ教室や陶芸教室などの教育関連施設や …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 53-71, 2019-02

    IR 

  • 伊那市高遠町における商業機能の変容と花見観光の関係性  [in Japanese]

    吉沢 直 , 薄井 晴 , 郭 慶玄 , 矢ケ﨑 太洋 , 呉羽 正昭

    本研究は,桜の名所である伊那市高遠町の「ご城下通り商店街」を対象に,商業機能の変容と花見を中心とした観光との関係性を明らかにした.高遠町は,伊那市の観光政策において重要な観光資源を多く有する.しかし,その主要な観光イベントである「さくら祭り」の入場者数は2000年ごろから減少し,各年の開花状況の影響を受ける不安定な観光資源となった.ご城下通り商店街は,地方商店街の全国的な動向と同様に衰退傾向にある …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 33-52, 2019-02

    IR 

  • 長野県における秋葉街道の復興と活用  [in Japanese]

    周 宇放 , 劉 斐 , 芳賀 幹大 , 張 雲奇 , 呉羽 正昭

    本研究は,長野県南信地方における歴史的街道である秋葉街道の復興経緯に着目し,関連する各地域による秋葉街道をめぐる取り組みを比較し,地域により扱い方が異なる要因を解明するものである.秋葉街道は江戸時代の秋葉信仰の広がりにより,静岡県浜松市に位置する秋葉神社への参詣道として利用されていた道であった.昭和時代にインフラ整備が進むと,秋葉街道の一部は国道に変わり,残った部分はほとんど利用されなくなった.し …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 21-32, 2019-02

    IR 

  • 中央アルプスにおける登山ガイドと地域とのかかわり : 伊那市・駒ヶ根市における関係組織の分析  [in Japanese]

    松村 健太郎 , 山本 純 , 佐藤 大輔 , 呉羽 正昭

    本稿は,中央アルプスにおいて「木曽駒ヶ岳」を中心に活動する山岳会および南信州山岳ガイド協会を事例に,登山ガイド活動の役割とその成立基盤を明らかにした.中央アルプスにおける登山ガイド活動は,伊那市・駒ヶ根市に1950年代に発足された山岳会の活動を基盤としていた.各山岳会では,海外遠征登山,学校登山の引率,遭難防止対策協会への協力等を経て,登山ガイド,山案内人としての知識創造や人材育成がなされた.山岳 …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 1-19, 2019-02

    IR 

  • 長野県伊那市における高齢者の購買行動とその利便性に関する研究 : 市街地周辺地域と中山間地域の比較を通して  [in Japanese]

    岩井 優祈 , 張 瑞雪 , 劉 博文 , 海老沢 裕徳

    本研究はコミュニティ(地域社会)レベルとして長野県伊那市の城南町と北和田の2地域を対象に,高齢者住民による食料品の購買行動に対する利便性の地域的差異を,空間的近接性と社会的近接性,および買い物支援サービスによる影響から総合的に検討した.分析の結果,空間的な近接性に関して買い物環境が良好な城南町では,店舗選択に対する距離逓減効果が確認された.しかし北和田では,どの店舗へのアクセスにも一定以上の距離が …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 87-105, 2019-02

    IR 

  • 産業空洞化期における地方工業集積地の変容 : 長野県上伊那地域を事例に  [in Japanese]

    麻生 紘平 , 八木 芙雪 , 李 一峰

    本研究では長野県上伊那地域を事例に,産業空洞化期における中小規模製造業者による地方工業集積の変容を明らかにした.上伊那地域では第2次世界大戦中,京浜工業地域より疎開した企業による工業化が進展し,戦後,大規模工場からの独立創業を経て工業集積が形成された.1980年代中盤より進行した大規模工場の海外移転やバブル崩壊後の経済不況により産業空洞化が進行した.産業空洞化により,上伊那地域の中小規模製造業者は …

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 73-85, 2019-02

    IR 

  •  [in Japanese]

    呉羽 正昭

    地域研究年報 = Annals of Human and Regional Geography (41), 2019-02

    IR 

Page Top