Search Results 1-20 of 2817

  • Utilization of Displacement Monitored by GPS for Safety Management of Rockfill Dams  [in Japanese]

    NAKASHIMA Shinichiro , SHIMIZU Norikazu , KOBORI Toshihide , YAMAGUCHI Yoshikazu

    … GPS計測システムが導入された2基のロックフィルダムについて,貯水位-堤体水平変位関係の平均勾配から,堤体の変形特性の経年推移を評価した。 … 石淵ダムでは東北地方太平洋沖地震時に10mm程度堤体が変位し,変形特性が一時的に変化したように見受けられたが,その後は地震前と同様の変形特性に回復し,地震による顕著な影響は受けなかったものと判断された。 …

    Journal of Japan Society of Dam Engineers 31(1), 53-63, 2021

    J-STAGE 

  • Deformation Properties of Laser Peen Forming Using Sub-nanosecond Microchip Laser  [in Japanese]

    SAGISAKA Yoshihiro , KAWASAKI Taisuke , YAHIA Vincent , TAIRA Takunori , SANO Yuji

    <p>A high-power pulsed microchip laser, which has a pulse duration of sub-nanosecond order, had been developed. A focused microchip laser pulse can induce an effective shock wave for deforming t …

    Journal of the Japan Society for Technology of Plasticity 62(720), 8-13, 2021

    J-STAGE 

  • 土木部門 鉄道橋梁橋脚の耐震設計における土の変形特性試験の影響  [in Japanese]

    神澤 拓 , 山本 昌徳 , 鈴木 聡 , 井澤 淳

    日本鉄道施設協会誌 = The journal of Japan Railway Civil Engineering Association 58(8), 609-612, 2020-08

  • Study on quantitative evaluation method of large deformation characteristics of vibration-isolated laminated rubber bearing for bridge  [in Japanese]

    東 哲平 , 古賀 掲維 , 出水 享 , 今井 隆 , 原 暢彦 , 宮本 拓海 , 松田 浩

    Laminated rubber bearings are widely used as vibration isolation bearings for bridges. The purpose of this study is to quantitatively evaluate the large deformation characteristics of laminated rubber …

    長崎大学大学院工学研究科研究報告 = Reports of Graduate School of Engineering, Nagasaki University 50(95), 48-54, 2020-07

    IR 

  • 高性能床版の研究開発 : 鋳鉄を用いた道路橋床版 (特集 新しい建設材料)  [in Japanese]

    山口 栄輝 , 飛永 浩伸 , 村山 稔

    建設機械施工 = Journal of JCMA : 一般社団法人日本建設機械施工協会誌 72(2), 26-30, 2020-02

  • Evaluation of Vibration and Long-term Deformation Characteristics of RC Shells(Part-4)Analysis of the Effects of Creep on Ultimate Strength of Spherical Shells  [in Japanese]

    四方田 彩花 , 菅原 真帆 , 武藤 厚

    日本建築学会東海支部研究報告集 Proceedings of Tokai Chapter Architectural Research Meeting (58), 113-116, 2020-02

  • Experimental Studies on Deformation Evaluation of Steel Wire Mesh for Rational Design of Gabion Structure - Basic Research for Constructing the Theoretical System of Gabion -  [in Japanese]

    中澤 博志 , 末次 大輔 , 原 忠 , 栗原 裕之 , 中村 有志 , 有門 和広 , 西 剛整

    … に立ち返り,金網そのものの変形メカニズムを詳細に把握する必要があると考えた.本研究では,形状の異なる金網の引張試験を実施し,その強度および変形特性の把握と数値解析を試みた.引張試験から,金網形状と引張方向により変形特性が異なり,金網の節点と引張が作用する方向が重要であること,および梁要素を用いた FEM 数値解析により試験結果の再現が可能であることを示した.Gabio …

    防災科学技術研究所 研究資料 = Technical Note of the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience (440), 1-26, 2020-01-24

    IR  DOI 

  • 新第三紀火山岩類中に見られる固結した破砕部の強度・変形特性  [in Japanese]

    松村 和雄 , 西本 真也 , 上原 康裕

    Electric power civil engineering = 電力土木 (405), 65-68, 2020-01

  • Observation of contact area of rubber materials sliding on rough surface and quantification of deformation characteristics of contact region  [in Japanese]

    MASUTANI Ryosuke , MAEGAWA Satoru , ITOIGAWA Fumihiro

    <p>In this study, we have developed a friction tester that can simultaneously measure the real contact area and friction coefficient when the rubber material slides on a rough surface. The syste …

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan 2020(0), S11330, 2020

    J-STAGE 

  • Evaluation of deformation characteristics of porous polymer membrane by biaxial tensile test.  [in Japanese]

    MIURA Tatsuma , EMORI Kanako , Kodaira Yasuhisa , YONEZU Akio

    <p>Porous polymer membrane having numerous pores may exhibit large deformation and its anisotropy, which is dependent on inherent porous structure. For such anisotropic porous materials, it is i …

    The Proceedings of Conference of Kanto Branch 2020(0), 16A04, 2020

    J-STAGE 

  • STUDY ON DEFORMATION CHARACTERISTICS OF EXISTING BALLASTLESS TRACK APPLYING ROADBED IMPROVEMENT  [in Japanese]

    ITO Kazuki , MOMOYA Yoshitsugu , KIJIYA Ippei , TAKAHASHI Takatada

    … 慮している現状がある.そこで,本研究では新たに敷設する既設線省力化軌道を対象とした路盤改良工法を開発するため,実物大軌道模型を用いた繰返し載荷試験を行い,路盤改良後の既設線省力化軌道の変形特性を評価した.その結果,実物大軌道模型に用いた路床土の繰返し三軸圧縮試験により,路盤改良を適用した場合の既設線省力化軌道の塑性沈下を推定できることがわかった.さらに,路盤改良を適用した場 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. E1 (Pavement Engineering) 76(2), I_305-I_313, 2020

    J-STAGE 

  • Noble gases and deformation history of Finero phlogopite peridotite massif, northern Italy  [in Japanese]

    Fukushima Nanae , Sumino Hirochika , Kobayashi Masahiro , Ando Junichi , Kaushik DAS , Yamamoto Takafumi , Kagi Hiroyuki

    … マントル領域の水が変形特性に与える影響に着目した。 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 67(0), 118, 2020

    J-STAGE 

  • Study of optimum cooling conditions of built-in motor spindle:1st report : Thermal simulation of built-in motor spindle  [in Japanese]

    KUSUYAMA Jumpei , KOMATSU Kanae , HASHIMOTO Takumi , TANADA Yosuke , NAKAO Yohichi

    … タや複合加工機の場合,工具交換機能を有しており,工具の種類や工具径を変えながら加工が進められるため,主軸回転数も頻繁に変化させることになる.その結果,主軸回転数によってモ-タ発熱量や熱変形特性は変化する.したがって,スピンドルの発熱特性を把握して,適切な冷却構造をスピンドルに具備させたうえ,適切な冷却条件で冷却を行うことによって,高い加工精度を実現することが望まれる.とくに …

    Journal of the Japan Society for Abrasive Technology 64(5), 254-259, 2020

    J-STAGE 

  • INFLUCENCES OF STRAIN HISTORY AND TIME PERIOD OF CREEP AFTER UNLOADING ON STRENGTH AND DEFORMATION CHARACTERISTICS OF EXPANDED POLYPROPYLENE BLOCK  [in Japanese]

    Kyokawa Hiroyuki , Maqsood Zain , Koseki Junichi

    … ある.本研究では,緩衝特性および復元特性に優れているとされる発泡ポリプロピレン(EPP)ブロックについて,載荷ひずみ速度,ひずみ履歴,除荷後のクリープ期間を変えた一軸圧縮試験によりその強度・変形特性の検証を行った.実験結果より,EPPブロックの応力ひずみ関係は弾粘塑性挙動を示し,除荷後の残留ひずみは時間とともに減少,つまりクリープ膨張し,同時に再載荷剛性も増加することが確認された. …

    Geosynthetics Engineering Journal 35(0), 103-108, 2020

    J-STAGE 

  • DEFORMATION CHARACTERISTICS AND PRESSURE RECEIVING TENDENCY OF GEOMEMBRANE LOADED FROM STONE APEX  [in Japanese]

    HASHIMOTO Ko , SUMIYAMA Takuya , FURUICHI Kenji , YOKOYAMA Yoshinori , NISHIMURA Masaki , YAMASAKI Tomohiro , KATSUMI Takeshi

    管理型廃棄物海面処分場の護岸法面に敷設される遮水シートの両面には保護マットが一体化加工され,上下には砕石(粒径60 mm以下)が配置されるが,砕石が波浪により洗堀されて法面出来形が設計形状を満足しないことが懸念される.対策として,洗堀されない大きさの下地石材上に遮水シートを敷設する構造が検討されている.本研究では,室内貫入実験および数値解析により,最下層の保護マットに基布を内挿した単位面積質量15 …

    Geosynthetics Engineering Journal 35(0), 45-52, 2020

    J-STAGE 

  • A STUDY ON THE DAMAGE CHARACTERISTICS OF RUBBLE MOUND DURING CONSTRUCTION BY WAVES  [in Japanese]

    SAKAI Daiki , TSUJIMOTO Gozo , KANAZAWA Tsuyoshi , KANDA Taisei

    … 台風等による高波浪が作用し,被災することが現場で問題となっている.しかし,施工中の捨石堤に着目した研究は十分ではなく,捨石堤の被災過程や変形特性については不明瞭な点が多い.そこで本研究では,施工途中の捨石堤の被災変形特性について検討した.天端高の低下は,天端幅が広いケースで緩やかになり,沖側への被災は波が作用してから1時間(現地換算)でピークを迎えた.統計 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_877-I_882, 2020

    J-STAGE 

  • DEVELOPMENT OF A MORPHOLOGY CHANGE MODEL TO EXAMINE COUNTERMEASURS AGAINST CLOSURE OF THE MOUTH OF HOJO-RIVER FLOODWAY  [in Japanese]

    YASUMOTO Yoshiyuki , MATSUI Toshiki , ONO Nobuyuki , KASAMO Kenki , MORI Isao

    … な対策を行っているが,対策工の検討を含め,効果的かつ効率的な河口の管理が求められている.本研究は,北条川放水路の河口砂州変形メカニズムについて既存資料をもとに分析し,抽出した河口砂州の変形特性を再現する地形変化モデルを構築したものである.北条川放水路の河口砂州について,CCTV画像等から出水と波浪による砂州変形過程を詳細に分析した.河道内水位が砂州高を越えるとフラッシュが急速に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_505-I_510, 2020

    J-STAGE 

  • BEACH DEFORMATION ANALYSIS BY COMBINING NETWORK CAMERA AND UAV-SFM/MVS SURVEY  [in Japanese]

    CHO Yonghwan , NAKAYAMA Ryoya , KIKU Masami , NAKAMURA Tomoaki , MIZUTANI Norimi

    <p> 本研究では,七里御浜井田海岸を対象に,UAV-SfM/MVS測量から作成したオルソモザイクを用いてネットワークカメラの画像解析の改良を行うとともに,ネットワークカメラの画像から抽出した水際線の位置とUAV-SfM/MVS測量により得たDEMを組み合わせた地形変化特性の検討を行った.その結果,ネットワークカメラ画像から得られた水際線の位置は,DEMとの比較により標高1~2mの範囲 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_655-I_660, 2020

    J-STAGE 

  • Modeling of indentation characteristics in shape memory polymer foam  [in Japanese]

    CHIKUSHA Yamato , TAKEDA Kohei , HAYASHI Shunichi

    The Proceedings of Conference of Tokai Branch 2020.69(0), 217, 2020

    J-STAGE 

Page Top