Search Results 1-7 of 7

  • Evolution of pathogenicity in the <i>Alternaria</i> plant pathogens  [in Japanese]

    KODAMA M.

    … そのため,HSTを病原菌エフェクターとして認知し,その生合成の分子機構と多様性創出機構,また,宿主植物における感受性誘導(抵抗性制御)機構を明らかにすることが,植物病原菌,とりわけnecrotroph病原糸状菌における病原性進化の分子機構解明に通じると考えられる。 …

    Japanese Journal of Phytopathology 85(3), 175-178, 2019

    J-STAGE  JASI 

  • Ecological speciation  [in Japanese]

    Matsubayashi Kei W. , Fujiyama Naoyuki

    … 生態的種分化は、進化学や生態学、遺伝学といった複数の分野を横断する仮説であるが、近年のこれらの分野における概念的統合およびゲノミクスとの融合に伴い、理論的に洗練された検証可能な作業仮説として、いまや多様性創出機構の議論に欠かすことのできないものとなってきた。 …

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 66(3), 561-580, 2016

    J-STAGE  JASI 

  • Through the Looking-Glass: the roles of ant-mimicry in creating and maintaining tropical biodiversity  [in Japanese]

    Hashimoto Yoshiaki

    アリ類の多様性がきわめて高い熱帯林では、アリ類に擬態する生物の多様性も高いことが知られている。本研究では、ボルネオ島のランビルヒルズ国立公園をはじめ、東南アジア熱帯林で、多様性創出維持機構としてのアリ擬態の実態を解明するために、アリ擬態するハエトリグモ科アリグモ属の種多様性と同所に出現するアリ類多様性との関係や、画像解析技術を活用したアリグモ類の擬態マッチングの解析、安定同位体を用いたアリグモ類の …

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 66(2), 407-412, 2016

    J-STAGE  JASI 

  • Are there associations between ant-mimicking spider and ant diversity in tropical forests?  [in Japanese]

    橋本 佳明

    昆虫と自然 48(12), 7-10,図巻頭1p, 2013-11

  • Studies on Fungal Meroterpenoid Biosynthesis  [in Japanese]

    Matsuda Yudai , Awakawa Takayoshi , Wakimoto Toshiyuki , Abe Ikuro

    <p>1. はじめに</p><p> メロテルペノイドとはテルペノイド骨格を部分構造として有する化合物の総称である<sup>1</sup>。特に糸状菌からは、コレステロール低下剤として臨床応用が期待されるpyripyropene A<sup>2</sup>や、その誘導体が免疫抑制剤として用いられるmycophenol …

    Symposium on the Chemistry of Natural Products, symposium papers 55(0), Oral33, 2013

    J-STAGE 

  • Species-specific Rtranscriptional activation directed by pseudogene-insertion-derived promoter-associated noncoding RNA (pancRNA) in macaques  [in Japanese]

    UESAKA Masahiro , NISHIMURA Osamu , OISHI Takao , IMAI Hiroo , AGATA Kiyokazu , IMAMURA Takuya

    … 生物多様性創出機構の理解には、遺伝子発現のスイッチに関わる分子の種特異性にも着目する必要がある。 …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 104(0), 306-306, 2011

    J-STAGE 

  • Clustered protocadherin family  [in Japanese]

    平山 晃斉 , 長谷川 園子 , 八木 健

    蛋白質核酸酵素 53(4), 358-364,299~300, 2008-03

    Ichushi Web 

Page Top