Search Results 1-3 of 3

  • 内閉鎖筋への徒手的介入が骨盤底・腹横筋・多裂筋へ及ぼす影響  [in Japanese]

    愛下 由香里 , 平賀 真雄

    … 今回、骨盤底筋である肛門挙筋と、筋連結のある内閉鎖筋リリース介入前後での、股関節角度・骨盤底・腹横筋収縮の変化、多裂筋筋硬度を超音波画像診断装置にて計測し、若干の知見を得たので報告する。 … 多裂筋筋硬度については、介入側の方が、非介入側と比較し筋硬度が高い傾向にあった。 …

    Proceedings of Joint Congress of Physical Therapist and Occupational Therapist in Kyushu 2016(0), 191-191, 2016

    J-STAGE 

  • 安静時と収縮時における多裂筋筋硬度の比較:超音波診断装置Real-time Tissue Elastographyを用いて  [in Japanese]

    村上 幸士

    … 測定は,Strain Ratio計測を用い,一定の硬さであるUltrasound Gel Padを基準とし,安静時と収縮時の多裂筋筋硬度を算出した。 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2014(0), 0243, 2015

    J-STAGE 

  • Right and Left Differences in Multifidus Muscle Hardness in Chronic Low Back Pain  [in Japanese]

    UBUKATA Hitomi , HUO Ming , MARUYAMA Hitoshi

    〔目的〕腰痛の有無および疼痛側と非疼痛側を比較し,腰痛と多裂筋の筋硬度の関係を調査することを目的とした.〔対象〕健常成人(以下,健常群)6名と一側に慢性腰痛を持つ者(以下,腰痛群)11名とした.〔方法〕L5棘突起より2.5 cm側方の多裂筋を筋硬度計にて測定した.〔結果〕健常群に比べ,腰痛群の筋硬度は疼痛側,非疼痛側共に有意に低値であった.腰痛群では非疼痛側に比べ,疼痛側の筋硬度は有意に高値を示し …

    Rigakuryoho Kagaku 29(1), 101-104, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top