検索結果 39027件中 1-20 を表示

  • QueReSeek feat. Wikipedia: 辞書を用いたキーワード繋がりによるウェブコンテンツの検索

    丹 英之 , 大向 一輝 , 武田 英明

    … <p>検索履歴の共有によるコミュニティに特化したウェブコンテンツの連想検索手法を拡張し,辞書で定義された言葉で繋がるコンテンツの検索システムを構築した.本稿では,群衆の叡智であるWikipediaを辞書に用いることで,集合知の視点からウェブ空間を俯瞰し,閲覧中コンテンツの近傍にあるコンテンツを探し出す,QueReSeek feat. …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 3E3NFC26-3E3NFC26, 2018-07-30

    J-STAGE

  • マインドフル・ドライビング:fNIRS を用いた自動車運転中の注意状態の分析

    藤原 侑亮 , 日和 悟 , 廣安 知之

    … ンダリングを検出することが重要である.そこで本稿では,脳活動を用いて運転時のマインドワンダリングの検討を行った.ドライビングシミュレータ環境でドライバのマインドワンダリング状態が行動から定義され、そのときの脳活動をfunctional Near Infrared Spectroscopy(fNIRS)を用いて計測し.検討した.脳活動の指標にはfractional amplitude low-frequency fluctuation(fALFF)を用いた.結果から,運転時のマインドワンダリングが …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 3Z201-3Z201, 2018-07-30

    J-STAGE

  • RFIDと加速度センサを使ったコンテクスト依存型会話システムの設計

    瑞慶山 浩希 , 沼尾 雅之

    … 本研究では、さまざまなデータを得られるユビキタス環境下の空間を利用してのメッセージ発信システム、コンテクスト依存型言語の定義を行い、直観的な動作で会話ができるシステムの設計を目的とする。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 2A33-2A33, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 行為分解木に対する多様な観点に基づいた絞り込み表示機能の実装

    今園 真聡 , 來村 徳信

    … 絞り込みに用いる観点として、「一般的な観点」と「分野固有の観点」の2つを定義し、多様な観点から絞り込みを行えるようにした。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2H101-2H101, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 時系列マルチモーダル情報の分節・分類に基づく物体と動作の統合概念学習

    布川 遼太郎 , 宮澤 和貴 , 中村 友昭 , 長井 隆行 , 金子 正秀

    … ロボットも概念を用いることで,可観測情報から未観測情報を予測し,未知の事象への対応が可能となると考えられる.我々は,概念を「知覚情報をクラスタリングすることによって形成されるカテゴリ」と定義する.本稿では,複数の知覚情報の共起に基づいて時系列マルチモーダル情報を分節し,そのカテゴリを教師なしで推定する手法を提案する.実際にロボットが物体を操作することで取得した物体画像とロボ …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 1G305-1G305, 2018-07-30

    J-STAGE

  • グループディスカッション参加者の役割に基づいた会話状況とコミュニケーション能力の分析

    張 琪 , 木村 清也 , 黄 宏軒 , 岡田 将吾 , 林 佑樹 , 高瀬 裕 , 中野 有紀子 , 桑原 和宏

    … に繋がるメンバ間の円滑なコミュニケーションが必要不可欠であり,多くの企業がグループディスカッションを採用選考に用いるようになってきている.我々はコミュニケーション能力の印象評価の向上を支援するシステムにおいて参加者の役割による影響に着目している.本論文は,役割の定義,及び,それに基づいた会話状況とコミュニケーション能力の印象評価関の関係についての分析結果を報告する.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2017(0), 2H4OS35b2-2H4OS35b2, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 学術文献データから構成される共著ネットワークを用いた有望な研究者の探索

    藤田 正典 , 青木 健 , 井ノ上 寛人 , 寺野 隆雄

    … 学分野を事例として,科学技術振興機構(JST)が提供する学術文献データから構成される共著ネットワークを分析することで将来有望と思われる研究者を探索する手法を提案する.共著ネットワークにおける中心性の高い研究者を優秀な研究者と定義し,中心性の時間の推移による研究者の成長過程を分析することにより,有望な研究者を探索するとともに,有望な研究者の特性を明らかにすることを目指す.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2017(0), 2N4OS31b4-2N4OS31b4, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 図形認識のための多層ニューラルネットにおける大局構造の抽出

    渡邊 千紘 , 平松 薫 , 柏野 邦夫

    … 造の単純化を行っていたが,コミュニティ間がどの程度強く結びついているかを知る方法は存在していなかった.本研究では,多層ニューラルネットから抽出されたコミュニティ構造に対し,新たな結合束の定義法と可視化手法を適用することにより,各コミュニティが入力側の層におけるどのコミュニティと最も強く結びついているかを知ることを可能にした.また,実際に図形認識のデータセットを用いて学習した …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2A402-2A402, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 旋律の逆行とタイムスパン木に対するflip操作

    平田 圭二 , 東条 敏

    … <p>タイムスパン木のprimary枝とsecondary枝を左右入れ換えるようなflipと呼ばれる操作を定義する.flipされたタイムスパン木をレンダリングすると逆行した旋律が得られる.さらにflip操作の性質について議論し,相対擬補元の近似であることを示す.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2015(0), 2C5OS21b3-2C5OS21b3, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 地域情報資源としての地域内在型物語の発想・創作支援および配信手法

    柊 和佑 , 泉 志帆莉 , 安藤 友晴

    … そこで本研究は、地域と結びついて創作される物語を地域内在型物語と定義し、住民によるプロットの共有、それらを利用した物語断片の創作と地域への配置システムを構築し、物語構造を維持したまま読者の居場所に応じて配信する手法を構築した。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2014(0), 4M12in-4M12in, 2018-07-30

    J-STAGE

  • Relation Extraction using Relational Duality

    ボッレーガラ ダヌシカ , 石塚 満

    … <p>エンティティ間の関係はその関係にある他のエンティティ対を列挙することによって外延的に、関係の特徴を規定することによって内包的に定義することができる。 … 本研究ではこれらの双対する関係の定義に基づく共クラスタリングアルゴリズムを提案し、そのアルゴリズムを用い、与えられたコーパスの中からエンティティ間の関係を抽出する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 3D22-3D22, 2018-07-30

    J-STAGE

  • CLPを用いたナース・スケジューリング問題における実用解の効率的探索

    西川 理規 , 松井 藤五郎 , 大和田 勇人

    … そこで本研究では、制約論理プログラミングを用いて、各ナースの出来る仕事やスキルなどの情報を定義し、それらを制約として探索戦略に組み込むことにより、対象となる現場に応じた実用的な勤務表を効率的に作成することを可能にした。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 2H32-2H32, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 群れの運動の内在的な切り替え

    新里 高行 , 村上 久 , 郡司 幸夫

    … <p>群れを理論的に扱うのに際して、これまでさまざまなモデルが定義されてきたものの、群れの中で実際には何が起こっているのか?という事を実証しようとする研究は未だ少ない。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2014(0), 2N4OS03a4-2N4OS03a4, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 非対称な制約最適化問題におけるボトルネック最適化手法の一検討

    松井 俊浩

    … これに対し,近年,目的関数が個々のエージェントについての評価として定義される非対称な問題が検討されている. …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 3J201-3J201, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 介護現場における知識共有のための介護オントロジー構築の試み

    福島 良紀 , 西村 悟史 , 福田 賢一郎 , 西村 拓一 , 來村 徳信

    … このオントロジーは主に対象物の状態変化によって、介護行為を定義する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2H103-2H103, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 擬人化エージェントの外見がユーザに与える印象

    松井 哲也 , 山田 誠二

    … <p>本研究では擬人化エージェントの外見が持つ性質として,「実在性」「親和性」「信頼性」「感情想起性」「知識豊富性」の5つを定義し,19人の被験者に対して,24体の擬人化エージェントについてこの5つの尺度を評価してもらった. …

    JSAI大会論文集 JSAI2017(0), 1L22-1L22, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 時系列勾配ブースティング木による分類学習

    中川 慧 , 今村 光良 , 吉田 健一

    … 時系列間の非類似性は、Dynamic Time Warping(DTW)または金融時系列に対してはIndexing DTWによって定義される。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2J203-2J203, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 弁別性の実装による擬人化エージェントへの信頼感の向上

    松井 哲也 , 山田 誠二

    … 本研究では,「弁別性」を「話題に応じて推薦戦略を変えること」と定義し,論理的推薦戦略と感性的推薦戦略という2つの戦略を定義した. …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 4J102-4J102, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 論理プログラムの統一的な意味論

    秋葉 澄孝

    … <p>論理プログラムから決定される写像を定義する.この写像の無矛盾 な不動点は元の論理プログラムのモデルとみなすことができ, well-founded model や answer set model もこの写像の無矛盾な 不動点である.つまりこれらのモデルはこの写像の無矛盾な不動点 という意味で同種類のモデルといえる.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 2H14-2H14, 2018-07-30

    J-STAGE

  • ユーザの視点に基づいたis-a階層の動的生成に関する基礎的考察

    日原 圭佑 , 古崎 晃司 , 溝口 理一郎

    … ロジーの構築・利用においては,構築者や利用者の専門分野や関心の違いによって対象世界の捉え方が異なり,is-a階層を一意に定めることが好まれない場合がある.そこで本研究では,is-a階層を捉える際の視点を定義し,1つのオントロジーから視点に応じてis-a階層を動的に生成する枠組みについて考察する.そしてその考察を基に,利用者の視点に基づいたis-a階層の動的生成を実現するツールを開発する.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 2B14-2B14, 2018-07-30

    J-STAGE

ページトップへ