検索結果 131件中 1-20 を表示

  • バリア同期と共有メモリを備えたGPGPUプログラム合成器Kani-CUDA

    蟹 暁 , 朝倉 泉 , 増原 英彦 , 青谷 知幸

    … 合が起きないことの確認などである.このような難しさに対してGPGPUプログラミングを支援するためのプログラム合成器が考案されている.しかし,これらの合成器はバリア同期や共有メモリがない単純な実行モデルを採用しているため,高度な最適化がなされたプログラムを扱うことができなかった.そこで我々はバリア同期と共有メモリを備えたよりCUDAに近い意味論を持ったプログラム合成器Kani-CUDAを提案する.Kan …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 10(5), 5-5, 2017-11-14

    情報処理学会

  • 離散時間実行環境におけるYampaプログラムの振舞いモデル (ディペンダブルコンピューティング)

    市橋 友樹 , 結縁 祥治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(249), 19-24, 2017-10-19

  • 離散時間実行環境におけるYampaプログラムの振舞いモデル (ソフトウェアサイエンス)

    市橋 友樹 , 結縁 祥治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117(248), 19-24, 2017-10-19

  • Ruby 3に向けた新しい並行実行モデルの提案

    笹田 耕一 , 松本 行弘

    … うな共有を制限する方法が必要である.プログラミング言語Rubyの次期メジャーバージョンであるRuby 3では,マルチスレッドプログラミングの持つ難しさを緩和するため,"Guild" というRuby向けの新しい並行実行モデルを検討している.インタプリタは1つ以上のGuildを持つ.変更可能なすべてのオブジェクトはある1つのGuildに所属し,Guild間では,変更可能なオブジェクトを共有しない.ただし,不変オブジェクトや,ク …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 10(3), 16-16, 2017-06-16

    情報処理学会

  • Yampaプログラム実行のための振舞いモデル (知能ソフトウェア工学)

    市橋 友樹 , 結縁 祥治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(128), 99-104, 2016-07-13

  • Yampaプログラム実行のための振舞いモデル (ソフトウェアサイエンス)

    市橋 友樹 , 結縁 祥治

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(127), 99-104, 2016-07-13

  • Xeon Phi搭載計算機におけるDMA・MMIO併用型CPU間データ通信機構

    佐藤未来子 , 島田明男 , 吉永一美 , 辻田祐一 , 堀敦史 , 石川裕 , 並木美太郎

    … スク連携を低オーバヘッドで実現するためのプログラム実行基盤 「Multiple PVAS」 を提案している.Multiple PVAS は,マルチコア・メニーコア上の各タスクのアドレス空間が単一の仮想アドレス空間を形成する実行モデルであり,双方の CPU で管理する物理メモリに対して Memory Mapped I/O(MMIO) 方式によるデータアクセスをサポートして,異なる CPU 上のタスク同士が協調動作可能な実行基盤を実現している.本研究では、 …

    研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS) 2014-OS-130(17), 1-7, 2014-07-21

    情報処理学会

  • 分散プログラミング言語X10を用いたアナリティクスライブラリの実装と評価

    千葉立寛 , 竹内幹雄 , 戸澤晶彦

    … ングする必要もあり,実装の生産性が低くなるという問題点もある.本稿では,アルゴリズムを実装する際の生産性と実行時の性能スケーラビリティを両立するための実行モデルとして,分散環境上でのアプリケーション実行モデルの 1 つである PGAS モデルに着目し,PGAS および分散プログラミング言語 X10 でアナリティクスライブラリを記述するメリットについて論じる.それを踏まえ,X10 …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2014-HPC-145(38), 1-9, 2014-07-21

    情報処理学会

  • マルチコア・メニーコア混在型計算機におけるMultiple PVASを用いたMPI AgentによるMPI通信の基礎評価

    佐藤未来子 , 深沢豪 , 島田明男 , 吉永一美 , 辻田祐一 , 堀敦史 , 石川裕 , 並木美太郎

    … タスク配置とタスク連携を低オーバヘッドで実現するためのプログラム実行基盤 「Multiple PVAS」 を提案している.Multiple PVAS では,マルチコア・メニーコア上のタスクが同一の仮想アドレス空間で動作する実行モデルであり,双方の CPU に対してタスクを起動・制御,処理委託ができる自由度の高い実行基盤である.本論文では,Multiple PVAS の実行基盤を活用する I/O デリゲーション方式について述べ,I/O デリゲーション …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2014-HPC-144(17), 1-8, 2014-05-19

    情報処理学会

  • 操作の連続性を考慮した投機計算を行うインタラクティブシミュレーションシステム

    松井祐太 , 岩永翔太郎 , 福間慎治 , 森眞一郎

    … 有限要素モデルの次元数は低く抑えられてしまい,精度が低いシミュレーションとなる.そこで本論文では,より次元数の高い,すなわち高精度なシミュレーションを実現する手法として,対話的な操作の連続性に着目し,係数行列の変化を予測して求解時に必要となる前処理行列を投機的に計算する投機実行モデルを提案する.また,提案モデルに基づいたプロトタイプシステムの実装ならびに評価を行い報告する. …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2014-HPC-143(13), 1-10, 2014-02-24

    情報処理学会

  • FLAT:MPIを埋め込み可能なGPUプログラミングフレームワーク

    島 圭吾 , 吉見 真聡 , 三好 健文 , 近藤 正章 , 入江 英嗣 , 本多 弘樹 , 吉永 努

    … を埋め込み可能なGPUプログラミングフレームワーク"FLAT"を提案する.FLATを用いることでGPUコードにMPI関数が記述できるようになるため,GPU間で転送されるデータが明確化される.本論文では,まず,FLATの実行モデルと実装方法について述べる.その後,LivermoreループLoop18,オプティカルフロー計算の2つの実プログラムを用いてFLATの有効性と実行性能を示す.実験の結果,GPUコードの計算粒度が粗粒度の場合,FLATの利 …

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS) 6(4), 105-116, 2013-10-30

    情報処理学会

  • PGAS言語XcalableMPのメニーコアプロセッサクラスタ向け実行モデルの検討

    池井満 , 佐藤三久

    … 本発表では、XMP でのプログラミングモデルの性質を利用して、このような 2 階層の並列性を有効に実現するために、そのプログラム実行モデルの検討を行った。 …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2013-HPC-140(36), 1-8, 2013-07-24

    情報処理学会

  • 同期実行モデルを用いた並行状態グラフ上のNスイッチテストについて

    高島和紀 , 古川善吾 , 高木智彦

    … フの節点は,複数のオブジェクトの状態の組合せであり,1つの枝で変化するオブジェクトの状態は1つだけである.本研究では,1つの枝で複数のオブジェクトの状態変化を記述できるように拡張した同期実行モデルを提案した.これによって,バグの潜んでいる可能性の高い領域とそうでない領域に分け,後者を素早くチェックすることによる効果的なテストが期待できる.本稿では,テスト戦術とNスイッチ基準を新 …

    第75回全国大会講演論文集 2013(1), 501-502, 2013-03-06

    情報処理学会

  • 同期実行モデルを用いた並行状態グラフ上のNスイッチテストについて

    高島和紀 , 古川善吾 , 高木智彦

    … 態グラフの節点は,複数のオブジェクトの状態の組合せであり,1つの枝で変化するオブジェクトの状態は1つだけである.本研究では,1つの枝で複数のオブジェクトの状態変化を記述できるように拡張した同期実行モデルを提案した.これによって,バグの潜んでいる可能性の高い領域とそうでない領域に分け,後者を素早くチェックすることによる効果的なテストが期待できる.本稿では,テスト戦術とNスイッチ基準を新たに導 …

    全国大会講演論文集 2013(1), 501-503, 2013-03-06

    情報処理学会

  • SMW公式を用いた逆行列計算の並列化と実時間時系列シミュレーションへの応用

    岩永 翔太郎 , 永井 翔 , 福間 慎治 [他] , 森 眞一郎

    … .その結果,ハイブリッド並列処理環境を用いることで3759元の疎行列問題に対しておおむね120msで解を導出し,その後右辺ベクトルのみが変化する場合には20ms程度で求解できる可能性を示している.更に,この結果を踏まえた実時間時系列シミュレーションのためのシミュレーション実行モデルの提案が行われており,低い次元数の問題における通常の並列処理効果の飽和限界を超える速度向上が得られることが示されている. …

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 96(3), 484-494, 2013-03-01

    参考文献15件

  • 動的再構成プロセッサ (DRP) 技術の現状と今後の展望

    本村 真人 , 古田 浩一朗 , 粟島 亨 , 志田 靖斉

    … 納を可能にしたアーキテクチャと, (2) アプリケーションをそのデータフローと制御フローに最適な構造のハードウェアに "コンパイル" した上で上記2次元アレイ上にマッピングしハードウェア動作させる実行モデルの二つを特徴とする技術である.ソフトウェア的特性 (開発容易性,可変性) とハードウェア的特性 (高性能・低電力) との両立を目指した所謂 「柔らかいハードウェア」 の実現技術として,1990 …

    研究報告システムLSI設計技術(SLDM) 2012-SLDM-158(29), 1-1, 2012-11-19

    情報処理学会

  • GPUクラスタにおけるGPU/CPUハイブリッド・プログラミング環境

    小田嶋哲哉 , 李珍泌 , 朴泰祐 , 佐藤三久 , 塙敏博 , 児玉祐悦 , RaymondNamyst , SamuelThibault , OlivierAumage

    … 実装を行う.XMP-dev は,XMP が本来提供している分散メモリノードへのデータと処理の分割・通信の機能に加え,各ノードでの処理の一部を GPU にオフローディングをすることが可能である.しかし,現在の実行モデルでは GPU にオフロードされた部分はすべて GPU により実行され,CPU との協調計算やワークシェアリングを行うことができない.本研究では,StarPU をバックエンドスケジューラとして用い,計算をタスクと …

    研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 2012-HPC-135(9), 1-8, 2012-07-25

    情報処理学会

  • 体育実技授業における心理社会的要因を媒介変数としたメンタルヘルス改善・向上効果のモデル構築

    橋本 公雄

    … 身体活動や運動のメンタルヘルス効果に関する研究は数多くなされているが,そのメカニズムに関する研究は少なく,未だ運動指導の現場に適用できるようなメンタルヘルスを改善・向上させる有用な実行モデルは構築されていない.本研究では,橋本・堀田・山崎・甲木・行實(2009)が提示した心理社会的要因を媒介変数とする「運動に伴うメンタルヘルス効果モデル」の検証を試み,体育実技授業への適用の可能性を探るこ …

    大学体育学 9(1), 57-67, 2012-03-15

    CiNii PDF - オープンアクセス 

  • ネットワークコンピューティングのための包括的マッシュアップフレームワークの検討

    放地 宏佳 , 三好 健文 , 入江 英嗣 , 吉永 努

    … 満たすことが可能なマッシュアップフレームワーク IDUMO を提案する.IDUMO フレームワークでは,マッシュアップに必要不可欠な機能である,(1) 統一的な入出力インタフェースの定義,(2) プログラム実行モデルの差異の吸収,(3) 容易な開発方法,を提供する.本論文では,IDUMO フレームワークの設計について述べ,アプリケーション開発のケーススタディにより有用性を示す.As smartphones and information appliances …

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) 2011-UBI-32(11), 1-8, 2011-11-17

    情報処理学会

  • 株式会社富士通エフサス 継続型災害対策実行・モデル

    CRMベストプラクティス白書, 128-137, 2011

ページトップへ