Search Results 1-20 of 2410

  • Assessment of functioning, disability and health for the patients of ataxia  [in Japanese]

    宮口 英樹

    作業療法ジャーナル 54(10), 1078-1083, 2020-09

  • Supporting cancer patients using complementary and alternative medicine by nurses, doctors, and pharmacists  [in Japanese]

    楠 潤子 , 増島 麻里子 , 眞嶋 朋子

    … 全職種のカテゴリーを統合した結果,「CAM利用の希望・実態の把握」「CAMに対する期待の尊重」「CAMの客観的評価の追究」「CAM利用による弊害の回避」「効果的なCAM活用への思案」という5つの支援が,3職種によるCAM利用支援の全体像として明らかにされた。 …

    千葉看護学会会誌 = Journal of Chiba Academy of Nursing Science 26(1), 49-57, 2020-08-31

    IR  DOI 

  • Objective Assessment of Therapeutic Self  [in Japanese]

    阿部 哲也

    医学教育 = Medical education (Japan) 51(2), 149-152, 2020-04

    Ichushi Web 

  • 〈Research Notes〉An objective evaluation of Lilium japonicum's aroma effects on prefrontal lobe using fNIRS.  [in Japanese]

    松本 知樹 , 小濱 剛 , 松川 哲也 , 瀧川 義浩 , 吉田 久 , 梶山 慎一郎

    [要旨]近年,患者数が急増するうつ病の対処療法としてアロマセラピーが注目されている.例えば,ラベンダーの香気成分が鎮静作用を有することなどが示唆されている.しかしながら,香りには好みがあるために,ラベンダーの香りを好まない人にとっては,逆にストレス要因になりかねない.一方, fNIRS (functional near infrared spectroscopy)計測によって,香りが前頭前野に賦活 …

    近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kindai University (43), 53-61, 2020-03-31

    IR 

  • Efforts using commercially available universal design food to improve the provision of meals at elder nursing home  [in Japanese]

    富松 浩美 , 柳澤 幸江

    … 次に入居者のQOLの確認のため、咀嚼機能の客観的評価値(最大舌圧・オーラルディアドコキネシス)の測定と臨床検査値(アルブミン値)の比較を行った。 … 【結果】市販のユニバーサルデザインフードの使用前と使用後では、咀嚼機能の客観的評価値に大きな差はなかった。 …

    和洋女子大学紀要 = The journal of Wayo Women's University (61), 91-102, 2020-03-31

    IR  DOI 

  • Survey on teachers' cognition of junior high school students' support needs : Examination of factors related to the difference between the subjective actual situation by teachers and the objective evaluation by students  [in Japanese]

    山口 遼 , 橋本 創一 , 杉岡 千宏 , 廣野 政人 , 李 受眞 , 日下 虎太朗 , 三浦 巧也 , YAMAGUCHI Ryo , HASHIMOTO Soichi , SUGIOKA Chihiro , HIRONO Masato , LEE Sujin , KUSAKA Kotaro , MIURA Takuya , 山口 遼(東京学芸大学大学院 教育学研究科) , 橋本 創一(東京学芸大学特別支援教育・教育臨床サポートセンター 教育臨床研究部門) , 杉岡 千宏(東京学芸大学大学院 連合学校 教育学研究科) , 廣野 政人(東京学芸大学大学院 連合学校 教育学研究科) , 李 受眞(東京学芸大学大学院 連合学校 教育学研究科) , 日下 虎太朗(東京学芸大学大学院 連合学校 教育学研究科) , 三浦 巧也(東京農工大学) , YAMAGUCHI Ryo(Graduate School of Education Tokyo Gakugei University) , HASHIMOTO Soichi(Support Center for Special Needs Education and Clinical Practice on Education Tokyo Gakugei University) , SUGIOKA Chihiro(The United Graduate School of Education Tokyo Gakugei University) , HIRONO Masato(The United Graduate School of Education Tokyo Gakugei University) , LEE Sujin(The United Graduate School of Education Tokyo Gakugei University) , KUSAKA Kotaro(The United Graduate School of Education Tokyo Gakugei University) , MIURA Takuya(Tokyo University of Agriculture and Technology)

    東京学芸大学紀要. 総合教育科学系 (71), 655-662, 2020-02-28

    IR 

  • 参照音源の奏法特徴を考慮した演奏評価による管楽器奏者のための練習支援システム  [in Japanese]

    山﨑 友介 , 伊藤 克亘

    … 管楽器の上達の中で重要なコピーをする中で、音響的特徴量を用いてサクソフォンの練習音源を客観的評価するシステムを提案する。 … システムの流れは四段階からなり、サクソフォン特有の五つの特殊奏法の特徴を分析した上で、目標音源と練習音源を入力、二つの音源を音響的に分析し、客観的評価をする。 …

    第82回全国大会講演論文集 2020(1), 375-376, 2020-02-20

    IPSJ 

  • Objective evaluation of underactive bladder : Effectiveness and limitations of urodynamic study  [in Japanese]

    橘田 岳也 , 千葉 博基 , 篠原 信雄

    臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology 74(2), 132-139, 2020-02

    Ichushi Web 

  • Objective assessment of underactive bladder : the availability of non-invasive examination  [in Japanese]

    小川 輝之 , 北原 梓 , 石塚 修

    臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology 74(2), 126-130, 2020-02

    Ichushi Web 

  • 国際認証制度(CITP)を活用したプロフェッショナルIT人材育成の試み  [in Japanese]

    伊藤 秀行 , 松田 信之

    … リードできる人材が必要となり,その育成施策が問われようとしている.当社では高度IT人材を認定するプロフェッショナル制度があるが,能力の客観性や高齢化などの課題があった.そのため,社会的な客観的評価を伴う高度IT技術者の育成を目指し,IT業界唯一の国際認証資格であるCITP制度の活用を2015年から試みてきた.毎年数名がCITP認証され現在までに23名が個人認証されており,個人認証では日本トップの合格 …

    デジタルプラクティス 11(1), 85-98, 2020-01-15

    IPSJ 

  • Validity of Triaxial Evaluation Using an Accelerometer in Sit-to-Stand Motion  [in Japanese]

    SHIMAMURA Takeshi , KATOH Hiroshi

    … した鉛直・前後方向の加速度データと三次元動作解析装置から算出した加速度データを比較した.信頼性と類似性の検討には,それぞれ級内相関係数(ICC)と相互相関係数(CC)を用いた.〔結果〕ICCは左右0.33,鉛直0.49,前後0.58であった.CCは鉛直・前後方向において,補正後CCが有意に高い波形の類似性を示した.〔結語〕加速度センサは,起立・着座動作の鉛直,前後方向の客観的評価として有用である.</p> …

    Rigakuryoho Kagaku 35(4), 479-482, 2020

    J-STAGE 

  • Quantitative Analysis of the Motion of Preparing Artificial Teeth by Using an Optical Motion Capture System  [in Japanese]

    Takumi SATO , Futoshi NAKAMURA , Toyohiko HAYASHI , Nobuaki OKUMURA , Noritaka FUJII

    … </p><p> 本研究において, 動作解析により, Ⅰ級インレー窩洞形成時のエアタービン, 上肢, 体幹の客観的評価を行うことができ, 臨床的示唆が得られた.</p> …

    The Journal of Japanese Dental Education Association 36(2), 71-80, 2020

    J-STAGE 

  • Development of Cognitive Task for Measuring Brain Activity of Adult ADHD  [in Japanese]

    Jo Yuka , Nioka Yoko , Dan ippeita , Sato Hiroki

    … <p>現在の注意欠陥・多動性障害(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder :ADHD)診断法では,経験を積んだ主治医による判定が中心だが,より客観的評価方法の開発が望まれている.ADHDの主症状である行動抑制阻害には,前頭葉や前帯状皮質が関係していることが知られているため,近年では無侵襲の脳機能イメージング技術を使用した評価法の開発が進められている.例えば,先行研究では行動抑制を司る脳機能を測定する …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering Annual58(Abstract), 432-432, 2020

    J-STAGE 

  • Site-specific Study on Warming Using Disposable Warmer "Kairo" in Healthy Subjects  [in Japanese]

    SHIMA Yoshihito , WATANABE Akane , INOUE Nobuto , KUNITOMO Eiji , MARUYAMA Tetsuya

    … 手の表面温度・血流はカイロ(あるいはホルダーのみ)の使用で上昇は観察されなかった.</p><p>  【結語】手を温めなくても手の冷えを改善できることと,加温部位によってその効果が異なることが判明した.この研究は,「冷え」を改善する新しい方法につながると考えられる.サーモグラフィー等の客観的評価は,外気温等の測定条件の影響が非常に大きく,評価方法の検討が必要と考えられた.</p> …

    The Journal of The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine, 2020

    J-STAGE 

  • USEFULNESS OF INCENTIVE SPIROMETRY AS A PAIN INDEX IN PATIENTS WITH MULTIPLE RIB FRACTURES  [in Japanese]

    KIMURA Junko , USUI Akihiro , TOKUNOU Mikio , MATSUMOTO Kouji , TSUNETOSHI Yusuke , YOKOTA Junichiro

    … 今回我々は, 主に周術期呼吸理学療法で使用されるインセンティブスパイロメータ (IS) を用いて, 理学療法評価時の総吸気量 (以下IS値) を測定し, IS値が疼痛の客観的評価となりうるかについて検討した. …

    Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma, 2020

    J-STAGE 

  • Osaka City University Research Center for Urban Health and Sports  [in Japanese]

    YAMASHITA Kazuhiko

    … 今後、 鍼灸師がチーム医療の一員として受け入れられるには、 鍼灸師は患者の苦痛を軽減・除去し、 QOLを目的としたリハビリテーション支援のために、 多職種医療連携の取り組みを可能とする客観的評価指標による情報提供、 情報共有が必要と思われる。 …

    Zen Nihon Shinkyu Gakkai zasshi (Journal of the Japan Society of Acupuncture and Moxibustion) 70(1), 57-66, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effects of Fall Experience on the Relationship between Subjective Assessment of Walking and Objective Motor Assessment  [in Japanese]

    HIRAI Tatsuya , MAKIZAKO Hyuma , ISHIKAWA Yasunobu , WAKATSUKI Yuuki , YOSHIMOTO Yuuki

    … 転倒群50名に分けた.日本語版mGES,重心動揺,Timed up and go(TUG)の測定を行った.〔結果〕転倒経験の有無にかかわらず,日本語版mGESと重心動揺との関連は認められなかった.日本語版mGESとTUGでは,非転倒群のみで有意な相関関係を認め,転倒群では有意な関連を認めなかった.〔結語〕歩行の主観的評価と客観的評価の関連性は転倒経験の有無によって異なることが示唆された.</p> …

    Rigakuryoho Kagaku 35(2), 263-266, 2020

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • PASIスコア,DLQIスコア  [in Japanese]

    HIRADE Kouseki

    … 乾癬の重症度は,複数の指標によって総合的に判断される.医師による皮膚症状の客観的評価および患者自身による日常生活の主観的評価に大別される.これらを点数化し,スコアを算出することで治療効果が判別される.<br>Psoriasis area and severity index(PASI)は,全身(頭部・体幹・上肢・下肢)について,皮疹が発現する部位,大きさ,程度に対し,重症度により0〜4点で合計点数を求め評価する方法である.Dermatology …

    Farumashia 56(4), 335_4-335_4, 2020

    J-STAGE 

  • Activity of the consortium of pharmacological training in Chugoku-Shikoku region  [in Japanese]

    Mogi Masaki , Imamura Takeshi , Saito Motoaki , Nishiyama Akira , Wada Koichiro

    … 上述したように、薬理学実習は多くの大学で類似した内容であることが全国アンケート調査で明らかとなったが、その質についての客観的評価は難しい。 …

    Proceedings for Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society 93(0), 1-S16-4, 2020

    J-STAGE 

Page Top