Search Results 1-20 of 231

  • Late Pleistocene to Holocene sedimentary sequence and landform of the Nobi Plain, central Japan  [in Japanese]

    Hori Kazuaki , Hasada Kodai , Ishii Yuji , Takahashi Eito

    … ての情報は限定されている.沖積層の三次元構造の復元や堆積土砂量の推定も,GISを用いた既存データの解析によりおこなわれている.低地における土砂の貯留は千年前以降に増加しており,流域での人間活動による土砂生産量増加を反映していると考えられる.流域における近年の人間活動は水・堆積環境の変化を引き起こし,これらの変化は地盤沈下,局所洗掘,生態系の変化などとして顕在化している.</p> …

    The Journal of the Geological Society of Japan 125(1), 73-85, 2019

    J-STAGE 

  • A STUDY ON THE EFFECT OF SLIT SPECIFICATIONS ON LOCAL SCOURING PROPERTIES OF THE PILE-SUPPORTED WAVE ABSORBING BREAKWATER  [in Japanese]

    山野 貴司 , 酒井 大樹 , 重松 孝昌 , 藤原 隆一

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 74(2), I_835-840, 2018

  • AN ESTIMATION OF GENERATING PROCESS OF LOCAL SCOURING IN THE KISO RIVER  [in Japanese]

    佐々 直彦 , 冨永 晃宏

    水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE 62, Ⅰ_709-714, 2018

  • VERIFICATION OF PARTICLE METHOD USING EXPERIMENT OF UNDULAR JUMP AND SUBMERGED JET FLOWS OVER BACKWARD FACING STEP  [in Japanese]

    HIGUCHI Takayoshi , KATAYAMA Naoya , NOGUCHI Gohki , SAITOH Takahiro , SHIMIZU Yoshihiko

    … や床止めなどの段落ち部を有する河川横断構造物では,劣化・損傷が進行し,大きな洪水が流下すると護床工が一気に流失するなどの急激な破壊が危惧される.本研究では,河川横断構造物下流部における局所洗掘現象を含めた破壊現象を解明する前段階として,段落ち部の流況特性である波状跳水・潜り噴流を対象にした固定床条件での鉛直2次元数値計算を行った.数値計算はMPS法を圧力に関して陽的に解いたE-MPS法 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 74(5), I_661-I_666, 2018

    J-STAGE 

  • EFFECTS OF OBLIQUE WEIR WITH AN OPENING ON RIVER BED AND FLOW STRUCTURE  [in Japanese]

    UNE Hirotaka , OHMOTO Terunori

    … 本研究では,開口部を有する斜め越流堰において相対越流水深が堰下流の河床変動に与える影響および堰下流域に発達した局所洗掘および砂州の基本特性および河床上の流れの三次元構造について開口部のない斜め堰および直角越流堰との比較を基に検討した.実験結果から,最大洗掘深および最大堆積厚は静的平衡河床において斜め堰は直角堰と同様に相対越流水深の増大に伴って指数関数的に減少すること,さらに …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 74(5), I_829-I_834, 2018

    J-STAGE 

  • AN ESTIMATION OF GENERATING PROCESS OF LOCAL SCOURING IN THE KISO RIVER  [in Japanese]

    SASSA Naohiko , TOMINAGA Akihiro

    … ,比高差が約20mにも及ぶ大規模な深掘れが形成されている.粘性土層の剥離に始まる局所洗掘は,他の沖積河川においても報告されており,同様の局所洗掘を今後発生させないための河道管理方策を立案するうえで,これらの原因究明が急務となっている.本研究では,木曽川における局所洗掘の発生過程を踏まえ,深掘れ箇所を特徴づける条件として,耐侵食性のある粘性土層 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 74(4), I_709-I_714, 2018

    J-STAGE 

  • A STUDY ON THE SCOUR CHARACTERISTICS OF A LOWER VERTICAL PLATE IN WAVE FIELD  [in Japanese]

    NAKAHARA Yusuke , SHIGEMATSU Takaaki

    … 流動・漂砂制御構造物の脚部で生じる局所洗掘は構造物そのものの安定性を損ねるため,あらかじめ,洗掘規模を予測したうえで対策を講じることが望まれる.本研究では,水平移動床上に設置された鉛直平板を対象として,鉛直平板近傍に形成される流動と砂移動現象を詳細に観察するとともに,その高さが鉛直平板の脚部で発生する局所洗掘の特性に及ぼす影響を水理実験により検討した.観察 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_829-I_834, 2018

    J-STAGE 

  • A STUDY ON THE EFFECT OF SLIT SPECIFICATIONS ON LOCAL SCOURING PROPERTIES OF THE PILE-SUPPORTED WAVE ABSORBING BREAKWATER  [in Japanese]

    YAMANO Takashi , SAKAI Daiki , SHIGEMATSU Takaaki , FUJIWARA Ryuichi

    … して水平スリットを有する有脚式離岸堤を考案した.これまでに,スリット形状(水平・鉛直スリット)が異なっても消波性能に差異はないことは確認してきたが,スリット諸元(形状・開口率・位置)が局所洗掘特性に及ぼす影響については十分に検証できていない.本研究では,移動床水理模型実験により,砕波を伴う波浪条件において水平スリット構造の場合の洗掘深が鉛直スリット構造に比べて約2倍大きくな …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_835-I_840, 2018

    J-STAGE 

  • A FUNDAMENTAL STUDY ON THE CHARACTERISTICS OF A LOCAL SCOUR UNDER A VERTICAL PLATE AND ITS COUNTERMEASURE IN WAVE FIELD  [in Japanese]

    NAKAHARA Yusuke , SIGEMATSU Takaaki , YAMANO Takashi

    … 流動・漂砂制御構造物の脚部で生じる局所洗掘は構造物そのものの安定性を損ねるため,あらかじめ,洗掘規模を予測したうえで対策を講じることが望まれる.本研究では,水平移動床上に設置された鉛直平板を対象として,鉛直平板近傍に形成される流動と砂移動現象を詳細に観察するとともに,その高さが鉛直平板の脚部で発生する局所洗掘の特性に及ぼす影響を水理実験により検討した.観察 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 74(2), I_814-I_819, 2018

    J-STAGE 

  • 波によって生じる構造物周辺の局所洗掘の予測手法  [in Japanese]

    水谷 法美

    Electric power civil engineering = 電力土木 (389), 3-8, 2017-05

  • COMPARISON OF THE FLOW AND THE BEHABIOR OF <i>TRIBOLODON HAKONENSIS</i> DIFFERENCE IN THE PERMEABLE AND IMPERMEABLE SPUR DIKES  [in Japanese]

    SAKAMA Mutsumi , AOKI Muneyuki

    … 速低減が顕著であり,ウグイは水制下流側で滞留し続けた.一方,透過水制ではウグイが水制内を通過し,水制設置区間を縦断的に移動し,水制周辺で滞留した.ウグイは,水制周辺の15(cm/s)(2<i>BL</i>(cm/s))以下の箇所で滞留し,滞留時間は渦度ω<sub>z</sub>の大きさが増加すると長くなった.また,不透過水制は水制先端部で砂の局所洗掘が生じたが,透過水制は河床に与える影響が少なかった. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 73(6), II_85-II_91, 2017

    J-STAGE 

  • EXPERIMENTAL STUDY ON EFFECTS OF SPUR DIKES HEIGHT ON FLOW CHARACTERISTICS IN THE UPSTREAM CHANNEL  [in Japanese]

    HIRAKAWA Ryuichi , IIOKA Chiaki , OHMOTO Terunori , FUKUDA Kai

    … 水制は河川環境の形成において大きな役割を果たしている一方で,洪水疎通能の低下や局所洗掘などの影響を及ぼしたり,水制上流では水位上昇に伴う河岸浸食や越流氾濫を生じる可能性がある.そのため,治水や環境機能を高めるためには抵抗特性や流動機構について把握することは重要である.<br> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 73(4), I_733-I_738, 2017

    J-STAGE 

  • Restraint Effects for Scouring in Downstream Riverbed Drop by Riprap Types : Effects of Geotextile Layer and Connected Rriprap  [in Japanese]

    常住 直人 , 高木 強治 , 島崎 昌彦 , 吉永 育生

    堰下流の河床低下が上流の堰側に及び護床を破壊する等,堰本体に被害をもたらすことがある。これを抑制すべく対策工法を考案し移動床水理模型実験により比較検討を行った。検討した工法は,護床ブロックの追加,底板敷設,ブロック連結,大型ブロック化,吸い出し防止マット敷設等の組み合わせである。本研究から,ブロックの連結や大型化のみでは堰被害を防ぎ難いこと,連結護床ブロックと吸い出し防止マットによる工法がエプロン …

    農村工学研究所技報 (218), 99-106, 2016-03

    JASI 

  • A STUDY ON WAVE ABSORPTION AND FLOW CHARASTARISTICS IN THE VISINITY OF A PERMIABLE BREAKWATER CONSISTS OF VERTICALLY-SLOTTED WALLS  [in Japanese]

    YAMANO Takashi , NAKAHARA Yusuke , SHIGEMATSU Takaaki , FUJIWARA Ryuichi

    … 値計算を実施するとともに,水理模型実験を行い,消波性能におけるCADMAS-SURF/3Dの適用性を検証した.また,堤体内部およびその周辺の流体運動を,実用的に十分な精度で再現可能であることを確認した.さらに,堤体脚部での上昇流と内部の鉛直循環流が,局所洗掘や巻き上げられる底質の移動過程に影響を及ぼす可能性を示すとともに,堤体周辺流速の卓越範囲が洗掘の発生範囲に関連付けられる可能性を示した. …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_901-I_906, 2016

    J-STAGE 

  • 3D NUMERICAL MODEL OF SEDIMENT TRANSPORT CONSIDERING TRANSITION FROM BED-LOAD MOTION TO SUSPENSION : APPLICATION TO A SCOUR UPSTREAM OF A CROSS-RIVER STRUCTURE  [in Japanese]

    太田 一行 , 佐藤 隆宏 , 中川 一

    水工学論文集 土木学会水工学委員会 編 59, I_883-888, 2015

  • AN EXPERIMENTAL STUDY OF 3D ANTIDUNE STANDING WAVES  [in Japanese]

    INOUE Takuya , HASEGAWA Kazuyoshi , WATANABE Yasunori , FUNAKI Jungo

    … 急流河川では,三角状水面波列と呼ばれる恐竜の背のような巨大な水面波列が,洪水時に発生する場合がある.この水面波列は河床の局所洗掘を引き起こし,結果として護床・護岸の安定性に影響を与える可能性がある.この波は反砂堆上の水面波の一種と考えられているが,その発生条件や特性についてはまだ分かっていない部分が多い.そこで本研究では,水面波列の発生条件と横断方向のモード数を把握するため …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 71(2), I_739-I_746, 2015

    J-STAGE 

  • 3D NUMERICAL MODEL OF SEDIMENT TRANSPORT CONSIDERING TRANSITION FROM BED-LOAD MOTION TO SUSPENSION - APPLICATION TO A SCOUR UPSTREAM OF A CROSS-RIVER STRUCTURE -  [in Japanese]

    OTA Kazuyuki , SATO Takahiro , NAKAGAWA Hajime

    This study describes a numerical model developed to simulate flow and bed deformation around river hydraulic structures. The numerical analysis for fluid solves the Reynolds-averaged Navier-Stokes (RA …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B1 (Hydraulic Engineering) 71(4), I_883-I_888, 2015

    J-STAGE 

  • STUDY ON LOCAL SCOURING OF GRAVEL MOUND DUE TO TSUNAMI OVERFLOW AND ITS COUNTERMEASURE  [in Japanese]

    MURAKAMI Keisuke , TOKUTOMI Yuki , UCHIMURA Shogo , MAKI Daisuke

    設計を超える津波外力に対して粘り強く減災機能を発揮する防波構造物の必要性が強く認識されるようになった.津波外力に対して粘り強く機能する防波構造物を実現するためには,構造物の被災メカニズムを明らかにし,その知見を構造物の設計に反映させることが重要となる.本研究では,津波越流による防波堤基礎マウンドの洗掘被災について,津波越流量やマウンド材粒径等と洗掘特性の関係を水理模型実験により明らかにするとともに …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_1207-I_1212, 2015

    J-STAGE 

  • NUMERICAL SIMULATION OF LOCAL SCOURING AT THE LANDWARD TOW OF COASTAL DIKES DUE TO THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE TSUNAMI AND THE EFFECTIVENESS OF ITS COUNTERMEASURES  [in Japanese]

    NAKAMURA Tomoaki , HIBINO Kana , CHO Yong-Hwan , MIZUTANI Norimi , KOTAKE Yasuo

    東北地方太平洋沖地震津波により被災した海岸堤防を対象に,裏法尻の洗掘の発達機構と洗掘対策の有効性を実スケールの数値解析により考究した.その結果,洗掘の発達要因として,洗掘深と洗掘幅をともに増加させる潜り流れと,洗掘孔を岸側に拡大させるものの,裏法尻近傍の洗掘深は増加させない時計回りの渦の存在を明らかにし,これらの形成には越流水深や堤防の形状が影響することを示した.洗掘対策として,裏法保護工や袋詰玉 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_1099-I_1104, 2015

    J-STAGE 

  • SCOURING MECHANISM AROUND STRUCTURE BY RETURN FLOW OF TSUNAMI CONSIDERING LIQUEFACTION  [in Japanese]

    IIDA Tatsuki , KURE Shuichi , UDO Keiko , MANO Akira , TANAKA Hitoshi

    … 東北地方太平洋沖地震津波により破堤した堤防周囲の局所洗掘は,その深さや拡がりが大きく復興において高い障害となった.波による水底侵食の要因はせん断力による土砂移動と液状化である.前者は多くの津波研究で考慮されているが,後者について定量的な評価は行われていない.本研究では洗掘メカニズムの解明を目的にせん断移動と液状化を組み込んだ数値モデルを開発し,大きな津波被害の生じた破堤箇所 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_241-I_246, 2015

    J-STAGE 

Page Top