Search Results 1-20 of 142248

  • Sharing Datasets for Informatics Research through Informatics Research Data Repository (IDR)  [in Japanese]

    大須賀 智子 , 大山 敬三

    … 性のある十分な規模のデータを多くの研究者が共通に利用できることが不可欠であるが,多くの領域ではそのようなデータの確保に種々の課題がある.国立情報学研究所の情報学研究データリポジトリ(IDR)では,情報学および関連分野に資するため,産学界等と大学等の研究者とを媒介し,データセットの共同利用に取り組んでいる.本稿ではまず,データセット共同利用の …

    情報処理学会論文誌デジタルプラクティス(DP) 2(2), 47-56, 2021-04-15

    IPSJ 

  • JAIRO Cloud with Community - Enabling a Community-Driven Cloud Service -  [in Japanese]

    林 正治 , 林 豊 , 新妻 聡 , 山地 一禎

    … 国立情報学研究所では,2012年から機関リポジトリのクラウドサービスであるJAIRO Cloudの運用を開始している.2020年7月末での利用機関数は625であり,世界でも類をみない機関リポジトリのクラウドサービスに成長した.この成長を支えたのは,Web UI経由でのカスタマイズが比較的自由にできる汎用リポジトリソフトウェアWEKO,WEKOをベースに開発されたJAIRO Cloud,そしてJAIRO Cloud利用機関を含む機関リポジトリ利用機関か …

    情報処理学会論文誌デジタルプラクティス(DP) 2(2), 32-46, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Improvement of Multi-user IEC for Creating Beverage on the Assumption of Taste-communication  [in Japanese]

    福本 誠 , 花田 良子

    対話型進化計算(IEC:Interactive Evolutionary Computation)は,最適化手法である進化計算をもとに,個々のユーザの好みを反映したコンテンツ作成を支援する有力な探索ツールである.本研究では,コンピュータでの処理,情報伝達の難しさからIECで扱うことが困難な刺激である味覚に着目し,多くのユーザの感性に合う味コンテンツの創生を行う新たなIECシステムを提案する.ここで …

    情報処理 62(5), d70-d79, 2021-04-15

    IPSJ 

  • 感性情報学 最前線:解説論文:2.ユーザの感性情報を用いた動的なコンピュータシステム  [in Japanese]

    竹之内 宏

    … まざまなIECを応用したシステムが提案されているが,IECでは解候補評価におけるユーザの評価負担が膨大になることが問題となっている.この問題を解決するために,ユーザの解候補評価方法を改善したり,進化計算手法を改良したりして,さまざまな研究が行われている.本稿では,感性情報学のこれまでの歩みをまとめ,IEC手法の位置づけ,IECの研究事例や実環境における応用に関する知見などについて紹介する. …

    情報処理 62(5), d45-d69, 2021-04-15

    IPSJ 

  • 感性情報学 最前線:招待論文:1.感情認識AI「心sensor」の教育現場導入に向けた実証実験  [in Japanese]

    齋藤 学

    (一社)情報サービス産業協会(JISA)では,2015年から「中学校デジタル化プロジェクト」によりITを活用した教育の高度化を進めてきた.本プロジェクトでは青翔開智中学校・高等学校(以下,青翔開智)を題材として学校教育現場におけるデータを蓄積し,それらのデータを活用することで教育高度化のプロトタイプを作成している.青翔開智では資質・能力を定量化する独自の定義づけを実施しているが,本プロジェクトでは …

    情報処理 62(5), d25-d44, 2021-04-15

    IPSJ 

  • Cutting-edge of Kansei Informatics  [in Japanese]

    江谷 典子 , 竹之内 宏 , 齋藤 学

    … 感性情報学の最前線にあるプラクティス論文を紹介する.招待論文では,Affective Computingの一つである感情認識AIと対話型進化計算について寄稿頂いた.前者は,MITの実用化技術であるAffdexを中学校教育へ導入し,プレゼンテーションにおける表情から感情を認識し,教育評価の定量化へ貢献している.後者は,感性情報学解説,感性評価や遠隔地間でのジュースの味合成について最新の実用化研究紹 …

    情報処理 62(5), 240-243, 2021-04-15

    IPSJ 

  • 感性情報学 最前線:グロッサリ  [in Japanese]

    情報処理 62(5), d111-d112, 2021-04-15

    IPSJ 

  • 感性情報学 最前線:<インタビュー/座談会>最前線に立つ実務家と研究者が見る感性情報学の今と未来  [in Japanese]

    齋藤 学 , 江谷 典子 , 竹之内 宏 , 福本 誠 , 花田 良子 , 徳丸 正孝

    招待論文を執筆いただいた皆様に,論文に書けなかったことや今後の展望などをお話しいただき,意見交換をしていただきたく,また実務家と研究者たちの最前線感を探るためにリモート・インタビューを企画いたしました.そこで,感情認識AIである心sensorについて,(株)シーエーシー様へインタビューを行い, また対話型進化計算( Interactive Evolutionary Computation:IEC) …

    情報処理 62(5), d98-d110, 2021-04-15

    IPSJ 

  • 感性情報学 最前線:招待論文:4.対話型進化計算システムにおける一対比較評価の有用性  [in Japanese]

    竹之内 宏 , 徳丸 正孝

    本稿では, ユーザの感性情報を用いて対象を最適化する対話型進化計算( Interactive Evolutionary Computation:IEC)手法において,ユーザが解候補を評価する際に一対比較評価手法を用いたシステムの有用性について述べる.筆者らはこれまでに,IECにおける一対比較評価手法として,トーナメント式評価手法を用いたIECシステムを提案し,基礎実験を通して解候補の進化性能やユー …

    情報処理 62(5), d80-d97, 2021-04-15

    IPSJ 

  • 佐藤優の頂上対決 : 我々はどう生き残るか(第76回)国立情報学研究所教授 新井紀子  [in Japanese]

    佐藤 優 , 新井 紀子

    週刊新潮 66(14), 86-90, 2021-04-08

  • Effect of self-restraint of activities when the new coronavirus infection spreads on the physical fitness of general male and female university students: Validity of home exercise and physical fitness measurements by distance learning  [in Japanese]

    藤瀬 武彦 , 亀岡 雅紀 , 藤田 美幸

    In this study, in order to clarify whether the results of the physical fitness test byphysical education distance learning were appropriate, or whether the physical fitness of university students in 2 …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 89-107, 2021-04-01

    IR 

  • An Empirical Study on Remote Classes  [in Japanese]

    西山 茂

    2019 年度の第4四半期頃から新型コロナウィルスが広がりを見せ、他の多くの大学同様に新潟国際情報大学も2020 年度前期の授業を遠隔(オンライン)で実施することを決めた。 遠隔授業決定から実施まで極めて短い期間しかなく(1ヵ月程度)、十分な準備ができないまま、大部分の教員が未知の領域に踏み込まなければならなかった。しかし、遠隔授業を実施することによってさまざまの知識を獲得することができた。本論文 …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 77-88, 2021-04-01

    IR 

  • A Study On University Information Securities  [in Japanese]

    西山 茂

    今日、企業の情報セキュリティに対しては多くの情報が提供されている。しかし、大学は事務職員、常勤教員、非常勤教員、学生など一般の企業とは異なる組織構成・組織特性を持っているため、情報セキュリティに関しては企業に対して提供されている対策などはそのまま適用できない部分がある。 そこで、本論文では、まず、情報セキュリティを取り巻く環境、大学の情報セキュリティの特異性を述べ、それらを踏まえて、大学の情報セキ …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 65-76, 2021-04-01

    IR 

  • Database Construction for Calculating Food Composition - Applied to Dietary Education and Health Learning -  [in Japanese]

    高木 義和

    栄養成分計算データベースは2003 年から学外にフリーで公開しており、15 年にわたり、毎日100 件以上のアクセスを維持してきた。高木研究室では卒業研究にデータベースの作成を取り入れてきたが、卒業論文で作成した約70 のデータベースの中で飛びぬけてアクセス数や問い合わせが多かったことから、有用性が高いと考えられた。公開から10 年経過した2013 年度より継続して機能の追加、改善を行った。栄養計 …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 36-64, 2021-04-01

    IR 

  • Information dissemination through social media under a disaster in a newly developed residential area  [in Japanese]

    小宮山 智志

    2021 年1月に発生した停電災害時における、平常時に地域活動を行っているメンバー(地域の自発的な祭の実行委員)のSNS 上の情報発信を分析した。その結果、災害時に求められる恐怖の低減、町内外の情報収集・共有による客観的な状況把握、さらには今後の行動の提案までが、短時間になされていたことが判明した。今回の事例により「平時の自発的な地域活動のネットワークはこのように災害時に効果的に働くこと」と同時に …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 29-35, 2021-04-01

    IR 

  • Analysis of Educational Effects of Remote University Physical Education Classes by Text Mining: Research Using the Impression Report of Fitness Training Classes  [in Japanese]

    亀岡 雅紀 , 藤瀬 武彦

    Due to the COVID-19 pandemic, general classes have been migrated to distancelearning courses in universities. At Niigata University of International and InformationStudies, physical education was cond …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 14-28, 2021-04-01

    IR 

  • Complex Number Notation for the Truth Value in Logic  [in Japanese]

    石井 忠夫

    In this paper, we will investigate how to introduce the complex number notation for thetruth value in logic. The truth value in a logic is used to interpret whether a givenproposition is valid or not. …

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 1-13, 2021-04-01

    IR 

  • Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics [No.4] Contents  [in Japanese]

    新潟国際情報大学経営情報学

    .

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), a-d, 2021-04-01

    IR 

  • 編集後記(Vol.4)  [in Japanese]

    新潟国際情報大学経営情報学

    .

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 156, 2021-04-01

    IR 

  • 専任教員業績一覧  [in Japanese]

    新潟国際情報大学経営情報学

    .

    新潟国際情報大学経営情報学部紀要 = Journal of Niigata University of International and Information Studies Faculty of Business and Informatics (4), 151-155, 2021-04-01

    IR 

Page Top