Search Results 1-20 of 2796

  • Comparison of dietary preferences in mice and rats during sedentary and exercise periods  [in Japanese]

    小池 温子 , 成田 直央 , 寺田 新

    日本スポーツ栄養研究誌 = Japanese journal of sports nutrition 14, 69-77, 2021-01

  • 無加水給餌および加水制限給餌がギンザケの摂餌量と成長に与える影響  [in Japanese]

    八谷 三和

    アクアネット = Aqua net : 産地と消費地をネットする水産情報誌 23(12), 19,42-46, 2020-12

  • 摂餌状況や給餌・環境データを可視化 : 順応的遠隔管理が可能な「Smart Feeding System」 (特集 可視化の注目株と真価 : "見える"をどう活かす)  [in Japanese]

    山中 実 , 寺地 真平

    アクアネット = Aqua net : 産地と消費地をネットする水産情報誌 23(6), 19,30-33, 2020-06

  • Swimming ability and ingestion amounts of early larvae of Japanese eel  [in Japanese]

    増田 賢嗣 , 谷田部 誉史 , 島 康洋 , 鴨志田 正晃 , 桑田 博

    水産増殖 = Aquaculture science 68(2), 155-158, 2020-06

  • Dietary preference of the green turtle, Chelonia mydas, in the Yaeyama Islands  [in Japanese]

    平井 航大 , 亀田 和成 , 河村 功一

    爬虫両棲類学会報 2020(1), 1-10, 2020-05

  • Newly developed container to observe behavior of ants  [in Japanese]

    岡崎 こころ , 後藤 太一郎 , Okazaki Kokoro , Goto Taichiro

    … 飼育過程では、営巣の様子のみならず、摂餌の様子や仲間への給餌行動や仲間の死骸を一か所に集めることが観察された。 …

    三重大学教育学部研究紀要 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学・教育実践 = Bulletin of the Faculty of Education, Mie University. Natural Science, Humanities, Social Science, Education, Educational Practice (71), 31-36, 2020-02-28

    IR 

  • Habitat Shifts of Larval and Juvenile Konoshiro Gizzard Shad, Konosirus punctatus, in Relation to the Functional Development in Tokyo Bay, Central Japan

    デイビッド E. アンマリサン , 今井 仁 , 河野 博 , David Erick Angmalisang , Hitoshi Imai , Hiroshi Kohno

    … さらに129個体(体長3.6~25.1mm)を透明骨格標本にし、遊泳・摂餌機能に関する形質の発達を観察した。 … 関連形質の発達に基づいて、遊泳・摂餌機能別の発育段階をそれぞれ4段階設定した。 … 体長18mmで稚魚としての遊泳・摂餌能力が獲得されるため、砕波帯での個体数の減少は、より良い成長をするために積極的な生息場の移動をおこなった結果だと考えられた。 …

    東京海洋大学研究報告 = Journal of the Tokyo University of Marine Science and Technology (16), 39-52, 2020-02-28

    IR 

  • Decomposition of the Deposited <i>Microcystis</i> (Cyanobacteria) and Its Availability as a Food Source for Macrobenthos  [in Japanese]

    NAGAHAMA Yumi , MARUO Chikako , FUKUSHIMA Takehiko , NOMURA Munehiro , NISHIMURA Osamu

    … 底泥中にとどまっていると示された.また,<i>Microcystis</i>属分解物を含む底泥を給餌した結果,底生動物3種類(ユスリカ科幼虫,ドブガイ類,マシジミ)すべてで<i>Microcystis</i>属由来有機物を摂餌したと示された.<i>Microcystis</i>属混合後の培養期間が異なる二種類の泥を給餌したところ,ユスリカ科幼虫とマシジミは,培養期間の長い泥と短い泥で同化効率が異なっていたと示唆された.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research) 76(7), III_361-III_366, 2020

    J-STAGE 

  • Development of an automatic detection method for dugong feeding sounds in an intertidal seagrass bed

    Yamato Chiaki , Ichikawa Kotaro , Arai Nobuaki , Tanaka Kotaro , Nishiyama Takahiro , Kittiwatanawong Kongkiat

    <p>Passive acoustic monitoring is an effective method to observe feeding behavior of dugongs in their natural environment. In this paper, we developed a new method to automatically detect the fe …

    Journal of Advanced Marine Science and Technology Society 26(1), 1-9, 2020

    J-STAGE 

  • Occurrence and dynamics of larval and juvenile Japanese surfsmelt <i>Hypomesus japonicus</i> in the surf zone of southern Iwate, Japan  [in Japanese]

    KATAYOSE GO , SATO NAOSHI , MORI TOSHIAKI , NANBA NOBUYOSHI , GOTO TOMOAKI , ASAHIDA TAKASHI

    … 胃内容物分析の結果,これらは主に日出から日没にかけてカイアシ類を摂餌しており,日中には砕波帯を摂餌場所として利用していることが示唆された。 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 86(6), 450-459, 2020

    J-STAGE 

  • MATERIAL FLUX OF CARBON, NITROGEN, PHOSPHORUS AND CONTRIBUTION TO NITROGEN BUDGET OF <i>CORBICULA JAPONICA</i> IN MUD RIVER TIDAL FLAT  [in Japanese]

    OTANI Sosuke , YASHIKI Tomoya , UEMURA Kenta , TOKUDA Kunihiro , FUJISHIMA Kohei , ENDO Toru

    … り,炭素とリンは溶存無機態の割合が高く,窒素は懸濁態の割合が高い特徴があり,本干潟はTNと懸濁態物質の浄化機能を有していた.また,窒素収支に着目すると,大潮よりも小潮の方がDINの高い浄化機能を有していた.さらに,小潮のヤマトシジミによるPNの摂餌量および排泄量は大潮より高く,ヤマトシジミの摂餌・排泄は干潟への窒素の固定・排出に寄与していることが推察された.</p> …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_925-I_930, 2020

    J-STAGE 

  • FISHERIES COOPERATIVE EFFECT OF ARTIFICIAL REEF MODELED WITH HALIOTIS DISCUS HANNAI  [in Japanese]

    NAKATANI Yo , SETO Masabumi , MAKIGUCHI Norito

    … の移動特性や摂餌行動に及ぼす波浪流の影響をモデル化した.さらに,北海道白老地先に設置されたタンデム型人工リーフをモデルケースとして,放流適地を選定し増殖場としての水産協調効果を推定した.エゾアワビ人工種苗の固着力は,生息下限水温に近い5℃,および生息上限水温に相当する25℃で有意に低下した.振動流により漂流する海藻片を捕捉できた個体数の割合(摂餌率)は,流速 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 76(2), I_1063-I_1068, 2020

    J-STAGE 

  • SEASONAL CHANGE OF DAY-TO-DAY BEHAVIOR USING TIME-LAPSE INTERVAL INFRARED CAMERA  [in Japanese]

    HASEGAWA Kazuyuki , NAKAMURA Tomoaki , OCHIAI Minoru

    … 千葉県夷隅川河口の汽水域に生息するコメツキガニの日周行動を調査した.その結果,6月と7月ではコメツキガニは昼夜を問わず摂餌活動を行うことが確認された.しかし,10月になると,明期では巣外でのコメツキガニの活動が確認されたが,暗期においては巣外でのコメツキガニの活動が確認されなくなった.そして,1月では昼夜を通して,コメツキガニの巣外での活動は不活発となった.また,明期でコメツキガ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 76(2), I_864-I_868, 2020

    J-STAGE 

  • Suppressive effects of black soybean seed coat extract (Chrono-Care <sup>® </sup>) supplementation on <i>N</i>-methyl-<i>N</i>-nitrosourea-induced retinal degen eration in rats  [in Japanese]

    Tatsuda Hikari , Koyama Chihiro , Takenouchi Akiko , Yoshioka Masahiro , Akagi Ryota , Maruo Toshinari , Suzuki Toshio , Yuri Takashi , Yoshizawa Katsuhiko

    … もしくは2% クロノケア<sup>® </sup>含有食を自由摂餌させた.MNU 投与後48 時間に眼球を摘出し,視細胞比率を算出した.MNU 単独群と比較して,2% クロノケア<sup>® </sup>併用群で視細胞比率減少の軽減傾向がみとめられた.同じモデルを用いて,2% クロノケア<sup>® </sup>含有食を同様のスケジュールで自由摂餌させた.MNU 投与後24 時間および7 日の眼球を摘出し,TUNEL …

    Functional Food Research 16(0), n/a, 2020

    J-STAGE 

  • Effect of blood microsampling method on evaluation of a non-clinical safety study in rats–Oral gavage administration of phenacetin for 4 weeks–  [in Japanese]

    KITAURA Harumi , KANDORI Hitoshi , DANBAYASHI Kenta , OHTSUKA Hirohiko

    … </p><p></p><p>【材料及び方法】6週齢の雌性Crl:CD(SD)ラットにフェナセチン(0、300及び1000 mg/kg/日、N=5/群)を4週間経口投与し、初回及び4週間投与後にMS(50μL/匹を6あるいは7回)を実施した動物とMSを実施しなかった動物について、一般状態、体重、摂餌量、血液検査、尿検査、剖検、器官重量及び病理組織学的検査の結果を比較した。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), P-230, 2020

    J-STAGE 

  • Development of safety assessment system using primate model for practical use of genetically modified T cells  [in Japanese]

    MOCHIZUKI Hidemi , SAKAMOTO Kengo , MOROKAWA Hirokazu , TANAKA Miyuki , SAITO Shoji , YAGYU Shigeki , NAKAZAWA Yozo , SHIMOI Akihito

    … GMR)CARトランスポゾンベクターを用いて,3匹のカクニイザルの末梢血からGMR CAR-T細胞を作製した.ドナーとなった動物へ,それぞれ3×105 cells/kgで自家GMR CAR-T細胞を静脈内投与し,その後,一般状態,体重,摂餌量,血液学的検査,血液生化学的検査,サイトカイン測定,TK測定を行い,投与2週間後に剖検して病理組織学的検査を実施した.</p><p>[結果]自家GMR CAR-T細胞を投与したカニクイザルの全例の末梢 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), P-2E, 2020

    J-STAGE 

  • Effect of high fat diet on kidney in db/db and KK-Ay mice  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Ayane , NAKAE Dai , OHTA Takeshi , MIYAJIMA Katsuhiro , UNO Kinuko , SUGIMOTO Miki , KUROKI Fuko , NISHIDA Mei , OGOU Tomoki , KEMURIYAMA Noriko , SHINOHARA Masami

    … <p>【目的】高脂肪食の摂餌による腎臓への影響を肥満2型糖尿病モデルであるdb/db及びKK-Ayマウスを用いて検討した。 … 摂餌量は、両病態群で高値を示し、db/dbではBDに対し両脂肪食群でさらに高値で推移した。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), P-45S, 2020

    J-STAGE 

  • Developmental exposure effect of aluminum chloride on hippocampal neurogenesis in rats  [in Japanese]

    KIKUCHI Satomi , OKANO Hiromu , TAKAHASHI Yasunori , TAKASHIMA Kazumi , YAMASHITA Risako , KOBAYASHI Mio , YOSHIDA Toshinori , SHIBUTANI Makoto

    … </p><p>【結果】0.5%群の母動物では、体重、摂餌量、摂水量の低値、児動物では一過性の体重の低値が見られたが、脳重量に影響はなかった。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), P-183, 2020

    J-STAGE 

  • Evaluation of vehicles for poorly soluble compounds in rat oral dose toxicity study  [in Japanese]

    IKEDA Keigo , SASAKI Yasuhiro , OKADA Kumiyo , INADA Hiroshi , MIYAWAKI Izuru

    … これらの媒体をラット(Crl:CD(SD)、雌、投与開始時6週齢、5匹/群)に14日間経口投与し、一般状態観察、体重及び摂餌量測定、眼科学的検査、畜尿検査、血液学的検査、血液生化学的検査、器官重量測定、剖検並びに病理組織学的検査を実施した。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), P-170, 2020

    J-STAGE 

  • Skeletal muscle lesions in rats following 4-week repeated orally administration of zinc pyrithione  [in Japanese]

    NISHIMURA Yukari , AKIZAWA Fumika , DOGISHI Koji , MOROKI Takayasu , KONDO Satoshi , INOUE Yuki

    … 投与期間中に一般状態観察,体重測定,摂餌量測定,尿検査及び血漿中亜鉛濃度測定(Day 1及びDay 28:投与1, 4及び24時間後)を実施した。 … また,ZnPT 5 mg/kg群及びNaPT群において摂餌量の減少を伴わない体重増加抑制がみられ,血液生化学検査及び尿検査では血漿中及び尿中クレアチニンの減少がみられた。 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 47.1(0), P-166, 2020

    J-STAGE 

Page Top