検索結果 18522件中 1-20 を表示

  • 知的分子制御の時代を目指して

    小長谷 明彦

    … <p>生命現象全体の振る舞いを理解するためには,分子間相互作用をネットワークとしてモデル化するだけでは不十分であり,高度な生命現象を設計し,実際に分子あるいは細胞として合成するための知的分子制御方法論の構築が不可欠である.本稿では,知的分子制御の諸問題と接近法について言及する. …

    JSAI大会論文集 JSAI2011(0), 1J2OS124-1J2OS124, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 理学療法における身体感覚の意識化と知の身体性

    跡見 友章 , 廣瀬 昇 , 田中 和哉 , 清水 美穂 , 長谷川 克也 , 跡見 順子

    … 今回は理学療法的方法論を通じ、身体性と人の知について検討する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2013(0), 3G4OS12b1-3G4OS12b1, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 地域リハビリテーションにおける医療と生活の相補性と共創の場づくり

    三宅 美博

    … それによって社会的セクター間での論理の乖離を克服し、社会的共創を再生するための方法論として提案する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 1H1NFC3a2-1H1NFC3a2, 2018-07-30

    J-STAGE

  • (OS招待講演)「仕掛学」の実験研究からのアプローチ

    松田 昌史

    … <p>人間の社会行動を分析対象とする方法論には,事例研究法,調査法,観察法,実験法などいくつかの立場がある.当然,それぞれに一長一短があるが,本稿では著者が携わってきた実験法に焦点を当て,「仕掛学」研究推進のためのヒントを示したい.小集団内の対人相互作用に関する実験をはじめ,不特定多数の人々の関わる社会制度の形成・維持に関連した実験研究例を紹介したい.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2011(0), 3A2OS11b5-3A2OS11b5, 2018-07-30

    J-STAGE

  • (OS招待講演)ソーシャルメディアと食生活改善

    廣瀬 通孝 , 谷川 智洋 , 鳴海 拓志 , 小川 恭平

    … 本講演では、SNS上で食事写真を公開し、それに対する他者からの反応をユーザへとフィードバックすることで食事満足度を変化させ、さらに食生活の改善を促すという方法論について紹介する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2013(0), 2H4OS15a5-2H4OS15a5, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 計算論的日常生活行動理解研究の方法論

    本村 陽一 , 西田 佳史

    … これまでのチャレンジを通じて明らかとなった、日常生活における人間行動を対象とした研究推進の方法論として一つの共通点がうかびあがってきた。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 3J2NFC1b2-3J2NFC1b2, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 身体をデザインするための環境の構築

    西山 武繁 , 諏訪 正樹

    … <p>近年、技芸の習熟過程における「身体のデザイン」の方法論として身体的メタ認知とその支援ツールに関する研究が様々なフィールドで進められている。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 1G3OS106-1G3OS106, 2018-07-30

    J-STAGE

  • プロジェクション・サイエンスに基づく認知的モデルの提案と身体投射システムの実装

    小野 哲雄 , 馬 雷

    … <p>「プロジェクション・サイエンス」とは,人間の認知機構を解明するためのまったく新しい方法論であるとともに,そのモデル論的理解をとおして工学的応用までも射程に収めた野心的な構想である.本稿では,特に「サードマン現象」に注目し,VRおよびエージェント技術を用いた身体投射システムを提案する.さらに,本研究をとおして「虚投射」および一人称と三人称の視点変換のメカニズムの解明が重要 …

    JSAI大会論文集 JSAI2017(0), 1G1OS21a1-1G1OS21a1, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 状態遷移先の分散を最小化した状態空間量子化手法

    山﨑 翔太 , 金 天海 , 辻野 広司 , 菅野 重樹

    … 本稿では,入力に応じた状態遷移を離散化した時間軸上で探索する問題を扱う.この探索の精度と速度を両立させるための方法論として,探索の時間幅と時間経過後の状態遷移先を考慮して状態空間を不均一に量子化する手法を提案する. …

    JSAI大会論文集 JSAI2011(0), 2I11-2I11, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 多様なデータソースを活用するディベート型人工知能のための自然言語を核とするデータ表現

    柳井 孝介 , 佐藤 美沙 , 柳瀬 利彦

    … 本稿では,統一的なシンボルやスキーマ,タクソノミを用いず,自然言語を核とした知識表現に基づいてシステムを構築する方法論を提案する。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2017(0), 2H23-2H23, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 言語進化を手がかりとした人工生命研究で明らかになるヒトの独自性

    有田 隆也

    … による検討が有効であり,当初から人工生命の中心テーマである.講演者は,言語のみならず,心,表現型可塑性,社会性など,ヒトの独自性の進化的起源を考えてきたが,それらの密接な関わりあいが明らかになってきた.本講演では,研究の方法論を論じた後に,特に,言語起源と利他性や表現型可塑性との関わりの考察から描かれるヒトの進化シナリオを計算論的モデルの実験結果に基づいて議論する.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 2H1OS42-2H1OS42, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 知的対話システムの形式的モデルとその実装

    金盛 克俊 , 大和田 勇人

    … <p>本研究の目的は知的な対話を行うエージェントシステムの実現である.そのようなシステムの構築には自然言語処理や人工知能をはじめとした様々な要素技術の統合が必要だが,その方法論については十分な議論はなされていない.本論文ではシステムが持つべき機能や知識などを定式化した,形式的なモデルを提案する.さらに,モデルに基づいた簡単な質問応答システムの実装例を紹介し,モデルの有用性を …

    JSAI大会論文集 JSAI2013(0), 1K4OS17b2-1K4OS17b2, 2018-07-30

    J-STAGE

  • データモデル定義に基づくマルチモーダル対話記述言語の設計と実装

    竹腰 大輔 , 荒木 雅弘

    … <p>ソフトウェア工学の観点から,保守性と機能拡張性の高さが確認されているオブジェクト指向的開発方法論を用いたフレームワークを元に,対話記述言語の設計と実装を行った.本研究ではMVCモデルを採用したGrailsフレームワークのデータモデル定義を拡張した対話記述言語を実装し,マルチモーダルに対応したシステムのプロトタイプを自動生成することで,提案言語の有効性を示すことができた.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2012(0), 1O2OS186-1O2OS186, 2018-07-30

    J-STAGE

  • ハイパー空間における主体的学習のための「問題」とは?

    長谷川 忍 , 柏原 昭博

    … <p>ハイパー空間における主体的学習では,学習者自身がゴールを設定し,サブゴールを立てながら情報収集や関係づけ,構造化を行う点に特徴がある.本稿では主体的学習特有の問題構造およびハイパー空間における学習タスク,評価のための方法論についての考察を行う. …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 2D1OS111-2D1OS111, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 食文化研究へのAI活用

    井澤 裕司 , 山西 良典

    … paribus)」特定の要因の効果を抽出しようとする,いわゆる近代的な科学的方法(還元主義)には馴染まない.これは「デュエム-クワイン・テーゼ (Duhem-Quine thesis)」として知られている,実証主義的な方法論の限界を示す一例でもある.AIの発達は,雑学のように見えていた事柄に法則性と体系性を見出す可能性をもたらしうることを示した.AIを食に関わる研究に活用し,「食の体系化」を実現することは大きな …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2O3OS24b02-2O3OS24b02, 2018-07-30

    J-STAGE

  • "動詞"の情報量分析に基づくピクトグラムデザイン支援システムの開発

    大野 森太郎 , 原田 利宣

    … れているが,デザイン方法論に関する研究は少なく,直観的にデザインを行っているのが現状である.本研究では,ピクトグラムデザイン方法論の開発,方法論を用いたデザイン支援システムの開発を目的とした.具体的には動詞20語に対するキーエレメントを抽出,情報エントロピーを算出,考察,タイプ分けをした.結果より方法論の開発を行い,システ …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 1I2OS1b13-1I2OS1b13, 2018-07-30

    J-STAGE

  • アイスホッケーコーチングにおけるミーティングのデザイン

    山田 雅之 , 諏訪 正樹

    … ある.本発表は大学アイスホッケー部コーチである筆者が,プレーヤーの夏休みを利用し,ミーティングを実施した実践報告である.具体的には,プレーヤーが映像を集めることにより,テーマへの理解や関心が高まるようなミーティングをデザインした.また,その過程でのコーチおよびプレーヤーのメタ認知をもとに,ミーティングという学習環境をデザインする「コーチング方法論」について検討した.</p> …

    JSAI大会論文集 JSAI2010(0), 3G1OS2a4-3G1OS2a4, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 体験を記述・分析するためのメディア・方法論

    忽滑谷 春佳 , 諏訪 正樹 , 浦上 咲恵 , 原 野枝 , 福島 宙輝

    <p>「体験」の記述・分析手法は知能科学の最重要課題である.体験は,現象を構成する物理的要素(もの)とそれに対する主観的な意味解釈(こと)から成り立つ.からだメタ認知は個々人の体験を内部観測的に記述できる手法であるが,ことば化は「こと」に偏り「もの」を捨象しがちである.本研究では,「もの・こと」双方の厚い記述をするための4つの手法,及び「もの・こと」に基づく分析手法を開発・提案する.& …

    JSAI大会論文集 JSAI2013(0), 3G3OS12a6-3G3OS12a6, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 最適ラインナップ構成に向けての打順の要求機能分析法

    角井 勇哉 , 荒井 幸代

    … <p>組織に要請されるタスクが複雑化する一方、人的資源の確保が困難な昨今の背景から、適材適所を方法論として確立することの意義は大きい。 …

    JSAI大会論文集 JSAI2009(0), 1C12-1C12, 2018-07-30

    J-STAGE

  • 構造化マニュアルの適用事例の分析と利用に向けた考察

    西村 悟史 , 福田 賢一郎 , 西村 拓一

    … <p>筆者らはこれまでに知識発現と呼ぶ定性的な知識ベース(KB)を構築するための方法論を提案してきた.筆者らは,現場主体の方法論でKBを構築することに焦点を当てている.知識発現はその一つのアプローチである.ここで作られた知識を構造化マニュアルと呼ぶ.本稿では,これまでに筆者らが知識発現と構造化マニュアルを適用した事例を分析する.また,記述された構造化マニュアルの内 …

    JSAI大会論文集 JSAI2018(0), 2K3NFC3a01-2K3NFC3a01, 2018-07-30

    J-STAGE

ページトップへ