Search Results 1-7 of 7

  • Early diagnosis of pancreatic cancer by EUS  [in Japanese]

    KAMATA Ken , TAKENAKA Mamoru , KITANO Masayuki , OMOTO Shunsuke , MINAGA Kosuke , MIYATA Takeshi , YAMAO Kentaro , IMAI Hajime , KUDO Masatoshi

    … <p>膵癌早期診断におけるEUSの果たす役割は近年大きくなりつつある.リスクファクターを有する症例や膵管内乳頭粘液性腫瘍の精査あるいは経過観察にEUSを用いることによって実際に早期膵癌が発見されたとする報告が数多くみられる.EUS機器の進歩,EUS-FNAの普及によって膵癌の存在診断・質的診断能は確実に向上してきている.本稿では,膵癌,特に小膵癌の存在診断におけるEUSの役割について解説する.</p&g …

    Suizo 32(1), 38-44, 2017

    J-STAGE 

  • Study on early pancreatic cancer diagnosis by photoacoustic signal measurement(2) : development of a small-diameter detector  [in Japanese]

    MUKAIDA H. , SATO S. , H. Hiroshi , ARAI T.

    日本レーザー医学会誌 = The Journal of Japan Society for Laser Medicine 24(3), 241, 2003-09-28

    Ichushi Web  References (1)

  • CURRENT STRATEGY TO CURE PANCREATIC CANCER  [in Japanese]

    TANAKA Masao

    Journal of Japan Surgical Society 103(3), 290-293, 2002-03-01

    Ichushi Web  References (3)

  • A case of pancreatic cancer detected as a small mass lesion by abdominal ultrasonographic examination in human dry dock  [in Japanese]

    YATABE Mayumi , KATOU Makiko , HEIZOU Tamako , TORIYAMA Eiki , MATSUKI Yasuo , TAKAHASHI Sin

    … 腹部超音波スクリーニング検査でも早期膵癌,微小膵癌を発見する事は決して不可能ではない。 …

    Official Journal of the Japanese Society of Human Dry Dock 13(2), 153-156, 1998-08-31

    J-STAGE  References (7)

  • Clinical assessment of early pancreatic cancer : Comparison between small pancreatic cancer and carcinoma in situ  [in Japanese]

    FURUKAWA Tsuyoshi , OOHASHI Kazuhiko , NAITOH Yasuo , HIROOKA Yoshiki , 伊藤 彰浩 , 瀧 智行 , 渡辺 吉博 , 早川 真也 , GOTO Hidemi , 三竹 正弘 , HAYAKAWA Tetsuo

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 11(5), 368-377, 1996-10-25

    Ichushi Web  References (21) Cited by (8)

  • Trial of a mass screening survery for detecting early pancreatic cancer  [in Japanese]

    松本 秀次 , 越智 浩二 , 田中 淳太郎 , 妹尾 敏伸 , 原田 英雄

    早期膵癌を発見するためのスクリーニング法を確立するため,1986年6月1日から1990年6月30日までの期間のprospective studyを行った。 … その結果,早期膵癌患者1名,進行膵癌患者4名を発見し,膵癌発見率は0.29%と良好な成績であった。 … 早期膵癌の見逃しを少なくするためには,今後,60歳代を中心とする患者のfollow-up率をさらに高めることが必要である。 …

    環境病態研報告 (62), 5-10, 1991-08

    IR  DOI 

  • DIAGNOSIS OF SMALL PANCREATIC CANCER BY ERCP

    KURIMOTO KUMIKO , SATO TSUNEKO , FUJIWARA KATSUHIKO , KUNO NOEUYOSHI , KASUGAI TATSUZO , ITO YOSHIAKI , TANEHIRO KENJI , UMEDA OSHIMI , KANO TOMOYUKI , YASUE MITSUNORI , KIDO CHOICHIRO

    … 管像の差異はほとんどなく,ただその範囲が狭いだけであった.5例に膵頭十二指腸切除,2例に膵全摘を行った.切除標本の検討ではいずれもリンパ節転移,十二指腸浸潤あるいは後腹膜脂肪織内浸潤が認められ,早期膵癌とはいえなかった.ERCPにて小膵癌の診断は概ね可能であるが,他の検査法と総合しても良悪性の鑑別のっかぬ場合は,false positiveをおそれず積極的に開腹してゆくのが現時点では望ましい.小膵癌診断率向上の …

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 24(1), 40-49, 1982

    J-STAGE 

Page Top